MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:24人
※本サイトはプロモーションが含まれています

 

【就活】内定辞退で罵倒される

 内定辞退をすると人事担当者やリクルーターから罵倒を受ける・・・なんて噂がチラホラ。 牛丼をかけられる、カレーをかけられる、コーヒーをかけられる、罵倒されるなど、 様々な報告があります。

 果たして本当にあるのでしょうか。 火のないところに煙は立たずといいます。罵倒に近いものはあったのかもしれません。 しかし私の周りにも「内定辞退すると罵倒される」と噂の企業の内定を辞退した人がいますが、 特に罵倒されたという話はきいていません。

 その人がたまたま運よく罵倒しないリクルーターに当たっただけかもしれませんし、 本当のところどうだったのかはわかりません。 他の人が内定辞退して罵倒されている可能性もあります。

 何よりインターネット上に「内定辞退をしたら罵倒された」という話が多く上がっていますので、 これは何かあると思い、内定辞退と罵倒について考えてみました。



おすすめ・人気記事

記事一覧へ

 

内定辞退と囲い込み

 ある人が内定辞退をしようとして逆に囲い込まれた実例を紹介します。

 Y銀行と、とある企業X社で両方内定をもらった人が、Y銀行の内定辞退のためにY銀行に赴きました。 しかし彼はいつの間にかX社に電話して、X社の内定を辞退していたそうです。

 これは脅されたとか、罵倒されたとか、お茶をかけられたとかそういう話ではありません。 Y銀行のリクルーターの巧みな話術にはまってY銀行の内定を辞退しに行ったはずなのに、 Y銀行の内定を承諾してX社を断っていたのです。

 罵倒するよりうまく内定を承諾させたこのリクルーターはすごいですね。 誰も傷つけずに結果まで残しているのです。まあX社の人事担当が傷ついていますが。

 このようにリクルーターが必死になって内定を承諾させようとするのは、理由があります。

 

内定辞退をさせてくれない理由

 なぜリクルーターや人事担当者は内定辞退を嫌がるのでしょうか。 採用人数が減ってしまったら自分の給料が下がるというわけではありません。

 しかしリクルーターや人事担当者の人事考課が下がるのです。 「優秀な就活生に内々定を与えたが、リクルーター(人事担当者)が逃がしてしまった」 という解釈になるわけです。

 給料は下がらないけれども、上がる幅が小さくなる可能性が高いです。 金融系は特に昇給幅が大きいですので、人事考課が悪いと、良かった同期に比べて昇給に大きく差がついてしまいます。 人事考課が悪ければ出世にも影響しますし、いいことはありません。

 そのため必死に内定辞退をさせないようにするのです。 別にその就活生が入社してくれないと会社がつぶれるわけではないのです。 単なる採用側の都合です。

 内定辞退をさせないために頑張るわけですが、 それでも内定辞退されてしまったときは採用側も仕方がありません。 捨て台詞として「お前なめてんのか」などと言うわけです。 (本当に言ってるのかは不明ですが)

オワハラとは?の記事も確認する

 

内定辞退での断り方

 内定辞退で罵倒される話が出回っていて、「内定辞退したいけど怖くてできない」なんて人も出てきているでしょう。 しかし恐れる必要はありません。普通に断ればいいのです

 内定ではなく、内々定の段階でしたら内定辞退をすることはまったく悪いことではありません。 会社も内々定は切り捨てることができるのです。同様に就活生も内々定を切り捨てることができます。 内々定をもらったら内定を承諾しなければならないルールなんてどこにもないのです。

 お世話になったリクルーターに悪いしなんて考える必要もありません。 そのリクルーターにお世話になった人はあなただけではありません。 お世話になっていたけど落とされた人だっています。

 たまたまあなたが内々定をもらったからといって、負い目を感じる必要はありません。 そのリクルーターはあなた以外の何人もの就活生を落選にしてきているのです。 リクルーターも人を切り捨てているのに、あなたが内定を切り捨てるのが悪いなんてことはありえません。

 「ちょっと出てきて。話をしよう。」なんて言われても応じる義務はありません。 「アルバイトを再開したので忙しくて」「今は実家に帰ってまして」「内定者懇談会があるので」 「家庭の事情で」 などと言って断ってもいいです。

 内定辞退はメールか電話でかまいません。 「本人かどうかわからないから会って話をさせてください」なんて言われたら、 内容証明郵便でも送ればいいのです。

 会社は「第一志望です!」と言っていた就活生を何人もお祈りしています。 なぜ就活生が会社にお祈りしてはいけないのでしょうか。

 「会社だって内々定を出したらもうお祈りしないじゃないか」は的外れな反論です。 会社と就活生ではパワーバランスが圧倒的に会社の方が有利です。 そんな中、お祈りについて会社と就活生を同列に語るべきではありません。

 会社が採用選考の過程で就活生1人を不採用にしたとき、会社側のダメージはありません。 しかし就活生は不採用になったらダメージが大きすぎます。 就活生がいくつもの会社を受けるのは当然のことであり、内定辞退をすることだって容認すべきです。

 「君を採用するのにいったいいくらかかったと思っているんだ!」と言われるという話もあります。 1人採用するのに1000万円かかっているそうです。1000万円ね。はいはいすごいね。

 就活生にとっては採用にいくらかかったかなんて知ったこっちゃありません。 優秀な新卒を採用したくて勝手にお金をかけているのは会社です。 何も就活生が「リクナビとマイナビ両方でエントリーできるようにしてくれ」と頼んだわけでも、 「豪華な会場で会社説明会をしてくれ」と頼んだわけでも、「リクルーター面接でコーヒーをおごってくれ」と頼んだわけでもありません。

 いくらかかったかなんていうのは、就活生側でも同じことが言えます。 その会社からお祈りされた就活生は「いったい何時間かけたと思ってるんだ!その時間アルバイトをしていれば何万円にもなったんだぞ!」 と言ってもいいことになります。

 

内定辞退はいつまでにすればいい?

 内定辞退いつまでにすればいいかというと、9月30日までです。 もしもあなたが内定辞退をすることについて、会社に申し訳ないと思うならば、 もっと早くに内定辞退をしてあげましょう。

 会社はあなたが内定辞退をすることで、空いた枠を埋めるために別の就活生を採用しなければなりません。 その期間のことを考えてあげるなら、内定辞退は6月までにはしておくべきでしょう。

 9月30日を過ぎて10月1日になると、内々定が内定に変わります。 内定には法的拘束力があり、その会社で働くという約束になります。

 いったん内定を受けると、相当な理由がない限りは辞退できません。 相当な理由は、どうしてもその会社で働けない理由です。 「嫌だ」では通用しないのです。

 また、10月1日に内定をもらったあとに就活をして内定をさらにもらうと違法行為です。 10月1日以降、内定は1つしかもっていてはいけません。 複数内定を持っていると「その会社で働く」という約束を2つ以上していることになります。 約束を果たすことが不可能になりますので、規制されているのです。

 

2月の今から最短で内定をもらうには?

 

全滅リスクにセーフティネットを貼っておこう

 内定確度の高い応募先を持っておこう!

 平均的な就活生は30社に応募して、10社の面接に進みます。 ですが、これはあくまで平均。応募先が有名企業ばかりだと、運悪く全落ちの可能性すらあります。 その対策に、知名度の低い「隠れ優良企業」を志望先に加えたいのですが、名前も知らない会社は検索すらできません。

 そこで利用したいのが「OfferBox」です。

 SNSの要領でプロフィールを設定し、本番さながらの適性検査を受けると会社の人事がそれを読みます。 「あなたがほしい!」と思われれば、ときには書類選考が免除いきなり最終面接などの特典付きで選考に呼ばれます。 つまり、内定確度の高い応募先を確保できるというわけです。

 OfferBoxでは学生の知らない「隠れ優良企業」が待ち受けていて、 そんな会社の人事に響く「アピールの仕方」も書いてあります。 加えて本番さながらの適性検査も受けられるので、結果を見れば自己分析も簡単に終わります。

 学生なら完全無料な上に、登録するのが早ければ早いほど会社の採用枠が多く残っています学部3年生(修士1年生)の受付も開始していますから、今のうちに会社との接点をつくって全落ちリスクを減らしましょう。

→「OfferBox」の公式サイト

 

早期選考にまだ間に合う!

 就活まだ何もしていない人が勝ち組になる方法!

 「就活、まだ何もしていない」というその不安、実は正解です。 そして何より「選考がどんなものかわからない」のが最大の不安ではないでしょうか。

 それを解決するには早期選考に行くのが一番です。「選考に慣れる」ことができる上に、 通常選考よりライバルが少なく10倍受かりやすいため、「実はもう内定がある」という余裕を持つことすら可能なのです。

 そんな早期選考に招待されるために「インターンシップに行く」のが通常なのですが、 まだ何もしていない人でも「インターンなし」で、今から同じ条件に立てる方法があります。 それが「「ジョブトラ」に参加する」という方法です。

 ジョブトラは「合同説明会」に加えて「グループワーク」が実施されるのが特徴の就活イベントで、 事前準備なし最大6社の早期選考が一度に受けられるというものです。 「エントリーシート・自己分析」は不要で、「学部3年生(修士1年生)」なら就活完全初心者でOKです。

 もちろん学生は完全無料ですから、早期選考を受けて「まだ何もしていない」状態を解消し、 「選考には慣れている」あわよくば「実はもう内定がある」という状態に持って行ってしまいましょう。 イベントは「たった半日」です。通常選考で泥沼に浸かるくらいなら、ジョブトラへ行きましょう。

「ジョブトラ」に参加する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで71,000通を超えるエントリーシートが収録されています(2023年5月時点)。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ見つかるサイトと言っていいでしょう。

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 選考体験談が詳しすぎる!

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

内定ES・選考情報を読む

 

内定の前提条件をまだ満たしていない!?就活泥沼化の原因

 「自己分析」をよくわからないまま、放置していませんか?

 自己分析とは「ビジョンを決めてその実現ストーリーをつくること」ですが、 大卒総合職としての就活では「私は貴社とビジョンが一致しています」という特有の志望動機を要求されます。 ゆえに内定を得るためには自己分析をすることが前提条件です

 ですが、多くの就活生がよくわからないまま放置して内定がもらえず、5月以降も就活が長引いて泥沼化します。 「学歴」や「経験」がどれだけよくても、自己分析をしないだけで地獄を見るのです。

 そこで「キャリアチケットスカウト」という就活アプリを利用しましょう。

 このアプリでは5つの質問に答えるだけで自己分析が完了し、それを元にエントリーシートを作成するサポートもしてくれます。 「最初に何を」「次に何を」すべきかを順番に示してくれるので、「前提条件を満たしていなかった」という事故が防げます。

 また、このアプリで作成した「就活の軸」や「自己PR」などを元に企業から特別選考に招待される機能もあります。 もちろん辞退してもいいのですが、その会社は「あなたとビジョンの一致した会社」ですから、内定確度は高いです。 オファーをもらってから検索してみたら、実はそれがあなたの天職かもしれません。

 まずはアプリをインストールして、自己分析から始めてみましょう。もちろん完全無料です。

キャリアチケットスカウトをダウンロードしてみる


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×