就職留年はやり方次第で成功する!     
リアルタイム閲覧者数:11人

 

就職留年はやり方次第で成功する!

 就職留年について述べていきます。 就職留年とは、就活で不本意な内定しか得られなかった場合や、内定が得られなかった場合に、 翌年度も新卒として就活するために留年することを言います。 

 

就職留年と既卒の違い

 就職留年既卒違いは、大学に在学しているかどうかです。 就職留年は大学を卒業せずに留年し、就活を続けることを指し、 既卒は大学を卒業して既卒として就活を続けることを指すのです。

 就活に失敗し、そのまま大学を卒業して既卒として就活するよりも、 留年して新卒として就活したほうが有利だと言われています。 就職留年は、就活留年、就活浪人、就職浪人とも言われます。

 就職留年をする方法は、就活が行われる大学4年生のときに、大学の単位をすべて取り終えていないことが必要です。 「就職留年をさせてください」と大学に頼むのではありません。 わざと単位を取り残しておいて、就活に成功すれば残りの単位を取得し卒業するのです。一方で就活に失敗したときは、 単位を取り終えないまま留年します。

 従来、新卒採用とは、次の3月に大学を卒業し、4月から働く大学生を対象にした採用制度です。 いったん卒業してしまうと「新卒」ではなくなり、「既卒」という扱いになります。 しかし企業は新卒採用で十分、人数を確保できるのでわざわざ既卒のための採用制度を作っていませんでした。

 そのため、既卒になった場合は「中途採用」で就活するという方法しかありませんでした。 大学を卒業せずに就職留年をするのはこの名残です。 中途採用で就活するより、就職留年して新卒採用で就活したほうが圧倒的に有利だったのです。

 しかしながら、現在では「第二新卒」という制度ができ、既卒でも就労経験がなければ、 大学卒業後2,3年は「新卒採用」で就活をすることができます。 既卒と就職留年ではどちらが不利かというと、あまり差はなくなったように思います。

 「就活事情が好転し、売り手市場になった」とはいっても、まだまだ内定率は低い水準を推移しています。 ブラック企業が話題になるにつれて、「ブラック内定しかないから就活をやり直したい」という人もいれば、 「内定がないから来年も就活をする」という人もいます。

 このため就職留年する人は年々増えており、納得がいくまで就活をするのが今の大学生です。 妥協して就職するよりは、満足できる内定を得て就職する方がよっぽど、精神衛生的に良いと思います。

 公務員を志望する人にも就職留年は多いです。公務員試験に失敗し、翌年再度、公務員試験を受験する場合も就職留年の一種です。 また、公務員の試験は8月に行われる場合がほとんどで、公務員試験を受験していると民間企業への就活ができないという場合もあります。 公務員を諦めて民間企業への就職を希望しても、公務員試験が終わったころにはもう皆の就活が終わっているなんてこともザラです。

 そこで、公務員を諦めて民間企業へ就職する場合も、大学を留年して翌年度、就活をするのです。

 

就職留年は不利?

 就職留年不利だとよく言われます。 「22歳と23歳では、22歳のほうが人気がある」という理論です。 ストレートで大学4年間を過ごし、そのまま就活をして新卒採用されるほうが難易度が低いと言われています。

 また「ポテンシャル」という言葉を持ち出す人もいます。 22歳で面接官に認められた大学生と、22歳のときに面接官に認められなかった大学生では、 前者のほうが優秀で、就職留年をしてもストレートに就活をしてる就活生よりポテンシャルが低く、不利だというのです。

 就職留年不利なのでしょうか。 実は就職留年や浪人経験で周りの就活生より年齢が1つや2つ高いくらいでは、ほとんど影響がありません。 「今が優秀なら良い」という考え方は、社会人ではよくある考え方です。

 社会人生活は40年弱あるわけです。出世して取締役になると、定年というものがなくなります。 このとき「入社した年齢が23歳だったか24歳だったか」なんていうのは些細なことです。 何の問題にもなりません。実際、会社には浪人や留年の経験のある人はけっこう多いものです。

 私が入社した会社では2浪2留の人が部長をやっていますし、私の同期にも2浪している人もいます。

 会社内の階級は、年齢ではなく入社年度と役職です。 就職留年した、浪人した、大学院を卒業したなどは関係がありません。 いつ入社したかなんという役職かが重要なのです。

 就職留年は確かに有利ではありませんが、不利とも限りません。

 しかし、採用担当者の本音として、「就職留年は出来損ない」という考え方をする会社もあるようです。 「就職留年は制度の悪用」などと言ったり、「留年は出来損ない」と言ったりするのです。

 おかしな話です。既卒になると新卒と差別的取扱いを受けるのに、新卒であり続けることは「制度の悪用」というのです。 制度の悪用ではなく、制度が悪いと思います。そもそも既卒と新卒で差別的取扱いをする根拠がありません。 そこを直さない限り、新卒が有利である状況が変わらないなら就職留年を考えるのも当然です。

 「留年は出来損ない」の「出来損ない」がいったい何を指しているのかは不明ですが、 「1年目の就活に失敗した」ことを言っているのだとしたら採用担当者が出来損ないです。 経済情勢によって求人倍率も変わりますし、就職難易度も変わります。

 毎年同じ条件で、同じように就活をすれば内定をもらえるというものではないのですから、 今年就職に失敗しても、それだけで出来損ないだと決まるわけではありません。

 

就職留年を成功に導くやり方

 1年目の就活に失敗した理由を考え、対策を取らない限り、そのまま「なんとなく就活」を続けても失敗します。 失敗の原因がどこにあったかしっかり検討し、万全の準備をして2回目の就活に挑みましょう。

 

失敗と原因と対策1:スタートが遅かった

 就活は「経団連のルール上の期間」よりよっぽど早く始まり、早く終わります。 大学3年生の3月に始まると思っていたら、実際は大学3年生の6月に始まっていたことに後から気づく人が多いでしょう。

 これは、インターンシップや説明会を「選考とは関係ありません」と念を押す会社にも責任の一端があります。 とはいえ愚痴を言っていても始まりません。2年目は夏のインターンシップからがっつり参加しましょう。

 インターンシップが選考の主流!の記事でも解説していますが、就活は年々時期が早まっており、 企業は優秀な学生を早期に囲い込もうとします。その主戦場がこれまでリクルーター面接だったのに対して、 最近では夏~冬に行われる「1日インターンシップ」に移ってきています。

 早期にたくさんの会社に接触すればするほど、持ち駒が増えて有利になります。

 

失敗の原因と対策2:チェックした会社が少なかった

 就活はどれだけたくさんの会社をチェックしたかが成否を分けます。 エントリーシートを提出する数は30~50社は必要ですし、プレエントリーに至っては70~100社は必要です。 「行きたい」と思う会社をそれだけ見つけるのは至難の業です。

 特に普段から名前を知っている「有名企業」に偏りがちです。しかし、有名企業とは消費者向けのビジネスを展開するBtoCビジネスに限られ、 このやり方では日本企業が本当に強いBtoB企業をすっかり見落としてしまいます。

 「会社名」ではなく、「ビジネス」の視点で会社を選びましょう。 電機メーカー機械メーカー化学メーカー専門商社には優良企業がたくさんありますし、 消費者に知名度はないものの、高シェアを獲得している隠れ優良企業も紹介していますので、参照してみてください。

 

失敗の原因と対策3:エントリーシートの出来が悪かった

 就活に失敗する最大の理由が「エントリーシートの出来が悪かった」ことです。 面接に呼んでもらえない原因は、エントリーシートにあります。

 まず、自己分析をして就職活動の軸をつくります。 就職活動の軸は、就活用語で「将来の夢」のことですが、エントリーシートでは「就職活動の軸」と「経営理念・ビジョン・社風」が一致していることをアピールし、 会社のビジネスを通じて「将来の夢」を実現すると志望動機で結論づけるものです。

 「志望動機」は単に「経営理念に共感した」と言うだけでは説得力がありません。 「人生を通じて主体的に、同じ高みを目指している」ことをアピールしなければなりません。

 「就職活動の軸」に対する「過去の取り組み」「現在の取り組み」「未来の取り組み」の3つで、 いかに自分が会社の「経営理念・ビジョン・社風」にピッタリな人材であるかを述べます。

 実はエントリーシートはこの「『将来の夢』実現ストーリー」を書かせる構造になっています。 エントリーシートで必ず書かされる項目は以下の通りです。

 エントリーシートがこの構造になっていなかった場合、就活に失敗した原因はこれです。 受かるエントリーシートの書き方と回答例でも解説していますが、 「就職活動の軸」をつくって、エントリーシートを作り直しましょう。

 

就職留年の前に試すべきこと

 上記の通り失敗を踏まえて、今年度中に就活を終わらせられないか、あきらめずに試してみるべきことがあります。

 まずは、エントリーシートを作り直すことです。作り直して完成度が高まったエントリーシートは来年も使えます。 二次募集や三次募集で受かればもうけものですし、提出すれば完成度が高まったかどうかの確認もできます。 エントリーシートは今すぐ書き直しましょう。

 また、今からでも間に合う内定の取り方があります。 もし就職留年が本意でなく、できれば今年度中に就活を終わらせたいと思っているなら、この方法を試してみましょう。

 それには下記2つの就活サイトを使います。

 まずは、「キミスカ 」です。

 キミスカは「待ち」型の就活サイトで、今までの選考状況をキミスカに登録しておけば、 あなたに興味を持った企業が向こうからアプローチしてくれる就活サイトです。

 あなたと「性格が合っているかもしれない」と思った企業からスカウトが届き、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもあるのです。 自分で会社を探すよりよっぽどマッチした会社が現れる可能性が高く、効率的ですよね。

 プロフィールや就活での頑張りを登録すれば、どんどんスカウトが来ます。 エントリーできる会社をわざわざ探さなくても、あなたを求めている会社の人事がアプローチをしてくれるのですから、 これを使わない手はありませんね。

 もう1つは、「MeetsCompany 」です。

 MeetsCompanyは内定直結の合同説明会です。 通常、合同説明会といえば各ブースで会社の説明があり、「興味があったら単独説明会に来てね」と言われて終わりです。 しかし、MeetsCompanyは違います。

 MeetsCompanyは、採用権限を持った人事部長、取締役クラスが直々に会社説明にやってきて、 その場で面接が始まり、最短ならその場で内定が出るイベントです。

 2017年卒では6万2000人がMeetsCompanyで内定を取得しており、 参加した人の95.8%が内定を獲得しています。

 毎年卒業ギリギリのタイミングまで開催していますので、 「さっさと就活を終わらせたい」という就活生にピッタリのサービスですね。

 

就職留年の理由

 就職留年理由を面接で問われることがあります。 「なぜ留年したの?」と聞かれるのです。厳しい質問だと感じ、「面接官が冷たい」と思う就活生も多いです。 これにより「就職留年は不利」だと思い込む大学生が多いのです。

 しかし、面接官は留年したことを咎めているのではなく、単に面接のネタとして質問しているだけです。 留年の理由を予め考えておけば、それほど厳しい質問ではありません。

 

就職留年の理由1:正直に話す

 就職留年の理由を問われたとき、最も良いのは「正直に話す」ことです。

  • どうしても御社に入社したかったので留年し、今年も御社の面接を受けに来ました
  • 納得のいく内定がもらえなかったので、今年も再挑戦することにしました
  • 去年は就活を軽視していて失敗したので、今年は万全の準備をしてきました

 といった具合です。1つ目は特に会社への熱意を示すことができますし、 2つ目は便利なもので、内定がなかっただけでも納得のいく内定がもらえなかったと言い換えれば、 去年全く内定が無かったという印象を回避できます。

 3つ目は失敗を直視し、軌道修正をするという点で「素直さ」と「向上心」がアピールできます。

 

就職留年の理由2:将来の夢のため

 就職留年の理由として2番目に説得力のあるものは、将来の夢のためという理由です。

  • どうしても受けたい講義がかぶってしまったので留年しました
  • やりたいことのために1年の空白期間を設けました

 海外旅行や海外留学、放浪の旅、創作活動、学問や研究など、「どうしてもやりたいことがあった」から留年したという理由です。 このような「前向きな留年」であれば、エントリーシートのネタにもなりますし、 面接官に「おもしろい」と思わせることもできます。

 あえて留年した年に単位を取りまくり、「もっと勉強したかったのでわざと留年しました」というのも面白いかもしれません。

 

就職留年の理由のNG例

 就職留年の場合、下手に嘘をつくほうがかえって危険です。 また、以下のように「事実だけを述べる」のは避けましょう。

  • 単位が足りなかったので留年しました
  • 単位の計算を間違えていました
  • 去年は就活に失敗しました

 ただの無能アピールで終わらせてはいけません。この経験を前向きに活かす姿勢が重要です。 正直に話した上で、「理由1」のように「前向きな姿勢」をアピールし、 または「理由2」のように「将来の夢のため」に活かすのです。

 面接官に「留年してる間って暇でしょ?何してたの?」と聞かれることもあります。 就職留年をして学んだことや、挑戦したことなどがあればなお、良いですね。 「学生時代頑張ったこと」とは別に、「就職留年をして頑張ったこと」も準備しておくのです。

 就職留年は2~4単位だけ残して行われることが多いです。残った時間は自由時間です。 もちろんアルバイトなどもあるでしょうが、留年している間は自由時間が増えるのです。 この時間を有効に活用して、一人旅に行くとか、海外旅行に行くとか、 資格などの勉強に打ち込むなど、何かやってみましょう。

 就職留年を成功させ、一流企業に入社した人はいくらでもいます。 就職留年を就活だけに費やすのではなく、「留年してよかった」と思えるほどに有意義で、 楽しい生活を送ってください。

 

就職留年のやり方

 就職留年やり方には、3つの方法があります。

 

就職留年のやり方1:休学する

 私立大学では「休学」を申請すれば認められる大学もあります。 就活に失敗したと感じたら、休学を利用してもう1年大学に在籍できるようにするのです。

 休学している間にインターンシップに参加したり、会社説明会にいったり、 エントリーシートを事前準備したりして対策を進めましょう。

 ですが、「休学」には海外留学や病気やケガといった理由を要求される場合も多く、 特に国立大学では使えない手段です。そんな場合は「就職留年のやり方3」を活用しましょう。

 

就職留年のやり方2:卒業延期制度を使う

 大学によっては単位がそろっていても、就職留年を認めてくれる場合もあります。 関東では学習院大学、早稲田大学、青山学院大学、中央大学、成城大学、成蹊大学、日本大学。 関西では関西学院大学、同志社大学などが卒業延期制度=就職留年制度を採用しています。

 卒業延期制度のある大学では、単位をそろえて卒業できる状態であっても、 学費を10万円ほど払うことで卒業を1年先送りすることができるのです。

 理由の要求される「休学」よりはるかにハードルが低く、使いやすい制度ですが、 やはりこの制度も国立大学にはありません。

 

就職留年のやり方3:わざと単位を落とす

 就職留年の方法として最も簡単なのは、単位をわざと取りこぼすことです。

 2単位、あるいは4単位だけ残しておくのです。単位が足りなければ卒業できませんから、 いくら大学が「就職留年は認めない」といっても卒業させられてしまうことはありません。

 私のいた大阪大学では就職留年はおろか、休学も認めてもらいにくい大学で、 さらには体育会の大会関係で講義を欠席しても公欠扱いにならない大学でした。 それでも単位が足りなければ卒業できませんから、就職留年ができます。

 そして大学4年生の履修登録で2~3科目登録しておき、就活に成功すれば試験を受けて単位をもらい、 失敗すれば試験も受けず、単位ももらわないという方法です。

 しかし内定をもらっても卒業できなければ意味がありませんから、 持ち込み可の講義ゼミを選んで、試験を受ければ確実に単位がもらえる講義を、 大学4年生で履修できるようにしておかなければなりません。

 特にゼミはとりあえず出席しておき、就活に失敗したときに、 教授に「単位を出さないでください」とお願いすればだいたい聞き入れてもらえますのでおすすめです。

 

就職留年して同じ会社を受けるのはアリ?

 就職留年して同じ会社の選考を受けるのは、大アリです。 「留年してでも入社したかった」と強い理由を言えるようになりますし、説得力もあります。

 去年とまったく同じエントリーシートを提出しても、受かる見込みはありません。 なんといっても去年は選考に落とされているわけですから、 そのエントリーシートでは会社とマッチしていないと判定されたわけです。

 ここでは「留年してでも入社したかった」とまで強い希望を持つのに至った経緯が必要です。 就活は「就職活動の軸」と「経営理念・ビジョン・社風」の一致が最重要ですから、 「私の将来の夢を実現するにはどうしても貴社以外の選択肢はありえなかった」とまでエントリーシートで述べる必要があります。

 MY就活ネットでは受かるエントリーシートの書き方と回答例を解説していますので、 これに沿って書き直し、今度こそ合格しましょう。

 一方で、「内定をもらったのに留年して入社できなかった」場合は、同じ会社を受けてもダメでしょう。 内定者が単位が取れず留年をするのは、会社にとっては非常に迷惑な話で、 採用計画に従って採用人数を確保し、各部署への配属人数も決まっていたのにそれを裏切られるわけです。

 会社にとっては入社直前に「内定辞退」をされたようなもので、いくらその就活生に熱意があったとしても、 一度裏切った人に対しては甘くありません。

 私の在籍していた会社でも、「去年留年して来れなかった内定者が今年もエントリーシートを出してきた」と人事部が怒っていました。 「去年内定出したからって今年も内定がもらえると思ってるな?そりゃねえだろ!」と何度も繰り返しいっていました。 その就活生に苦言を呈する電話やメールをしたわけではありませんが、社内では相当イラついていました。

 このような場合は同じ会社に応募しても、ほぼ不合格ですので別の会社の選考を受けましょう。