リアルタイム閲覧者数:8人

 

【就活】内定と内々定の違い

 種々ある就活用語。内定と内々定の違いはなんでしょうか。 一見同じように見えますが、実は「法的に」大きな違いがあります。 以下では違いを説明していきます。



 

内定とは

 内定は、「4月1日に採用する」という会社との「契約」です。

 10月1日になると会社に呼び出されて内定式を行います。 その場で入社承諾書または内定承諾書を渡され、署名して印鑑を押します。 これで内定は成立です。立派な契約です。

 内定には法的拘束力もあり、就活生は10月1日の時点で2つ以上の内定を持っていたら違法になります。 10月1日までに、内定をもらう会社は1社だけを残して他は断らなければなりません。

 逆に会社も、内定を出した以上は後には引けません。 もしも会社の都合で内定を取り消そうものなら、それも違法となります。 内定取り消し事例としては、大日本印刷事件が有名ですね。

 内定を出すと、もはや社会通念上合理的な理由がないと内定を取り消すことはできません。 例えば内定を出した学生が犯罪を犯した場合や、学歴詐称していた場合や、大きな病気をして働けなくなった場合などです。 もちろん留年したり退学になった場合も取消対象ですが、こういったよっぽどなことが起きない限り、内定は取り消せないのです。

 

10月まで内定は出せない

 内定は10月1日以前に出してはならないと、経団連のルールで決まっています。

 「今決めてくれれば内定を出すよ」といえば、就活生は就活をやめ、その会社への入社を決意します。 ということは、内定を出すのが早ければ早いほど就活をやめさせて、自社に入社してもらえる確率が高まるのです。 優秀な学生を早く囲い込むには、早く内定を出せばいいのです。

 しかしあらゆる会社がこぞって採用選考の時期を早め、「早さ競争」になってしまいました。 ユニクロは大学1年生の段階で内定を出していますね。 早さ競争の行きつく先はそこです。それでは学生時代に何を頑張っても評価されませんし、 会社側も受験勉強以外で評価できず、その就活生が本当に優秀かどうかをはかることができません。

 そこで、内定は10月1日以降というルールができました。 それでも会社は早くに内定を出してさっさと就活生に就活をやめてもらいたいのです。 そこで内々定という手段を使います。

 

内々定とは?内々定の2つの意味

 「内々定」は「内定」とはあえて区別された言葉ですが、内々定には2つの意味があります。

 

意味1:「内定」を約束する

 内々定の意味の1つ目が、「10月1日に内定を出します」という約束です。 「10月までは内定を出しちゃダメだから、それまでは『内定を出す約束』をしよう!」というものです。 脱法的な行為ですが、経団連のルールはあくまでもルールであって法律ではないので拘束力はありません。

 それどころか経団連は「内々定」の存在を認めて、6月1日から出してもOKとなっています。 採用の約束の約束だなんてめちゃくちゃだと思います。こんなことをしていては際限がないです。 内々定が規制されたら次は内々々定にでもなるのでしょうか。

 リクルーター面接などで「6月1日に内々定を出すよ」などという言葉をかけられることもあります。 金融業界ではよくあることですね。「約束の約束」まで出てきてはもはや何が何だかわかりません。

 「『4月1日に採用する契約』を10月1日に行う約束」という遠回りな意味ですね。

 

意味2:入社を決意してほしい

 内々定の意味の2つ目が、「入社を決意してほしい」という「願い」です。 10月1日までは「法的拘束力をもった採用の約束」ができないため、就活生をしばりつけることができません。 就活生も「採用の約束」がないのでは不安ですから、就活を続けるのが当然の流れです。

 そこで「採用の約束の約束」をすることで、就活生に安心感を与え、 「事実上採用はもう決まっているから就活をやめてうちに入社する決意をしてね」という願いが込められています。

 就活は早い者勝ちですが、それは会社にとっても同じです。優秀な学生は早期に囲い込んでしまわないと、 よその会社に取られてしまいます。第一志望で応募をしてきた学生で、採用枠を埋めてしまいたいのです。

 会社はもし内々定を辞退されてしまうと、その空いた枠を埋めるため採用活動をやり直さなければなりません。 お金がかかるだけでなく、悪く言えば「売れ残りの就活生しか残っていない」中、基準を満たした優秀な学生を探さなければならないのです。

 ですが、「内々定」はあくまで「お願い」のレベルであり、「契約」ではありません。 10月1日に内定を断られたくないために、できれば就活をやめてねという会社からのメッセージに過ぎず、 就活生は無視して就活を続けても良いですし、いくつ内々定をもらっても構いません。

 

内々定には法的拘束力がない

 内々定には法的拘束力がありません

 約束の約束という遠回りなものですし、必ずしもその会社で働くことに結びつかない(内々定は就活生が断る可能性もある)ので、 法律は内々定までを保護しないのです。

 「内々定通知書」や「内々定承諾書」が送られてきても、署名や押印をさせられても、 裁判所はそれを「契約」とは認めません。そのためそんな無駄な書類は交わさないという会社も多いです。

 ですから、書類が来ないからと不安に思う必要はありません

 一方で、会社としては内定者には就活を辞めてもらい、自社への入社を決意してほしいという思惑があります。 そこで、「うちに入社するんだよ!」と圧力をかけるためにハンコを押させる会社もあります。

 これはオワハラの記事でも解説していますが、入社意欲がなくてもハンコを押してしまって大丈夫です。 いくらハンコを押しても、法的拘束力がない以上は会社には就活生を引き留めるすべがありません。

 

内定と内々定の違い

 内定は、採用の約束で、法的保護があり、10月1日からです。 内々定は、内定の約束です。法的保護がなく、6月1日からです。

 内々定を得たら就活をやめても良いですが、保留して就活を続ける事も可能です。 「内定」までは正式な契約ではありません。10月1日までに交わした書類は意味がなく、気持ちの上だけの書類なのです。 「内々定が出たけど特に書類が来ない」というのもおかしな話ではありません。

 一方で、10月以降に入社承諾書にサインして内定をもらったらもう就活をしてはいけません。

 10月1日までは「法的には」取り消される可能性もある不安定な状態ですが、 下記の特殊な状況を除き、ほとんど取り消されることはありません。

 

どちらも取り消されることはまず、ない

 内定と違い、内々定は法的拘束力がないため、取り消されても就活生は文句が言えません。 ですが、これはあくまで仕組み上の話です。

 普通の会社は年度初めに決めた採用予定人数を確保しなければなりません。 事業を行う上でその人数が「必要」だから採用するのです。多少経営が悪化しようが、 必要な人数がいなければ仕事にならないわけですから、よっぽどのことがない限り途中で計画を変えることはありません。

 特にバブル崩壊やリーマンショックの教訓がある現在では、急激に採用人数を絞らなければならないほどの無謀な計画は、 どの企業も立てません。逆に言えば、内々定を取り消すような会社は経営センスがないと自白しているようなものですから、 多少の景気変動では取り消されることはまず、ないと思ってよいでしょう。

 これらのデメリットをふまえてもなお、内々定を取り消さなければならない事態とはどういう事態でしょうか。 就活生が豹変して犯罪を犯した場合、大学を卒業できないことが確定した場合、 病気やケガで働けなくなった場合など、内定が取り消しになるのと同じ理由に限られるでしょう。

 「面接で嘘をついたから取り消しになる」と心配する方もいますが、 取り消しになるほどの嘘は、経歴詐称の場合くらいです。 「ボウリングが趣味と言ったが実は趣味でなかった」「サークル長と言ったが実はサークル長でなかった」程度の嘘では取り消しになりません。

 取り消しになるような嘘といえば、偽名や経歴詐称でエントリーシートを書いた場合や、 替え玉受験をした場合、他大学に在籍している設定で選考を受けたときなどの「犯罪行為」です。 普通はありえない嘘ですね。

 

内々定の時期

 内々定の時期は、「6月1日から」ということになっていますが、それは「採用選考を6月1日に始めてよい」というルールから導き出されたものです。

 経団連のルールに誠実に従うのであれば、6月1日までは書類選考の面接もしてはいけないのであって、 それでも6月1日に優秀な就活生を囲い込んでしまいたいのであれば、6月1日にいきなり最終面接をするしかありません。 しかし、実際には何千人、何万人とエントリーシートを提出してくるのに、6月1日に書類選考・面接を同時に実施して最終面接まで行うのは不可能です。

 そこで、企業は内々定のルールすらをも破ります

 2019年卒では会社説明会の解禁が大学3年生の終わりの2018年3月1日ですが、 早々にエントリーシートの受付を開始し、4月中には締め切ってしまう会社も多いでしょう。 なんと堂々と3月、4月という「採用選考をしてはいけない時期」に「書類選考」を始めてしまうのです。

 それだけではありません。プレエントリーをした学生、エントリシートを提出した学生のうち、 有望そうな学生を「1対1の質問会」「座談会」などという名目で誘い出すリクルーター面接を実施します。

 多くの就活生は「これは選考ではありません」と言われてそれを信頼してしまうのですが、 これは経団連対策のタテマエに過ぎず、裏で評価シートを書き、高評価の就活生には2回目、3回目のリクルーター面接が行われるのは、 もはや伝統行事になっています。

 リクルーター面接だけではありません。会社説明会の解禁よりずっと前に行われるインターンシップすら、 実は選考の対象です。インターンシップで活躍した優秀な学生は個別に人事が連絡を取り、 リクルーター面接が実施されたり6月1日にいきなり最終面接をして内々定をもらえたりします。

 2020年卒はインターンシップが選考の主流になる!でも解説していますが、 2019年卒からは1日インターンシップが解禁されたため、インターンシップを活用した就活生の囲い込みの傾向は、 今後も強くなっていくでしょう。

 実は、インターンシップもリクルーター面接も、就活のことを調べた学生だけが知る、 裏ルートの選考なのです。

 つまり、会社説明会が解禁された3月1日にはすでに採用選考が始まっているどころか、 大学3年生になった瞬間、1日でも早く企業に接触した就活生から順番に採用選考は始まっているのです。

 外資系企業やマスコミなどでは内々定は大学3年生の9~12月の間に、 そうでない会社でもインターンシップ参加者を対象に2月に内々定を出し、 一般応募でも3月中~4月上旬にかけて内々定を出してしまいます。

 

内々定の辞退は電話でしよう

 内々定は、電話で辞退しましょう。 辞退は、会社に対しても、面接官に対しても心苦しいものです。 しかし、どうせするなら早いほうがいいです。

 なぜなら会社側も、あなたが辞退することで1人、補充しなくてはならなくなるわけです。 空いた穴に補充するため、再度就活生を募集して面接をしなくてはなりません。 その期間も考慮すると、できるだけ早くしたほうがいいですね。

 電話は直接顔を見なくて済みますし、確実に相手に伝わったということが確認できる最良の手段です。 辞退するため会社に出向いて「お茶をかけられる」「カレーをかけられる」のような恐怖と戦う必要はないのです。

 メールより電話のほうがマナーとしても適切です。 社会人は、メールなどの文書のみでのやりとりを嫌います。

 大事な話は直接会って話をするか、会うのが無理なら電話で話をするのが前提です。 しかし、どうしても電話が嫌だという場合は仕方がありません。 メールで済ませるのもいいでしょう。

 とくに正式な契約を結んだわけではなく、単なる口約束に過ぎませんので、 メールで辞退するというのもないわけではありません。

 しかしメールで内々定を辞退した場合、通常は相手の会社の人事から電話がかかってきて確認されます。 どうせ電話をすることになるということは覚悟しておきましょう。

 ただし、会いに行ってはいけません。相手は交渉のプロです。 「会いに行ったばっかりに、気が付いたら本命企業に辞退の電話をかけていた」という人すらいます。 電話で勘弁してもらいましょう。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年10月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

50,000通を超える合格ES等が無料で見れるサイト!