リアルタイム閲覧者数:21人

 

【就活】高学歴就活の失敗の末路とその理由

 MY就活ネットの著者は大阪大学法学部という経歴を持ちながら就活で大失敗を犯した人物です。 一般に高学歴は就活に有利で、売り手市場だろうが不景気だろうが大企業・特にCore30やLarge70といった一流企業に内定がもらえると思いがちです。 しかし、それは高い学歴をちゃんと活かせた場合に限ります

 自分で言うのもなんですが、偏差値70を超える旧帝大エリートの私が就活に失敗した理由を振り返り、 高学歴の皆さんの反面教師として恥を忍んでお役に立とうと思います。



 

ある高学歴エリートの就活失敗の末路

 ある高学歴エリートの就活失敗の末路を紹介します。 まあ私のことなんですが

 大学3年生の6月を迎えて、「就活するか!」と思い立ちました。 正直このとき、「先輩たちは一流企業に内定をもらってるし高学歴の自分も就活は楽勝でしょ!」と思っていました。 まずはインターンシップに応募します。

 そして大阪ガスの面接に通り、インターンシップに呼ばれることになりました。 正直このとき、「もう就活は終わったようなもんだろう」と思っていました。 インターンシップ参加によって内定が確定したような気がしていたのです。

 インターンシップでは与えられた業務を淡々とこなすだけで、インターンシップが常時面接であることを意識していませんでした。 その後も就活についてなにをすることもなく、就活本番になっても大阪ガスからなにか連絡がくることはありませんでした。 そうです。インターンシップで見込みがないと、切られてしまったのです。

 その後もひどいものでした。志望度の高かった企業からは軒並み書類選考落ちにされ、 リクルーター面接には呼ばれるものの2回目、3回目が続かず、 面接本番に進んでも1次面接、2次面接で落とされる体たらく。

 最終的に大学の求人票をみて適当に応募した会社に内定をもらい、就活を終えました。 Core30でもLarge70でも日経225でもありません。 どうしてこうなった

 

高学歴が就活に失敗する理由

 なぜ高学歴でも就活に失敗するのでしょうか。その理由を解説していきます。

 実は、高学歴というのはインターンシップに呼んでもらえる権利エントリーシートを読んでもらえる権利リクルーター面接に呼んでもらえる権利に過ぎません。

 面接本番に呼ばれる権利でも、内定がもらえる権利でもないのです。 このことを忘れていて、「内定が出ない」「ESが落ちる」という苦しみを味わいましたが、 みなさんには同じ思いをしてほしくありません。

 恥を忍んで私がどんな失敗をしたか、何が悪かったのかを解説します。

 

理由1:高学歴は無条件で内定だと思っていた

 旧帝大ともなれば学歴で言えば同世代の上位1%です。100人に1人の逸材は、どの企業でもほしがるだろうと思っていました。 「高学歴=内定」と思い込んでいたのです。

 しかし、現実には企業はただの高学歴がほしいわけではありません。 前提条件として「この会社のビジネスが好きで、経営理念・ビジョン・社風と合致する人物」であることが必要です。 その中で学歴は、「さらに高学歴だったらいいなあ」程度でしかないのです。

 詳しくは「新卒採用」は「将来の夢採用」で解説していますが、 会社にとって「最も欲しい理想の人物」とは「会社と志を同じくしていて、いくら働いても苦痛に感じない人」 であることを覚えておいてください。

 「プログラムが好きすぎて朝起きてプログラムを組んで、出勤してプログラムを組んで、昼休みに暇つぶしにプログラムを組んで、 帰宅したら趣味でプログラムを組む(あるプログラマー)」

 「野球が好きすぎて猛練習を『努力』だと思っていない(イチロー選手)」

 「執筆が好きすぎて執筆の気分転換に別の小説を執筆する(迷い猫オーバーランで有名な松智弘氏)」

 「俺のヒーローは本気の趣味(ワンパンマン)」

 ここまで「天職」と言えるほどの仕事が見つかる人は稀ですし、みんながみんな好きな仕事で食っていけるわけではありません。 しかし、理想としては「会社のビジネスが本気の趣味」になる人を採用したいのです。

 

理由2:エントリーシートをなめていた

 私はエントリーシートをアルバイトの履歴書と同じように考えていました。 エントリーシートは面接の話のネタにすぎず、たいした書類だと思っていなかったのです。

 正直なところ「『大阪大学』って書いてあれば楽勝でしょ」と思っていました。 残念ながらエントリーシートをなめていた私は続々と書類選考落ちの憂き目に遭いました。

 上でも触れましたが、会社は「会社と志を同じくしている人」を求めています。 エントリーシートでアピールすべきは、将来の夢ないし志(就職活動の軸)であり、 学生時代頑張ったことなぜこの会社を選んだのかこの会社に入って挑戦したいことは、 その「志」についてどれくらい本気なのかを会社にぶつけるものです。

 そして最終的に「私の志は貴社の経営理念・ビジョン・社風と一致しており、私は貴社に入社しなければなりません」 とまで言えて初めて完璧なエントリーシートです。 私はこのことに気が付くのにかなり時間がかかってしまいました。

 そのため「就職活動の軸」がなく、一貫性のないエントリーシートを量産し、 それだけ書類選考で落ちまくったのです。

 エントリーシートとはで詳しく解説していますが、 エントリーシート作成は「就職活動の軸」を意識して、「貴社と同じ志です」という結論にもっていけるように、 内容を構成しなければなりません。

 

理由3:プレエントリーが少なかった

 私は正直なところ、大阪ガスで内定が確定だと思っていたのでたいして会社探しをしませんでした。 プレエントリーは30社程度で終わってしまったのです。 しかし、就活が「会社と同じ志」であることが結論だとすると、30社ではまったく足りません。

 同じ志かどうかは自分だけで判定できるものではありません。 会社側が「この学生は会社と同じ志だ」と認めて初めて内定がもらえるのです。 いくら経営理念やビジョンに自分の志と同じことが書かれていても、それが本当に会社の社風なのかは外部からはわからないのです。

 すると、志が同じであろう会社をとにかく大量に見つけて、「同じ志だ」と認めてくれる会社が現れる確率をあげていかなければなりません。

 50社、70社、100社と無数にプレエントリーし、無数にエントリーシートを送り、 無数にリクルーター面接や面接本番を受けるのが理想です。実際には時間の制約がありますので無数にとはいきませんが、 理想が「無数」であることは意識しておいてください。

 実際私は30社プレエントリーし、11社にエントリーシートを送付し、半分は書類選考落ち、 半分は1次面接、2次面接落ちになりました。その後追加で10社ほどにエントリーシートを送り、 運よく最後の一社で内定を獲得したのです。

 ハッキリ言って当時は崖っぷちでした。もう後がないのです。ここで落ちたら就職留年するしかないところまで来ていました。 私は運が良かったですが、同じ不安感・絶望感を皆さんに味わってほしくありません。 会社探しもガチでやってください。

 

理由4:「有名企業に行かなくては」というプレッシャー

 高学歴ゆえの悩み「有名企業に行かなくては」というプレッシャーもありました。 周囲の友達やバイト先、家族、親戚はみんな「高学歴」である私に期待していて、 「きっと有名企業に入れるだろう」と思われていました。

 また「有名企業に入って親を安心させたい」という思いもありました。 これは誰でも同じだと思います。他にも「負け組だと思われたくない」というプレッシャーもあるでしょう。

 しかし、後になってから「有名企業だから」という会社選びになんの意味もないことに気が付きました。

 「有名企業だから」という理由で会社を選ぶと「軸のないエントリーシート」になり、入社が難しくなります。 うまく取り繕って入社できたとしても、「本当にやりたいこと」でない仕事に従事するのではいずれ精神を病んでしまいます。

 「会社名」で親を安心させるのではなく、「ビジネス」で会社を選び、 「この会社はすごい」と熱弁することで安心させましょう。

 また、「負け組」かどうかも就職した会社の名前で決まるわけではありません。 大事なのは「幸せな人生を送れるかどうか」です。会社の知名度や「勝ち組」「負け組」に惑わされず、 自分のしたいビジネスに携わるのが一番です。

 

高学歴のメリットを活かす

 一方で高学歴のメリットはちゃんとあります。私のように学歴だけで満足せず、 学歴を最大限活かすようにしてください。学歴を活かせる機会を紹介します。

 

メリット1:インターンシップに合格しやすい

 なんの志もなく、適当に大阪ガスのインターンシップに応募した私ですが、 インターンシップの面接には簡単に通りました。「学歴がモノを言った」としか思えません。

 インターンシップは参加可能な人数に限りがありますので、できるだけ「有望かもしれない人」を呼びたいものです。 特に就活本番の面接で合格しそうな人はもちろんですが、「面接では能力を測りきれなさそうな人」も呼ぶのです。 私のようなクソみたいな人物が呼ばれたのはそういう事情でしょう。

 インターンシップに参加する就活生は全体の40%程度に過ぎません。 早期から就活について考え、会社を選んでコンタクトを取るというのは非常に重要なことです。 この段階から就職活動の軸について考え、志が一致する会社を見つけられたら、内定に直結します。

 ライバルが少ないうちに完璧なエントリシートを見せつけ、 インターンシップでは「まさにこれが天職だ!このビジネスをやりたい!」という姿勢をアピールすることで、 人事に大きく印象に残ります。

 インターンシップに合格しやすいことを活用して、早期に「志が同じである自分」を売り込むのです。 インターンシップが内定に直結し、就活本番が始まる前に内定がもらえるのはこういう人たちです。

 

メリット2:エントリーシートを読んでもらえる

 会社の人事は何千通、何万通と届くエントリーシートをすべて読んでいるわけではありません。 会社説明会も、エントリーシートも学歴フィルターはあります。

 あらかじめ設定した「大学一覧」に入っている学生は会社説明会で専用の席を用意してもらえ、 「大学一覧」に入っているエントリーシートは読んでもらえます。 高学歴なら「足切り」に遭うことはまずありません。

 しかし、「読んでもらえる」権利に過ぎないことは覚えておいてください。 実際私は出したエントリーシートの半分で書類選考落ちになっています。 読んではもらえるけれど、合格するかはまた別の話です。

 先にも解説した通り、就職活動の軸を持ち、「私の志は貴社の経営理念・ビジョン・社風と一致しており、私は貴社に入社しなければなりません」 とまで言えたエントリーシートを提出すれば、書類選考はほぼ合格するでしょう。

 せっかく読んでもらえるのですから、完璧なエントリーシートを書いて送り、 面接を受ける権利を獲得しまくりましょう。

 

メリット3:リクルーター面接に呼ばれる

 高学歴の最大のメリットはリクルーター面接です。 2019卒では面接本番は6月1日に解禁されますが、リクルーター面接はそれより前に「内緒で面接をする」という、 裏ルートの選考です。

 リクルーター面接に呼ばれるのは高学歴な就活生か、インターンシップに参加した就活生だけです。 このメリットを活かさないわけにはいきません。

 私もリクルーター面接にはたくさん呼ばれました。なんといっても大阪大学ですから、 いろんな一流企業にOBがいて、そのOBから電話がかかってきて「1対1の質問会」に誘われるのです。

 これを言葉通りに「ただの質問会だ」とか「これは内定確定ルートだな!?」などと勘違いしてはいけません。 あくまでこれは「裏の面接」です。選考もされますし、内定確定でもありません。

 およそエントリーシートを提出した後にリクルーター面接が行われるのですが、 エントリーシートを読まずに学歴だけみて誘ってくる会社もあります。

 そんなとき、就職活動の軸をしっかり考えて「貴社と志が同じです」と言える状況であれば、 2回目、3回目のリクルーター面接に呼ばれて裏ルートで内定を獲得できます。

 そうでなければ1回目のリクルーター面接で落とされて、「すべてなかったことに」なるのです。私のように。 ひどいときはエントリーシートをべた褒めされたのに「書類選考落ち」扱いになったこともあります。

 リクルーター面接に呼ばれるため、リクルーター面接を突破するためには、 いかにエントリーシートを完璧に仕上げておくかによります。 しっかり対策しておきましょう。

 

どこの大学からが「高学歴」?

 「高学歴」はどこからでしょうか。

 インターネットなどでは「旧帝大」「早慶」だけが高学歴だと言うような書き込みも多いですが、 社会の「高学歴」の認識はそんなに厳しいものではありません。なぜなら、旧帝大や早慶出身者は同年代の上位3%だからです。 この3%だけを採用対象にするのはあまりに少なすぎるというものです。

 会社で「高学歴」とされる大学群は幅広く、国立大学MARCHG関関同立は高学歴と考えられています。 受験の偏差値とはあまり関係がありません。 基本的に「国立大学が有利で、私立大学は早慶・上智・MARCHG・関関同立だけが例外的に高学歴とされる」という認識です。

 国立大学は、日東駒専や産近甲龍より偏差値が低くても就活では有利です

 なぜ偏差値と関係がないかと言うと、採用権限を握っているのは50代の人事部長で、さらに60代の役員のチェックを受けるからです。 若い人事は、人事部長や役員を納得させられる採用活動をしなければなりません。 そのため「偏差値」ではなく「年配の人が高学歴だという大学」を選ばざるを得ないのです。

 あまり掲示板の「高学歴」をあてにしないようにしましょう。

 

「負け組」に惑わされるな

 掲示板等では「高学歴なのにその会社は『負け組』だ」などと言われることが多いです。 しかし、このマウント取り合戦に応じてはそれこそ「負け」です。他人の言う「負け組」に惑わされてはいけません

 人生の価値は「在籍している会社名」で決まるわけではありません。 確かに有名企業であれば親戚や友達に自慢できるかもしれません。 ですが、有名企業というのは「テレビCMをしているBtoC企業」という、まったくどうでもいい要素です。

 「Core30」「Large70」「日経225」に内定をもらったと言って自慢する人もいますが、 それは「株価の指標」に過ぎず、「そのビジネスに携われば自分が幸せになれるかどうか」には一切関係がありません。 もっと言えば、それは株主が喜ぶだけの指標であり、サラリーマンの生活には全くもって関係がありません。

 就活では自分が「人生を通じて実現したいこと」こそが最優先です。 掲示板の人のために会社を選ぶことこそばからしいことはありません。

 勝ち負けを判定しているのはしょせんは大学生であり、ビジネスの成功者でもなければ、 あなたの「将来の夢」の先行者でもありません。あなたの戦場は掲示板ではありません。

 「何が自分にとっての幸せか」だけを基準に会社を選びましょう。

 

高学歴を過信しない

 確かに「高学歴」は会社にとってうれしい要素です。高学歴の就活生を面接に呼ぶとき、 上司を説得しやすいからです。

 「MY大学の学生を面接に呼びます」と上司に言えば「なんだその大学は?今年は東大生はおらんのか!?」 などと怒られてしまうでしょう。一方で「東大生を呼びます」と言えば「そうか!わかった!」と言われそうですよね。

 しかし、前提として「完璧なエントリーシート」が必要です。 いくら高学歴であっても、私のようにエントリーシートがダメダメだと合格しません。

 高学歴の就活が失敗する理由は、「高学歴を過信する」ところにあります。

 会社は「会社と志が同じ学生」を求めているのであって、 「学歴」はオプションに過ぎないということを覚えておいてください。

【2020卒】12月開催の一流企業が集まる合同説明会(参加特典アリ)【大阪会場】

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに2020卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 また、2019卒でも卒業ギリギリまで開催されており、2018年12月でもまだ間に合います。

 

「こんな良い会社あったんだ!」会社が向こうから来てくれる就活サイト

 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 法人向けのビジネスは消費者向けの20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。

 ですが「キミスカ 」なら、 知らなかった優良企業が向こうからあなたを探し出してくれます。

 プロフィールを書き、インターン経験・他社の選考結果などの情報を充実させていくとマッチング精度がどんどん上がっていき、 たくさんの会社から「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時にはいきなり最終面接のお誘いすら来ます。

 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。

 すでに2020年卒の就活生も約4万人が登録済みで、NTTデータや一条工務店のような大企業から隠れ優良企業、 ベンチャー企業までスカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

 

「SPI、対策しといてよかった!」

 SPIやエントリーシートは、厳しい大学受験に比べたらとても簡単なものです。 とはいえ慣れが必要で、毎年多くの就活生が一発目の第一志望で失敗する事態に陥りがちです。 慣れてきたころには第二志望どころか第三志望の募集も終わっていて、志望度の低い企業にだけ最高のパフォーマンスを発揮するのです。

 一発目から最高のパフォーマンスを発揮するには、SPI、エントリーシート対策が欠かせません。 ですが就活本は値段が高いですし、対策といっても何をすればいいかわかりませんよね。

 そこで、キャリアパークのSPI対策資料を使いましょう。 無料登録するだけでSPIの対策資料がもらえます。出題される問題の傾向や時間配分、解法をつかんで、 就活一発目から高得点をたたき出しましょう。

 他にも一流企業の先輩方の内定エントリーシート自己PR作成マニュアル面接官が実際に使う評価シートなどが無料で手に入り、 内定直結イベントに加えてキャリアパーク会員専用の特別選考枠もあるなど、 第一志望に内定をもらうには、キャリアパークを使わない手はありませんね。

 もちろん就活生はすべてのサービスが完全無料ですから、コスパは無限大です。



×

あなたの就活偏差値を測定しませんか? 目指せSランク!