リアルタイム閲覧者数:53人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

【就活】面接の自己紹介

 面接では自己紹介を求められます。就活での自己紹介のやり方がわからないという方が多いと思います。 面接の自己紹介はどんな内容で、どれくらいの長さですればよいのでしょうか。 実は面接の自己紹介は、コミュニケーション能力が問われる重要な項目です。 

 

面接の自己紹介はコミュニケーション能力が問われる

 面接自己紹介は、ただ一方的に言いたいことを言えばいいというわけではありません。 相手の聞きたいことをわかりやすく話すことコミュニケーション能力です。 面接官の求めていない自己紹介をしてしまうと、コミュニケーション能力が疑われます。

 就活の面接では、自己紹介で「自己PR」をしてしまう就活生がたびたび見受けられます。 「○○大学の○○です。学生時代はボランティアを頑張りました!」というわけです。 しかし、学生時代頑張ったことは、自己紹介でしょうか。

 自己紹介とは自分の属性を相手に伝えることです。 氏名、所属、年齢、出身地、趣味など、「自分はこういうカテゴリーの人間である」ことを伝えるのです。 「学生時代頑張ったこと」は、将来の夢を実現するために頑張ったことであり、 自分の属性ではありません。

 また、自己PRや志望動機はエントリーシートや履歴書のメインを飾る項目であり、 自己紹介で言わなくてもどのみち質問されることが明白です。 自己紹介で自己PRや志望動機を述べる必要はないのです。

 そもそも面接官は、自己PRが聞きたければ「自己PRをお願いします」と言いますし、 自己紹介で志望動機や自己PRを言わなければならないなんてことはないのです。

 面接の自己紹介はあくまでも自己紹介ですので、いつも学校やアルバイトでするような自己紹介を、 簡単に行えばいいだけです。長々と自己PRをしてしまえば「自己紹介って言ったのに…」と不快に思われること間違いなしです。

 聞かれたことに、聞かれた内容を答える。これがコミュニケーション能力の本質です。 面接の自己紹介はコミュニケーション能力が問われているというわけです。

 

面接の自己紹介は簡潔に

 面接自己紹介では、つい「自分を良く見せよう」としてしまいがちです。 難しい言葉を使って賢そうに見せかけたり、長々と自己PRしたりする人もいます。 しかし面接の自己紹介はそんなことは求められていません。

 通常、自己紹介はコミュニケーションの「アイスブレイク」のために行われます。 面接官・就活生は初めて会話をするわけです。自己紹介という簡単な話題から、 深く会話していこうというものです。

 ここでいきなり自己PRや難しい話をしては唐突過ぎます。熱意があるのはいいことですが、 自己紹介で変に凝ると面接官も疲れてしまいます。 まずは簡単に、普通に自己紹介をしましょう。

 もちろん自己紹介以外でも面接で難しい言葉を使うのはやめましょう。 賢そうに見えると思っているのは、難しい言葉を使っている就活生だけです。 面接官は評価シートの「わかりやすく説明ができない」にチェックを入れています。

 面接の初めの段階である自己紹介で低い評価を取ってしまっては仕方がありません。 面接官が疲れてしまわないように、簡単に短く自己紹介をしましょう。 詳しい話はあとで面接官から質問してもらえます。

 面接の自己紹介の時間は、30秒~60秒が目安です。 短いと思うかもしれません。しかし、実際に自己紹介してみると、30秒ですらかなり長いです。 予め自己紹介の内容を決めておくことが重要です。

 

面接の自己紹介の内容

 新卒の就活では、面接の自己紹介の内容は何を話せばよいでしょうか。 転職の場合は氏名、在籍している会社名、職歴、今やっている仕事等を話せばいいのですが、 新卒の場合はどうでしょうか。

 自己紹介に決まったやり方はありませんが、新卒就活の面接では自己紹介として

  • 氏名
  • 大学名
  • 出身地
  • 部活
  • サークル
  • アルバイト
  • 趣味

を話すことが多いです。

 氏名と大学名は必須です。 いくら面接官がエントリーシートや履歴書を持っているからと言って、 名乗らない自己紹介はありえませんし、所属を述べない自己紹介もありえません。

 出身地、部活、サークル、アルバイト、趣味は自由項目です。 大学名を言えば出身地はだいたいわかりますし、特に重要ではありません。 部活やサークル、アルバイトはしていない人もいるでしょう。

 しかし氏名と大学名で終わってしまっては短すぎます。 自己紹介は「アイスブレイク」ですので、ある程度の話題を提供する必要があります。 そこで、部活・サークル・アルバイトをしていればその話をしましょう。

 もしノンバイサーであれば、趣味の話をしましょう。 いずれにせよ長くなり過ぎず、短くなり過ぎずを意識してください。 面接の自己紹介は30秒~60秒で求められることが多いです。

 

面接の自己紹介の例

 面接での自己紹介の例を紹介します。

 「エムワイ大学法学部法学科の○○○○と申します。大学は東京ですが、出身地は石川県で、 石川県では生まれて以来18年を過ごしました。今は東京で一人暮らしを楽しんでおります。 最近は趣味のビリヤードに凝っておりまして、休みの日はビリヤード場に通っています。 自己紹介は以上です。よろしくお願いします。」

 以上で144字ですが、これでおよそ20秒です。話すスピードもありますから、 150字で30秒くらいに考えておくとよいでしょう。

 まず大学名と氏名を名乗ります。ビジネスの世界では通常、所属から名乗ります。 「株式会社エムワイ商事の○○と申します。」と言った具合です。 これにならって、「エムワイ大学法学部法学科の○○と申します。」と名乗るのがよいでしょう。

 ここからは自由項目です。出身地でも部活でも趣味でもいいわけですが、 引越しを経験しているなら以前住んでいた場所を伝えてみるのもいいでしょう。 出身地というのはわりと会話のネタになります。

 部活や趣味は、何をやっているから有利というものではありません。 しかしやはり、会話のネタとして優秀です。 若い人が普段何をして遊んでいるのかというのは年配の方にとって気になるようです。

 20~30秒ほどしゃべったら、「自己紹介は以上です」と、自己紹介の終了を宣言しましょう。 突然しゃべり終わると、「ん?終わったのかな?」と相手を不安にさせます。 自己紹介のやり方というよりマナーの問題ですが、注意しましょう。

 

内定を取りこぼさないために

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 自分にあった会社かどうかは結局のところ入社してみるまで分かりません。 会社側から声をかけてくれるとうれしいですが、従来型の就活サイトでいう「スカウト」はただの宣伝メール…

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社に提出したエントリーシートや選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックして本物のスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 もちろん就活生は無料で利用できます。SNSの要領でプロフィールを充実させればさせるほどスカウトがもらえます。 あなたの存在をたくさんの企業にアピールしましょう。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 Unistyleでは、一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界など、 から志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 就活生は一切お金がかかりませんので、登録しておかない手はないと思います。



 

ワンキャリア

 ワンキャリアでは4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、リアルな選考情報・体験談も1000件以上です。

 トヨタやホンダなどの自動車メーカー、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行、日本総研、NTTデータ、 日立製作所、JX、JRなど一流企業の合格エントリーシートが多数そろっています。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」