リアルタイム閲覧者数:15人

 

【就活】良い会社とはなにか?~悪い会社との違い

 「良い会社とは何か」について徹底研究・解説します。

 就活では「良い会社」に就職したいですよね。しかし、「良い会社」とは「自慢できる会社」なのでしょうか。 それとも「給料が高い会社」なのでしょうか。答えは一概ではありません。 自慢できても、給料が高くても、自分が楽しく働けなければ意味がないからです。

 この記事ではどんな条件・基準をもって「良い会社」を探せばよいか、またどうやって探せばよいかを解説しています。



 

会社とは何か

 会社とは、社会に存在する問題を自ら解決する人の集合体です。 同じ目的を持った人が集まって、全体で1人の人間のように課題解決に取り組みます。

 しかし、株式が上場されると所有者と経営者が分離してしまい、 「儲けたい所有者」と「問題解決がしたい経営者」の2つの性格を持ち合わせることになります。 経営者の任免権は所有者である株主にありますから、経営者は「問題解決」より「儲ける」ことに偏ってしまいます。

 その最たる例が「粉飾決算」です。会社の本来の目的は「問題解決」にあったはずですが、 株主のご機嫌を取るために会社の経理をごまかし、「営業利益」や「純利益」といった指標を最優先にしてしまうのです。

 一般に会社は「営利を目的とした団体」と言われますが、それは「法人」という定義の中の区別に過ぎません。 会社には「本来の目的」があり、それを見失った「利益追求団体」は、良い会社とは言えないでしょう。

 社員にとっても入社時には志していた「社会的な目的」は「数値目標」にすり替えられ、 「問題解決」ではなく「怒られない」ために働くようになります。 これでは「何のために働いているのか」がわからなくなってしまいます。

 この「本来の目的」が「経営理念・ビジョン・社風」であり、 その「目的」に向かって全社的に取り組んでいる会社こそ「良い会社」だと言えます。

 しかし就活生にとって「目的」が必ずしも会社と一致するとは限りません。 どのように「良い会社」を探していけばよいか考えてみましょう。

 

「良い会社」の基準

 良い会社基準はなんでしょうか。

 「トヨタ自動車」「日本銀行」「富士フイルム」「三菱東京UFJ銀行」と聞けば、おそらくほとんどの人が「良い会社」だというでしょう。 もしこれらの企業に内定をもらえば、サークルや家族に自慢できるでしょうし、給料も高そうです。

 これらの企業を「良い会社」だと言う基準はなんでしょうか。いくつか挙げてみます。

  • 世界的な超有名企業である
  • 給料が高い
  • 儲かっている
  • 倒産する可能性が低い

 ほかにもたくさんあると思いますが、これらの特徴が挙げられます。 しかし、これだけがほんとうに「良い会社」なのでしょうか。 世界的に超有名で、給料が高く、儲かっていて、倒産する可能性が低ければ「良い会社」なのでしょうか。

 「新日鉄住金」や「ファナック」は知名度では上で挙げた会社より劣ります。知らない人もいるでしょう。 しかし給料が高くて、もうかっていて、倒産する可能性が低い会社です。

 「日揮」や「東洋エンジニアリング」などのプラントエンジニアリング業界は知名度が低いですが、 給料はすごく高いことで有名です。30代には年収が1000万円を超え、儲かっていて、倒産する可能性も低いです。 しかし、不夜城と呼ばれるほど残業や休日出勤が多いことでも有名です。

 「電通」も給料が非常に高く、広告代理店として世界を股にかけて活躍しており、 儲かっていて倒産する可能性も低く、超有名企業です。しかし、2015年に過労死事件が起きています。

 そもそも日本企業が本当に強いのはBtoBビジネスです。 デザインやイメージに左右されがちなBtoCビジネスでは海外企業に押されていますが、 材料や部品、生産設備など純粋に「技術力」で勝負できるBtoBビジネスでは世界シェアを取りまくる会社が多いのです。

 「知名度は低いけどすごい会社」を隠れ優良企業の記事で紹介していますが、 なにぶん知名度が低いため、「良い会社」だと思ってもらえないかもしれません。 ですが、まぎれもなく儲かっていて、給料も高い会社群です。

 どうやら「良い会社」とはこの基準に限らないようです。

 

就職ランキングは「良い会社」とは関係ない

 働き方にはそれぞれ好みがあると思います。

 仕事は仕事と割り切ってキツイ仕事をやり、高給をもらってアーリーリタイヤしたい人もいれば、 そこそこの仕事で、そこそこの給料をもらって定年まで働きたい人もいるでしょう。 もっといえば、給料は安くていいから定時退社、休日出勤なしがいいという人もいるでしょう。

 「好きな仕事」をバリバリやりたがる人もいれば、「超有名企業」という肩書だけで満足できる人もいるでしょう。 「カリスマ経営者」に惚れ込んで、運命をともにしたいと思う人すらいるでしょう。

 「良い会社」とは、自分で決めるしかないのが実情です。 みんなが「ゴールドマンサックスは良い会社だ」と言っても、自分がゴールドマンサックスに入社すれば幸せになれるかどうかはわかりません。 そのようなビジネス、そのような働き方に興味がなければ、それは自分にとって「良い会社」ではないのです。

 就活生はたびたび誰かの言う「良い会社」に惑わされます

 「就職人気ランキング」や「就職偏差値ランキング」が良い例です。 「CORE30」や「LARGE70」「日経225銘柄」「東証一部上場」なども同様です。 このようなランキングやグループに入っている会社こそが「良い会社」だと言われることが多いですね。

 掲示板などでは「CORE30以外は負け組」「旧帝大卒で就職偏差値60未満は負け組」といった言い方をされます。 内定先を自慢したり、自分の内定先を探して一喜一憂したりする就活生は後を絶ちません。 しかし、それがほんとうに自分にとって「良い会社」なのでしょうか

 就職ランキングやCORE30などは、所詮誰かがつくった指標にすぎません。 その会社に内定をもらったからといって、せいぜい「だれかに自慢できる」程度のメリットしかないのです。 自慢するために就活をしているのではなく、自分の幸せのために就活をしているはずです

 ランキングや大企業群と、自分の幸せは関係がないですね。

 

世間が言う「良い会社」も経営が傾くことがある

 「良い会社」と思われていた会社も、経営が傾いたり、倒産することがあります。

 古くは「鈴木商店」や「南満州鉄道」「中島飛行機」があります。 これらは戦前の企業ですが、当時の東大生が就職したがる人気企業でした。 しかしいずれも現在、当時の形では残っていません。

 高度経済成長期から2000年ごろまで栄華を誇った日本の家電産業もそうです。 「シャープ」は液晶テレビに非常に強く、「パナソニック」や「ソニー」「東芝」「日立」といえば、 世界的に有名な家電メーカーでした。しかし現在では中国・韓国メーカーの猛攻でいずれの会社も家電は主力製品ではありません。

 特に「シャープ」は台湾の鴻海に買収されることで生き延び、「ソニー」は以前のようなイノベーション企業ではなくなり、 現在では金融屋と化しています。「東芝」は不正会計問題で揺らいでいます。 しかし、どの企業もその時代では「良い会社」とされ、就職人気ランキング上位の会社でした。

 失敗の原因はさまざまです。鈴木商店は事業の急拡大がアダとなり、世界恐慌に対応できませんでした。 南満州鉄道は敗戦と同時に解体され、中島飛行機も飛行機の製造が禁じられて勢いを失いました。 家電メーカーはマーケティングを軽視していたために中国・韓国メーカーに足元をすくわれました。

 どんな会社でも事業を行う以上はリスクがあります。倒産した会社はいずれもリスクを想定しきれなかった、 リスクを無視していたというところに問題があります。とはいえ、何が起こるかわからない世の中で、 あらゆるリスクに対応しきるというのも難しい話です。

 シャープや東芝がこんなことになるとはだれも思っていなかったでしょう。 当時は鈴木商店や南満州鉄道が倒産すると思っていた人もいなかったはずです。 同様に、「トヨタ」や「日本銀行」がつぶれると思っている人もほとんどいないでしょう。

 しかし、世間で言われている「良い会社」も上記のように、経営が傾くことがあるのです。

 

「カリスマ経営者」の会社も傾く!?

 カリスマ経営者が人気を集めています。日本人はもともと「強いリーダー」を求めがちです。 古くは天皇、将軍。今では総理大臣に強いリーダーシップを求めます。 ロシアのプーチン大統領が日本でひそかに人気なのは、「強いリーダー」というイメージのせいでしょう。

 同様に、「カリスマ経営者」はもてはやされます。今ならソフトバンクの孫正義社長、 「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングの柳井正会長、日本電産の永守重信社長が人気で、 関連する書籍もたくさん出版されています。

 しかし、「カリスマ経営者」の引退後に目をつけてみると、実は案外暗いものです

 ダイエーの中内功社長、三洋電機の井植敏社長、カネボウの伊藤淳二社長、セゾングループの堤清二代表は、 いずれも時代のカリスマ経営者としてもてはやされました。しかし、いずれの会社もどうなったかはご存知の通りです。

 「カリスマ経営者」には次のリスクが伴います。

 まず、「部下が反対論を述べにくい」というリスクです。 カリスマ経営者は成功体験が多い分、経営のプロフェッショナルとしてもてはやされ、聞く耳を持たなくなることが往々にしてあります。 そうでなくても、部下が「社長が言ってるからそうなんだろう」と思考を停止してしまうこともあります。

 カリスマ経営者が誤った戦略をとろうとしても、だれも反対しないのです。 カリスマ経営者のいない会社では、取締役会が各部署の部長たちと相談の上で戦略を策定しますので、 間違いはその分起こりにくいのですが、カリスマ経営者の一言で決まってしまうようでは経営が傾くこともあります。

 もう一つは、「後継者がいない」というリスクです。 孫社長、柳井会長、永守社長は経営のプロフェッショナルとして多大な実績を築いています。 しかし、その代わりが務まる人物はいるのでしょうか?

 カリスマ経営者は創業者であって、会社は自分の身体の一部のようなものです。 雇われて出世してきたサラリーマン経営者とは土台が違います。 もうそれだけで代わりが務まる人物はいないような気がしますね。

 会社自体、カリスマ経営者の頭脳に依存して発展してきました。 その経営者の完全な代役がみつからない限り、同じ体質のまま会社として生き残ることはできません。

 ソフトバンクでは孫社長の後継者を育てるため「ソフトバンクアカデミア」という研修制度をもうけています。 しかし、ほんとうに孫社長並みの優れた経営者が育つかどうかは疑問です。

 カリスマ経営者の跡を継いできたトヨタの豊田一族はその反例として挙げられます。 経営者が交代しても勢いを落とすことはありませんでした。 とはいえ、カリスマ経営者の会社が必ずしもトヨタのようになるとは限りません。

 

「良い会社」の基準はない?

 「良い会社」のはっきりした基準はないように思われます。

 「高い給料」と「激務」は連動します。高い給料を得られる仕事は「頭脳」によるもので、 経営コンサルティングや投資銀行は非常に高い給料を得られることで有名ですが、その分「頭脳」を酷使します。 労働時間も非常に長く、たいていがアーリーリタイヤします。キツすぎて長続きしないのです。

 それほど残業が多くない会社で高い給料が得られる場合もあるでしょう。しかし、その分「頭脳」を酷使している現実は忘れてはいけません。 一見、楽そうに見える頭脳労働ですが、頭脳の酷使ほど疲れるものはありません。 高い給料は、それ相応の利益を出すからこそのものなのです。

 そして、今儲かっている会社も、それが永遠に続くわけではありません。 家電メーカーが良い例ですね。当時だれもが「良い会社」だと思っていた家電メーカーも、大赤字を計上しました。 今「良い会社」と思われている会社も、いつそうなるかわかりません。

 カリスマ経営者がいる会社も、後継者がいなければ残された社員が路頭に迷います。 果たしてカリスマ経営者が去った後、会社は元の勢いを維持し続けることができるでしょうか。

 すると、今まで挙げた「良い会社」の基準はどれを満たしていてもリスクがあることがわかります。 過労で倒れたり、経営が傾いたり、倒産してしまったりするのです。

 ただ一つ言えることは、生き残れるのは「環境の変化」に対応できる会社だということですが、 非常にあいまいな基準であり、そのときの環境の変化に対応できるかは、そのとき次第です。 何をもって「環境の変化に対応できる会社だ」と言えるかはわかりません。

 結局のところ、「良い会社」とは結果論でしかないのです。

 

「良い会社」の5つの条件

 「良い会社」の条件を5つ挙げて解説します。世間で言われているような基準だけでは当てになりませんので、 独自にかみ砕いて抽象化しています。

 

将来の夢と一致していること

 まず、「良い会社」の第一条件が「自分の将来の夢と一致していること」です。

 初めに書いた通り、会社は「社会に存在する問題を自ら解決する人の集合体」です。 その「解決したい問題」が自分と会社で共有できるかどうかが「良い会社」の条件として最重要です。

 「良い会社」とは人それぞれであり、ブラック企業と名高い業界、居酒屋チェーン店や銀行であっても、 「将来の夢」が一致していれば「自分にとって良い会社」である可能性もあります。

 一方で世間で「良い会社」だと言われている会社でも、それが自分のやりたいビジネス、自分の興味関心と関係がなければ、 40年間を楽しく過ごすことはできません。会社と自分の目指すところが同じでないと、 どうしても「イヤなことをやらされる」ことになってしまうからです。

 「就職活動の軸」が大事だと言われるのはこのためで、 この条件を満たしていない限りは「自分にとっての」良い会社にはなりえず、 また会社側もこの条件を満たしていない学生は基本的に採用しません。

 まずは自己分析をして、「将来の夢」をはっきりさせることが、 「良い会社」を見つける前提条件です。

 

頑張りが報われること

 2つ目の条件が、「頑張りが報われること」です。

 もちろん会社は「結果」がすべてですから、儲からない限りは給料は増えません。 ですが、儲かったときに頑張りに応じて報酬が支払われることは、良い会社の重要な条件です。

 例えばシリコンウエハー加工機械のディスコでは、「ウィル」という社内通貨制度があります。 アメーバ経営のように「ウィル」で仕事単位に価格をつけ、仕事をするたびに自分が稼いだ額がわかる仕組みになっています。

 アメーバ経営ではこれは「経費削減」が第一目的で、その稼いだ分が自分に跳ね返ってきません。 ですが、ディスコでは稼いだ「ウィル」、節約した経費は自分のものになります。 そのウィルを使って好きな仕事を「受注」したり、社内投資したりできる他、円と交換してボーナスに上乗せ支給してもらう制度があります。

 これゆえディスコのボーナスは年間11ヶ月分を超え、総合職の平均年収も970万円を超える高給企業です。 頑張った分がボーナスに反映される仕組みがあるわけですね。

ディスコの企業研究・志望動機

 その一方で、儲かったご褒美が減給処分というトンデモナイ企業もあります。 というより、今の日本社会ではそのほうが多いです

 2018年8月27日の週刊ダイヤモンド記事年収100万円減も!江崎グリコに異変、減給・退職相次ぐによれば、 江崎グリコでは幹部向けの新人事制度がスタートし、年収ベースで100万円減にも相当する実質的な「減給」が行われたとのことです。

 江崎グリコではこの減給処分について「純利益の減少」を言い訳をしているようですが、 会社が儲かっているかどうかは「純利益」ではなく「営業活動によるキャッシュフロー」を見なければなりません。 有価証券報告書を読み解いていくと、本業での利益は増えていることがわかります。

 その一方で「投資活動」は本業で出た利益を使って行うのですが、この投資活動が増えたために、 「純利益」は減っています。つまり、「儲からなかった」のではなく「儲かった以上に投資をした」というだけの話なのです。

 「新人事制度」に移行して実質的に昇給の幅を抑えたり、給与を削減する会社はたくさんあります。 もちろん「勝って兜の緒を締めよ」で不景気対策を取っているというとらえ方もできますが、 頑張りが報われないことにはモチベーションにつながりません。

 

本業が儲かっていること

 良い会社の条件として、「本業が儲かっていること」が挙げられます。

 儲かるということは、それだけの価値を社会に提供しているということです。 その会社のビジョンが社会に認められ、必要とされている証拠です。 逆に本業が赤字だと、その価値が社会に認められていない証拠になります。

 これは上でも少し触れましたが、「純利益」だけを見ていてはいけません。 有価証券報告書の「営業活動によるキャッシュフロー」の項目を見ましょう。 これがプラスになっていれば「本業黒字」です。

 中には本業が赤字でも、会社の持つ資産を売却してなんとか「純利益」を黒字にしようとする会社もあります。 また株式投資などの利益でなんとか「純利益」を黒字にする場合もあります。 果ては粉飾決算にまで手を出す会社もあります。

 ですが、営業活動によるキャッシュフローは会計の仕組み上、ごまかしようがありません。 本業が黒字であれば、「純利益」が赤字でも大丈夫です。 お金の使い方を見直せば黒字化が可能だからです。

 ですが、本業が赤字だとどうあがいても儲かりません。

 

環境の変化に対応できること

 良い会社の条件として「環境の変化に対応できること」も挙げられます。

 長く勤める会社を選ぶにあたって、その「永続性」は重要です。 一時の流行り廃りとともに消えていく会社では困るわけです。

 例えば家電メーカーは消費者を無視した「技術偏重」の製品開発で、世界中の市場を中国や韓国の企業に奪われてしまいました。 当初は「安い」ことで売れ、次第に「安くて品質が良い」ことで売れました。 新機能や高機能がもてはやされた時代があったのです。

 ところが国内市場では景気の減退により「高機能」はウケなくなったにも関わらず、過去の成功体験をひきずり、 消費者の求めていない高機能化と高価格化が進みました。同じノリで海外でも「高い製品」を売り続け、 一方で余計な機能を省いた廉価版を中国韓国のメーカーが売り、市場をごっそり奪われてしまったわけです。

 環境の変化に対応できる気質の会社でなければ、「リストラ」「追い出し部屋」「企業買収」などの憂き目に遭います。 もちろん環境の変化への対応は社員1人1人がその意欲を持っていなければなりませんが、 会社自体が古い体質で「この道一筋何十年」をよしとする状況では、若者が何を言ったところで体質は変わりません。

 そこで、環境の変化に対応した実績のある会社がおすすめです。

 例えば富士フイルムがあります。昔は写真フィルムでコダック社と市場を二分していました。 ですがデジカメの登場で写真フィルムが売れなくなることが予想されました。

 このとき、コダック社は写真フィルムにこだわり続けました。一方の富士フイルムは自らデジカメに参入し、 写真フィルムで培った技術力を背景に、医療や電子部品などの分野に進出しました。

 結果は富士フイルムの勝利でした。予想通りデジカメが普及し、写真フィルムは売れなくなり、 コダック社は破産。一方の富士フイルムは新規事業をいくつもやっていたため、 写真フィルムも続けながら成長を続けています。

富士フイルムの企業研究・志望動機

 

悪い会社の特徴に当てはまらないこと

 「良い会社」であるためには、「悪い会社」の特徴に当てはまらないことが重要です。 いくら年収が高くても、いくら知名度が高くても、いくら周りに自慢できても、 自分の人生を楽しく生きることができなければ意味がありません。

 最終的には「楽しく働ける会社」以外はあなたにとって悪い会社です。 ですが、その他にも「悪い会社」の特徴はいろんなところにあらわれますから、 事前に把握しておいて、避けるようにしましょう。

 悪い会社の特徴は次の項目で解説します。

 

悪い会社の特徴

 人生を崩壊させてしまうような悪い会社を避けることも、良い会社を見つけるのに重要なことです。 「悪い会社」にはどんな特徴があるでしょうか。

 

特徴1:法令違反がある

 まず1つが、労基法違反などの法令違反のある会社です。 過労死や残業代未払いの労基法違反は「ブラック企業」とも言いますが、「悪い会社」は労基法違反だけではありません。

 粉飾決算や独禁法違反などの「組織的な不祥事」は法令遵守ができていない企業に起こることです。 会社全体が「利益のためなら違法行為もやむなし」という風潮に覆われていて、 社内では誰もそれを指摘できない企業風土に問題があります。

 こういった会社ではもし労基法違反があっても直りませんし、そもそも法令違反の制裁で営業停止、倒産などの憂き目にあう可能性があります。 そこまでいかなくても経営は悪化し、給料などの待遇も同時に悪化していくでしょう。 社会的な信用も失い、「悪い会社そのもの」です。

 不祥事や過労死事件は忘れ去られる場合が多く、就職人気企業でも違法行為は起きています。 入社してから発覚して後悔しないように、あらかじめブラック企業でないか確認しておきましょう。

禁断のブラック企業リスト

 

特徴2:経営陣が頼りない

 そして、経営陣が頼りないことも悪い会社の特徴です。 経営陣が昇給やボーナスアップを否定するときに使う常套句「この業界は先行き不透明」ですが、 これを言うような経営陣は頼れません。

 先行き不透明な状況を打破するのが経営陣の仕事であり、輝かしい未来を見出せないのは経営者が自ら「無能」だと自白しているようなものです。

 社員1人1人が経営者目線を持ち、問題解決にあたるのは良いことです。 ですが、それは経営陣が無能でいいというわけではありません。 ビジョンを示せる経営陣がいて、はじめて部下がその視点で業務を遂行するのです。

 

特徴3:ビジョンを見失っている

 ビジョンを見失って迷走している会社も悪い会社です。

 会社は「社会に存在する問題を自ら解決する人の集合体」だと再三説明していますが、 ビジョンを見失った会社とは、何の問題を解決したかったのか忘れてしまった会社のことです。

 バブル期には多くの会社がマスコミ・証券会社・不動産会社に踊らされて「財テク」に走り、 本業とは全く関係のない投資に走りました。

 もちろんそれ自体が悪いことというわけではないのですが、「解決したかった課題」と関係のないことに熱中すると、 社員の一体感は醸成できません。投資は本業でないため、投資にもともと興味のあった社員しか熱心に取り組めず、 それゆえ失敗します。現にバブル崩壊後は不良資産をかかえた会社が続出しました。

 中には「新規事業」や「利益」が目的にすり替わってしまい、本業と何の関係もない分野に進出していく会社もあります。 ですが、それは会社の経営理念と一致している事業なのでしょうか。 「利益至上主義」は、会社の本来の目的だったのでしょうか。

 就職を希望する会社の「中期経営計画」を検索して読んでみましょう。 そこに利益などの数値目標、「新規事業を開発する」だけが書かれている場合は要注意です。 「ビジョン」の話の書かれていない会社は、ビジョンを見失っています。

 ビジョンを見失った会社は「烏合の衆」に過ぎません。将来性がないのでやめておきましょう。

 

特徴4:環境の変化に対応できない

 環境の変化に対応できない会社も、悪い会社です。

 業績が一時的に悪いからと言って、「悪い会社」だというわけではありません。 富士フイルムのように、本業が斜陽産業であるとわかるや否や、新規事業や社内改革など対策に乗り出し、 「永続的な成長」を目指す良い会社もあります。

 良い会社と悪い会社の間には、環境の変化に対応できるかどうかという違いがあります。

 これができていない代表例が銀行です。 銀行がどうヤバいのかは銀行への就職に「待った」の記事で解説していますが、 ヤバい状況であるにも関わらず、リストラのスピードが遅すぎます。

 メガバンクは「10年かけて」行員や支店の削減に取り組むと発表しています。 いまさら銀行業務の自動化などに取り組み始めていますが、パソコンが発明されたのはもはやずいぶん昔のことです。 地銀はいまだにリストラすら開始していないところも多くあります。

 銀行が環境の変化に対応できない理由は銀行法と預金保険法という法的な理由もあるのですが、 なんといっても経営陣が長期的なビジョンを描けていないところに最大の理由があります。

 

「良い会社」と「悪い会社」の見分け方

 「誰かが良い会社と言った」会社は自分にとっては必ずしも「良い会社」ではない以上、 自分の独自の基準をつくるしかありません。

 独自の基準で「良い会社」を見分ける方法を解説します。

 

STEP1:「就職活動の軸」をつくる

 まず「就職活動の軸(将来の夢)」をつくり、会社選びの基準を導き出しましょう。 他人の評価などは一切無視して、自分が実現したい夢を実現できそうな会社を選ぶのです。 「経営理念・ビジョン・社風」が「就職活動の軸」と一致する会社こそがあなたにとっての「良い会社」です。

 目的もなくがむしゃらに働くのは非常にキツイものです。 ときに「自分はなんで働いているんだろう」と思うこともあります。 そんなとき、「自分はこの夢を実現するために働いているんだ!」と思える夢があれば、楽しく仕事をすることができます。

 また、ときに深夜残業や休日出勤が必要になったときも、何も目的がないよりは、 明確な目的があったほうが気が楽です。

 自分の幸せは何かを深く掘り下げて考えて、「就職活動の軸」をつくるのが、 「良い会社」をみつける最良の手段です。

 実は会社側も「将来の夢」のために自社を選んでほしいと思っています。 その採用方針はエントリーシートの設問に表れています。「就職活動の軸」や、 「学生時代頑張ったこと」「長所・短所」「この会社に入って挑戦したいこと」を書かされますね。 これは将来の夢の実現ストーリーを書かせているにほかなりません

 就職偏差値ランキングではなく、将来の夢(就職活動の軸)を基準に会社を選ぶことで、 就活生本人も、会社もハッピーになれるわけです。

 就活の最重要な指標である「将来の夢」については、就職活動の軸で、 また、エントリーシートについては受かるエントリーシートの書き方と回答例でそれぞれ解説していますので、参照してください。

 就活をするほんとうの目的を考え直し、自分の信念に合致する会社を選んで、 エントリーシートで熱意をぶつけましょう。

 

STEP2:「経営理念」を読む

 次に、会社のホームページで「経営理念」を調べましょう。

 会社には「実現しようとしている理想像」があります。本来、この実現すべき理想像が会社の「目的」であり、 1つの目的のために人が集まり、ビジネスに取り組んでいるわけです。 「良い会社」を見分けるにあたって、前提条件として「経営理念に共感できるか」が最重要です。

 一致・共感できればその会社は「良い会社」である可能性があります。 逆に、まったく興味のない「経営理念」であれば、あなたにとっては「良い会社」ではないでしょう。

 

STEP3:「中期経営計画」を読む

 上場企業であれば、必ず「中期経営計画」を立てて公表しています。 これは株主に対して今後の方針を示すために発表している場合が多いですが、 もう1つ、社員に対して「目指すべき目標」を示して一致団結をはかる狙いもあります。

 また老舗企業や事業が複数にわたる大企業では「経営理念」はかなり抽象的なものになってしまいがちです。 経営理念が「社会貢献」などあいまいなものでは「良い会社」か見分けることができませんから、 そんなときも「中期経営計画」を読みましょう。

 ここでは経営理念をより詳細にかみ砕いて「実現すべき理想像」が書かれています。 その「ビジョン」を実現すべく、どんなビジネスを行うのか、達成具合をどう評価するかということが書かれており、 たいていは売上高や利益率など「数値目標」としてあらわれます。

 ここで「ビジョン」に共感できたらあなたにとって「良い会社」である条件を1つ満たします。

 注意してほしいのは、数値目標のことばかり書かれている場合です。 ビジョンの話がほとんど書かれておらず、「売上高倍増」「利益率改善」などお金の話ばかりな会社は単なるお金儲けの組織ですから、 「悪い会社」です。この時点でその会社は足切りにしてしまいましょう。

 

STEP4:「有価証券報告書」を読む

 有価証券報告書というと難しい響きですが、会社で勤める以上は避けては通れない問題です。 有価証券報告書は会社の「健康診断書」です。業績の他、経営陣が将来性についてどう考えているか、 何に注力しているかが事細かに書かれている資料です。

 特に読んでほしいのが「事業の状況」の項目と、「キャッシュ・フロー計算書」です。

 「事業の状況」には経営環境に対する経営陣の考え方が詳細に記載されています。 「明るい未来」を実現するために何に取り組んでいるのか、リスクにどう対処しているのかを調べることができます。 これを読んで「頼りない」と感じたら、それは「悪い会社」です。

 「キャッシュ・フロー計算書」には粉飾決算でもごまかせない業績が記載されています。 実は「純利益」は合法・違法問わず簡単に操作できてしまいます。 黒字だと思っていても、実は業績が悪いということは往々にしてあり、その逆もしかりです。

 会計の仕組み上ごまかすことができないのがキャッシュフロー計算書で、 特に営業活動によるキャッシュ・フロー(以下、営業CF)がマイナスの会社は、本業赤字です。儲かっていません。

 一方で「投資活動(以下、投資CF)」「財務活動(以下、財務CF)」によるキャッシュフローは、マイナスでも問題ありません。 これらは設備投資をしたり、借金を返済したりという「将来のためのお金の使い方」であって、 投資CFはマイナスのほうがむしろ好ましいものです。

 一般的に「赤字」というのは「営業CF」「投資CF」「財務CF」の合計がマイナスであることを指します。 ですが、営業CFがプラスである限り、お金の使い方を見直すだけで黒字になります。 一方で営業CFがマイナスなら、株式投資や不動産投資で黒字を出すしかありません。

 営業CFがプラスなら「良い会社」、マイナスなら「悪い会社」という見分け方ができるのです。

 

STEP5:会社説明会で「ビジョン」を確認する

 そして、会社説明会に参加して、「ビジョン」がどれくらい社員に浸透しているか確認しましょう。 会社説明会で「ビジョン」の話が出て、「こういう社会を目指している会社です」という説明があれば、 その会社は「良い会社」だと言うことができます。

 一方でビジョンの話が一度も出ず、ホームページに載っている「事業内容」の説明や現場の「仕事内容」の説明に終始する会社も多く見受けられます。 ハッキリ言ってそういう会社の説明会は下の下、低品質です。ですが、この時点で「悪い会社」だと断じてしまうのはもったいないですから、 質問をして「ビジョン」についてどう考えているかを聞き出しましょう。

 「御社はどのような理想を実現しようとしているのでしょうか」

 これに対して回答に困っている様子が見られたら、その会社にはビジョンが浸透していません。 1つの目標に向かって団結するということはなく、お金儲けのために数値のノルマに押しつぶされる人生が予想されます。 そしてノルマを達成してもそれはどうせ株主への配当金に消えます。

 ですが、ビジョンについて熱く語ってくれて、それに共感できたら「良い会社」です。

 

STEP6:webや書籍でホワイト企業かどうかを見分ける

 ここまでで「良い会社」の条件を満たしているのであればかなり有望ですが、 「楽しく働ける」以外に「健康的に長く働ける」ことも重要です。 「自分に合っていて」、さらに「ホワイト企業」であることも確認しておきたいですね。

 「良い会社」を見分けるのに、私は「日経ビジネス」や「就職四季報」、そして「ビジネス書」を読んでいます。

 「日経ビジネス」は経営者向けのビジネス雑誌ですが、「業界の特集」や「企業研究」など、 「成功事例」や「失敗事例」を多く掲載していて、「社内制度」が紹介されることもよくあります。 上で挙げた「ディスコ」の社内通貨制度も、日経ビジネスで紹介されていたものです。

 私は、隠れ優良企業ホワイト企業も、就職四季報のデータと紹介文を読んで見つけています。 ビジネス雑誌や就職四季報は大学の図書館にも置いてあるかもしれません。 友達と共同購入して回し読みするのもいいでしょう。

 「就職四季報」は、投資家向けの「会社四季報」と異なり、上場企業に加え非上場企業も掲載されているだけでなく、 平均残業時間有給取得率総合職平均年収など独自のデータが掲載されています。

 「平均年収は当てにならない」の記事でも解説していますが、 広く公開されている「平均年収」は現業職や一般職の給料が混ざっていたり、管理職は除かれていたりと計算方法が会社によってバラバラで、信頼性がありません。 ですが、就職四季報の「総合職平均年収」だけはガチです。これ以外の平均年収は基本的に信頼できません。

 また、「平均残業時間」が月40時間を下回っていればかなりホワイト企業の部類です。 1日2時間程度の残業であれば帰宅しても十分時間が残りますし、さらに残業代もけっこうな額になります。 しかし40時間を超えると今度は疲労が蓄積して、いつか支障が出始めます。

 就職四季報で「平均残業時間40時間以内」「総合職平均年収」を参考に「ホワイト企業」を見分けていきましょう。

 そしてMY就活ネットではブラック企業リストも公開していますので、 こちらで「ブラック企業でないかどうか」も確認しておきましょう。

 また「ビジネス書」は学生にとって敷居が高いかもしれません。 これは仕事、起業、会社経営、投資のために読む本なので、就活のために読むのは少し遠回りです。 ですが読めば読むほどビジネスの知識がつき、良い会社の見分けをつけるのに役立ちます。

 就活までまだ時間の余裕のある場合は読んでみてください。

 

「良い会社とは?」の面接での答え方

 「良い会社とはどんな会社ですか」と面接で聞かれた場合の答え方を解説します。

 最良の回答方法が、「ビジョン」です。

 良い会社の条件の項目でも触れましたが、あなたにとっての良い会社とは、 「あなたの将来の夢と会社のビジョンが一致している会社」です。 これが第一条件であり、最重要項目です。

 面接であえて「”あなたにとって”良い会社とは?」と聞かれたときは、独自の基準を述べることが期待されています。 この独自性をアピールできるのが、「将来の夢」というわけです。 答え方としては、以下のようなものになるでしょう。

 私にとっての良い会社とは、私の持つ「〇〇」という将来の夢について、同じビジョンを持つ会社です。 目指すところが同じ同僚とビジネスに取り組むことで、1人ではなく多人数の力で夢を実現することができるからです。 〇〇業界の中でも貴社はビジョンを明確にされており、それに熱心に取り組む企業風土があると感じ志望しました。

 これが「あなたにとって」ではなく一般的な概念としての「良い会社とは」という質問であれば、 これもやはり「ビジョン」に関する答えが最良です。

 良い会社とは、「ビジョンが明確で、それを全社的に目指す企業風土のある会社」です。 大きな組織の能力が最大限に活かされるのは「1つの夢や目標に対して、全員が同じ方向に向かう」場合だと考えています。 私は会社の持つ「ビジョン」を最重要視して就職活動に取り組んでいます。

 その他の答え方として、「頑張りが報われること」「本業が儲かっていること」「環境の変化に対応できること」 を使うのもありますが、あまりオススメではありません。

 「頑張りが報われる」のは良い会社の2位以降の条件でしかありません。 会社の本質は「ビジョン」にあり、頑張りが報われるのは「ビジョン達成の結果」なのです。 会社を選ぶ際に「内心で」重視するのは良いのですが、面接では最重要条件に限って答えるのが良いでしょう。

 「本業が儲かっている」こともやはり、会社の本質ではありません。 業績に浮き沈みがあるのは当然のことであり、「ならば1円でも儲かっている会社のほうがいいのか」という話になってしまいます。 戦略的にあえて利益を抑えてシェア拡大を狙っている会社だったら、この回答をすると落とされてしまうでしょう。

 「環境の変化に対応できる」ことは会社の永続性という観点では重要ですが、 富士フイルムのように会社説明会などで「これが会社の強みだ」とアピールしていない限りは、 やはり面接で答えるネタとしては弱いでしょう。

 バブル時代には「環境の変化への対応」だと言って無謀な投資や、無計画な新規事業に取り組んだ会社が無数にありました。 「何が何でも新規事業だ」というのは会社の本質ではなく、「ビジョン」があってはじめて成立するものだからです。 「新規事業」にフォーカスしすぎるのは良くないでしょう。

【2020卒】ついに募集開始!内定直結の合同説明会(全国開催)

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに2020卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 また、2019卒でも卒業ギリギリまで開催されており、2018年12月でもまだ間に合います。

 

「こんな良い会社あったんだ!」会社が向こうから来てくれる就活サイト

 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 法人向けのビジネスは消費者向けの20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。

 ですが「キミスカ 」なら、 知らなかった優良企業が向こうからあなたを探し出してくれます。

 プロフィールを書き、インターン経験・他社の選考結果などの情報を充実させていくとマッチング精度がどんどん上がっていき、 たくさんの会社から「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時にはいきなり最終面接のお誘いすら来ます。

 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。

 すでに2020年卒の就活生も約4万人が登録済みで、NTTデータや一条工務店のような大企業から隠れ優良企業、 ベンチャー企業までスカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

【2020卒】待っているだけで隠れ優良企業からスカウトがもらえるサイト