リアルタイム閲覧者数:19人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

【就活】面接のコツ

 面接にはコツがあります。 単に「呼ばれたから」で面接に臨むのでは時間の無駄です。やるからには「内定」を勝ち取りたいところです。 面接に呼ばれるということは、会社にとって見込みのある就活生だと思われているということですから、内定のチャンスはあります。

 説明会をこなし、WEBテストやエントリーシートも通過してようやく面接です。 失敗はしたくないもの。緊張してガチガチになってしまうこともあるでしょう。本命企業ならなおさらです。 

 

面接のコツは「将来の夢」

 面接のコツは「将来の夢」です。 エントリーシートの項目でさんざん述べてきましたが、面接は「将来の夢」を会社にぶつける場です。 面接の質問には「将来の夢」につながる形で回答するのが、面接のコツです。

 「将来の夢」は就活用語で「就職活動の軸」と言いますが、その名の通り、 就活は「就職活動の軸」を中心にして進めるものです。

 本来であればエントリーシート自体で「就職活動の軸」について熱く語らないと書類選考には通過しません。 しかし、高学歴な学生だと運よく「学歴フィルター」のおかげで通過してしまうことがあります。 確かに学歴フィルターは存在します。「東大生か!中身読んでないけどとりあえず面接に呼ぶか!」という場合です。

 ところが、運よくエントリーシートが通過しても、「就職活動の軸」という一貫した考え方がないと、 結局のところ面接で落ちます。エントリーシートの通過率は高いのに面接に受からないというのは、 ここに原因があるかもしれません。

 エントリーシートを提出済みであっても、面接に呼ばれた以上はまだチャンスがあります。 もし就職活動の軸を考えていなかったのであれば、就職活動の軸を参照して、 「将来の夢」について考えてみてください。

 そして、提出したエントリーシートを読み返し、理論的に組み立てなおしましょう。

 すでにエントリーシートにしっかり「就職活動の軸」を組み込んでいた方も、もう一度エントリーシートを読み返し、 「将来の夢はこれだ!」と再確認してください。そして就職活動の軸を強く意識して面接に臨みましょう

 

面接のコツは「明るく大きな声で話すこと」

 面接のコツで忘れがちなのが、「明るく大きな声で話すこと」です。 多少緊張しているのは仕方がありません。むしろ当たり前です。 会社は新卒就活生にフレッシュさを求めています。緊張してかんでしまう程度のことは問題ではありません。

 しかし元気さは必ず求められます。「元気がない若者」というのは会社にとって不安です。 せっかくエントリーシートに「夢の実現のため一生懸命頑張ります!」と書いているのに、 元気がなければ見劣りするどころか、やる気がなさそうに見えるからです。

 面接では「熱意」というものを重視します。口先だけの熱意ではなく、態度で示さなければなりません。

 面接は最初の3秒で決まるとも言われます。 要は第一印象です。逆に言えば、入室するときに「失礼します!!!」と、 声が裏返るんじゃないかというくらい大きな声で挨拶すればよいのです。

 面接中もとにかく大きい声で話すことを心がけます。 どれだけ事前準備をしようとも、「ちょっと聞こえにくかったなあ」と思われてしまってはいけません。

 

面接でされる質問を想定しておく

 面接では通常、エントリーシートに書いたことに沿って質問されます。 あなたの「就職活動の軸」の一貫性を確認されるのです。

 問題は「志望動機」「学生時代頑張ったこと」「会社に入って挑戦したいこと」などです。 緊張するのは仕方がないとはいっても、これらの重要な部分は言えなければなりません。

 全文を暗記することには意味がありません。面接では暗記力を問われているのではなく、 エントリーシートと就職活動の軸の一貫性を確認されているだけです。 エントリーシートに書いた「本質」さえ一致していればよいのです。

 むしろ全文暗記はマイナスに働きます。暗記力を問うているのではないのに、 暗記力で答えてしまったら、それこそコミュニケーション能力不足です。 完全には覚えず、本質的な部分だけ覚えて臨みましょう。

 コツとしては、エントリーシートに書いたことを字数制限の半分くらいにまで要約して、それを暗記します。 エントリーシートに書いたことの本当に重要で、欠かせない部分だけは言いそびれないように覚えてしまうのです。

 そして、面接ではエントリーシートに書いたことについて、さらに深く掘り下げた質問もされます。

 「学生時代頑張ったこと」なら「どんなことで苦労しましたか?」「どんなことが学べましたか?」

 「なぜこの会社を選んだのか」なら「同業他社と比較してうちのどこが気に入りましたか?」「他にどんな業界を受けていますか?」

 「この会社に入って挑戦したいこと」なら「なぜうちの会社がよかったんですか?」「どの部署を希望していますか?」

 などですね。各ページでも解説していますので、参照してみてください。

 

面接では余計なことを言わない

 聞かれたことに答えるということを意識します。これも面接のコツです。

 良い印象を与えたいがために、聞かれていないことまで言ってしまいたいという気持ちは誰でも持っていると思います。 しかし、質問と関係のないことを言ってしまうとコミュニケーションが取れないと判断される可能性があります。 質問は「何を聞かれているのか」をしっかり意識して、関係ない話は控えましょう。

 言いたいことは面接の終わりに「最後に何か言い残したことなどはありますか」と聞かれるので、そのときに言いましょう。 質問に対して答えることに徹することが重要です。

 面接では面接官の言うことに従うということを意識してください。 仲間とはすぐに打ち解けられて、上司の言うことをよく聞く人だと思わせることが重要です。

 

細かいマナーは気にしない!

 面接の対策は世の中にあふれていて、「ノックは3回」だとか「入室は右足から」だとか、 細かいマナーや作法を気にしすぎる風潮があります。しかし、細かいマナーは面接の本質ではありません

 会社が面接で一番気にしているのは、「一緒に働けそうかどうか」です。 「経営理念」と「就職活動の軸」が一致しているかどうか、それが本心かどうか、 将来の夢を忘れてしまってはいないかどうかが大事なのです。

 ビジネスマナーは会社に入ってから研修を受けますし、そんなことは入社してからで十分だからです。 就活生は当然、会社で働いたことがないのですから、新卒採用をする時点でそんなスキルがないことはハナからわかっています。 むしろそんなスキルを身につけていたところで、なんの加点にもなりません。

 カッコつけすぎることのほうが問題です。「知らないのに知ったかぶりをする」 「わからないことをわからないと言えない」のは、入社後を想像すると不安になります。

 面接では素直でいることです。 時には知らないことについて質問されたり、質問の意味がわからなかったりします。 そんなときは適当に答えるのではなく、素直に謝ってしまいましょう。

 もし入室した瞬間に「ノックは3回だよ、君」と言われたとします。 これを「怒られた」と後ろ向きにとらえてはいけません。

 「知りませんでした。申し訳ありません。」「緊張して忘れてしまいました。申し訳ありません。」 と素直に言えるかどうかを見られているのです。「ノックが2回だったから落ちる」なんてことはありません。 考えてもみてください。ノックの回数とビジネスにはなんの関係もありません。

 学ぶ姿勢があれば、今は知らなくても入社後にしっかり勉強して一人前になってくれるだろうと思われます。

 

圧迫面接も「明るく元気に素直に」

 圧迫面接にもコツがあります。 圧迫面接は単なる面接官のストレス発散手段ではありません。就活生のストレス耐性を見ているわけでもありません。 「素直かどうか」が見られているのです。

 会社では学ぶことがたくさんあります。会社の仕組みや書類の書き方だけでなく、 製品の技術的な仕組み、お客さんとの接し方、上司との話し方など多岐にわたります。 とても数か月で覚えきれるものではなく、何年もかけて徐々に覚えていくのです。

 「素直に学ぶ」ということは、実は年を取るほど難しくなっていきます。 会社のおじいさんたちは新しいことを学ぶのが苦手です。 私の会社でもiPhoneを貸与されて「電話がかけられない!」と困っているおじいさんがやたら多くいます。

 若いうちしかもっていない「素直に学ぶ」という姿勢をすでに失っていないかどうかは、 会社が新卒採用をするにあたって非常に気になるところです。 新人教育をしても、何も学んでくれないのであれば、教育をする意味がありません。

 わからないことは「わかりません」、知らないことは「知りません」と言えることが、新入社員に求められています。

 私の先輩で、国Ⅰ、今でいう「国家公務員試験総合職」に合格し官僚になった人がいます。 この先輩は非常に聡明で、頭の回転がよく、アニメからビジネス、政治まで幅広い知識をもっていて、運動もできて、友達も多く、しかもイケメンという超人でした。 そんな先輩もある中央省庁の面接で圧迫面接を経験しています。

 この先輩は「大学では経済を『語れる』くらい学んできました」と豪語します。 確かに単に講義で受けるレベルを超えて自ら図書館でいろんな本を読んで勉強している先輩でした。 しかし、面接官に「じゃあ〇〇という人の〇〇という本は読んだ?」と問われます。

 面接官も官僚で、すでに何年も働いているのですから、その先輩よりもっとたくさんの本を読んでいるのは当然です。 先輩は「すみません。読んでいません。」と答えます。すると面接官は「勉強不足です。」と言います。 さすがにその先輩も「泣きそうになった」と言っていました。

 しかし、その先輩は晴れて合格し、今は霞が関の出世頭です。

 このエピソードからも「素直に認める」ことの重要さがわかります。 ごまかしたり、知ったかぶりをするのはなんのメリットもありません。会社が新人に一番やってほしくないことです。

 圧迫面接をする会社に限らず、ごまかしたり知ったかぶりをせず、素直に認めることこそが、 新人に求められている重要なスキルなのです。

 

内定を取りこぼさないために

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 自分にあった会社かどうかは結局のところ入社してみるまで分かりません。 会社側から声をかけてくれるとうれしいですが、従来型の就活サイトでいう「スカウト」はただの宣伝メール…

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社に提出したエントリーシートや選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックして本物のスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 もちろん就活生は無料で利用できます。SNSの要領でプロフィールを充実させればさせるほどスカウトがもらえます。 あなたの存在をたくさんの企業にアピールしましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 Unistyleでは、一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界など、 から志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 就活生は一切お金がかかりませんので、登録しておかない手はないと思います。



 

ワンキャリア

 ワンキャリアでは4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、リアルな選考情報・体験談も1000件以上です。

 トヨタやホンダなどの自動車メーカー、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行、日本総研、NTTデータ、 日立製作所、JX、JRなど一流企業の合格エントリーシートが多数そろっています。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」