リアルタイム閲覧者数:22人

 

【就活】内定ブルーの対策

 内定ブルーとは、内定をもらったものの、憂鬱な気分になる現象です。 内定ブルーは、あらゆる就活生の経験する悩みです。せっかく内定をもらったのに、なぜ憂鬱な気分になるのでしょうか。 内定ブルーの症状・原因と対策を考えていきましょう。



 

なぜ内定ブルーになるのか

 内定ブルーの原因の1つ目は、大学生活が楽しいところにあります。 大学生活が終わり、就職すると毎日朝から晩まで働き、大学生活より楽しくないことが目に見えているのです。 内定を得たことで就職という現実味が増し、楽しい時代が終わってしまうという不安感から、内定ブルーになるのです。

 大学生の間は講義のない限りは好きな時間に起床し、好きな時間に昼食をとり、 講義の空き時間に遊びに行ったり、夜も好きな時間に眠れます。 特に平日を遊びに使えたり、家でごろごろできたりと、楽しいことがあまりにも多いです。

 一方で就職してしまうとそうもいきません。平日は決まった時間に起床し、 決まった時間に会社の同僚と昼食を取り、夜も決まった時間に寝なければなりません。 遊べるのは休日だけですがその休日すら出勤だったり、会社の強制参加のイベントがあったりと、 自由時間は比較にならないほど減ります。

 確かに就職すると、給料が出ます。しかし、給料を使う時間などないのです。

 例えば20万円もあれば1週間、ヨーロッパへ旅行に行くことも可能です。 大学生が20万円を貯めるのは大変ですが、就職すれば2か月も働くと20万円の貯金など簡単につくれます。

 しかし、その20万円でヨーロッパに行っている時間はないのです。

 内定ブルーの2つ目の原因は、満足のいく内定がもらえなかったところにあります。 第一希望じゃない会社で40年間を過ごすことを考えて、ブルーな気分になるのです。

 「本当にこれでいいのだろうか」と悩み、気分が落ち込んでいきます。 NNTでも内定があっても、どのみち憂鬱な気分になるのです。 就活はなんて精神に悪い活動なのでしょうか。

 40年間働く会社を決めるわけですから、妥協したくない気持ちもあるでしょう。 第一志望の会社を諦めると、40年間も後悔し続けるかもしれません。 しかし落とされたからにはもう取り返しはつかないのです。

 内定ブルーの原因の3つ目は、勤務地です。 勤務地がどこになるかわからない不安、地元を離れて遠いところで就職しなければならない不安、 当初希望していた勤務地ではないところに配属される不安などです。

 大企業に就職すると、全国区の転勤があります。 始めは東京、次に東北、九州、ある時は四国、はたまた海外だなんて場合もあります。 住み慣れた町を離れるのには不安があります。

 また、東京で暮らしたくて東京の会社に内定をもらったのに、 大阪支店に配属されるということもあります。

 来年の自分がどこでどんな生活をしているのか想像がつかないのは不安だと思います。

 

内定ブルーの症状

 内定ブルー症状には次のようなものがあります。

無気力

 内定ブルーになると、やる気が起こりません。就職後のことばかり考えてしまい、 今やることに手が付かないのです。ひどい場合には講義すらやる気が起こらず、 単位も落としたりします。

 せっかくの大学生活なのにもったいないですね。

焦燥感

 就職後が不安すぎて焦るという症状もあります。 「自分は働けるのだろうか」「会社でうまくやっていけるのだろうか」 などと不安になり、焦りを感じます。

 しかし、焦ったところにどうにかなるものではありません。

内定辞退

 内定ブルーが高じて内定辞退にまで発展するケースもあります。 エントリーシートを書いて面接を受けているわけですから、少なからず志望度はあったはずの会社ですが、 納得できず、あるいは不安すぎて内定を辞退してしまうのです。

 こうなるとさらに取り返しがつきません。内定ブルーは基本的に根拠のない不安です。 内定ブルーからの内定辞退にならないように策を講じなければなりません。

 

内定ブルー対策

 内定ブルー対策をして、充実した楽しい大学生活を取り戻しましょう。 内定ブルーの原因は、根拠のない不安です。考えてどうにかなるものではありません。 「入社してから考えよう!」くらいの気持ちで良いと思います。

 仕事ができるかどうかは、入社後の研修を受ければ済む話です。 研修もなしに仕事ができる新卒などいません。 初めからそんなに高いレベルを求められているわけではなく、会社は3年~5年修行させるつもりで採用しています。

 いきなり仕事ができるレベルを求められているならば、 初任給はもっと高いはずでしょう。

 納得のいく内定がもらえなかったというのは自分の考え方だけの問題です。 内定ブルーを解消するには、考え方を改めてみましょう。

 第一希望の会社に落とされたということは、その会社とは気が合わなかったということです。 もしも間違ってその会社に内定をもらっていたら、内定ブルーにならなかったかもしれません。 しかし気が合わないのですから、代わりに40年間ブルーになっていたでしょう。

 逆に内定をくれた会社は、その会社とは気が合うということです。 40年間楽しく過ごせる可能性が高いのです。残りの大学生活を内定ブルーで過ごしても何もいいことはありません。 40年間を楽しみにして過ごしましょう。

 大学時代が終わってしまう寂しさは、考えなければいいとは言えません。 やはり終わってしまうものは終わってしまうのです。 仮に留年したとしても、周りの友達は就職していなくなってしまいます。

 学費の問題もありますし、留年自体あまり現実的ではないのに、 さらに周りのみんなが卒業して環境も変わってしまうわけです。

 そこで、内定ブルー対策としては嫌になるほど遊ぶことが有効でしょう。 つまり、遊びまくって、遊びすぎて、遊び飽きるという対策です。

 遊びまくるとどうなるでしょうか。まず、お金が尽きます。 お金がなくなれば遊びも限定されますし、それでも遊ぼうとするとだんだん飽きてくるはずです。 お金のかからない遊びは飽きてしまうのがいいのです。

 そして、このままでいいんだろうかという不安感、焦燥感におそわれます。 内定をもらった大学生なのですからもちろん遊んでいてもいいのです。 しかし、「ダメ人間になってしまう」という焦りは内定ブルー対策に有効です。

 遊びに飽き、ダメ人間になってしまうという焦りに襲われたころが、 就職の良いタイミングです。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに21卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 毎年卒業ギリギリまで開催されており、20卒も2019年12月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 

早期に隠れ優良企業と接触する!

 就活のスケジュール管理って思ったより大変です。 インターンシップや選考の募集開始に気づかず、出遅れてしまった…なんてことになっては悲惨です。

 見つけきれていなかった会社や、よく知らなかった業界に手遅れになってから気付いて後悔する…というのは、歴代就活生が味わいまくってきた苦痛です。 そんな悲しい就活、絶対に繰り返してはいけませんよね。

 ですが、【digmee】 を使えばそんな悩みともオサラバできます。

 digmeeはLINEで友達登録するだけで登録が完了し、プロフィールや自己分析を進めていくと、 それを見た企業の人事から「選考免除パス」が獲得できるなど、選考フローを大幅短縮できる就活サービスです。 すでに21卒の募集を開始しています。

 友達登録すれば就活に必須な知識などが自動的に送られてきますので、 一生懸命検索する手間が省けてダラダラ過ごしていても強制的に自分を就活モードにするという、まるで起爆装置のようなシステムです。

 GD・面接の模擬練習のイベントや、最大7社から「選考免除パス」がもらえる特別選考会もあり、 もちろんワンタップで参加申し込みが完了するというお手軽っぷりです。 それでいて電通やJT、外資系のゴールドマンサックス、P&G、Googleといった合格実績もあります。

 こういった実績から旧帝大や関関同立クラスの学生の利用が多いのも特徴的です。 もしあなたに「めんどくさがり」の自覚があったら、友達登録しておくのを強くおすすめします。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

→記事トップに戻る




×

2019年12月の今から早期内定! 内定直結型就活イベント (20・21卒)