リアルタイム閲覧者数:17人

 

【就活】学歴フィルターをぶち破る方法

 就活において学歴フィルターは確かに存在します。 学歴フィルターは会社説明会の予約、リクルーター面接、書類選考など様々なところで利用されます。 ここでは、学歴フィルターがある理由と、それをぶち破る方法について解説します。



 

学歴と就活の関係

 学歴とは、通常、大学の名前ではなく最終的にどの種類の学校を卒業したかを指す言葉です。 本来の学歴では、就活生の学歴は「大学卒業見込み」です。しかし就活での学歴フィルター学歴は違う意味を持っています。

 就活における学歴とは、在籍している大学の名前を指します。 どの大学に在籍し、卒業見込みであるかが重視されるのです。 大学は本来研究機関ですから、入学の難易度と大学で何をしたかは関係ありません。

 会社としては知性の高い就活生を採用したいので、 受験勉強を頑張り、その結果を出した、また知性が高いと推測される高学歴な就活生を採用したいのです。

 就活生が学生時代に何を頑張ったにしても、 大学の名前ほど「努力と結果」がはっきりわかるものはありません。

 エントリーシートを提出させ、書類選考をする段階で、 一定の偏差値に満たない大学の就活生を切り捨ててしまうのです。

 一般的に高学歴であれば高学歴であるほど生涯年収は高くなります。 高学歴ほど大企業に就職できる可能性が高まります。

 もちろん東大や京大にしか知性の高い人がいないというわけではありません。 「勉強ができる」ことと「知性が高い」ことは別だからです。しかし、高学歴であればあるほど、 知性の高い人が多いという経験則が会社側にはあります。

 「就活に学歴は関係ない!」と言う人もいますが、 学歴が関係なくなるのは就職してからです。とはいってもそれすら会社によって異なります。 「旧帝大卒しか役員には就任させない」と取締役が明言してしまうような会社すらあります。

 出世するまでは学歴がどうであろうが、会社に先に入った人が上です。 この意味では最終学歴が高卒の入社2年目と、最終学歴が大卒の新入社員では、 高卒の入社2年目のほうがエライのです。

 しかしそもそも学歴フィルターにひっかかってしまって入社できない場合や、 出世競争で学歴フィルターが働いて名ばかり管理職になるなんて場合もあります。

 

学歴フィルターの具体例

 就活では学歴フィルターに悩まされます。 学歴フィルターは大企業のほとんどで適用される残酷なフィルターです。 学習院、MARCH、関関同立、上智、早慶、旧帝大以外の学歴だと選考から弾かれてしまうのが、 学歴フィルターです。

 学歴フィルターをかけるプログラムは簡単に作れてしまいます。 大学生のプレエントリー情報から大学ごとに番号を振り分け、選ばれた番号の大学以外なら「満席」と表示し、 選ばれた番号なら「空席あり」と表示するのです。

 しかしながら学歴フィルターの存在も、就活生の憶測にすぎません。 実はWEBテストの点数で、一定の点数以下の就活生を切り捨てた結果、 WEBテストが得意な高学歴の就活生ばかりが生き残っただけという可能性も考えられます。

 というのも、学歴フィルターというプログラム自体を見つけた人がいないからです。 学歴フィルターが本当に存在するかどうかは、採用担当者しか知りません。

 会社説明会は、そもそも「学歴フィルターがあるから無理だろう」とさっさと諦めてしまう人が多い結果、 有名企業の説明会には高学歴ばかりという結果を生み出している可能性も否定できません。

 しかし、学歴フィルターの存在が明らかな現象があります。

 さて、どんなときに学歴フィルターが働くのかその具体例を紹介しましょう。

 

具体例1:書類選考

 最も学歴が就活に影響を与えるのが、書類選考です。

 書類選考や会社説明会で学歴フィルターを発動させるのも、大企業ならある程度仕方のないことです。 有名企業には何千通、何万通というエントリーシートが届きます。 大量に届くエントリーシートをどのように処理するかが問題になります。

 すべてのエントリーシートをじっくり読んでいる余裕はありません。 そんなときに、一目見てエントリーシートを捨てられる手段があれば、 仕事が楽になり、余計な手間暇がかからずに済みますね。

 学歴があれば書類選考で学歴だけを理由に落とされることはありません。 無名大学の学生よりは、有名大学の学生のほうがエントリーシートをしっかり読んでもらえます。 これは私の就職した会社でも同じです。

 人事担当者は就活生の学歴を気にしています。 「この学生を面接に呼ぼうと思います」と上司に伝えるとき、高学歴なら納得してもらうのも簡単です。 「この就活生は東大生です。この就活生を面接に呼びます。」「そうか。わかった。」となる可能性は高いです。

 しかし「この就活生はエムワイ大学の学生です。面接に呼びます。」などと言おうものなら 「エムワイ大学ってなんだ?今年は東大生はいないのか?」と突っ込まれてしまうでしょう。

 「勉強を頑張り、結果を出した」という意味でも、人事担当者が上司に報告をする意味でも、 高学歴であれば高学歴であるほど説得力があるのです。

 逆に言えば、学歴が影響するのはエントリーシートまでと言えます。面接に呼ばれた以降は、 純粋に人物重視で選考を行います。会話から読み取れる能力、判断力、コミュニケーション能力などを見られます。 面接ではもはや学歴ではなく、本人の能力と面接官と気が合うかどうかなのです。

 面接に呼ばれたら、もはや学歴を気にする必要はありません。

 

具体例2:会社説明会

 学歴フィルターの影響は書類選考や面接だけではありません。 なんと会社説明会にすら影響を及ぼす場合も多々あります。 学歴フィルターにひっかかって会社説明会の予約ができないなんてことがあるのです。

 会社説明会の予約ツールでは、会社側はあらかじめ決めておいた大学群と、それ以外の大学群で「予約の枠」を設けることができます。 高学歴な学生向けの枠は多くとっておいて、そうでない大学群の枠は少なく設定しておくのです。

 こうすることで、ある大学の学生は会社説明会で学歴フィルターが発動して「満席」と表示され予約ができず、 一方の高学歴な学生は「空席あり」と表示され予約ができるのです。

 私の大学は関西でしたので大阪や京都で就活をしていたのですが、 確かに会社説明会で会う就活生は同じ大学の学生や、関関同立や京大、神戸大、大阪市大の学生ばかりでした。 たくさんの有名な会社の会社説明会に赴きましたが、確かに参加者の学歴は高かったように思います。

 関関同立は学生数が多いですから、目立っただけかもしれません。 しかし、その他の大学の学生が見当たらないというのは大学別で会社説明会の枠が分けられているか、 もしくはそもそも説明会を予約できないようになっているかのどちらかだと思います。

 一つ言えることは、「阪大で会社説明会の予約に苦労したことはない」ということです。

 また、会社にもよりますが「大学別会社説明会」が行われることもあります。

 2013年卒の就活当時、私もトヨタ自動車にプレエントリーしました。 そして2週間くらいたったある日、「大阪大学の学生限定で会社説明会をします」と案内メールが来たのです。 当然、その会社説明会には大阪大学の学生しかいませんでした。

 

具体例3:リクルーター面接

 社員とごく少人数で、1対1などで秘密裏に会って面接をするリクルーター面接では、 学歴が非常に強く影響します。

 リクルーター面接は、プレエントリー後、あるいはエントリー後に、 会社から「1対1の質問会を開きたい」と電話がかかってくることで始まる面接です。 リクルーター面接、略してリク面は、面接ができないはずの時期に「質問会」という名目で行われる面接なのです。

 しかしこのリク面、ある程度の学歴がないと呼ばれません。 というのも、リク面は同じ大学の出身者が面接官にあてられるからです。 同じ大学の出身者が会社にいなければ、リク面に呼ばれることがないのです。

 そういう意味では、昔から民間就職が多かった早慶の学生は、リク面に呼ばれまくりますから就活で有利です。 呼ばれるだけでなくしっかりした受け答えをし、面接官に気に入られなければ意味がないのですが。

 トヨタ自動車や新日鉄住金、JFEスチール、JFEエンジニアリング、NTT西日本、住友電工、 メガバンクや総合商社など超一流企業はリクルーター面接を前提としている場合が多く、 リクルーター面接を突破しないと本番の面接に呼ばれない、 つまりリクルーター面接に呼ばれなかった時点で不合格が確定する企業もあるのです。

 

具体例4:二次募集の案内

 内定辞退が出たときなど、目標の採用人数を達成するために二次募集を行う場合があります。 この場合はプレエントリーが遅かった学生や、新たに学生を募集したりして呼びかけるのですが、 ここでも学歴が作用します。

 私は一時期、人事部の隣の部署で働いていたのですが、人事部のこんな会話を聞きました。

 「内定辞退が出ちゃったから二次募集をするんだけど、プレエントリーが遅くて間に合わなかった学生のリストがあるでしょ?」 「国公立大学の学生だけピックアップして二次募集の案内を送ってみて

 私の会社にも学歴フィルターがしっかり存在していたのです。

 

逆学歴フィルター

 逆学歴フィルターなるものも報告されています。 要は「えっ!?東大生!?そんなすごい人を部下にする自信がないよ」というフィルターです。 逆学歴フィルターでは、高学歴な就活生が不利になります。

 一般に、学歴フィルターというと有名大学でないと会社説明会に参加させてもらえないだとか、面接に呼んでもらえないというものですが、 逆学歴フィルターでは「有名大学の学生はどうせ冷やかしだろう。どうせ内定出しても来てくれないから最初から不採用で。」というものです。 高学歴ほど逆学歴フィルターには苦労させられます。

 例としては、高学歴だけどエリア総合職や現業職(プロフェッショナル職)、一般職への就職を希望する場合です。 全社コースの総合職以外ではなかなか理解してもらえません。「なんで総合職じゃないの?」と落とされてしまうのです。

 銀行や商社の一般職では、逆学歴フィルターにもかかりにくいようです。旧帝大卒の銀行一般職はたくさんいます。 特に女子就活生の場合、旧帝大や早慶から一般職で就職することは多いようです。 しかし、メーカーやインフラの一般職では逆学歴フィルターがかかるでしょう。

 中堅企業、中小企業では高学歴は手に余るということで採用を控える場合もあります。 高学歴な人に指示を与えて仕事をさせる自信がないのです。 むしろ自分の地位を奪い取ってしまう恐れすらあるのです。

 また、「内定を出してもどうせ断って別の会社にいくんでしょ」と思われて、 そもそも面接も受けさせてもらえない場合すらあります。 高学歴だからといってどの業界、どの会社でも就活で有利というわけではないのです。

 地元で就職したいのに逆学歴フィルターにひっかかって就活がうまくいかず、 結局全社コースの総合職でしか内々定がもらえないということもあります。

 

学歴フィルターのある企業

 学歴フィルターのある企業を事前に調べてそもそもその会社の選考を受けないというのは、 私はあまりおすすめしません。その会社に学歴フィルターがあるかどうかはやはり就活生の憶測の域を出ないからです。 本当は学歴フィルターがない企業なのかもしれません。

 しかしそれでも、「その企業には学歴フィルターがある」とわかっていれば、 選考に落ちた時に慰めになります。「学歴フィルターがあるから仕方がない」と心の安定を保つことができるのです。 その意味では学歴フィルターのある企業を調べておくことには意味があるでしょう。

 学歴フィルターのある企業の調べ方は、リクナビやマイナビを利用し、あるいは会社のホームページから募集要項を見に行きます。 募集要項には「採用実績校」という欄があります。採用実績校にはその会社がそれまでに内定を出し、入社させてきた学生の学歴一覧が書かれています。

 難関大学と、女子大ばかり書かれている会社はおそらく学歴フィルターが存在します。 難関大学の総合職と、女子大から一般職を採用しているだけの会社だと予想できます。 難関大学と中堅大学など、まんべんなく書かれている会社は学歴フィルターがないと予想できます。

 選考に落ちた時は「学歴フィルターのせいだから仕方がない」、 高学歴なのに選考に落ちた時は「逆学歴フィルターのせいだから仕方がない」と思っておけば、 心の安定が保てるわけです。学歴フィルターもこのようにうまく活用すればそれなりに有用ですね。

 

学歴フィルターを突破できる大学の一覧

 学歴フィルター一覧を作成しました。 学歴フィルターはどこまでセーフで、どこから引っかかるのでしょうか。 学歴フィルターにかかってしまうならば、それ相応の覚悟と努力が必要になってきます。 学歴をひっくり返すほどのエントリーシート、筆記試験で結果を出さなければならないのです。

 

学歴フィルターを確実に突破できる大学一覧

 まずは、学歴フィルターを確実に突破できる大学一覧です。

  • 東京大学
  • 京都大学
  • 東京工業大学
  • 一橋大学
  • 大阪大学
  • 名古屋大学
  • 九州大学
  • 東北大学
  • 北海道大学
  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • 首都大学東京
  • 神戸大学
  • 大阪市立大学

 上記の大学は学歴フィルターをクリアできます。 主に旧帝大や旧官立大ですね。早慶も学歴フィルターにかかることはありません。 学歴フィルターについて安心していいのは、上記大学のみです

 

学歴フィルターをかなりの割合で突破できる大学一覧

  • 東京理科大学
  • 上智大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 学習院大学
  • 関西大学
  • 関西学院大学
  • 同志社大学
  • 立命館大学
  • その他の国公立大学

 MARCHGや関関同立ですね。これらの大学もあまり学歴フィルターにはかかりません。 また会社の採用決定権限者は取締役であることが多く、年配の人に説明しやすい学歴が強みを発揮します。 そのため、私立大学を差し置いて「国公立大学」というだけで有利に働く場合も多々あります。

 国立大学、公立大学であれば「日東駒専」「産近甲龍」「大東亜帝国」などの大学より偏差値が低くても、 就活では学歴フィルターを突破できます。国公立大学はとにかく有利なのです。

 しかし外資系コンサルタントや外資系金融、電力会社やガス会社など超人気のインフラ企業でははねられてしまうこともあります。

 学歴フィルターをクリアする大学は、そんなに多いものではありません。 世間的に「高学歴」と認識されている大学は、学歴フィルターを通過できます。 かといって、これらの大学だから大丈夫というわけではありません。

 就活の土俵に立つにはそんなに苦労することはありません。 会社説明会の予約もスムーズにできます。

 しかしこれで余裕だというわけではありません。 単に会社説明会に予約できるだけの話です。またこういった大学群の就活生にも人気な会社では、 いくら高学歴でも予約は埋まってしまいます。予約開始時刻にアクセスできるよう準備しておきましょう。

 

学歴フィルターをぶち破る方法

 学歴フィルターをぶち破る方法はないのでしょうか?いいえ、あります。

 それは、インターンシップです。

 東大や京大など高学歴の就活生に、正攻法で戦っても勝てません。 そこで、みんなが真面目にやっていないころに就活を始めて、採用担当者の注目を得るという作戦で行きましょう。 大学3年生の6月に行われるインターンシップの募集までに、就活を始めてしまいましょう。

 2020年卒はインターンシップが選考の主流!でも述べていますが、 2019年卒以降、1日インターンシップが解禁されたことにより、インターンシップが選考の主流になります。 しかし、多くの就活生は経団連の「インターンシップは選考に使ってはならない」を信じています。

 ところが会社がお金をかけてインターンシップを行うのに、選考に使わないわけがありません。 みんなの気が抜けている間に充実したエントリーシートをつくって応募するのです。 まだライバルの少ない時期ですから、履歴書を読んでもらえる可能性は高いです。

 エントリーシートは「将来の夢就職活動の軸)」を中心に書きますが、 この「将来の夢」に対する一貫した志望動機をかけていれば、採用担当者の目にとまります。

 つまり、大学3年生の6月までにエントリーシートの元ネタを完成させてしまうことが、 学歴フィルターをぶち破る方法なのです。

 エントリーシートの書き方については、エントリーシートのページを参照してください。

 そして、学歴フィルターをぶち破る方法の1つとして、内定直結型イベントに参加することをおすすめします。 内定直結型イベントでは、事前に企業にエントリーシートを提出することはしません。 つまり、会社は就活生の学歴を知らないままその場で採用選考を始めるのです。

 学歴を抜きにして、純粋に就職活動の軸で採用選考をしてもらえる・・・

 それが、「MeetsCompany 」です。

 MeetsCompanyは内定直結型の就活イベントです。あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、 こちらは合同説明会のようなものですが、採用権限をもった社員・役員が現れることが多く、 その場で面接が始まったり、いきなり内定がもらえたりと、他ではなかなかない就活イベントです。

 多くの就活生はあまり就活について深く考えず、従来型の就活をするだけです。 これはもったいないことで、MeetsCompanyでは2017年に6万2000人もの内定実績を達成しています。

 そして、もう1つのおすすめが「待ち型就活サイト」を使うことです。 プロフィールや他社の選考状況をSNSの要領で登録しておくだけで、 それを見た人事が「こんな学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカでは学歴フィルターが関係ありません。なぜなら、キミスカにいる人事がスカウトを送ってくれるのは、 あなたの就活での頑張りを評価するからです。スカウトを受けた以上、学歴はもう関係ありません。

 就活生からお金をとることは法律で禁じられていますので、もちろんすべて無料です。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年10月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

2018年10月の今からでも間に合う!即日内定の合同説明会