MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:20人
※本サイトはプロモーションが含まれています

 

就活が「くだらない茶番」な原因|「有意義」に変える

 かつてここまでくだらない茶番があったでしょうか。 就活は人生で最も無駄で、無意味で、ばかばかしいものでした。ですが、くだらないまま終わるとくだらない人生を歩みそうですよね。 そこで原因を分析し、就活を有意義なものにする方法について解説します。

 

この記事の要点

  1. 多くの学生にとって、就活は茶番
  2. ビジョンの一致が重要だと、誰も教えないせい!
  3. 人事もよく理解していないので、会社説明会が無意味
  4. 自己分析をしてビジョンを持とう


おすすめ・人気記事

記事一覧へ

 

就活が茶番な理由

 就活が茶番なのは、はっきり言って会社の人事部の理解不足です。 よくわからないまま他社がやっていることを真似た結果、よくわからないことになっているのです。

 

ばからしいエントリーシート

 ESに何を書いてほしいのか、担当者がよく知らない

 本来、エントリーシートは「将来の夢」実現ストーリーを書くものです。 自身のビジョンを実現するために、学生時代は何に取り組んで、現状では何が足りていて何が足りないのか、 そしてビジョンの実現に「貴社のビジネスに携わらなければならない」とまで述べるのです。

 え?初耳だって?

 そうです。これが会社の人事部の理解不足の最たる例です。 採用選考においては「会社のビジョンと就活生のビジョンの一致」が重要で、 そのためにESを書かせろと、人事部向けの参考書や雑誌では常識のように語られています。

 ですが、人事部長クラスならともかく、その下の課長・担当者まで下りてくると「伝言ゲーム」になり、 当初の目的が失われます。

 「ESの項目は上司に言われた通り、『学生時代頑張ったこと』『長所・短所』『志望動機』にしておこう」

 当の採用担当者がなぜ「これらの項目なのか」を理解していないために、 会社説明会などで「こういうことを書いてほしい」と説明できないのです。

 もともと人事部長が求めていた内容のESは滅多に届かず(説明していないので当たり前ですね)、 学歴だけで書類選考に通過してしまう学生が続出し、後の面接でひどい目に遭わされます。

 

面接という茶番

 説明不足のせいで、ESが読みたい内容になっていない

 面接に呼ばれると、ESに書いたはずの内容を暗唱させられます。なぜでしょうか。

 これは、面接担当者がESを読んでおらず、また会社説明会できちんと説明しなかったばっかりに、 ESの内容が求めていた内容になっていないからです。そのため支離滅裂に見え、「もう一度述べてほしい」と言い出すわけです。

 学生側が「人事部長の気持ち」など知らないのは当然ですが、なんと面接官もよくわかっていないために、 無駄な暗唱をさせられて「よくわからない」と落とされるわけです。 なのにESは通過させてしまっているのですから、学生側は無駄足を踏まされて迷惑な話です。

 完成度の高いESなどほとんど来ませんので、面接官は「明るくハキハキしゃべっているかどうか」くらいでしか判断ができません。 ESいる?と問いたくなってしまいますね。

 

全ての原因は無意味な会社説明会

 説明会を、若手に任せるのが悪い

 就活は、まずプレエントリーして個人情報を渡し、会社説明会に参加します。 これは会社説明会への参加が選考の条件になっているからです。 多くの企業が参加必須で、不参加だとエントリーシートすら提出させてもらえません。

 ところが、この会社説明会を行う人事は目的を見失っており、 会社のサイトに書いてあるようなことばかり会社説明会で話されます。 パンフレットにも載っています。リクナビやマイナビの企業ページにも書いてあります。

 会社説明会は本来、会社の「ビジョン」を語り、それに賛同する「仲間」を見つける場です。 つまりは人事が夢を語り、学生に「このビジネスをやりたい!」と思わせるのが本来の目的です。

 ですが、ビジョンを持って働いている社員は激レアです。実際は降ってきた仕事に淡々と取り組み、 「生活費のため」「会社で生き残るため」に働いているにすぎません。

 そのため「会社説明会とは何か」ということを考えず、他社の様子を見て、 「動画を流すのが流行っている」「内定者にしゃべらせるのが流行っている」と真似をします。

 さらに悪いことに、人事担当者自身が良い考えを持っていても、 課長や部長、果ては役員が納得する「会社説明会プラン」を立てなければなりません。

 老人は「他社はどうしているんだ」ということばかり気にします。 担当者がビジョンを語ろうにも、老人がビジョンを持っていなかったら否決されます。

 こうして「大切なこと」が語られない説明会が出来上がるのです。

 

就活は時間の無駄?

 アピールすべきことさえわかれば有意義にできる!

 以上の通り、「ESに書いてほしいこと」を人事が説明しないばっかりに、 会社説明会からES作成・提出、そして面接まで全て無駄になっています。 これでは就活が時間の無駄と思えるのも仕方がありません。

 そして残念ながら、わからないまま就活をするとやはり時間の無駄になります。

 しかし、彼らのためにあなたの人生を犠牲にすることはありません。 ちゃんと説明されなくても、完成度の高いESを書けば面接の通過率もグッと上がります。

 「くだらない茶番」な就活を、有意義なものに変えましょう。

 その手順を次の項目で解説します。

 

就活を「有意義」にする手順

 就活を「くだらない茶番」のまま終わらせないためには、ESに何を書くべきかをしっかり認識して臨みましょう。 これができている学生はほとんどいない(人事が説明会で言わないからです)ため、これができていれば非常に有利です。

 ここからは「就活を有意義にする」ための方法を紹介します。

 

1.自己分析をする

 自己分析をして、ビジョンを持とう!

 「自己分析はくだらない」と思っている方も多いかと思います。 自己分析の結果をどう使うのか、いまいち説明がされていないからです。

 ESは「『将来の夢』実現ストーリー」だと述べました。

 自己分析では、自分の持つビジョンを明文化し、それに対して取り組んできたこと(学生時代頑張ったこと)、 現状分析(長所と短所)、そして会社のビジネスでそれをどう実現するか(なぜこの会社を選んだのかこの会社に入って挑戦したいこと) を検討します。

 え?初耳だって?

 それもそのはず、誰も説明してくれないからです。 MY就活ネットでは以下の記事で、自己分析をどう行えばよいか解説しています。

自己分析って何なんだ!内定がボロボロ獲れる秘訣

 

2.ESを「『将来の夢』実現ストーリー」にする

 「将来の夢」実現ストーリーをつくろう!

 散々述べていますが、理想のESは「『将来の夢』実現ストーリー」です。

 将来の夢は〇〇で、それを実現するために学生時代は〇〇を頑張りました。 夢の実現に対して今は〇〇が足りていて、〇〇が不足していますが、〇〇することで短所を克服しようとしています。

 この会社に入って〇〇のビジネスに携わることで、ビジョンを実現したいと思います。

 このように書けるように練っていきましょう。 ここまでできている学生は少ないため、実質ライバルはいないも同然です。

 しかし、自分のESの完成度を確かめる方法って、ないですよね。 実際に提出してみて、落ちてから「完成度が低かった」と発覚しても遅いわけです。

 そこで、実際に内定を取った合格ESを参考にしましょう

 「Unistyle」 や 「ワンキャリア」 では、会員登録するだけで、その会社の内定を取った先輩就活生の合格ESを無料で読み放題できます。

 この2社を使えばほとんどの会社を網羅できます。 自分のESの見直しのため、または作成の参考のためにぜひ利用しておきたいですね。

「おっ」と思わせる合格エントリーシートの書き方

 

3.たくさんの会社を知る

 会社の選択の幅を広げよう!

 「あなたはどれくらいの会社を知っていますか?」と聞かれて、何社答えられますか? おそらく30社程度だと思います。学生は消費者向けのBtoC企業しか知らないため、無理もありません。 ですが、世の中には5万社もの会社が存在します。5万社もあるのに、たった30社の中から1社を選ぶのはもったいないことです。

 選択肢の幅がないために面白そうなビジネスを見つけられず、就活をくだらなく感じてしまうのです。 ですが、法人向けのBtoB企業まで視野を広げてみると、世界的にシェアが高く、 ビジネス界では超有名な会社がたくさんあります。それだけ面白いビジネスがあるのです。

 私もそうでしたが、いろんなBtoB企業を知り始めると「なんでこの会社はこんなに儲かっているんだ!」と気になって、 ビジネスがどんどん面白くなってきます。就活の間にたくさん会社を見つけておけたら、就職してから後悔する必要がないですよね。

 そこでおすすめなのが 「OfferBox」 です。

 OfferBoxは「待ち」型の就活サイトで、SNSの要領でプロフィールを充実させていくと、 あなたに興味を持った企業の人事から「スカウト」が送られてくる就活サイトです。 時には「一次面接免除」「いきなり最終面接」などの優遇選考に招待されることもあります。

 他のスカウトサイトとの大きな違いは、「企業による一斉送信ができない仕組み」になっていて、冷やかしの宣伝メールが来ないことです。 企業は限られた数のスカウトしか出せないため、本気のスカウトだけが来るのが特徴です。 これが人気を博し、就活生の3人に1人が利用する常識の就活サイトになっています。

 一流企業やベンチャー企業はもちろん、BtoBの隠れ優良企業など15,000社以上が利用しています。 すでに学部3年生(修士1年生)の受付も開始しており、早い段階なら採用枠がフルで空いています。

→「OfferBox」でスカウトをもらう

就活おすすめ!厳選「隠れ優良企業」

文系学生にオススメの業界

 

4月の今から最短で内定をもらうには?

 

全滅リスクにセーフティネットを貼っておこう

 内定確度の高い応募先を持っておこう!

 平均的な就活生は30社に応募して、10社の面接に進みます。 ですが、これはあくまで平均。応募先が有名企業ばかりだと、運悪く全落ちの可能性すらあります。 その対策に、知名度の低い「隠れ優良企業」を志望先に加えたいのですが、名前も知らない会社は検索すらできません。

 そこで利用したいのが「OfferBox」です。

 SNSの要領でプロフィールを設定し、本番さながらの適性検査を受けると会社の人事がそれを読みます。 「あなたがほしい!」と思われれば、ときには書類選考が免除いきなり最終面接などの特典付きで選考に呼ばれます。 つまり、内定確度の高い応募先を確保できるというわけです。

 OfferBoxでは学生の知らない「隠れ優良企業」が待ち受けていて、 そんな会社の人事に響く「アピールの仕方」も書いてあります。 加えて本番さながらの適性検査も受けられるので、結果を見れば自己分析も簡単に終わります。

 学生なら完全無料な上に、登録するのが早ければ早いほど会社の採用枠が多く残っています学部3年生(修士1年生)の受付も開始していますから、今のうちに会社との接点をつくって全落ちリスクを減らしましょう。

→「OfferBox」の公式サイト

 

早期選考にまだ間に合う!

 就活まだ何もしていない人が勝ち組になる方法!

 「就活、まだ何もしていない」というその不安、実は正解です。 そして何より「選考がどんなものかわからない」のが最大の不安ではないでしょうか。

 それを解決するには早期選考に行くのが一番です。「選考に慣れる」ことができる上に、 通常選考よりライバルが少なく10倍受かりやすいため、「実はもう内定がある」という余裕を持つことすら可能なのです。

 そんな早期選考に招待されるために「インターンシップに行く」のが通常なのですが、 まだ何もしていない人でも「インターンなし」で、今から同じ条件に立てる方法があります。 それが「「ジョブトラ」に参加する」という方法です。

 ジョブトラは「合同説明会」に加えて「グループワーク」が実施されるのが特徴の就活イベントで、 事前準備なし最大6社の早期選考が一度に受けられるというものです。 「エントリーシート・自己分析」は不要で、「学部3年生(修士1年生)」なら就活完全初心者でOKです。

 もちろん学生は完全無料ですから、早期選考を受けて「まだ何もしていない」状態を解消し、 「選考には慣れている」あわよくば「実はもう内定がある」という状態に持って行ってしまいましょう。 イベントは「たった半日」です。通常選考で泥沼に浸かるくらいなら、ジョブトラへ行きましょう。

「ジョブトラ」に参加する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで71,000通を超えるエントリーシートが収録されています(2023年5月時点)。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ見つかるサイトと言っていいでしょう。

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 選考体験談が詳しすぎる!

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

内定ES・選考情報を読む

 

内定の前提条件をまだ満たしていない!?就活泥沼化の原因

 「自己分析」をよくわからないまま、放置していませんか?

 自己分析とは「ビジョンを決めてその実現ストーリーをつくること」ですが、 大卒総合職としての就活では「私は貴社とビジョンが一致しています」という特有の志望動機を要求されます。 ゆえに内定を得るためには自己分析をすることが前提条件です

 ですが、多くの就活生がよくわからないまま放置して内定がもらえず、5月以降も就活が長引いて泥沼化します。 「学歴」や「経験」がどれだけよくても、自己分析をしないだけで地獄を見るのです。

 そこで「キャリアチケットスカウト」という就活アプリを利用しましょう。

 このアプリでは5つの質問に答えるだけで自己分析が完了し、それを元にエントリーシートを作成するサポートもしてくれます。 「最初に何を」「次に何を」すべきかを順番に示してくれるので、「前提条件を満たしていなかった」という事故が防げます。

 また、このアプリで作成した「就活の軸」や「自己PR」などを元に企業から特別選考に招待される機能もあります。 もちろん辞退してもいいのですが、その会社は「あなたとビジョンの一致した会社」ですから、内定確度は高いです。 オファーをもらってから検索してみたら、実はそれがあなたの天職かもしれません。

 まずはアプリをインストールして、自己分析から始めてみましょう。もちろん完全無料です。

キャリアチケットスカウトをダウンロードしてみる


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×