MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:66人

 

【就活】学歴コンプは一生ではない|今すぐ解消する記事

 大学生の間は学歴コンプレックスに悩まされがちです。 本当は行きたかった大学があり、それに比べ偏差値の低い大学に入ってしまったという事実は一生消えないように思えます。 ですが、学歴を気にするのは学生の間だけです

 辛く苦しんでいる方も多いと思いますが、今すぐ解消してしまいましょう。



記事一覧へ

プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書、日経ビジネスを元に、7年間に渡り学生の就職活動を支援している。


 

学歴の使い道は特にない

 学歴コンプに悩まされる方は、「学歴は一生ついてくる」と重く考えているところがあります。

 私も東大に落ちたクチですので、しばらくは夢に出るほど悩みました。 ESや履歴書の学歴欄には、本意ではなかった大学名を書かなければなりません。 「学歴ロンダリング」をしようとも、学部卒の学歴はその大学なのです。

 しかしよく考えてみれば、学歴はそれ以外の使い道が特にありません

 「学歴を自慢できない」というのはあるかもしれません。 ところが、「俺は東大だぜ~」と自慢している人がいたら、ムカつきますよね。 まさか「ムカつかせる側」になりたかったわけではないと思います。

 そこで、客観的な視点で「学歴という肩書」を評価してみましょう。

 

「学問」の成果に過ぎない

 「学歴=頭の良さ」と勘違いしてはいませんか?

 確かに学歴の高い人には頭の良い人も多いです。 ですが、それは傾向の話であって勉強ができることと頭が良いことはイコールではありません。

 これはデータとして証拠があります。 プレジデントオンラインの1億円以上稼ぎ出す289人の学歴データによれば、 年間1億円以上の役員報酬を得ている社長の学歴は意外とバラバラです。

 早慶出身者が目立つのは確かですが、逆に言えば東大や京大で埋められているわけではなく、 日大出身者も目立ちますし、MARCH関関同立クラスのランクインもあります。 それどころか専門学校中退高卒の億プレーヤーもいます。

 また東京商工リサーチの「130万人の社長データ」調査によれば、 大企業の社長は85%が大卒ですが、「全社長」では大卒は52%程度です。 そもそも日本の大学進学率が50%程度ですから、学歴と社会的成功はあまり関係がないと言えます。

 それもそのはず、学歴は「学問」の成果に過ぎないからです。 あなたが学問の世界で生きていくつもりならともかくとして、 ビジネスの世界で生きていくには、ビジネス上の実績を上げたほうがよっぽど名声になります。

 

過去の栄光に過ぎない

 例えば「年収600万円」「課長をやっている」「起業した」などビジネスの実績は、現在進行形で通用します。 年収はさらに増える見込みがあり、課長には部長という次のステップがあり、社長はもっと会社を大きくしていくわけです。

 一方の学歴は、過去の栄光です。あなたの歴史上の出来事に過ぎず、 その後に携わる仕事とは特に連続性も関連性もありません。

 学歴では「18歳当時の学問の成績」がわかりますが、どこまでいっても「18歳当時」の話です。 20代、30代にもなって高校時代の栄光を語るほどばかばかしいことはありません。 今はどうなの?というほうがよっぽど重要でしょう。

 「今まさに大学生」な場合はこう考えるのは難しいかもしれません。 ですが、いずれ「学生時代」は終わります。 その後、「現在」を誇れるようにビジネスを勉強したほうがよっぽど建設的ではないでしょうか。

 

「学歴」ではモテないから安心してほしい

 ネット上では「学歴があればモテたのに」という書き込みをチラホラ見ます。 しかし、それは幻想です

 その証拠に私は大阪大学を出ていますが、合コンや同窓会の後、 女性から連絡が来たことは一度もありません。悲しいことに。

 「学歴」があると印象はいいかもしれません。彼女やその親から褒められたことはあります。 ですが、それが恋愛のきっかけになったわけでもなければ、条件になったわけでもありません。

 恋愛において学歴はオプションに過ぎず、清潔感やニオイ、元気で明るい性格など、 人間としての在り方がメインなのです。

 私も当初は「まあ阪大だしモテるだろう」と考えていましたが、全くそんなことはありませんでした。

 

学歴は就活に影響するのでは?

 「学歴は就活に影響するのでは?」と言われると、確かにそれは否定できません。 会社説明会の予約でも、学歴によって「満席」「空席あり」になるという話はよく見かけますし、 インターンシップやリクルーター面接でも、高学歴なほうが優先されがちです。

 ですが、そんなことができるのは消費者向けのBtoC企業で、誰もが知っている企業くらいです。

 勝手に学生が集まってくる有名企業というものはごく少数で、 大半の企業は多額のお金を払って新卒採用に苦労しているのが現実です。 そうでなければ、リクナビもマイナビも会社として成立しないでしょう。

 

有名企業は高学歴でも難しい

 「じゃあ有名企業は高学歴じゃないと入れないじゃないか!」

 これは早計です。有名企業は高学歴でもなかなか入れません。 有名企業は全部落ちた私が証拠です

 就活生は年間40万人いますが、その誰もが知っている会社にいったいどれだけの人数が押し掛けるでしょうか。 倍率は明かされていませんが、普通に考えて40万人と勝負するのは無理がありますよね

 私の周りでも有名企業に行った人はそれほど多くはありません。 応募者が多すぎる上に、「単なる高学歴」ではなかなか輝いて見えない世界です。

 結局「海外留学」をはじめとした国際的な活動に取り組んだとか、 学生のうちにビジネス経験をしているとか、トンデモ人物を除けば有名企業はなかなか難しいものです。

 

BtoB企業は「皆」を待っている

 そもそも「有名企業」というもの自体、消費者の感覚に過ぎません。

 こればっかりはビジネスに携わった経験がないとわからないのですが、 就職してから優良企業がたくさん見つかります

 というのも、日本企業は伝統的に法人向けのBtoBビジネスに強いという特徴があり、 世界的に高いシェアを取っていたり、日経新聞やビジネス誌で頻出の「ビジネス界では超有名」な企業がたくさんあります。

 シリコンウェハー加工機械の「ディスコ」という会社を聞いたことはあるでしょうか。 利益率も自己資本比率もやたら高く、給料も高く、ボーナスは年間11ヶ月分出るのに、 ホワイト企業というトンデモナイ会社です。

 「太陽ホールディングス」という会社を聞いたことはあるでしょうか。 基盤の表面は緑色に塗られていますよね。その緑色の絶縁体をつくっている会社です。 世界シェアはなんと50%超、同社抜きに基盤はつくれないのです。

 どちらも聞いたことがないですよね。消費者向けのビジネスではないからです。 どんなにすごい会社であっても、学生の知名度がない以上は応募者が少ないという問題を抱えています。 そこでは「学歴で足切り」なんてしている余裕はありません。

 つまり、高学歴でも全落ちする「消費者界の大物」ではなく「ビジネス界の大物」を狙えば、 学歴の差などないに等しいのです。

 そんな「ビジネス界の大物」を見つけるのにピッタリな就活サービスを紹介します。 それは 【digmee】 です。

 digmeeは「待ち」型の就活サイトで、LINEで友達登録するだけで登録が完了し、 プロフィールや自己分析を進めていくと、あなたに興味を持った企業の人事から「選考免除パス」などが送られてくる就活サービスです。

 あなたと「性格が合っているかもしれない」と思った企業からスカウトが届き、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもあるのです。 自分で会社を探すよりよっぽどマッチした会社が現れる可能性が高く、効率的ですよね。

 最大7社から「選考免除パス」がもらえる特別選考会もあり、世界的な超一流企業からベンチャー企業まで多数在籍しています。 それらの案内がLINEで送られてきて、「ワンタップ」で参加申し込みが完了するお手軽っぷりです。 そのため、旧帝大やMARCHなど高学歴の学生の利用が多いのが特徴的です。

 特に会社探しが完了していないインターンシップの時期は、 【digmee】 がインターン情報を送ってくれますから、後になって「こんな会社があったとは…」とならないように、今のうちに登録しておきましょう。

 →就活おすすめ!厳選「隠れ優良企業」

 

出世と学歴は関係ない

 掲示板などでは「高学歴以外はソルジャー」と書かれがちですが、それはほぼありません

 というのも、「大卒総合職」はそもそも経営幹部候補であり、 課長や部長、果ては取締役まで昇進することが期待されている役割です。

 最初から「ソルジャー」目的だったら、わざわざ給料の高い「総合職」で雇う必要はなく、 JR各社のように「プロフェッショナル職(大卒現業職)」で雇えばいいのです。

 むしろ会社には「ソルジャー」を養う余裕がなく、早期退職制度やリストラを実施するくらいです。 いったん「総合職」として採用されたら、もはや学歴の差などないのです。

 「高学歴信者」の方には苦痛な話かもしれませんが、会社には東大や東工大を卒業した「名ばかり管理職」がたくさんいます。 そして、「駅弁大学」や「無名私立大学」の取締役、果ては「高卒」の幹部すらいます。

 出世するかどうかは「過去の栄光」ではなく、そのビジネスにどれだけ自分事として熱中できるかにかかっています。 熱中できないものには身が入りませんよね。それが何十年も積み重なると、大きな差になります。 そのころ、もはや「18歳の時の学問の成績」など一切通用しないのです。

 →ソルジャー採用って何?どこの会社でやってるの?

 

学歴コンプレックスのうざい行動を見直そう

 さて、ここまで読んで学歴コンプレックスがいかに小さい問題かがお分かりいただけたと思います。 どうせ就職すればその悩みはどこかへ消えてなくなります。 とはいっても、今直ちに悩みを捨てるのは難しいかもしれません。

 そこで、学歴コンプ特有のうざい行動を見直して、聖人になりましょう。

 

1.学歴の自虐が多い

 よく卑屈になって「俺は〇〇大学だから…」が口癖になっている人が散見されます。 これは、同じ大学の人にとってはムカつきますし、他大学の人にとっても反応に困る行動です。

 その大学は、自分にとっては実力以下の大学かもしれません。 ですが、その大学を目指して頑張ってきた人はどう思うでしょうか。

 そして、他大学の人がそういうことを言っていたら、自分はなんと返答するでしょうか。 困りますよね。「自虐ネタ」のつもりでも、学歴の話は相手を困らせることになるのです。

 この対策として、学歴の話題を封印しましょう。

 私も記事作成上の必要がない限りは学歴の話はせず、学生生活の話をします。 酒を飲んだり、カラオケに行ったり、深夜までゲームをしたり… これはどこの大学でも共通ですよね。共通の話題を提供するのが、コミュ力の1つの在り方です。

 

2.高学歴を貶す

 自分より高学歴な人に対してあら探しをして、嬉々として批判する人もいます。 これで相対的に自分の地位が高まったような気分に浸るというわけです。

 しかし、先ほども述べたように学歴は「学問の成果」に過ぎません。 賢い人ほどそのことはよくわかっていて、「関係のないことで貶す」のは痛々しい行為に見えます。

 「ああ、こいつは学歴コンプなんだな…」とその後は腫れ物に触るように気を遣われるでしょう。 そうなったらむしろプライドが傷つきますよね。

 何があっても「学歴コンプ」と思われないようにしなければなりません。 そうなると、学歴の話題は封印するしかありませんよね。

 

3.学歴を偏見で語る

 「〇〇大学はガリ勉だ」というように、大学名に偏見を持っていて、 その偏見で人を判断する行為も学歴コンプ丸出しです。

 偏差値の高い大学には、成績表がオール5だったような人がたくさんいます。 つまり、体育も芸術も家庭科もできるというようなタイプです。

 彼らはエネルギーがありすぎて、なんでも全力で取り組んだ結果、偏差値が高くなったというわけです。 酒も遊びも学問もやります。いったいどこにそんな時間があるのかというほど、なんでもやります。

 逆に言えば、偏差値の低い大学であってもそんな「超人」がいると思います。 そう、学歴と人格は関係がないのです。

 そのことをわかっている人には、「大学名での偏見」は視野が狭く見え、「子どもっぽい」と思われてしまいます。

 やはり、学歴の話題は封印するに越したことはありませんね。

 

学歴の代わりにビジネスを語ろう

 「学歴は一生」とお悩みの方に伝えたいのが、 「卒業してから学歴を語るほど虚無なことはない」ということです。

 卒業してしまった以上、学歴を語っても「昔話」にしかなりません。

 そんなことより今携わっているビジネスを楽しそうに語る方が、よっぽど輝いて見えますよね。 自分の仕事が社会にどんな価値をもたらしているか、自分のおかげで何が実現したか、 それがどんなに面白いか語りましょう。

 過去にとらわれるより、「今」を生きるほうがよっぽど健全で、モテます。

 私の経験でも、学歴を答えた時より「仕事が面白すぎて眠れなくなって身体を壊した」話をしたほうがよっぽどウケます。 それくらい「今」を楽しんでいる人のほうが輝いて見えるのです。

 そんな「面白い就職先」を見つけるのに私は遠回りしてしまいましたが、 皆さんには「新卒」の段階で見つけてほしいと思います。

 そのコツが、自己分析です。

 自己分析をすることであなたの「ビジョン」を発掘し、「熱中できるビジネス」を探す指標とするのです。 そんなに難しいことではありません。「今、何を楽しいと思うか」を起点に探していけばよいのです。

 次のページで自己分析をやってみましょう。

 →自己分析って何なんだ!内定がボロボロ獲れる秘訣

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに21卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 毎年卒業ギリギリまで開催されており、20卒も2020年2月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 

早期に隠れ優良企業と接触する!

 就活のスケジュール管理って思ったより大変です。 インターンシップや選考の募集開始に気づかず、出遅れてしまった…なんてことになっては悲惨です。

 見つけきれていなかった会社や、よく知らなかった業界に手遅れになってから気付いて後悔する…というのは、歴代就活生が味わいまくってきた苦痛です。 そんな悲しい就活、絶対に繰り返してはいけませんよね。

 ですが、【digmee】 を使えばそんな悩みともオサラバできます。

 digmeeはLINEで友達登録するだけで登録が完了し、プロフィールや自己分析を進めていくと、 それを見た企業の人事から「選考免除パス」が獲得できるなど、選考フローを大幅短縮できる就活サービスです。 すでに21卒の募集を開始しています。

 友達登録すれば就活に必須な知識などが自動的に送られてきますので、 一生懸命検索する手間が省けてダラダラ過ごしていても強制的に自分を就活モードにするという、まるで起爆装置のようなシステムです。

 GD・面接の模擬練習のイベントや、最大7社から「選考免除パス」がもらえる特別選考会もあり、 もちろんワンタップで参加申し込みが完了するというお手軽っぷりです。 それでいて電通やJT、外資系のゴールドマンサックス、P&G、Googleといった合格実績もあります。

 こういった実績から旧帝大や関関同立クラスの学生の利用が多いのも特徴的です。 もしあなたに「めんどくさがり」の自覚があったら、友達登録しておくのを強くおすすめします。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。


 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!
×

志望企業の内定エントリーシートを読んでコツをつかもう!



 ブラック企業相談室