MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:38人

 

【就活】健康診断書は持病アリでも落ちない|項目も適当でOK!

 就活で選考が進むと健康診断書の提出が求められます。 「再検査」「要精密検査」などの悪い結果や持病のある人は悩むかもしれません。しかし、そんなことで落とされることはありません。 どの項目を受診するべきかも気にする必要はありません。


記事一覧へ
 

健康診断書は内定に影響なし

 健康診断書が原因で内定取消になることはありません

 というのも、そもそも会社は健康診断をやりたくてやっているのではないからです。 法律で社員には健康診断を受けさせるように決まっており、会社は嫌でも健康診断を実施しなければなりません。

 当然、就活中に健康診断書を提出する場合も、その内容によって不採用にするといったことはありません。 私の周りにも「要再検査」どころか「要精密検査」まで書かれてしまう人もいましたし、 内臓や骨に疾患を抱えている人もいましたが、普通に内定を得て、今も仕事をしています。

 そもそもよっぽど、いつ倒れてもおかしくないような重病にかかっているとかでない限り、 多少の病気にかかっているくらいで不採用や内定取消にしようものなら、 人権団体が黙っていません。

 会社も採用選考のために健康診断書の提出を求めているのではなく、 健康診断を受診させる義務があるためにやっているだけなのです。 そのため、健康診断書の内容がどうであれ、提出さえできればOKです

 就活用の健康診断だからと緊張する必要もなければ、不安に思う必要もないのです。 ただ純粋に自分の健康状態を把握するためだけに受診しましょう。

 

項目は適当でいい!

 就活で提出する健康診断書にはどんな項目が必要でしょうか。 内々定や、最終面接となると、健康診断書を提出しますが、「項目が足りていないからだめだ」と言われては大変です。

 しかし、就活で健康診断書の提出を求められても、項目まで要求されたことはありません。 単に持ち物に「健康診断書」と書かれるだけで、「尿検査、エックス線検査、心電図」というように項目を指定していた会社はありませんでした。

 大学の健康診断では

  • 身長
  • 体重
  • 尿検査
  • エックス線検査(レントゲン)
  • 血圧
  • 聴診器による診断

 が行われるのが通常です。採血や視力検査、聴力検査は任意だったので私は受けていませんでしたが、 特に会社から何か言われることはありませんでした。

 採血や心電図など、細かい項目は40代になってからです。普通に大学の健康診断を受けていれば、 健康診断書は大学の学生課や証明書発行機で発行できますので、特に問題はありません。

 逆に健康診断を受けていない場合は、市民病院などで健康診断を受けて、 証明書をもらっておきましょう。3000円だったり5000円だったり費用がかかりますので、 なるべく大学で無料で受診しておくことをおすすめします。

 

就活に健康診断書は必要

 就活健康診断書必要です。 大学の在学証明書や成績証明書、卒業見込み証明書とともに、健康診断書も就活で提出する書類の一つです。 しかし、ほとんどの会社で提出することはありません

 通常、健康診断書は最終面接や、内定後に提出する書類です。 というのも、面接に健康診断書は必要なく、特に健康診断書を使って面接をするわけではないからです。 健康診断書は個人情報が詰まっていますので、扱いも注意しなければなりません。

 ほぼ内定が決まった就活生にしか、健康診断書の提出を求めないのが通常です。 というわけで、健康診断書の枚数は5枚もあればじゅうぶんでしょう。

 しかし内定をもらうつもりであれば、健康診断書は必要になります。 入社前に会社は新入社員の健康状態を把握しておく必要がありますし、 もしも病気ならばそれに配慮した措置をとらなければなりません。

 そういうわけで、健康診断は事前に受けておかなければなりません。 就活が始まる大学3年生の初めに、大学で実施される健康診断を受けておき、 健康診断書を入手できる状態にしておきましょう。

 ちなみに、健康診断の結果が悪くても選考に関係はしません。 働けないほどの病気をしているとかでない限り、要精密検査という結果が出ていても、 内定はもらえます。私の同期にもそういう人が何人かいます。

 持病の腎臓病を抱えている友達も、人工骨が入っていてたびたび手術を受けないといけない友達も、 大企業にふつうに内定をもらい、就職して今も元気に働いています。

 腎臓が悪い、肝臓が悪いからといって、内定がもらえないわけではありません。

 「じゃあなんのために提出させられるの?」

 それは、法律で決まっているので仕方がないからです

 会社は従業員の健康診断を実施する義務があります。 何も健康状態で採否を決めたいのではなく、国の命令でやっているに過ぎないのです。

 

健康診断は内定後に受診する

 健康診断は内定後に受診することになります。 どうせ内定後に受診するので、就活をしている最中に健康診断書の提出を求めない会社も多いです。

 内定をもらってしばらくすると会社から電話がかかってきて、 「指定の病院で健康診断を受けてください」と言われます。 そして健康診断の封筒が届き、指定された病院で健康診断を受診します。

 私は会社指定の病院で健康診断を受診し、心電図や尿検査、レントゲン、採血などを行いました。 このとき初めて健康な状態で採血をしたのですが、身体が大量に血を抜かれたと勘違いして、 ぶっ倒れるという経験をしました。

 注射器1本分の血液ですから、大した量ではないですし、鼻血でそれ以上に血を流しているのですが、 身体は血を抜かれまくったと勘違いしたようです。驚きました。

 内定後に受診する健康診断は、結果は自動的に会社に送られます。 特に就活生から郵送する必要はありません。

 そして健康診断の結果は内定式で配布されます。

 

健康診断書を郵送する

 健康診断書郵送するように指示される場合があります。 内々定を得てすぐだったり、エントリーシートを提出してすぐだったり、健康診断書を郵送するタイミングはさまざまです。

 エントリーシートを郵送するときに同封するのであれば、エントリーシートと一緒に健康診断書を入れればいいだけのことです。 健康診断書だからといって内容証明にする必要もなければ、特定記録郵便にする必要もありません。

 もちろん、健康診断書だけ郵送する場合も、特別な郵便制度を使う必要はありません。 健康診断書を封筒に入れ、普通郵便で郵送するだけです。 しかし、エントリーシートと違って添え状を添付する必要があります。

 エントリーシートは名前を書きますし、余計なものは入れるなと会社から指示があります。 しかし、健康診断書は名前の表示が小さく、人事担当者が封筒から取り出す際に「誰の健康診断書か」がわかりにくいです。 内定者の健康診断書なのか、就活生の健康診断書なのか、明示するのがマナーです。

 添え状はシンプルなものでかまいません。

 氏名や大学名を大きく記入して

お世話になっております。内定者の○○です。ご指示のありました、健康診断書をお送り致します。 ご確認のほど、よろしくお願いします。

 と三行ほどの文章を書いて、封筒にいれて送ればよいのです。 ちなみにA4版の封筒か、細い封筒か悩む必要はありません。余っている封筒で送れば十分です。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに22卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 22卒も2021年8月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

→「MeetsCompany 」に参加する

 

早期に隠れ優良企業と接触する!

 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 法人向けのビジネスは消費者向けの20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。

 見つけ切れていなかった業界に、手遅れになってから気付いて後悔するなんて、絶対したくありませんよね。

 しかし「OfferBox」なら、 知らなかった優良企業が向こうからあなたを探し出してくれます。

 プロフィールを充実させていくとマッチング精度がどんどん上がっていき、 「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時にはいきなり最終面接のお誘いすら来ます。 いちいち書類選考に応募しなくていいので、時間短縮にもなりますね。

 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。 BtoBの隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業ともマッチングします。

 すでに23卒の募集も開始しています。 また、100万人の診断結果をもとにした「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。 参加企業の採用枠早い者勝ちです。今すぐ登録して、自分の存在を企業に知らせましょう。

→「OfferBox」でスカウトをもらう

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

→「Unistyle」で無料ダウンロードする

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

→「ワンキャリア」で無料ダウンロードする

 

会社探しの時間を超圧縮!

 会社探しには無限の時間がかかります。世の中には無数に会社があり、その中から楽しく働けそうな会社を見つけるのは至難の業です。 実際、「そんな会社はない」と思っていませんか?かつては私もそう思っていました。 しかしよく考えてみれば、20~30社しか会社を知らないんですから、見つからなくて当然ですよね。

 そこでオススメなのが、「dodaキャンパス」です。

 dodaキャンパスは、プロフィールを入力していくと、それを見た企業の人事から「オファー」が届いて優遇選考に招待される、スカウト型就活サイトです。 会社側が興味を持ってくれているわけですから、あなたの性格に合っている可能性が高いというわけです。 無限に会社を探し続けるより、待っているだけですから、ものすごく効率がいいですよね。

 なんといっても運営会社はベネッセで信頼度はバツグン、そして名だたる企業とのパイプも大量に持っているため、 優良企業の宝庫と言え、6800社以上にものぼる会社があなたを待っています。

 さらに「エントリーシート対策」「自己分析のコツ」「面接対策」などの無料オンライン講座が開かれたり、 本番さながらの「適性検査」を受験できたりと、就活に必要な知識・スキルを大量に学ぶことができます。 オフラインのイベントに参加しづらい昨今ですから、このようなオンライン主体の就活サイトを使って、 有利に就活を進めましょう。

→「dodaキャンパス」に登録する

プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!
×

2021年8月でも間に合う内定直結の合同説明会! 「MeetsCompany 」(22卒