MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:23人

 

【就活がめんどくさい】やる気が出る起爆剤でサクッと内定!

 就活しんどいつらいやる気が出ない…「就活がめんどくさい!嫌すぎる!」と悩んでいる人は多いと思います。 就活が始まっている人はもちろん、就活のことを考えるだけでしんどい、就活は終わっているけどしんどいという人すらいるでしょう。 実はMY就活ネット管理人の私も経験者です。その理由と対策を紹介します。



おすすめ・人気記事

記事一覧へ

 

就活が面倒な理由

 就活が面倒な理由は、次の4つです。

 まとめると、「明るい未来が見通せない」ことが、就活をめんどくさく感じる原因です。 就活を面倒に感じてしまうのは、悪いことではありません。人間である以上、ある意味当然です。

 筆者の私も「就活をめんどい」と思っていた1人です。 その実体験を踏まえ、なぜ就活のやる気が出ないのか考えて、その理由をつぶしていきましょう。

 

理由1.思うように選考が進まない

 1つ目は、「思うように選考が進まない」という理由です。 およそ書類選考の合格率は30~50%で、エントリーシートを提出しても半分は落ちます。 「どうせ落ちる」のに書かされることは多いと思うと、やってられませんよね。

 面接も1回あたりの合格率は30%程度と、わざわざスーツを着てカメラをつないだり、 会社に直接出かけて行ったりとエネルギーを消費するのに、半分は落ちるわけです。

 悪いことは連なります。不合格の通知や、合格の通知が来ないということは1日に何度も重なります。 おまけに「うまくいっている友達」がいたらもう最悪です。 気持ちがネガティブになっていって、「就活、めんどくさ!」と思ってしまうわけです。

 私は就活をなめきっていましたので、当初エントリーシートは11社しか出しませんでした。 ですが、そのうち半分が書類選考落ちになり、残りは1次面接落ちになりました。

 いきなり持ち駒がなくなってしまい、あわてて10社追加でエントリーシートを提出し、 最後の1社で運よく内定がもらえましたが、生きた心地がしませんでしたね。

 

理由2.将来の不安がある

 2つ目は、「将来の不安がある」という理由です。

 そもそも内定をもらっても幸せな生活など待っていないという、社会に対する漠然とした不安です。 バブル崩壊で「失われた30年」に続いてリーマンショックに就職氷河期、 極めつけは新型コロナで次々に悪いことが起きて人生が破滅する人が続出しているのです。

 以前はまさか鉄道業界や航空業界が大赤字になるなんて、誰も予想していませんでした。 かつて栄華を誇った東電、シャープ、東芝・・・と思い浮かべてみると、 その会社が40年間生き残っているかもわかりません

 大学生の「自由に行動できる環境」と引き換えに「暗黒の未来」を手に入れるなんて、 どう考えてもイヤですよね。「イヤとわかっていることに突撃する」のはめんどくさいに決まっています。

 「確実に安心だ」と言える要素がなく「モヤモヤ」しているのが、就活で生じる不安の原因です。

 

理由3.本当は働きたくない

 3つ目が、「本当は働きたくない」という本音があるという理由です。 就活生の大半が「本音」を隠して就活をします。「満員電車が大好き」「怒鳴られるのが大好き」「時間を拘束されるのが大好き」という人はいないでしょう。

 しかし、「生活費」「世間体」などのために、我慢して就活し、やりたくもない仕事に従事するのです。 就活では「嫌なこと」のために多大な労力を費やし、「御社でどうしても働きたいんです!」と思ってもないことを主張しなければなりません。 就活が面倒に感じて当然といえば当然です。

 そして、この「モヤモヤ」を抱えたまま、やりたくもないことのために活動する・・・ これが就活がしんどい理由です。

 行動経済学では、人間は「将来の利益」より「目の前の利益」を優先するようにできているとされています。 いくら将来的に働くべきだとわかっていても、人間の脳が「目の前の利益」を優先するのですから、就活を面倒に感じてしまうわけです。

 10年以上先の未来を見通すことなんてできませんし、そのころの自分がどうなっているかなんてイメージできないのです。 「モヤモヤした未来」のために今「面倒な就活をする」のがいかにしんどいか…

 就活がしんどいのは甘えではありません。就活がしんどいのは事実です。

 

理由4.日本の就活が異常で気持ち悪い

 4つ目が、「日本の就活が異常で気持ち悪い」という理由です。 就活の異常さ、気持ち悪さには、日本の国民性がよく表れています。 この異常さ、気持ち悪さの原因は、一言で表すと「横並び」であることです。

 「全員黒一色のリクルートスーツ」「男子は短髪・女子はポニーテールでもちろん黒髪」「全員が同じ『バイト・サークルリーダー』の自己PRをする」 「『本日は貴重なお話をありがとうございました』と同じ呪文を唱える」などいろいろ言われます。

 「全員同じ」というのは人間性が感じられず、まるで機械かロボットのような気持ち悪さを感じます。 大学生活を謳歌していたときはみんな自由にしていたのに、就活になって突然「全員同じ」になるのですから異常さすら感じます。 あれだけ強かった「個性」はどこへ行ってしまったのでしょうか。

 就活で気持ち悪いのは、「目的」まで同じところです。 「なんで就職するの?」という根本的な部分から横並びだということです。

 就職する目的はおよそ「生活費」です。

 本当のところ、「会社に属して働きたい」と思っている人は少数派で、「本当は働きたくない」という気持ちは誰でも自覚しています。 それでも「就職」が最良の手段だと考えて「全員がイヤなことを我慢して就職する」というところに本当の気持ち悪さがあるのです。

 外面を整えて、本当の気持ちを隠して、「明らかな不幸」に突撃していくのは、遠くから見ていると気持ち悪く、 その「気持ち悪い集団」に自分も加わらなければならないと思うと、就活が面倒に感じてしまうでしょう。

 

就活のやる気が出る起爆剤!

 就活のやる気が出る起爆剤は、たった1つの内定です。

 私自身、「内定です」と言われた瞬間、沈んでいた気持ちがすべて吹き飛びました。 ただ一度だけ「社会に認められる」という成功体験こそ、前向きな気持ちを取り戻す方法なのです。

 「内定がある」というだけで、気持ちに余裕ができます。就職留年・浪人を心配する必要はなく、 その後の他社の選考も、自信をもって臨めます。その堂々とした態度がウケて、好循環がスタートします。

 よく就活を恋愛に例えることが多いですが、モテる人がモテるというのは就活でも同じです。 自信のある学生はただ、それだけのことで輝いて見えるものです。 実際、内定を持っている人って、いくつも内定を持っていますよね。

 そんな「1つ目の内定」というやる気の起爆剤を、簡単に確保できる方法があります。

 それは「MeetsCompany」という内定特化の特別な合同説明会に参加する方法です。

 MeetsCompanyは最短で即日内定も狙えるほど、内定までのスピードが速い特別な合同説明会です。 これは単なる「説明会」より一歩踏み込んで、少人数制で1社1社とじっくり向き合える「マッチングイベント」の性質を持っており、 ここで気に入られれば特別な選考ルートを通ることができるためです。

 ビジネス界では有名なのに、法人向けゆえに消費者・就活生の知名度が低く、志望者がなかなか集まらない。 そんなBtoB企業が集結して、あなたが来るのを待っています。

 すでに{$nendo}卒のイベントを開催しています。家族や友人に「実はもう内定あるんだよね」と言って安心させましょう。 参加人数には限りがありますので、早目の予約をおすすめします。

MeetsCompanyに参加する

 

面倒な就活を「楽」にする裏技

 脳が目先の「めんどくさい」に負けてしまうならば、その「めんどくさい」自体をなくしてしまうという方法もあります。 私の経験上、就活のやる気がなくなった瞬間というのは、以下の4つでした。

  • エントリーシートが落ちたとき
  • 面接に落ちたとき
  • 志望動機を書くとき
  • 会社探しをするとき

 これら就活の「めんどくさい」要素を解決して、就活そのものを楽にしてしまいましょう。 面倒な就活を楽にする方法を紹介していきます。

 

エントリーシート作成を楽にする

 エントリーシートが面倒だと感じるのは、1社ずつ最初から書いているからに他なりません。 就活に成功する人は、予め「エントリーシートの土台」をつくっておいて、 基本的にコピペで提出できるように準備しています。

 会社に合わせて言葉を少し変える程度でエントリーシートを量産できれば、 「めんどくさい」ということはなくなるはずです。

 受かるエントリーシートの書き方と回答例という記事で、 この土台の作り方を解説しています。土台がしっかりできていれば、合格率も上がります。

 特にオススメなのは、志望企業に実際に内定を取った「合格エントリーシートを読む」ことです。

 エントリーシートが面倒に感じる最大の原因は、「正解がわからない」ことです。 いわばノー勉強で受験会場に突撃するようなもの。その企業に特化した対策資料がないために、 「受かるかどうかわからないモノ」を一生懸命に書かなければならないのですから、しんどいに決まっています。

 ですが、合格エントリーシートは「模範解答」です。実際にそのエントリーシートは合格したわけで、 それを参考にすれば合格率は上がります。就活生はこれを無料で手に入れることができます。

 この2つのサイトでは、無料登録するだけで何万通もの合格エントリーシートが読み放題になります。 世界をまたにかける一流企業から中堅企業やベンチャー企業まで、この2つのサイトを使えばほぼすべて網羅できます。

 ぜひ模範解答を手に入れて、エントリーシート作成を楽にしましょう。

 

会社探しを楽にする

 エントリーシートよりも大変なのが会社探しです。 みんなが知っている有名企業は、全国40万人の就活生との競争ですから落ちる可能性のほうが高いのです。

 ですが、日本企業はBtoBビジネスのほうが得意で、世界を相手にボロ勝ちして、給料も高い会社が山ほどあるのは、 聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、BtoB企業は法人向けゆえに「テレビCM」をしておらず、 就活生にも知名度は皆無です。

 そんな隠れ優良企業を探すのに、本来なら「日経ビジネス」を読んだり、書店で「ビジネス書籍」を読み漁り、 「NewsPicks」で一流経営者をフォローしたり、その一流経営者を探すためにビジネス本を読んだりと、 膨大な手間がかかります。

 実は、「ビジネス界では有名だけど消費者には無名」な優良企業が向こうから来てくれる就活サイトがあります。 それは 「OfferBox 」 です。

 OfferBoxは「待ち」型の就活サイトで、SNSの要領でプロフィールを充実させていくと、 あなたに興味を持った企業の人事から「スカウト」が送られてくる就活サービスです。

 あなたと「性格が合っているかもしれない」と思った企業からスカウトが届き、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもあるのです。 自分で会社を探すよりよっぽどマッチした会社が現れる可能性が高く、効率的ですよね。

 OfferBoxは「企業による一斉送信」ができない仕組みになっており、本気のスカウトしか来ないのが特徴です。 これが人気を博し、就活生の3人に1人が利用する常識の就活サイトになっています。

 一流企業やベンチャー企業はもちろん、BtoBの隠れ優良企業など6,500社以上が利用しています。 「OfferBox 」 を使って、いろんな会社にあなたを知ってもらいましょう。

→「OfferBox」でスカウトをもらう

 

「就職する目的」を考え直そう

 就職する目的を単に「お金のため」と考えてはいないでしょうか。

 「できることなら働きたくないけど、それだと生活できない」

 このような後ろ向きな理由で就活をするのは非常にしんどいです。 この裏には「時間や自由を犠牲にしてお金を手に入れる」という考え方があります。 こういう風に考えている人は、社会人にもたくさんいます。お金のために働いているのです。

 しかし残念ながら、会社で働いてもたいしたお金はもらえません。 特に遊びたい盛りの20代のうちは、せいぜい生活費にしかなりません。 「30代までに結婚して、マイホームを建てて、クルマを買う」なんてすると生活に余裕は出ません。

 40代になって役職がついて給料が上がったと思ったら子供の学費に消え、 50代になって運よくエラくなってまた給料が上がったのに、子供が私立大学に行って・・・ そうです。会社で働く限り生活費しか稼げません

 これはそもそも「雇われる」という構造上、自分が会社のために稼いだお金のうち、 半分は会社と株主に持っていかれてしまうからです。 他に頑張らない社員がいたら、その人の給料分も持っていかれてしまいます。

 サラリーマンが稼げないのは、みんな誰でもなんとなくわかっていると思います。 この夢のなさは、就活がツラくなる原因でもあります。 やりたくないことのために活動するのは、しんどいですしめんどくさいです。

 「生活費」だけが目的だと、就職してもほんとうに「懲役40年」です。 残業や休日出勤がツラく、満員電車の通勤に嫌気もさします。

 そこで、「生活費」以外の就職する目的を見出しましょう

 「やりがい搾取」のように聞こえるかもしれませんが、これは会社のためではありません。 生き生きとした人生を送るためには何が必要なのか、何をしなければならないのか考えてみましょう。

 

就職する目的:私の場合

 私の場合、ビジネスが嫌いなわけではありません。ですが、「誰かの命令で毎日決まった時刻に行動させられる」のは嫌いです。 「人のご機嫌をとるためにお酒を飲むこと」も、「尊敬していない人を尊敬させられる」のも嫌いです。 私は会社で働くのに向いていないのです。

 ここで、「嫌い」「やりたくない」ではなく、「好き」「やりたい」で考えてみましょう。

 「誰にも命令されず好きな時間に行動して」「お酒は飲みたいときに飲んで」「尊敬する人は自分で決める」

 まとめると「自分の自由意思」が人生を生き生きと過ごすために必要なわけですね。 私の場合は、自分でビジネスを興すことが目標になりました。

 この将来の夢は必ずしも「起業」に行きつくわけではありません。将来の夢は人それぞれです。 人事部で新しく「自由意思」を重視した人事制度をつくったり、 経営コンサルタントで「個人の力」を最大限引き出す提案をしたりしてもいいわけです。

 生活費以外で実現したいことはあるはずです。それこそ「何もしないでごろごろしたい」という夢もあっていいと思います。 この将来の夢を、就活に結び付けていけば、単に生活費目的で就活するよりよっぽどマシなはずです。 例えば「何もしないため」に「ロボットを開発する」といえば、立派な「就職活動の軸」ですよね。

 「一緒に飲みに行ける友達がたくさんほしい」という夢ならば、友達をたくさんつくれそうな仕事に就けばいいのです。 例えば経営コンサルタント、営業マンなどより多くの人と関われる仕事がありますね。 ソニーやパナソニックのようなBtoC企業でおおぜいの消費者と関わるのもいいかもしれません。

 「海外に行きまくりたい」という夢ならば、グローバル展開している会社や、グローバル展開を助ける会社に入社するのも手です。 商社や自動車メーカー、石油会社やなどがあります。

 このように、将来の夢を軸に就職先を考えることが、就活を楽にする一番の方法です。 ちなみに就活用語で「就職活動の軸」という言葉がありますが、 これは「将来の夢」をかっこよくそれっぽく言い換えただけの言葉です。

自己分析のやり方!~内定力爆上げの人生設計~

 

実は会社も同じ気持ち

 会社では「先行き不透明」という言葉がよく言われます。会社の有価証券報告書などでもよくつかわれており、 賃上げを否認、ボーナスアップを否認するときにもよく使われます。

 高度経済成長期と異なり、「作れば売れる」という時代が終わってしまったため、 会社も「どうすれば生き残っていけるか」「どうすれば売り上げがあがるか」に常に悩んでいる状況です。

 この「先行き不透明」というモヤモヤ感は就活生と同じです。

 「日本企業は生産性が低い」とよく言われます。これは、仕事の成果ではなく費やした時間に対して給料が支払われるからという理由がよく言われ、 「高度プロフェッショナル制度」という名の「残業代ゼロ法案」が成立しつつありますが、そうではないと思います。

 「作れば売れる」時代はとっくに終わっているのに、「作れば売れる」時代の考え方のまま仕事をしているためだと思います。 国産液晶テレビやガラケー、CDウォークマンなど、「技術の自己満足」のため消費者の気持ちから離れて製造していた例は枚挙にいとまがありません。

 「このままでは売り上げはあがらないし給料もあがらない」ということはなんとなくみんながわかっていることです。 しかし、それに対してどうすればいいかもわかりません。

 就活もそうです。就職してもその会社が成長し続けるかどうかはわかりませんし、 実はブラック企業かもしれません。そもそも内定がもらえるかどうかすらわかりません。

 会社も就活生も、「夢がない」状況なのです。

 しかし「夢がない」というのも高度経済成長期の考え方から抜け出せていないために起こることです。 「作ること」や「就職」を目的に活動するのではモヤモヤが強すぎてしんどいですし、やる気も出ません。

 そうではなく、「作った先」にある理想の社会像、「就職した先」にある理想の自分像を目的にすることで、 仕事や就活は「やらされているめんどくさいこと」から「やりたい楽しいこと」に変わります。

 今すぐ、将来の夢について考え直してみましょう。

 

就活は「将来の夢」で決まる!

 実は、就活で一番大切なのは将来の夢です。 自分の明確な目的である将来の夢を軸に就職先を選べば、ただ生活費を目的に就活をするよりよっぽど楽しいはずです。 しかし、「将来の夢」効果は他にも及びます。

 会社は新卒採用において、即戦力を求めているのではありません。教育期間を経て、数年後にバリバリ活躍することを期待しています。 総合職では入社3年~5年程度で「主任」に昇格しますが、主任になるころが「バリバリ活躍する」ころなのです。 ですから、会社は就活生の過去よりも未来を重視します。

 この「就活生の将来性」をどう判定するか。それが将来の夢に対する一貫性です。 実はESは、どの会社でも以下の構成になっています。

 「将来の夢」を軸に自分の過去・現在・未来を評価するのです。会社選び自体、「将来の夢」を実現できそうな会社かどうかで判断します。 だから「将来の夢」のことを「就職活動の軸」というんですね。

 つまり、エントリーシートに自分の夢を熱く語れば高く評価され、内定に直結するということです。

 考えてもみれば当然です。単に「頭のいい人」だけがほしいのであれば、学歴とwebテストだけで合否判定すればいいはずです。 わざわざ就活生の過去・現在・未来を問い、それを何度も面接で確かめるのは、 「就活生の将来の夢に対する一貫性」を重視しているからにほかなりません。

 当然、生活費目的で入社されるよりも、将来の夢のためにバリバリ頑張ってくれる人のほうが、会社としてもよっぽど採用したいわけです。 総合職は幹部候補ですから、いずれは課長や部長、取締役として活躍することが期待されています。 会社でバリバリ活躍してくれる理由、それが将来の夢なのです。

 具体的には、志望動機に書く「この会社に入って挑戦したいこと」が会社の経営理念とどれくらい一致しているかで判断します。 そして、この志望動機を裏付ける理由が、長所や短所、学生時代頑張ったことなのです。

 エントリーシートの書き方については、受かるエントリーシートの書き方と回答例で解説していますので、こちらを参照してください。

 以上のように、将来の夢を明確に打ち出すことが、就活のしんどさを解消する一番の特効薬になります。 この「将来の夢」を導き出す作業のことを自己分析と言います。

自己分析のやり方!~内定力爆上げの人生設計~

 

絶対に働きたくないでござる

 それでも「働きたくない」と思うのも無理はありません。会社で夢を実現するとはいっても、 どんな夢でも会社で実現できるわけではありません。

 というのも、就職は生き方の選択肢の一つでしかないからです

 明治維新や高度経済成長期を経て、いつの間にか「就職するのが当たり前」になりましたが、 もともと就職は邪道でした。それまで一番良い生き方は、「農家として独立する」ことだったからです。 価値観は時代とともに変わります。しかし、生き方は何も就職に限られないのです。

 フリーライターや一人親方、お店の個人経営、漁師、個人経営の会社、投資家など様々な生き方があります。 その中であえて「就職」という選択肢だけで考えるから「将来の夢」とのかい離に苦しむのです。 もっと広い選択肢を1つずつ考えてみるのはいかがでしょうか。

 私は「働かない」を実現することだって可能だと思っています。

 

「働かない」という夢を実現した話

 私は最初に「大家さんになりたい」と思いました。

 「大家さんなんて生まれつき資産家じゃないと無理でしょ」なんて思うかもしれません。 ですが、私は無一文から始めて今では一棟アパートを所有する大家さんです。 まじめに調べて勉強していけば、意外とやり方はあるものですね。

 もしも私が「懲役40年に耐えるしかない」とあきらめてしまっていては、大家さんにはなれなかったでしょう。 しかし、「どうすれば大家さんになれるか」を真剣に考えて、本をたくさん読んで、研究した結果、 実家が貧乏で資産もなにもなくても大家さんになれたわけです。

 すると他の生き方だって「ムリムリ」とあきらめなければ実現可能なのではないでしょうか。

 そうです。この「MY就活ネット」だって私の「フリーライター」としての仕事です。 会社にも在籍していますから、「会社員」兼「大家さん」兼「フリーライター」なのです。 特別な才能も資格も資産もありません。ただ、本気で将来の夢を追及しただけです。

 確かにメチャクチャ勉強しましたし、時間もたくさん費やしました。 しかし、大家業もフリーライター業も好きだったので、非常に楽しく仕事ができました。

 そして今となっては「もし会社をクビになっても生きていける」程度の収入にはなっています。 2018年5月末をもって会社を退職し、ついに自営業者として独立しました

 私もまだまだ夢の途上です。私は欲張りなのでもっと稼げなければなりません。 30歳までに「働かなくても収入がある」状態にまでもっていきたいですね。 「働かないために働く」・・・矛盾しているようですが楽しいものです。

 

人生を楽しくするには、夢をもつこと

 有名な言葉「Boys be ambitious」「鶏口牛後」などは高校生くらいまでで習っているはずです。 しかし、だれもが就活の時にはすっかり忘れています。

 「大人になるということは、夢をあきらめること」だと思っていないでしょうか。

 それは「懲役40年を受け入れる人」だけのことです。 そしてそのような人は残念ながら会社からも必要とされていません。 ましてや本人はつらいだけで、楽しくもなんともありません。

 将来の夢の実現を目指すことこそが、就活の「しんどい」「つらい」「やる気が出ない」を解決し、 人生を楽しくする唯一の手段です。

 

8月の今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の就活サービス

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活サービスが、「irodasSALON」です。

 同サービスでは「自己分析・ES・面接対策」をオンライン講座で学んだ後、「就活の軸」に合った優良企業を教えてもらえます。 優遇選考ルートが用意されており、自力の就活より有利に戦えます。

 irodasSALONの特徴は、選考フェーズに進むまでに、自己分析や選考対策にかける時間が長めで、 「複数の内定を取ってから悩んでもいい」など、後悔しないための仕組みが揃っていることです。 そのため年間13,000人が利用していて、その満足度は95%に上ります。

 もちろん学生は完全無料で、面談も講座もオンラインですから、自宅で就活が可能です。 まずは面談を予約して、「自己分析を教えてほしい」と相談するところから始めましょう。


 

早期に隠れ優良企業と接触する!

 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 法人向けのビジネスは消費者向けの20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。

 見つけ切れていなかった業界に、手遅れになってから気付いて後悔するなんて、絶対したくありませんよね。

 しかし「OfferBox」なら、 知らなかった優良企業が向こうからあなたを探し出してくれます。

 プロフィールを充実させていくとマッチング精度がどんどん上がっていき、 「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時にはいきなり最終面接のお誘いすら来ます。 いちいち書類選考に応募しなくていいので、時間短縮にもなりますね。

 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。 BtoBの隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業ともマッチングします。

 すでに23・24卒の募集も開始しています。 また、100万人の診断結果をもとにした「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

先どり!気楽に動画で会社説明会

 通常、会社説明会はプレエントリーをしないと参加することができません。 ゆえに3年生の3月まで待った挙句、各社に登録して予約するというめんどうな手間がかかります。 ですが、「JOBTV」を使えば2・3年生でも今すぐ会社説明会を視聴できます。

 JOBTVは「動画で会社説明会が見放題」の就活サイトです。 「オンライン説明会」とは異なり録画されたものなので、時間の縛りも質問タイムもありません。 登録はJOBTVに1回するだけで、いちいち個別にプレエントリーする必要もありません。

 一方で、説明会を視聴して気に入ったらその場でエントリーできますので、参加実績をつけることができます。 会社に自分の存在を知ってもらえて、「早期選考」や「優遇選考」に呼ばれるきっかけを作れるのです。

 視聴のデメリットがないので「知らない会社」も「なんとなく」で観れて、「見落としていた優良企業」を発掘できるというわけです。 Amazon・KIRIN・ソフトバンク・電通・三井住友銀行など、業界トップ企業の動画も豊富に用意されていますから、ぜひ見ておきたいですね。

 現在23卒・24卒向けの動画がすでに投稿されていて、学生は完全無料で視聴できます。 動画は各社2種類用意されていて、「ショート版」を観まくって、その中から気に入った会社の「ロング版」を観る使い方がおすすめです。

【JOBTV】に登録して説明会を視聴する


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×

【24卒】早期選考の招待を受けよう。 マンガでわかる、就活サイトOfferBox<オファーボックス >