リアルタイム閲覧者数:27人

 

【就活】なぜ仕事はツラいのか?

 明るい気持ちで就活をしている人は少ないと思います。 学生生活を終えると、生活費を稼ぐために40年は働かなければなりません。 年金支給開始年齢の引き上げの予測も立っており、70歳、75歳まで働かなければならないかもしれません。

 働いている「オトナたち」ですが、まったく楽しそうではありません。 ストレスでハゲた、病気になった、通勤電車がツラい、会社に行きたくない、飲み会がいやだ、辞めたい・・・ そんな話が世の中にあふれかえっています。 

 

仕事がツラい理由

 本来なら正社員として働くと、生活費以上にお金を稼ぐことができます。 新卒でも毎月パソコンを新調できる程度にお金が余ります。 学生時代には決して買えなかったクルマやマイホームだって可能ですし、 毎週末は高級レストランで食事をとるなんてこともできるのです。

 しかし、いくらお金があってもふと思い出すことがあります。

 「本当にやりたいのはこんなことなのだろうか

 誰だって好きな時間に起きて、好きな時間に食事をとって、好きなだけ遊んで好きなだけだらだらして、 気が向いたときに昼寝をして・・・と自由気ままに生活したいはずです。

 会社で働く限りお金には困りませんが、「生活の自由度」はきわめて損なわれます。 平日8時間とはいえ、朝から夕方まで人間の活動する時間の大半を奪われます。 平日に好きなことをするのはまず無理です。

 土日も疲れてしまって、活動できるのはせいぜい1日、悪ければ会社のイベントが重なって自由時間もありません。

 これはすべて「やりたくもない仕事」とそれについてくる「どうでもいい人間関係」のせいです。 「ん・・・?やりたくもない仕事?辞めてえ!」となるわけです。

 残念ながらこれは高いステータスを持ち、高い給料を得られるエリートでも変わりません。 「生活に自由度」は給料では解決できない問題です。高い給料が得られても、 好きな時間に出勤して好きな時間に退勤することなどできないのです。

 この本質を見誤って、「給料が高いならいい。目指せ年収1000万!」と安易に銀行などに就職しがちです。 高学歴な就活生ほど「学歴に見合った有名企業に入社しなければならない」というプレッシャーがありますので、 「不幸な高収入」に見舞われがちです。

 「仕事がツラい理由」とは、「やりたくもない仕事」によって引き起こされます。 ここで会社によってはさらに「給料が安い」「休みがない」「残業が多い」「ブラック企業だ」などの悪条件が追加され、 楽しいどころの話ではありません。

 

給料はストレスの対価

 「どうせしたくもない仕事をするのなら、給料の高い会社に行ったほうがオトクだ」と考えていませんか? このような考えで「平均年収の高い企業」ばかり探して、 「就職活動の軸」が「平均年収」になってしまっている就活生が散見されます。

 何を隠そう、私もそうでした。旧帝大の学部生だった私は、 学歴に見合った就職をしなければならないと勝手にプレッシャーを受けて、 平均年収が高くて休日の多い会社を探し、就職しました。

 確かに2年目で年収は400万円を超え、3年目には500万円を突破しました。 部署によっては残業代が膨らんで600万円に肉薄している人すらいます。 それでいて年間休日は120日を超えていて、世間的には「ホワイト企業」の部類です。

 それでも私はうつ病になりました。その理由を振り返ってみたいと思います。

 

高い給料は、それだけ働くから

 「単純に給料が高いのはいいことだとは言えない」ということがわかりました。 その給料の分、会社のために働いているからです。

 考えてもみれば当然です。自分が会社のために稼いだお金以上に給料をもらうことはできません。 自分の頑張りで会社に1000万円の利益を出したとしても、1000万円をそっくりそのままもらうことはできません。 そうでなければ会社はつぶれてしまうからです。

 会社のビルの維持費、設備購入費、そして会社の利益が先に引かれます。 そして自分に支払われるのが500万円です。会社に多大な貢献をしても、 せいぜいボーナスが10万円増える程度で、会社に出した利益のごくごく一部がもらえるにすぎません。

 年収400万円の人に比べて、500万円の人は1.2倍働いたというだけではありません。 もっと多大な貢献をしているにも関わらず、会社や株主のためのお金が差し引かれて500万円が残るのです。 こうして考えてみると、給料が高い人ほどものすごく稼いで、会社や株主に大金を納めているわけです。

 本当は2000万円分働いているのに年収500万円、本当は1億円分働いているのに年収1000万というわけです。 給料が高い人というのは、一般人の何倍も会社に貢献しているのですから、しんどいに決まっています

 アルバイトで考えてみれば、時給が高い仕事は「嫌な仕事」が多かったと思います。 例を挙げれば「パチ屋」ですね。時給は高いですが、客層はほかのアルバイトと比べて非常に悪く、 力仕事もあり、音もうるさいです。涼しいところでスーツを着た仕事ではありますが、 キツイことに関してはぴか一ですよね。

 

最近の若者がたるんでいるわけではない

 よく「昭和のころは残業200時間なんて当たり前だった」などと言う老人がいます。 「それでも俺は耐えられたのに最近の若者はなぜ耐えられないのか」と言います。

 これは、テクノロジーの高度化に伴って仕事も高度化していることを忘れています。

 会社にあるテクノロジーが電話と手紙しかなかったころ、 新入社員の仕事は「資料探し」「お届け物」だったと会社のおじいさんから聞かされました。

 今ではパソコンで社内サーバを開けば資料は簡単に出てきます。 しかし、それがなかったころは上司に「あの資料を探してくれ」と言われて本棚をあさっていたのです。 資料探しで何時間も費やしていたのが一瞬で終わるようになりました。

 手紙を送っていたのが、メールで一瞬で済むようになりました。 手紙なら届くのに1日、返事が来るのに最低1日はかかります。ところがメールは一瞬です。

 一瞬で済むから楽になるというわけではありません。別の仕事が待っているからです。 昔に比べて仕事のスピード感は何十倍にも上がり、新入社員でも高度な仕事をしなければなりません。 昭和の200時間と、平成の200時間では仕事の密度がまるで違います。

 それなのに時間だけに注目して「残業200時間くらい耐えろ」というのは本質を見誤っています。 明らかに高度化した仕事で同じ時間働けば、病むに決まっています

 

就職は最も効率の悪い稼ぎ方

 このように仕事は高度化しているにも関わらず、昔と比べて給料はそう大して上がっていませんし、 上記のように会社の維持費と株主のための利益に稼いだお金は吸い上げられていきます。 「高度化」を社員にではなく顧客に「値下げ」という形で還元してしまったからです。

 仕事量を時間で評価する意味はほとんどありません。昔1時間かかっていた仕事は一瞬で終わってしまいます。 今の会社員はそれよりはるかに多い仕事量をこなしています。なのに給料は増えない・・・

 実は、自営業だと話は別です。

 楽に稼げる方法はあり、不動産投資はその最たる例です。確かに最初は猛勉強しなければなりません。 しかし、いったん勉強して不動産を買ってしまえば、あとは何もせずに毎月収入を得ることができます。 仕事といえば毎月通帳をみて入金を確認する程度です。

 事業を営んでいてもサラリーマンよりはマシです。 会社の維持費や株主の利益を先に引かれるということはないからです。 お客さんから回収した代金を「これは生活費に」と持って帰ってしまうことも可能です。

 「雇い主がいる」就職という働き方は、最も効率が悪い稼ぎ方なのです。

 つまり就職は、「お金を稼ぐこと」という観点では、本質的ではないのです。

 一生懸命働いたところで給料がたくさんもらえるわけではありません。 少なくとももらえる給料分以上には会社に貢献しなければなりませんので、 本来の自分の頑張りに対して、もらえる給料はごく一部にすぎません。

 それなのに、「お金のため」に働いているとあまりの効率の悪さにつかれてしまいます。

 

楽しく仕事をするには?

 私の例で言いますと、高校の勉強は嫌いでした。勉強は大学に入学するための科目に過ぎず、 それほど好きでもない科目の勉強をするのは苦行でした。

 一方で大学の勉強は好きでした。法学部でしたが、法律が好きだったからです。 特に明確な答えのない学問はとにかく研究しがいがあり、どうすれば最適解を見つけ出せるか、 考えるのが好きだったのです。

 また、不動産投資の勉強も好きでした。もともと住宅が好きでマンションのチラシがポストに入ろうものなら、 間取り図を見ていろいろ「この家に住んだらどんな生活だろう」と空想するのが好きだったのです。 アパートオーナーになれば収入が得られるというのも大きな要因です。

 同じ「勉強」なのに「楽しい勉強」と「楽しくない勉強」に分かれるポイントが見えてきました。 それは、「好きかどうか」です。

 高校の勉強はとにかく嫌いで、あまり思い出がありません。 あったとしても、「今日は10時間やった!」と苦行を自慢していたことくらいです。

 ところが法律の勉強や不動産投資の勉強は一切苦行ではなく、それこそ朝から晩まで勉強していても楽しかったものです。 自分が熱中できるものは、まったく苦も無くできるのです。

 一方で法律や不動産に興味のない人はどうでしょうか。きっと高校の勉強より苦行になったと思います。 より高度な文書を読み、答えのない問題をずっと考えなければなりません。

 このことから、楽しく仕事をするには好きかどうかが大きくかかわってくることがわかります。

 

好きな人には天国、嫌いな人には地獄

 私はプログラムを組むのが好きだったので、理系に進んでプログラマーになるのはどうかと思い、 掲示板の「2ちゃんねる」でプログラマーのスレッドを探して読んでみたことがあります。 そこで語られたいたのは以下のような話でした。

 「プログラマーは楽しい。エアコンの効いた部屋で働けるし。」

 一方でこんな話もありました。

 「プログラマーは三度の飯よりプログラムが好きで、朝から晩までプログラムを組んでいる人、 仕事でプログラムを組んで、休憩時間に気晴らしにプログラムを組んで、帰宅して趣味でプログラムを組むような人でないと、 プログラマーになるのはやめておけ」

 「IT土方」なんて言葉ができるのはもっと後の話でしたが、プログラムが大好きな人にとっては天国のような仕事だったのです。 それを聞いた特にプログラムが好きでもなんでもない人がプログラマーになり、 朝から晩まで地獄のように働いて「IT土方」と言うようになったのです。

 もう1つの例として、「松智洋」というライトノベル作家がいました。 「迷い猫オーバーラン」「パパのいうことを聞きなさい!」で有名な作家です。 この小説家にはこんなエピソードがあります。

 「アニメ『パパのいうことを聞きなさい!』放送中で大変多忙だった時期に、執筆のためカンヅメになっていた際の気分転換として『オトメ3原則!』を書いた」

 また、アニメーターの待遇が悪いという話もよく聞かれます。 この原因はなんといっても「待遇が悪くても働く人がいる」ことです。 近年のアルバイト不足による時給上昇でもわかるように、待遇が悪くてアニメーターが集まらないのであれば、待遇が改善されるはずです。

 しかし待遇が改善される兆しは見えません。なぜなら「アニメが好きすぎて趣味で働く人がいる」からです。 彼らにとってはアニメが生きがいですので、待遇が悪くても問題にしません。 いくら給料が安くても、アニメ制作に携わっていたいのです。

 プログラムの仕事の気分転換にプログラムを組む、執筆の気分転換に執筆をする。 どんなに待遇が悪くてもアニメ制作に携わる。 この三者には「その仕事が大好き」という共通点があります。

 その仕事が大好きな人にとっては天国のようですが、そうでない人にとってはキツイ地獄でしかない世界です。

 

「好き」を仕事にする

 近年「やりがい搾取」という言葉があります。 給料の代わりに「やりがい」を押し付けて低賃金で働かせることを正当化する会社に使われる言葉です。 確かに正当な対価は支払われなければなりませんし、やりがいがあればなんでもいいというわけではありません。

 しかし、「やりがい」を感じない仕事がキツイのは明白です。したくもない仕事のために40年、50年と生きるのは、 苦行でしかありません。しかも仕事は高度化していますので、精神を病む可能性は非常に高いです。

 実際に私は「平均年収」や「安定性」で会社を選び、興味もない仕事に明け暮れてうつ病を発症しました。 同じような話は銀行員になった友達からもたくさん聞いています。 「興味のない仕事」を選んでしまうと、それだけで大失敗してしまう可能性をもっているのです。

 長い人生を過ごすのに、目先の年収だけにとらわれてしまうと不幸な人生が待っています。 「やりがい」「好き」を最優先にして就活をしたほうがよっぽど楽しい人生を送ることができます。

 あなたはどんなときに「やりがい」を感じ何を「楽しい」と思うでしょうか。

 自分が熱中できるものから考えてみましょう。例えば「クルマが好き」なら、なぜ「クルマが好き」なのかを考えるのです。 スピード感が好きなのでしょうか。流れる景色が好きなのでしょうか。それとも一人で独占できる空間が好きなのでしょうか。

 スピード感なら、クルマに限らずバイクでも飛行機でもいいはずです。 流れる景色なら電車や船でもいいですし、空間なら住宅でもホテルでもいいはずです。 このように「好き」の本質を追求していくのです。

 例えば「空間」にこだわりがあるならば、自動車業界はもちろんのこと、建設業界やホテル、 家電・家具メーカーも選択肢に入ってきます。 「複雑な機械」が好きなのであれば、電機メーカーや機械メーカーもありですね。

 

好きなことが見つからない!本当はだらだらしたい!

 特に「熱中できる」というほど好きなことはなくて、ただ家でだらだらしたいだけという人もたくさんいると思います。 私もどちらかというとそのタイプです。好きな時間に起きて、好きな時間に食事をして、好きな時間に寝るのが究極の楽しみです。 そんな人は「好き」を仕事にできないのでしょうか。

 これも考え方を変えれば可能です。

 私は「働かないために働く」ことにしました。 アパート経営はいったんアパートを購入して、管理会社に任せてしまえばあとは何もすることがありません。 最初に勉強して、頭金を貯めてローンを組んでアパートを購入するだけです。

 「働かない」ことを実現するためですから、まったく苦ではありませんでした。 矛盾しているようですが、「働かないために働く」ことができたのです。

 「めんどくさい」「やりたくない」ことをなくすビジネスに携わってみるのはどうでしょうか。 電機・機械はその極みです。家電メーカーで言えば、洗濯も掃除も「めんどうなこと」と捉えて、 それをボタン1つで解決できる製品を開発してきました。

 工場の機械もそうです。単調な作業がいやなので、それを機械にやってもらうことにしました。 「楽をするため」の機械をつくって成長してきたのがファナックやキーエンスといった会社です。

 IT業界も同じです。図書館に行くのがめんどうだから検索サイトをつくった、 資料探しがめんどうだからパソコンで全部見られるようにした、 電卓をたたくのがめんどうだから表計算ソフトをつくった、買い物に行くのがめんどうだからショッピングサイトをつくった。

 私も過去には「めんどうな作業」を自動化するために何日も何週間もかけてプログラムを勉強し、 何週間も何か月もかけて自動化ソフトをつくったことがあります。本末転倒のようですが、 「楽をするため」ならまったく苦痛ではなかったのです。

 このように多くのビジネスが「楽をするため」に行われています。 こう考えたら、いろんなビジネスが面白く見えてきませんか?

【2020卒】ついに募集開始!内定直結の合同説明会(全国開催)

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに2020卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 また、2019卒でも卒業ギリギリまで開催されており、2018年12月でもまだ間に合います。

 

「こんな良い会社あったんだ!」会社が向こうから来てくれる就活サイト

 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 法人向けのビジネスは消費者向けの20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。

 ですが「キミスカ 」なら、 知らなかった優良企業が向こうからあなたを探し出してくれます。

 プロフィールを書き、インターン経験・他社の選考結果などの情報を充実させていくとマッチング精度がどんどん上がっていき、 たくさんの会社から「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時にはいきなり最終面接のお誘いすら来ます。

 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。

 すでに2020年卒の就活生も約4万人が登録済みで、NTTデータや一条工務店のような大企業から隠れ優良企業、 ベンチャー企業までスカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

 

「SPI、対策しといてよかった!」

 SPIやエントリーシートは、厳しい大学受験に比べたらとても簡単なものです。 とはいえ慣れが必要で、毎年多くの就活生が一発目の第一志望で失敗する事態に陥りがちです。 慣れてきたころには第二志望どころか第三志望の募集も終わっていて、志望度の低い企業にだけ最高のパフォーマンスを発揮するのです。

 一発目から最高のパフォーマンスを発揮するには、SPI、エントリーシート対策が欠かせません。 ですが就活本は値段が高いですし、対策といっても何をすればいいかわかりませんよね。

 そこで、キャリアパークのSPI対策資料を使いましょう。 無料登録するだけでSPIの対策資料がもらえます。出題される問題の傾向や時間配分、解法をつかんで、 就活一発目から高得点をたたき出しましょう。

 他にも一流企業の先輩方の内定エントリーシート自己PR作成マニュアル面接官が実際に使う評価シートなどが無料で手に入り、 内定直結イベントに加えてキャリアパーク会員専用の特別選考枠もあるなど、 第一志望に内定をもらうには、キャリアパークを使わない手はありませんね。

 もちろん就活生はすべてのサービスが完全無料ですから、コスパは無限大です。



×

【2020卒】待っているだけで隠れ優良企業からスカウトがもらえるサイト