MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:19人
※本サイトはプロモーションが含まれています

【就活に失敗する人の特徴5選】直せば楽々内定できる!

 就活に失敗する人の特徴を5つ集めました。 これらに当てはまらないようにする・当てはまっている場合は直すことで楽々内定が可能になります。



おすすめ・人気記事

 

就活に失敗する人の特徴

 就活に失敗する人の特徴は、次の5つです。

 これらに当てはまっていないか確認し、今すぐ対策を取りましょう。

 

1.面接で声が小さい

 就活のよくある失敗が、面接で声が小さいことです。

 「自信がなさそうに見える」のは、新卒採用では致命的です。 なぜなら会社はフレッシュな新人を求めており、若者の元気さによって、くたびれた年配社員を奮い立たせたいからです。

 元気のない社員は、会社にいくらでもいます。 人事はあなたを採用することで、会社に新しい風を吹かせたいのですから、元気な姿を披露するのが最適です。

 大きな声で話すのが恥ずかしくても、たったそれだけで面接官の印象は変わります。 面接では大きな声で、明るく元気よく話すことが大切です。

 面接は、入室から始まっています。入室するときのノックの音が小さく、挨拶の声も小さければ、 その時点で面接は不合格です。意識的に元気さをアピールしましょう。 特に「うまく話せない」という心配が大きすぎて声が出にくいという場合もあります。そんな方は、次の記事を参照してみてください。

【関連記事】 【就活】面接は暗記より良い対策がある!|「おっ」と言わせる方法  

2.「就職活動の軸」がない

 次によくある失敗が、就職活動の軸がないことです。

 実は、大卒就活でもっとも重要なのが「ビジョン」です。 なぜなら総合職は「経営幹部候補」であり、会社の「経営理念・ビジョン・社風」と一致した志を持っていなければ務まらないからです。

 そのため就活では最初に「自己分析」をして、「就職活動の軸」を導き出します。 そして「貴社とはビジョンが一致している。だから私はビジョンの実現のため、貴社のビジネスに携わらなければならない。」と述べることで、 人事は内定をくれるのです。

 その証拠に、エントリーシートはどの会社も以下の三部作構成になっています。

 ESは「『将来の夢』実現ストーリー」を書かせる構成になっていて、 「就職活動の軸」を前提に、「学生時代頑張ったこと」「志望動機」などを一貫した一つのストーリーにすることが求められます。

 これができていないと「総合職として不適格」とみなされ、書類選考で落ちる原因になります。 特にESの大量に届く有名企業では、面接に呼ばれることすらありません。

 書類選考で落ちることの多い方は、すぐに自己分析をして見直しましょう。

【関連記事】 【就活】自己分析のやり方|必要な項目や例を挙げ具体的に解説!  

3.面接で返事が遅い

 面接で返事が遅いのも、就活でありがちな失敗です。

 考える時間を与えられた場合を除き、沈黙の時間が流れるとほぼ、不合格になります。 なぜなら新人に求められているのは「正確な回答」ではなく「すぐ答えること」だからです。

 入社していきなり新人が大活躍することは、ありません。 失敗を前提とした教育プログラムが組まれ、影響の少ない仕事から徐々に、大きな仕事に移行していきます。

 その時「ミスをごまかす」「その場を取り繕う」のでは、 「何が悪かったのか」を反省する機会を失うことになります。 つまり、教育しても意味がない新人になってしまうわけです。

 ですから難しい質問がされても深く考え込まず、素早いレスポンスが必要です。 そして間違えたときは素直に謝ってしまいましょう

 面接のコツは、自分を良く見せようとしないことです。 素直な若者こそ最も成長余力があり、将来性が高いことは、社会人なら誰でも知っています。

 「今、素晴らしい人材」である必要はありません。 「なんでもいいからとりあえず答える」ことと、そして「間違いを素直に認める」ことで、 若者に期待される「素直さ」や「向上心」をアピールしましょう。

コミュニケーション能力がない!|でも就職できる面接法

 

4.エントリーの数が少ない

 よくある失敗として、エントリーの数が少ないことも重大です。 何千人と受験する企業でも採用人数は30人~50人程度です。 そんな小さな枠を争うわけですから、内定確率としては非常に低いものになります。

 特に応募の殺到する有名企業では、「大学名」だけで落とされることもあります。 無数のエントリーシートをさばくには、1通1通をじっくり読み込んでいる時間がありません。

 もちろんESの完成度を高めていくことも重要ですが、それ以上に母数を増やすことが必要です。 エントリーは書類提出やWEBテストなど面倒ではありますが、数をこなすことで内定をもらえる確率もあがっていきます。

 「まだ選考が続いている企業」のことを「持ち駒」と表現しますが、持ち駒が減っていくたびに精神は不安定になっていきます。 面接を受けながら「あと1社しか残っていない」なんて心配をしなくて済むくらい、たくさんエントリーしましょう。

 20社程度では内定が1つもらえるかどうかですので、30~50社のエントリーは最低限必要になります。

 

5.学歴を過信している

 高学歴の就活生にありがちなのですが、「慶應だから大丈夫」「旧帝大だから大丈夫」と、 学歴を過信している就活生は面接で落ちがちです。何を隠そう、私もそうでした

 確かに「学歴フィルター」はありますし、旧帝大や早慶の学生は書類選考には通りやすいです。 しかしその先、面接に通過できるかどうかは別問題です。

 後述しますが、最終的には「将来の夢(就職活動の軸)」と「会社の経営理念」「会社の社内文化」がどれくらい一致しているかで、 内定が決まります。学歴は単なる「受験票」に過ぎません。学歴を過信せず、エントリーシートを見直してみることが必要です。

高学歴就活の失敗の末路とその理由|反面教師シリーズ

6月の今から最短で内定をもらうには?

 

大企業を狙うならスカウト型!

 大企業の半分以上がスカウト型を利用!

 実は、大企業への就職を狙うならスカウト型を使うべき時代が来ています。 意外かもしれませんが、大企業ほどスカウト型での採用が増えており、 特に従業員5,000人以上の規模では、51.2%がその採用方法をとると回答しています(※データは[PDF]就職白書2024|就職みらい研究所)。

 その理由はなんといっても「採用効率が良い」ところにあるでしょう。 従来、大学名などで足切りしてリクルーター面接を重ねて「自社に合った人材」を探してきたのですが、 スカウト型ならその必要がなく、自社に合った人材にダイレクトにアプローチできるのです。

 MY就活ネットのおすすめは「OfferBox」です。

 実際に私も体験してみましたが、適性検査入力するプロフィールが書類選考以上の内容になっており、 企業が採用で重視する「人柄」「熱意」「将来性」をアピールできる仕組みになっています。 さらに企業が冷やかしの宣伝メールを送れない仕様で、本気のスカウトしか来ません

 就活生24万人(OfferBox 2024年卒利用実績データ)、企業17,000社以上と盛り上がりを見せており、 もちろん学生は完全無料ですべての機能を使えます。 今すぐプロフィールを設定して、人事に見つけてもらう準備を始めましょう。

→「OfferBox」の公式サイト

 

自分にぴったりのインターンシップを見つけよう

 インターンから内定まで口コミが満載!

 「どこのインターンに行けばいいかわからない」と悩んでいませんか? 就活の主戦場はインターンであり、大学3年生の6月には就活が始まります。 ですが、こんな早期に志望先を決められている人なんて、あまりいないと思います。

 そこで、ワンキャリアのサマーインターン特集を見てみましょう。 締め切り前のインターンが一覧で表示されていて、詳細ページに進むとそのインターンの口コミを読むことができます。 また、会員登録すると「自分の大学での人気企業」が見れたり、「内定・選考直結型インターン」への参加申し込みもできます。

 他にも企業ごとに「実際に内定を取ったエントリーシート」、一次面接・二次面接など「選考の体験談」が計52万件が読めるなど、 インターンから内定まで必要な情報がそろっています。大学生・院生なら完全無料どころか、内定後に選考体験談を投稿すると謝礼があるので、 就活を始めるならぜひ利用しておきたいですね。

ワンキャリアの公式サイト

 

早期選考にまだ間に合う!

 就活まだ何もしていない人が勝ち組になる方法!

 「就活、まだ何もしていない」というその不安、実は正解です。 そして何より「選考がどんなものかわからない」のが最大の不安ではないでしょうか。

 それを解決するには早期選考に行くのが一番です。「選考に慣れる」ことができる上に、 通常選考よりライバルが少なく受かりやすいため、「実はもう内定がある」という余裕を持つことすら可能なのです。

 そんな早期選考に招待されるために「インターンシップに行く」のが通常なのですが、 まだ何もしていない人でも「インターンなし」で、今から同じ条件に立てる方法があります。 それが「「ジョブトラ」に参加する」という方法です。

 ジョブトラは「合同説明会」に加えて「グループワーク」が実施されるのが特徴の就活イベントで、 事前準備なし最大6社の早期選考が一度に受けられるというものです。 「エントリーシート・自己分析」は不要で、「学部3年生(修士1年生)」なら就活完全初心者でOKです。

 もちろん学生は完全無料ですから、早期選考を受けて「まだ何もしていない」状態を解消し、 「選考には慣れている」あわよくば「実はもう内定がある」という状態に持って行ってしまいましょう。 イベントは「たった半日」です。通常選考で泥沼に浸かるくらいなら、ジョブトラへ行きましょう。

「ジョブトラ」に参加する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで71,000通を超えるエントリーシートが収録されています(2023年5月時点)。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ見つかるサイトと言っていいでしょう。

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む


著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、11年間に渡り学生の就職活動を支援している。




×