リアルタイム閲覧者数:56人

 

公務員はホワイトか?

 よく公務員は安定していて定時で帰れて給与も高いと言われます。 果たして本当にそうでしょうか?

 私の友人や先輩にも公務員になった人がいます。 口をそろえて言うのは「定時で帰れる日なんてない」です。 

 まず国家公務員総合職は国会がある時期は0時越え当たり前です。 深夜2時でも当然のように電話がかかってきて、資料の作成を求められるそうです。 また夜9時で帰れる時期を「暇な時期」と仰っていました。

 残業時間は月に300時間になる場合もあり、それはタクシーチケットだとか、終電だとかそういうレベルではありません。 そもそも家に帰れず、睡眠をとる時間もないためそのまま徹夜、徹夜明けで仕事をするそうです。 また省庁には「仮眠室」があり、帰宅しないことが前提な建物になっているのです。

 一方で国家公務員一般職はもっと早く帰れるとのこと。 その代わり昇進や昇給はあまり望めません。

 もちろん、総合職より早く帰れるからといって、定時で帰れるというわけではありません。 「まったり」ではないことは明白ですね。

 

教師は休みがない!

 高校教師は土日がありません。平日、帰れるのは19時から。 自分の仕事があっても生徒からの質問等があればその分帰るのが遅くなります。 また部活の顧問を担当するので土日は部活に出なければなりません。

 生徒から質問が来るのは偏差値の高い高校だけだろう・・・なんていうのも思い込みです。 ある先輩は総合高校で教師をしていますが、総合高校はそれほど勉強に力を入れていないだろうと思いきや、 生徒からの質問はけっこうあるそうです。

 それもそのはず。真面目に勉強していい成績を取らないと、推薦がもらえないのです。 高校の推薦をもらって大学や専門学校へ進学することを考えている生徒は多いです。 そういう生徒を支援するのも教師の仕事です。

 また、部活の手当は数千円で、事実上の休日出勤ですが休出ほどの手当ではありません。 旧友と飲みに行くことすらままなりません。 かなり生徒のために時間を使い、自分の時間などほとんどないわけです。

 それでも生徒にナメられたり、PTAと戦わなければならなかったりと、 高校は苦労の絶えない職場です。

 

市役所はまったりじゃないの?

 市役所職員はどうでしょうか。 一般的に田舎の市役所は暇だと言われています。 しかし友人の行った市役所はむしろブラックです。

 大学卒業前にほぼ強制の研修があり、1か月無給で研修です。 全く仕事をしない上司もいれば、毎日、上から嫌味を言われながら残業、休日出勤する下っ端もいます。 精神衛生上よろしくないのではとも思いますが、彼は自分の仕事にやりがいを感じているようでよかったと思います。

 市役所には十分に人を雇うほどの予算がありません。 ここが重要です。人が雇えない。ならばどうするか? 今いる職員に仕事をたくさんやらせればいいのです。

 人は足りず、予算もつかず、それでも仕事は多いです。 また市民から後ろ指をさされて「税金泥棒」などと言われるのです。 なかなか辛く苦しい環境であると思います。

 

残業ないんでしょ?

 実は公務員は残業の嵐です。しかし予算がなければ残業代を払うこともできません。 それでも仕事はたくさんあります。じゃあどうしましょうか?

 そうだ!働いてないことにしよう!

 これがまかり通っているのが日本の公務員です。 労基署がブラック企業を取り締まらないのもうなずけます。 彼ら自身がブラックで働いているのですから。

 私の友人で高校教師になった人がいますが、やはり残業代はもらっていません。 国民に叩かれ過ぎて予算が削られ、住宅手当も満足に出ず、公務員宿舎も廃止され、 残業代もない上に休日出勤し、家賃もほとんど自分で支払っています。

 公務員に残業がないという勝手なイメージは、残業代を払わないために公務員がついた嘘をみんなが信じているだけです。 残業どころか休日出勤も深夜労働もよくある話です。 予算委員会があるころのお役所って実は真夜中でも電気がついているんですよ・・・

 まったり高給なんて夢ももろく崩れ去りますね。

 

では定時で帰っているのは誰か?

 たしかに市役所や県庁で、定時にあがって帰宅する人たちもいます。 さて、それは誰でしょうか。

 それはパートのおばちゃんや、外注業者の職員です。役所の窓口は非常勤、すなわちパートタイマーであり、 正規の公務員ではありません。パートは時給で働いていますので、 勤怠管理はしっかりしなければなりません。残業代を支払う予算もないので、さっさと帰ってもらいます。

 同様に窓口業務などを外注している場合もあります。 外注の場合、委託料は定時で帰宅した場合の分しか業者にお金は支払われません。 残業をするとそれだけ業者が損をするだけです。定時で帰らせる必要がありますね。

 市役所レベルでは、仕事をしない上司もいるようです。 しかし、それはまったりが許されているわけではなく、役所の中では嫌われています。 皆に嫌われていても生き残れるというのは一見よさそうにみえますが、そうでもありません。

 役所で働く公務員は、国のため、地域のために働いています。 利益のためでもなく、自分の生活のためでもなく、目的を持って働くのは難しいものです。 頑張ったらボーナスが上がるという世界ではないのです。

 大卒正規職員になってからはなかなか忙しく、また選挙会場の見張り番など、 とても退屈な仕事もある上に、災害(台風など)が起こると土日であろうがお盆であろうが呼び出されます。

 また公務員宿舎が叩かれて廃止され、住宅手当も十分に出ないため、 残業なしの私と残業ありの公務員で給与の手取りはほとんど変わりません。 さらに共済年金制度が厚生年金制度と統合されるということで、 老後の保障の面でもメリットが薄くなります。

 住民のために身を粉にして働ける十分な気持ちを持っていない限り、 公務員になることは避けたほうが良いでしょう。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに21卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 毎年卒業ギリギリまで開催されており、20卒も2019年12月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 

早期に隠れ優良企業と接触する!

 就活のスケジュール管理って思ったより大変です。 インターンシップや選考の募集開始に気づかず、出遅れてしまった…なんてことになっては悲惨です。

 見つけきれていなかった会社や、よく知らなかった業界に手遅れになってから気付いて後悔する…というのは、歴代就活生が味わいまくってきた苦痛です。 そんな悲しい就活、絶対に繰り返してはいけませんよね。

 ですが、【digmee】 を使えばそんな悩みともオサラバできます。

 digmeeはLINEで友達登録するだけで登録が完了し、プロフィールや自己分析を進めていくと、 それを見た企業の人事から「選考免除パス」が獲得できるなど、選考フローを大幅短縮できる就活サービスです。 すでに21卒の募集を開始しています。

 友達登録すれば就活に必須な知識などが自動的に送られてきますので、 一生懸命検索する手間が省けてダラダラ過ごしていても強制的に自分を就活モードにするという、まるで起爆装置のようなシステムです。

 GD・面接の模擬練習のイベントや、最大7社から「選考免除パス」がもらえる特別選考会もあり、 もちろんワンタップで参加申し込みが完了するというお手軽っぷりです。 それでいて電通やJT、外資系のゴールドマンサックス、P&G、Googleといった合格実績もあります。

 こういった実績から旧帝大や関関同立クラスの学生の利用が多いのも特徴的です。 もしあなたに「めんどくさがり」の自覚があったら、友達登録しておくのを強くおすすめします。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

→記事トップに戻る



×

2019年12月の今から早期内定! 内定直結型就活イベント (20・21卒)