MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:27人

 

【就活】業界絞りは危険!「全落ち」しない絞り方

 就活を進めていくと、志望企業がかたまってきて「業界絞り(業界決定)」を行う就活生も見受けられますが、 業界絞りは危険なのでおすすめしません

 その理由と、どうすればよいかを解説します。



記事一覧へ

プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、7年間に渡り学生の就職活動を支援している。


 

業界絞りとは?

 業界絞りとは、就活において志望する業界を一つ、複数に決めて、 志望しない業界への就活をやめることを言います。業界絞りは業界決定とも呼ばれます。

 例えば合同説明会、単独説明会では金融、商社、メーカー、ホテル、鉄道、航空など様々な業界のものに参加し、 リクルーターと会ったり、座談会に出席していたけれども、志望する業界を金融、商社に絞り、 メーカーやホテル、鉄道、航空業界へエントリーシートを出さないと決断することです。

 業界絞りで一本化することは効率がいいようにも思えますが、実は危険です。 実際にエントリーシートを提出して面接に臨む業界を絞って、他の業界にエントリーシートを出さないため、 一つの業界に出すエントリーシートの充実化が図れる一方で、面接を受けられる会社が減ります。

 就活サイトや就活イベント、内定者懇談会などで「業界絞り」は当然の行為として紹介されます。 「この時期に業界絞りをして、志望先を一本化しました」などと示されることでしょう。

 しかし業界研究、エントリーシート作成などと異なり、業界絞りは必須の過程ではありません。 就活において業界絞りはしなければならないものではないのです。

 

業界絞りはしてはいけない?

 私が業界絞りを危険だと思う理由は以下の通りです。

 例えば、自分では金融業界に向いていると思っていても、実はその会社だけでなく業界自体に向いていない場合もあります。 その業界で働いたことなんてないのだからこういうことはあって当然です。落ちたからと言って悲観する必要はありません。 想像とは異なる業界だったということです。

 しかしその時、業界を絞っていたら悲惨なことになります。全落ちです

 コンサルタントなど人気の業種には就活生が殺到しますが、採用人数は多くありません。 人気の業界ほど人事は「特に向いている人」を選り好みすることができるというわけです。

 不親切なことに説明会ではたいてい会社のいいところしか語ってくれません。 というのも、エントリーシート提出数が少ないと人事担当者が上司に「お前仕事してんの?」と言われてしまうからです。 志望者数を増やすため「こんな人は向いていない」という話はしません。

 その業界に向いているかどうかは業界人に判断してもらうしかないのです。 いろんな業界の面接を受けて、判断してもらいましょう。

 以上の理由から、業界絞りはおすすめしません。

 

業界絞りにはメリットもある

 業界絞りにはメリットもあります。 メリットがないなら業界絞りも流行りません。業界絞りにはどんなメリットがあるのでしょうか。

 業界絞りをすることによって、エントリーシート提出数を減らすことができ、 同業他社と比較してしっかりつくったものを提出することができます。 要は負担の減少です。

 興味のない会社の面接に時間を取られ、入社するつもりもない会社に内々定をもらい、 内定辞退の電話をするという無駄な作業、無駄な疲労を防ぐことができます。 どうせ行かない業界なら絞りにかけて、切り捨ててしまうのも一つの手です。

 「めんどくさいから業界絞り」という側面もないわけではありません。 業界を比較検討して、面白くなさそうと思った業界のエントリーシート作成は身が入らないものです。 時間もかかりますし、手間もかかります。

 しかし就活はめんどくさがると負けです。就活はめんどくさいものです。 上で述べたように、絞って残った業界に向いていないと判断されれば就活は完全に失敗します。

 その結果全落ちなんて悲惨なことになるくらいなら、 複数の業界の同業他社を比較検討してエントリーシートを大量提出したほうが安全です。

 

「全落ちしない」業界の絞り方

 ここまで解説した通り、絞った業界に実は向いていなかったことが発覚した場合、全落ちします。 これを防ぐためには、絞りすぎないことが重要です。

 志望業界を決定するにあたって重要なのは、「自己分析」によって自身の「ビジョン」を発掘することです。 どの業界であっても自身の「ビジョン」と会社の「経営理念」が一致していることが最重要項目です。

自己分析って何なんだ!内定がボロボロ獲れる秘訣

 簡単に言えば「将来の夢」のことですが、「40年間をかけて追求したい夢」が実現できなさそうな業界、 「知名度」などヨコシマな理由でなんとなく見ていた業界は、志望先から除きましょう。

 一方で「目指す場所が同じ」な業界は、多少見劣りしても志望業界として残しておくべきです。

 例えば「家でゴロゴロしていたい」という夢であった場合

  • 家事を楽にする家電メーカー
  • 仕事を楽にする機械メーカー
  • ゆっくり眠れる環境をつくる寝具メーカー
  • くつろげる理想の家をつくる建設業界

 などが志望業界として浮かんでくるでしょう。ビジョンと一致している業界は捨ててはいけません。 一方で、下記のようになんとなく見ていた業界

  • 給料が高い銀行や総合商社
  • みんなに自慢できそうなインフラ業界
  • モテそうなコンサル会社

 このようなヨコシマな理由で志望する会社は、入社しても楽しくない上に、説得力あるESが書けないため、 志望業界から除きましょう。

 

ビジョンが同じならES作成も簡単

 上の例では「家電メーカー」「機械メーカー」「寝具メーカー」「建設業界」と志望先がバラバラなような気がしますよね。 しかし、「家でゴロゴロしていたい」という同じビジョンを掲げる限り、実はES作成もほとんどコピペで済みます

 ESには「夢を実現するストーリー」を書きます。 「家でゴロゴロしていたい」という理想のために、学生時代は何を頑張って、現在は何が足りていて何が不足しているのか、 そしてその会社のビジネスで夢を実現するというストーリーです。

 つまり、「その会社のビジネスで」の部分を志望する会社ごとに入れ替えるだけでいいのです。

 家電メーカーには「家事を楽にする」という点でESを出し、寝具メーカーには「睡眠環境の向上」でESを出すのです。 このように同じビジョンを掲げる限り、この通りES作成は簡単です。 志望度が低い業界であっても、ESを出せる業界には出しておくのが全落ちを防ぐコツです。

 もし「ESに『将来の夢』実現ストーリーを書く」ことが初耳だった方は、 大卒就活とは?フリーター・高卒との違いをご覧ください。 なぜこれが人事にウケて、あなた自身の人生を楽しいものにするために重要なのか解説しています。

 →業界研究のやり方に戻る

 

今から最短で内定をもらうには?

 

早期に隠れ優良企業と接触する!

 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 法人向けのビジネスは消費者向けの20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。

 見つけ切れていなかった業界に、手遅れになってから気付いて後悔するなんて、絶対したくありませんよね。

 しかし「OfferBox」なら、 知らなかった優良企業が向こうからあなたを探し出してくれます。

 プロフィールを充実させていくとマッチング精度がどんどん上がっていき、 「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時にはいきなり最終面接のお誘いすら来ます。 いちいち書類選考に応募しなくていいので、時間短縮にもなりますね。

 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。 BtoBの隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業ともマッチングします。

 すでに21卒・22卒の募集も開始しています。 また、100万人の診断結果をもとにした「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

→「OfferBox」でスカウトをもらう

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに21卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 21卒も2020年9月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

→「MeetsCompany 」に参加する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

→「Unistyle」で無料ダウンロードする

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

→「ワンキャリア」で無料ダウンロードする


 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!
×

志望企業の内定エントリーシートを読んでコツをつかもう!