MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:22人

 

【例文】「尊敬する人」の答え方|誰を選べばいい?

 就活で聞かれる「尊敬する人」の選び方・人物の例、そしてESや面接での答え方を例文付きで解説します。



おすすめ・人気記事

記事一覧へ

 

「尊敬する人物」はどんな人物を選べばいい?

 「尊敬する人」の見つけ方は、「就活の軸に関して先行している人物」の中から選ぶことです。 例えば就活の軸が「社会貢献がしたい」である場合、尊敬する人物は「社会貢献をしている人」の中から選びます。 そうすれば話に一貫性が出て、説得力が増します。

 面接官はあなたが何を目的に、何をして生きてきたのか、また今後どのように生きていくのかを知りたいのです。 自己PRや志望動機と全く関係のない「尊敬する人物」を挙げても全く効果はありません。 就活で聞かれる質問は、すべて就活の軸から導き出す必要があります。

 「就職活動の軸」はもう決まっているでしょうか。就活の軸とは将来の夢のことですが、 実は、尊敬する人物就活の軸から導き出すものです。

就活の軸の決め方!|「おっ」と思わせる答え方

 また、その人物の「生き様」や「考え方」などが、 自分が生きる上で「役立つ」「実践すべき」と言える場合も説得力があります。

 まずは「就活の軸(将来の夢)」を確定しましょう。そして、あなたの就活の軸をすでに実現している人物、 あるいは実現に近い人物を考えます。そしてwikipedia等でその人物について詳しく調べ、 自分のエントリーシートを書く上で便利な人物を「尊敬する人物」としてエントリーシートに書くのです。

 もちろんエントリーシートに書く以外でも、面接で突然聞かれる可能性も十分にあります。 予め就活の軸を決め、尊敬する人物も考え出しておくことは重要です。

 

尊敬する人物の例

 尊敬する人の例を一覧にして紹介します。 以下で紹介するような有名人や芸能人のように、面接官に伝わりやすい人物を選ぶようにしましょう。

  • 就活の軸が「社会貢献がしたい」の場合
    • 黒柳徹子:ユニセフ親善大使であり、社会貢献の鏡
    • 孫正義:ソフトバンク社長であり、震災被害者支援で100億円を寄付
    • 藤原紀香:被災者支援、世界こども基金
    • 坂本龍一:森林保全団体
    • ダルビッシュ有:発展途上国への水支援
    • 高橋尚子:中古シューズを集めて発展途上国の子どもへ寄贈
  • 就活の軸が「お金持ちになりたい」の場合
    • 孫正義:ソフトバンク社長
    • ホリエモン:元ライブドア社長
    • 村上太一:「転職会議」などで知られるリブセンス社長
    • 与沢翼:「秒速1億円」で知られる元ネオヒルズ族
    • 柳井正:総資産1兆円超のユニクロ社長
    • 三木谷浩史:楽天社長
    • 田中良和:グリー社長
 

名経営者

 尊敬する人として「名経営者」を挙げるのもおすすめです。 大卒総合職ということは経営幹部候補生ですから、目指す先が「経営者」であることは有望性のアピールになります。

 名経営者としては、稲盛和夫氏がおすすめです。 京セラや第二電電(現:KDDI)を創業し、独自の「アメーバ経営」という「チーム単位の独立採算制」を敷き、 全社的に経営への関心を高めて好業績を生み出してきた人物です。

 電話事業のNTT独占を初めて破った人物であり、また 2010年に経営破たんしたJALに「再生請負人」として招致されJAL会長に就任すると、 たった1年で業績を回復させる経営手腕は日経ビジネスなど、ビジネス界を賑わせました。

 また、ソニー創業者の盛田昭夫氏もおすすめです。 同氏は今風にわかりやすくいうと「昭和のスティーブジョブズ」であり、 ソニーをイノベーティブでクールな会社に育て上げた人物です。

 世界初のトランジスタラジオで旧型の真空管ラジオを駆逐し、 ウォークマンの世界的なヒットで「音楽を持ち運ぶ文化」をつくった点でビジネス界で理想の人物として今も語られています。

 イノベーションを目指す志望動機であれば、盛田氏を引き合いに書くのもよいでしょう。

 そしてホンダの創業者である本田宗一郎氏も人気です。 「妻が買い出しに自転車で行く」のが大変そうだからとエンジンを取り付けた「スーパーカブ」のエピソードは、 まさにイノベーションそのものです。

 自動車事業への熱意が非常に強く、当時造船業が主流で国家戦略として政府から支援が受けられませんでしたが、 経営難の中でもマン島TTレースやF1等ビッグレースの参戦を決めるなど、 「やりたいことをやる」という人物でした。

 事業が「やりたいこと」そのものですと、就活でも良いアピールになります。

 

歴史上の人物

 歴史上の人物を「尊敬する人」に選ぶと、面接官にウケがいいことが多いです。 なぜなら知名度が段違いであり、芸能人は伝わらなくても戦国武将なら伝わるからです。 面接官が年配の場合も考慮して、なるべく「誰でもわかる人」を選ぶのが良いでしょう。

 歴史上の人物も、前もって考えておかなければ、パッとは出てこないものです。 自分の就活の軸に照らし合わせ、自分の目標とする生き様を歴史に残している人物を選びましょう。

 戦国武将は特にウケが良いです。というのも、サラリーマンを「企業戦士」というだけあって、 戦国武将のようにリーダーシップを発揮し、自ら最前線で戦い、実績を上げることが好まれるからです。

  • 尊敬する歴史上の人物:戦国武将
    • 織田信長:小国の尾張を天下統一直前まで成長させた戦国武将
    • 豊臣秀吉:織田信長の実力に目をつけ、あとを継いで天下統一を行った天才武将
    • 徳川家康:豊臣秀吉も気を遣うほどの実力者であり、後継者決定まで抜かりなかった
    • 毛利元就
    • 長宗我部元親
    • 斎藤道三
    • 今川義元
    • 小早川秀秋
    • 浅井長政
    • 武田信玄

 戦国武将に限らず、三国志の曹操、劉備、劉邦、関羽、諸葛亮孔明、司馬懿なども人気ですね。 日本や中国の武将は会社の役員くらいの年齢層に人気があり、ウケがいいです。

 

海外の人物

 尊敬する人物は日本人に限る必要がありません。 グローバル社会ですから、海外の外国人を尊敬する人物としてもいいのです。

 戦国武将や日本の著名人だと、他の就活生とネタが被る可能性があります。 外国人だと他の就活生と被ることもあまりなく、珍しいかもしれません。

  • 尊敬する歴史上の人物:世界史
    • ギルガメシュ:シュメール王朝の伝説的王
    • アレクサンドロス大王:世界を征服しかけたマケドニアの王
    • カエサル:ローマ帝国初代皇帝
    • ハンニバル:一度はローマを滅亡の危機に陥れたカルタゴの将軍
    • トラヤヌス:ローマ帝国五賢帝の1人。ローマ最大版図。
    • ユスティニアヌス:東ローマ帝国皇帝
    • カール5世:神聖ローマ帝国皇帝。最大版図
    • スレイマン1世:オスマン帝国皇帝。最盛期の神聖ローマ帝国を滅ぼしかけた
    • マリア・テレジア:ハプスブルク家当主にして神聖ローマ帝国皇后
    • ヨーゼフ2世:農奴解放令、宗教寛容令など先進的な神聖ローマ帝国皇帝
    • ピョートル1世:ロシア帝国皇帝。ものづくりを大切にした職人
  • 尊敬する人物:海外の実業家
    • ビル・ゲイツ:マイクロソフト創業者
    • ウォーレン・バフェット:天才的投資家
    • ジム・ウォルトン:ウォルマート創業者
    • シェルドン・アデルソン:カジノリゾート運営会社会長
    • ウォルト・ディズニー:ディズニーの作者
    • アンドリュー・カーネギー:米国鉄鋼王
    • ヘンリー・フォード:フォード社創業者
    • ジョン・ロックフェラー:米国石油王
 

身近な人物

 尊敬する人は「母親」のように、身近な人を選んでもよいです。 例えば大学の教授、先輩、友達などでも良いですし、父親や母親など、両親を挙げる人もいます。

 注意しなければならないのは、著名人でない場合、面接官が知らない人物であるということです。 短い面接時間で人物について紹介し、さらに何を尊敬しているのかも言わなければなりません。 この意味では著名人を「尊敬する人物」としておく方が楽ではあります。

 また、友達や先輩を「尊敬する人物」とした場合、社会人にとっては「目標が低い」と思われてしまいがちです。 よっぽどすごい友達や先輩がいるのならともかく、 身近で年も離れていない人物に今は「負けている」ことになりますので、評価が悪くなる可能性があります。

 「尊敬する人物」も「就活の軸」から派生して考えなければなりませんので、 就活の軸、つまり将来の夢がその友達や先輩がすでに実現しているのであれば、 もちろんそれで構いません。

 しかし多少先を行っている程度なら、もっと先を行っている著名人を探した方が賢明でしょう。

 

「尊敬する人物」の答え方

 エントリーシートや面接での「尊敬する人」の答え方は、 人物名を挙げて「就活の軸に関して先行した人物」であるとを説明することです。 その前提として、ESは「『将来の夢』実現ストーリー」にしておく必要があります。

 実はESは、「『将来の夢』実現ストーリー」を書くものなのをご存知でしょうか。 ESはどの会社も以下の三部作構成になっています。

 「就職活動の軸」を前提として、「過去編」「現在編」「未来編」の三部作構成でESを書き、 最終的には実現するには貴社のビジネスに携わるしかないという結論に持っていくのです。 「尊敬する人」も一連のストーリーの中に組み込んで考えなければなりません。

 将来の夢の「先行者」として選んだ場合はもちろんのこと、 直接夢と関係がなくても「生き様」「考え方」など、 自分が「こうありたい」と思うに至ったエピソードを1つ準備します。

 次に、「将来の夢」との関連性を付け加えます。 その人物の目指した理想像・生き様・考え方が、自分の夢の実現にあたって、 自分の「参考になる」「役立つ」「こうあるべき」といった説明をします。

 以下はヘンリー・フォード氏を「尊敬する人物」とした場合の例文です。

 私の尊敬する人物は、ヘンリ・フォード氏です。

 ヘンリー・フォード氏の有名な言葉に「もし顧客に、彼らの望むものを聞いていたら、彼らは『もっと速い馬が欲しい』と答えていただろう」 というものがありますが、顧客の表面化したニーズではなく「真の願望」を掘り下げたところに、 本質思考・マーケティング思考が垣間見えます。

 私は社会に強い影響を与えたいという思いのもと、就職活動をしています。 社会に「新しい定番」を生み出す仕事がしたいと考えていますが、 ヘンリー・フォード氏のように、「物事の表面ではなくその奥底にある本質」を常に意識したいです。

【例文】エントリーシートの書き方|「おっ」と思わせる!

 

12月の今から最短で内定をもらうには?

 

あなたの価値を認めてくれる会社に見つけてもらおう

 好みの会社が向こうからやってくる!

 あなたは社会にとって価値のある人材です。ですが就活生は40万人もいて、存在のアピールをしないと埋もれてしまいます。 一方で優良企業の宝庫であるBtoB企業は、知名度が低いために学生に見つけてもらえません。 「消費者向けに広告を打たない」というだけの理由でスルーして、就職してからBtoBビジネスを知って後悔するなんて、絶対にしたくありませんよね。

 実は、価値あるあなたと優良企業をつなげてくれるプラットフォームがあります。それは「OfferBox」です。

 SNSの要領でプロフィールを登録すると、あなたの価値を認めてくれる会社が「スカウト」を送ってくれます。 本気のスカウトしか来ないのが特徴で、宣伝メールに悩まされることはなく、その企業を「逆選考」して応募するか決めればいいだけです。 すでにあなたを気に入った会社ですから「書類選考が免除」「いきなり最終面接に呼ばれる」などかなりの時間短縮になります。

 加えてOfferBoxでは、あなたの価値の「アピールの仕方」までサポートしてもらえます。 100万人の診断結果を元にした「適性検査」を受検すれば、自己分析も簡単に終わります。これらすべてが完全無料で使えるのです。

 すでに23卒・24卒の登録受付を開始しています。 早期に登録すれば隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業の採用枠がたくさん空いていますから、他の学生より早くに満足な内定がもらえる可能性が高いです。

→「OfferBox」でスカウトをもらう

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 選考体験談が詳しすぎる!

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

内定ES・選考情報を読む


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×

OfferBox の適性検査は結果を見ることができ、矛盾しない受け答えの準備として最適です。(23・24卒、完全無料)