MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:25人

 

【就活】鉄道業界の就職は難しい?|20社の業界研究・ランキング!

 鉄道業界への就職に役立つ就職難易度や選考・面接対策、エントリーシート・志望動機の書き方の他、強みや年収・ランキングなどを解説しています。

鉄道業界の参考画像 

おすすめ・人気記事

23卒の就活はすでに始まっている

記事一覧へ

 

鉄道業界に就職するには?

 鉄道業界に就職するには、「鉄道という資産を使ってどんな社会を実現したいか」というビジョンが必要不可欠です。 「大卒総合職」として入社する以上は経営幹部候補生であり、ビジネスモデルの理解なしには、内定がもらえません。

 実はESは、「『将来の夢』実現ストーリー」を書くものなのをご存知でしょうか。 どの会社も以下の三部作構成になっています。

 鉄道業界の選考においても「就職活動の軸」を前提として、「過去編」「現在編」「未来編」の三部作構成でESを書き、 最終的には実現するには貴社のビジネスに携わるしかないという結論に持っていくのです。

 ですから、採用ページのプロジェクト社員紹介などを熟読し、 会社には何を目指す社風があるのかをじっくり研究し、志望動機に絡めていきましょう。

 例えば「街づくりがしたい」「都会と田舎を両方楽しむ生活を提案したい」など、 「鉄道そのもの」ではなく「鉄道をつかって理想の生活を実現する」という気持ちが、総合職には必要です。

 よく「鉄道オタクは落とされる」と言われます。この理由は「鉄道をつかったビジネス」をする人を採用したいのであって、 単なる「鉄道好き」は「大卒総合職」としての条件を満たしていないからです。 このことを意識して、「単なるファン」ではなく「鉄道をつかったビジネスがしたい」ことを前面に押し出しましょう。

 

就職難易度

 鉄道業界の就職難易度非常に高いです。その理由はバツグンの知名度と人気に加え、採用人数の少なさです。 文系は特に、私鉄は10~20人程度、JRでも30人程度しか採用しません。 ライバルの就活生は多く、かつ高学歴ハイスペックな学生が集まり激戦の様相を呈します。

 ですが、ビジョンを前提に完成度の高いエントリーシートをつくりあげ、インターンシップの応募時に会社にぶつけることができれば、 高学歴でなくても人事の目にとまり、有利に選考を進めることが可能です。なぜなら、インターン時点で準備ができている就活生はほぼいないからです。 志望度が高ければ、インターンには必ず参加しておきたいですね。

内定直結インターン!|優遇選考で早期内定

 一方で「英語力」は求められませんので、海外経験や語学の資格がなくても不利にはなりません。 ただし、上でも解説したように志望動機には注意しないと、鉄道オタクと勘違いされて落とされます。

 

私鉄に就職するには?

 私鉄に就職するには、エントリーシートの事前準備インターンへの参加が重要です。

 私鉄への就職難易度非常に高いです。その理由は「バツグンの知名度」「転勤がない」「年収が高い」ことから人気がとても高く、 ライバルの就活生は非常に多いためです。その一方で、私鉄の採用人数は少なく、事務系だと10人程度です。

 ですが、先ほども述べたようにインターンの時点で準備ができている学生はほぼいません。 つまり、学歴に自信がなくても早期に準備することで優位に立てます。 インターンシップへの参加はもはや必須ともいえるでしょう。

 ESは「学生時代頑張ったこと」「長所・短所」「志望動機」とオーソドックスな出題が多いです。 私鉄はエリアが限られていることから、そのエリアの地域活性化に特化してESを書くのが最良です。 こうして完成度を高めてからインターンに応募すれば、合格する可能性が出てきます。

 また、「大学の場所」「出身地」はビジネスに関係ありません。 大阪の大学を出たからといって「東京の私鉄には就職できない」ということはなく、 そのエリアへの想いがあれば、地元がどこかは選考に影響しません。

 

私鉄総合職は本当に勝ち組?

 「私鉄総合職に就職すると勝ち組」だと言われますが、そうとは言い切れません。 「年収が高い」「転勤がない」ことを理由にそういわれるのですが、今後転勤がないとは限らないからです。

 というのも、「東急ハンズ」ってどこにでもありますよね。 「阪急百貨店」は東京にもありますし、京王プラザホテルも全国にあります。 特に日本は人口減少の国。そのまま1つの地域に引きこもってるわけにはいきませんよね。

 私鉄に就職したからといって、転勤がないとは言い切れません

 ビジネスの成長余力を考えると、「鉄道」「不動産」の2つがメインの資産ですが、 メーカー企業と比べると「場所」に縛り付けられてしまう分、将来性に乏しいとも言えます。

 大都市をつなぐJR各社はともかくとして、「関東」「関西」と特定の大都市にのみ依存した集客では、 やはり限界があります。「そのエリアでしか強みが発揮できないのに、外にも出ていかなければならない」というのは困難を伴うでしょう。

 ビジネスが成長しないということは、昇給に期待できないということです。 最低限インフレ率を上回る成長をし、それだけの分以上に昇給を重ねていかないと、 額面がそのままでも実質的な給与カットになるわけです。

 私鉄に限らず鉄道会社に就職したら、新たなビジネスをあなたが考え、 それを成長産業としてリードしていかなければなりません。決して楽な仕事ではないでしょう。

 

JRに就職するには?

 JRに就職するにも、エントリーシートの事前準備インターンへの参加が重要です。

 JRへの就職難易度非常に高いです。その理由は「バツグンの知名度」と「年収が高い」ことです。 JR東海、JR西日本、JR東日本の採用人数は事務系30人、技術系70人ほどです。 私鉄より採用人数が多いですが、JRの人気を考えると倍率が高く、就職難易度はさらに高いといえます。

 私鉄同様、「そのエリアの地域活性化」を中心にESを書いていくことになりますが、 ESが通過するとリクルーター面接に呼ばれます。 リク面の回数は2~3回で、すべてクリアすると内々定の可能性が非常に高くなります。

リクルーター面接とは?|つく条件と受かる方法

 JR東海、JR西日本、JR東日本ではポテンシャル採用プロフェッショナル採用があります。 ポテンシャル採用は総合職のことで、プロフェッショナル採用は現業職のことです。 またJRの一般職はアソシエイト職と呼ばれます。

 またJR西日本の総合職は全社コースエリアコースに分かれており、これは総合職とエリア総合職の違いです。 全社コースはJR西日本管内のどこへでも転勤の可能性がある一方で、エリアコースは北陸、近畿、中国、福岡のどこかのみです。

 エリアコースと全社コースのどちらを選ぶべきか迷ったら、次の記事を参照してください。 出世を目指すなら全社コースを選びましょう。

総合職とエリア総合職の違い~メリットとデメリット

 JR東海、JR西日本、JR東日本の比較でよく言われるのは、収益比率です。 JR東海の儲けは大半が新幹線によるものです。もちろん東京・大阪間の新幹線ですね。 JR東海は東海道新幹線で莫大な利益を上げています。

 JR東日本は山手線などの在来線で莫大な利益を上げています。 首都圏の在来線は、3000万人が利用していますからものすごい売上があります。 また新幹線の東京駅はJR東海ですが、新幹線の改札を出るとJR東日本の所有するショッピング街が広がっています。

 JR西日本は収益比率のバランスが取れており、大阪・博多間の新幹線、大阪環状線などの大阪・京都・神戸を走る在来線で利益を上げています。 和歌山の白浜や鳥取など観光地、リゾート地もJR西日本の管轄内ですので、在来線の特急も大きな収益源です。

 

鉄道業界の今後

 鉄道業界への就職にコロナが与えた影響は、JRの採用人数の大幅減少です。 特にJR東日本・JR西日本はコロナ前と比べて採用人数が3分の1程度に減少しており、 長距離輸送を強みとするJR各社の業績に大きな打撃があったことがわかります。

JRの採用人数の推移
会社名20卒21卒22卒
JR東海870人870人680人
JR東日本1,800人1,300人700人
JR西日本570人550人130人

 一方で私鉄も、コロナ禍により業績は大打撃を被っており、2020年度の決算では軒並み赤字に沈んでいます。 ですが、もともと採用人数が「文系10人・理系10人」と少なく、現在もその採用人数は変わっていません。 赤字企業への応募を忌避する学生はたくさんいますから、コロナ以前の好調期に比べると私鉄は穴場になる可能性があります。

 さて、コロナの影響を受けた鉄道業界の今後は、「街づくり」にシフトしていきます。 もともと沿線開発はこの業界の主要な事業なのですが、この傾向はさらに強まります。 なぜなら、鉄道事業はコロナ前の水準に戻らないことがほぼ確実視されているからです。

 テレワークへの移行・オンライン会議などが導入されたこともあって、 コロナ禍が過ぎてもそのすべてが元通りになるとは考えられておらず、一定数はオンライン化のまま戻ってこないと予想されています。 つまり、現状では元の収益を確保できないというわけです。

 すると沿線開発による不動産事業、ブランド力を活かしたBtoC事業への取り組みを加速させるしかありません。 これらの事業も緊急事態宣言が乱発される条件下では収益が上げにくく、まだまだ先の見えない状況です。

 ただ、政治的にも交通網を崩壊させるわけにはいきませんので、倒産するということは考えにくいです。

 

鉄道業界の一覧と売上高・平均年収ランキング

 鉄道会社をエリアごとに分けて売上高でランキングにし、平均年収とともに一覧にしました。

 「ホールディングス」のように持株体制を取っている場合、持株会社には総合職が数十人いる程度なので平均年収が高く算出されます。 一方で持株体制を取っていない場合、現業職や一般職の給与が平均を押し下げますので、平均年収はかなり低く算出されます。

「平均年収」は当てにならない

 

首都圏の鉄道会社

首都圏の鉄道会社のランキング
会社名売上高平均年収年間休日
JR東日本2.8兆円711万円114日
東急電鉄1.1兆円751万円120日以上
東武鉄道5600億円696万円
小田急電鉄5200億円740万円120日以上
働きやすい会社
西武ホールディングス5100億円817万円働きやすい会社
京王電鉄4100億円724万円
東京メトロ4100億円727万円104日
京浜急行電鉄3000億円654万円
相鉄ホールディングス2500億円912万円104日
京成電鉄2400億円742万円
JR貨物1500億円非公開108日

 

関西圏の鉄道会社

関西圏の鉄道会社のランキング
会社名売上高平均年収年間休日
JR西日本1.4兆円673万円120日
近鉄グループホールディングス1.2兆円800万円
阪急阪神ホールディングス7300億円931万円120日以上
京阪ホールディングス3000億円843万円120日以上
南海電気鉄道2200億円593万円120日以上

 

名古屋圏の鉄道会社

名古屋圏の鉄道会社のランキング
会社名売上高平均年収年間休日
JR東海1.7兆円753万円120日
名古屋鉄道5900億円571万円

 

九州圏の鉄道会社

九州圏の鉄道会社のランキング
会社名売上高平均年収年間休日
JR九州3800億円564万円120日以上
西日本鉄道3500億円540万円

 

業界各社の強み

 業界各社の強みを解説していきます。鉄道業界で最も強いのがJR東海です。 東京・名古屋・大阪という三大都市を新幹線でつないでおり、この大動脈を独占しています。 リニア新幹線ではJR東日本が開発しきってしまった東京駅を避け、品川駅を終点にすることで品川をJR東海の街にしようと計画しています。

 名古屋はもちろん品川も、新大阪も手中に収めることになり、不動産事業も今後将来性が高いと言えるでしょう。

JR東海の企業研究・選考対策

 JR東日本はなんといっても首都圏の在来線について多大な強みを持っています。 他の私鉄と路線は競合しておらず、主要な都市間はすべてJR東日本でつながっていて利便性が高いのです。

 さらに他の私鉄の終点がJR東日本の管轄内なので、私鉄が頑張ればJR東日本も儲かるというシナジー効果も発揮します。 ハッキリ言って「金のなる木」です。

JR東日本の企業研究・選考対策

 JR西日本は新幹線と在来線の収益のバランスが取れている会社です。関西圏の在来線で儲け、 中国・九州地方への移動も新幹線が便利です。関東に比べて人口が少ないためJR東日本ほどではありませんが、 在来線も金のなる木、新幹線も金のなる木です。

 しかしJR西日本の新幹線は非常に路線が長く、福岡に関しては空港アクセスが良すぎるため格安航空と競合することになります。 利便性・快適性でどれくらい勝負できるかというところがカギになってきますね。

JR西日本の企業研究・選考対策

 各私鉄は住宅地と都心のターミナル駅を結び、管轄内の住宅地の通勤客や買い物客を独占できます。 ターミナル駅はJRも開発を頑張ってくれますので、沿線の住宅地を開発すれば開発するほどJRとともに儲かることができます。 加えて沿線の中間駅を開発すれば独占的な街もつくれますから、どの会社でも独占地域がある強みがありますね。

 そんな中で特に注目したいのが東京メトロ近鉄そして名鉄です。

 「山手線の内側には地下鉄しか走らせない」という古くからの方針があるために、 山手線の内側については東京メトロが独占しています。都心の一等地すべてを網羅しているため、 今後の不動産開発について大きな強みがありますね。

 近鉄は私鉄でありながら広大な管轄をもっており、大阪と名古屋という大都市間を結んでいるのはJRを除き、近鉄だけです。 大阪では主に南大阪を管轄し、天王寺に「あべのハルカス」という巨大なビルを建設し、名古屋からもお客さんを呼ぶことができます。 また三重の観光地も近鉄の管轄内ですから、「しまかぜ」のように観光専用の特急を走らせ収益をあげています。

 名鉄は非常に強い会社で、昔は「国鉄と路線を競合してはならない」という決まりがあったにもかかわらず、 岐阜・名古屋間でJRと競合させ、JR東海の客を奪うという非常に挑戦的な会社です。 車内の快適性で名鉄がJR東海を圧倒しており、ハッキリいって名古屋は「名鉄帝国」です。

 JR東海が在来線であまり利益をあげられていないのは名鉄のせいといっても過言ではないでしょう。

 

志望動機

 鉄道業界の志望動機の書き方は、会社の「経営理念・ビジョン・社風」と自分の「就職活動の軸」の一致をアピールし、 「将来の夢を実現するために、貴社のビジネスに携わらなければならない」と結論付けることです。 以下のような「社風」を志望動機に組み込みましょう。

  • 公共性が高く、人々の暮らしを支えている会社
  • 人々を運ぶことで社会に貢献できる鉄道会社
  • 鉄道の利便性や安全性の向上が人々の暮らしを豊かにすること
  • 人に夢や感動を与えること
  • 人々の当たり前の日常を守っていくこと
  • 旅で訪れる人や地域で暮らす人々の「頼れる存在」になること
  • 街を活気づけること
  • 地元に貢献できる仕事
  • 人をつなげることができる仕事
  • 人々の生活の根底を支える仕事
  • 縁の下の力持ちとして社会を支え、社会全体に貢献すること

 詳しくは大卒就活とは?特有のやり方を知っておこう!で解説していますが、 就活は、「将来の夢就職活動の軸)に沿って行わなければなりません。 志望動機も、「将来の夢を実現するため、貴社に入社しなければならない」という流れで書きます。

 ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎず、実際にはあなたの将来の夢と、 会社の企業理念・ビジネスの目的とを結びつけて考えて、志望動機をつくるのです。

 志望動機では同業他社との比較検討が欠かせません。一般的には会社の強みで比較したくなるものです。 ですが、「事業ごとの売上高」や「事業内容」「海外売上比率」などで比較するのは得策ではありません。 というのも、同業他社はどこも同じ事業をやっていて、就活生の視点で比較するのは至難を極めるためです。

 最適なのは「経営理念・ビジョン・社風」と「就職活動の軸」の一致具合をアピールする方法です。 経営理念や社風といったものはその会社に唯一無二のものであり、 会社の持つ「夢」とあなたの持つ「夢」が一致しているほど、志望動機として説得力のあるものは他にありません。

 先にも少し触れましたが、エントリーシートは「将来の夢を実現するために、貴社のビジネスに携わらなければならない」 と述べる「『将来の夢』実現ストーリー」になるように構成されています。 このように、志望動機に書くことは最初から決まっているのです。

 「就職活動の軸」が快適に関連するものであれば、「快適な生活環境に熱心な社風」、 環境に関連するものであれば「環境問題に積極的」というように、会社の性格で一致したものを書きましょう。

 ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎません。 あなたの将来の夢と、会社の企業理念・ビジネスの目的を結びつけて考えて、志望動機をつくるのです。

 そのためにはまず、自己分析をして、就職活動の軸を導き出さなければなりません。

【就活】自己分析のやり方!~内定力爆上げの人生設計~

【例文】就活の軸の決め方|「おっ」と思わせる答え方

 また、「Unistyle」という就活サイトでは実際に内定を取ったエントリーシートが無料で読み放題です。 この業界はもちろん、あなたの志望企業に内定した歴代就活生がどう書いたのかを見れば、 ESの方向性が合っているかどうか確認することができます。これを使わない手はありませんね。

Unistyleで合格エントリーシートを読む

 

鉄道業界のメリットとデメリット

 鉄道業界のメリットは、以下の4点です。

  • 給料が高い
  • 経営が安定している
  • 知名度が高く世間体が良い
  • 転勤がない(私鉄)

 この業界の給料が高いことと経営が安定しているという特徴は密接な関係にあります。 参入障壁が非常に高く、今後新たに鉄道会社を起業して土地を買収して線路を建設するなど、ほぼ不可能です。 すでに寡占市場になっており、価格競争も激しくありません。

参入障壁の高い業界|安定ホワイトって本当?

 土地が高い日本の大都市圏では会社が駐車場を持てない事情もあり、電車通勤が基本となります。 そのため鉄道利用者が多く、駅の周辺は地価が上がり、駅周辺の不動産を活用することで鉄道会社は安定した家賃収入を得られるのです。

 これにより鉄道会社は安定的に利益を生みだせるので倒産が起こりにくく、社員の給料も高いというわけです。

 知名度が高いという特徴はご存知の通り、その地域に密着してあらゆる通勤・通学・レジャーに利用されており、 百貨店経営や不動産経営など沿線エリアを離れても活動しているため有名です。東急に乗ったことがない人でも東急ハンズは知っているでしょうし、 阪神に乗ったことがない人でも阪神タイガースは知っています。

 知名度が高い企業に内定をもらえば、家族や親戚の他、友人や恋人にも自慢できますので鉄道業界が就活生に人気な理由の1つとなっています。

 また、私鉄の場合は転勤がないのも大きなメリットです。転勤がない大企業は少なく、ガス会社や地銀、私鉄くらいなものです。 東京の私鉄に就職すれば一生、東京で過ごすことができますし、大阪の私鉄に就職すれば一生大阪で過ごすことができます。 一方でJRはJR東日本なら東北地方、JR東海なら日本海側、JR西日本なら中国地方などエリアが広い分、地方への転勤もあります。

 鉄道業界のデメリットは、以下の2点です。

  • 大きな成長は見込めない
  • 同じ場所に住み続けなければならない

 この業界は、大きな成長が見込めません。というのも、人口は減少傾向にあり、 今後鉄道の利用客は確実に減っていきます。同様に百貨店経営もお客が減れば売り上げは厳しくなりますし、 不動産経営も人口が減れば地価が下がり、収益は悪化していくことになります。

 そうならないように客単価を上げるだとか、企画切符をつくるだとか、他社沿線に進出するだとかはあったとしても、 大きな成長が見込めるほどではありません。イノベーションを起こさない限り、基本的に現状維持の業界でしょう。 「クリエイティブで夢がある業界」ではないことは確かです。

 同じ場所に住み続けなければならないこともデメリットの1つです。転勤がない、少ないことにこだわる就活生は多いですが、 逆に何年も同じ場所に住み続けて飽きないでしょうか?私は2年も同じ場所に住んだら飽きます。 「いつかは東京に住もう」と思ったり「やっぱり大阪もいいな」と思ったりします。

 一生涯をそこで暮らす覚悟がなければ、検討する余地がありそうです。

 知名度の低い隠れ優良企業は他にも紹介しています。 鉄道業界がもしイメージと違えば、「隠れ優良企業」の記事を参照してください。

就活おすすめ!厳選「隠れ優良企業」

【一覧】業界研究がわからない?代わりにやりました!

 

10月の今から最短で内定をもらうには?

 

人事部長「すばらしい!君のような新卒がほしかった!」

 あなたは社会にとって価値のある人材です。ですが就活生は40万人もいて、存在のアピールをしないと埋もれてしまいます。 一方で優良企業の宝庫であるBtoB企業は、知名度が低いために学生に見つけてもらえません。 「消費者向けに広告を打たない」というだけの理由でスルーして、就職してから知って後悔するなどもったいないです。

 実は、学生と優良企業をつなげてくれるプラットフォームがあります。それが「OfferBox」です。

 SNSの要領でプロフィールを登録すると、価値を認めてくれる会社が「スカウト」を送ってくれます。 宣伝メールを一斉送信する機能がないのが特徴で、本気のスカウトしか来ません。後はその企業を「逆選考」して応募するか決めればいいだけです。 「書類選考が免除」「いきなり最終面接に呼ばれる」などかなりの時間短縮になります。

 しかし、「メールがたくさん来て面倒」どころかプロフィールを充実させないとスカウトが来ません。 入力度が80%に達してようやく1通来るというイメージです。しかし、届いたスカウトは本物です。

 フォームに入力していくだけであなたの価値の「アピールの効果」まで引き上げてくれてますから、プロフィールの充実のさせ方は簡単です。 また100万人の診断結果を元にした「適性検査」を受検すれば、自己分析も簡単に終わります。もちろんすべて完全無料です。

 すでに23卒の登録受付を開始しています。 早期に登録すれば隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業の採用枠がたくさん空いていますから、他の学生より早くに満足な内定がもらえる可能性が高いです。

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 その場で面接が始まり、早ければその場で内定がもらえる内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 なぜ即日内定が可能なのかというと、採用権限を持った役員が説明会に来るからです。 実は、どの会社も採用権限は人事部にありません。書類選考~二次面接は「役員に会わせる学生を選別するため」に行われるもので、 逆に言えば、いきなり役員面接なら、それまでのステップはすべて省略可能なのです。

 すでに22卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 22卒も2021年10月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

どうせ悩むなら「受かりすぎてヤバい!」が良くないですか?

 会社探しには無限の時間がかかります。世の中には無数に会社があり、その中から楽しく働けそうな会社を見つけるのは至難の業です。 実際、「そんな会社はない」と思っていませんか?かつては私もそう思っていました。 しかしよく考えてみれば、20~30社しか会社を知らないんですから、見つからなくて当然ですよね。

 見つけきれていなかった会社や、よく知らなかった業界に手遅れになってから気付いて後悔する…というのは、歴代就活生が味わいまくってきた苦痛です。 そんな悲しい就活、絶対に繰り返してはいけませんよね。

 そこでオススメなのが、「キャリアチケット・スカウト」です。

 キャリアチケット・スカウトは、プロフィールを入力していくと、それを見た企業の人事から「オファー」が届いて優遇選考に招待される、スカウト型就活サイトです。 会社側が興味を持ってくれているわけですから、あなたの性格に合っている可能性が高いというわけです。 無限に会社を探し続けるより、待っているだけですから、ものすごく効率がいいですよね。

 わかりにくい「自己分析」もフォームに入力するだけで、人事の心に響く自己PRが簡単につくれます。 これでスカウトがもらえる上に、本命企業へのエントリーシート作成に流用してもいいわけです。 もちろん完全無料で使えますから、試してみる価値は大いにあります。


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×

鉄道業界内定者のESが無料で読めるサイト【Unistyle】