リアルタイム閲覧者数:7人

 

ホワイト企業への就職~ホワイト企業の探し方



 

ホワイト企業への就職

 就活においてはその会社が本当にホワイト企業なのかどうか判断することは難しいです。 かといって40年弱働く会社を適当に選んで、生涯ブラック企業で働くのは御免です。

 そもそもホワイト企業とはなんでしょうか。残業が少ない、残業は多いけど残業代が出る、 休日出勤が少ない、転勤が少ない、転勤が大都市だけ、給料が高い、社内の雰囲気が良い、 福利厚生が充実している等人によって条件は異なるでしょう。

 就職活動体験談でも書きましたが、会社説明会において会社は自社の良いところしか語りません。 それが仕事だからです。当然「残業代は出る」「休日はある」「部署による」などと、 就活生の質問の本質的な意味には回答してくれません。 会社説明会での説明や会社の採用ページ、パンフレットはあまり参考になりません。

 ではどうやってホワイト企業かどうかを判断するか。 実際にその会社で働いている知り合いがいればいいのですが、 誰もがあらゆる会社に知り合いがいるわけではありません。

 結局のところ、自分で調べるしかないのです。 そしてそれでも確実とは言えません。本当に入社してみないとホワイト企業かどうかはわからないのです。 しかし今後の業績や社員の現状はある程度推測、観察できます。

 情報収集はリクナビやマイナビだけでなく、会社の有価証券報告書や会社説明会の他、 ネットにころがっているブラック企業情報やホワイト企業情報などを利用できます。

 今後の40年弱と自分の心と身体のため、 少しでもブラック企業に行く可能性を減らし、ホワイト企業への入社を目指してがんばりましょう。

 

 ホワイト企業をどうやって探せばいいかを解説します。 「あの会社はホワイトらしい」という「噂」に惑わされず、「ビジネスモデル」や「データ」に従って、 「ホワイト企業である根拠」のある会社を探していきましょう。

 

ホワイト企業ならBtoB企業を狙え!

 日本企業は実は、BtoBビジネスに強いという特徴があります。

 最近では「Google」「Apple」「Facebook」「Amazon」に代表されるアメリカ企業(GAFAといいます) が世界を支配しているかのように言われ、「日本企業は元気がない」と言われがちです。

 ですが、これはBtoCビジネスの話です。もともと戦前の日本は「繊維製品」「鉄鋼製品」が得意で、 一般消費者を相手にしたBtoCビジネスで成功していたのは高度成長期くらいなものです。 そして今も法人を相手にしたBtoBビジネスでは日本抜きには何もできない分野が数多くあります。

 職人気質の強い日本企業では、とにかく性能がモノをいうBtoBビジネスに向いていて、 その圧倒的な技術力で安定的に十分な利益を生むことができるというメリットがあります。

 十分な利益を生み出している企業はそれだけ社員に還元する余力がありますので、 昇給やボーナスが増えていく可能性が高いのは、BtoBビジネスでしょう。

 そして、顧客が一般消費者ではなく法人ですので、無茶すぎる要求や無謀なノルマがありません

 証券会社のリテール部門(BtoC)では、営業マンが電話をかけまくることで手数料収入が稼げます。 時には接待や宴会芸も必要になってきます。営業マンが頑張れば頑張るほど売り上げが増えるので、無限に頑張らされるのです。

 一方で証券会社に機械を売る電機メーカー(BtoB)は、証券会社の売り上げが上がらなければ、 電機メーカーの営業マンがどれだけ頑張っても機械は売れません。 つまり、無限に頑張らせても意味がないのです。

 このようにビジネスモデルの構造上、BtoB企業はホワイト企業になる可能性が高いと言えます。

 ですが、一般消費者を相手にしていないために就活生に知名度が低く、応募者も少ないという事情があります。 就活を始めた時点ではBtoB企業のほとんどを知らないと思います。 MY就活ネットではBtoBビジネスの業界研究を公開していますので、知らない企業を知ってください。

 これらの業界のうち、名前を知らない会社ほどライバルとなる就活生が少ないので、 知らない会社ほど調べまくるようにしましょう。

 特にビジネスが優れていて、知名度が低い会社を隠れ優良企業として紹介していますので、 こちらも参照してみてください。

 

志望企業がホワイト企業かどうかを確かめる方法

 「志望企業名+ホワイト企業」「志望企業名+ブラック企業」で検索するのも1つの手ですが、 これでは「噂」レベルに過ぎません。特に掲示板等の「ホワイト企業ランキング」はまったく当てになりません。 電力会社や高速道路会社がホワイト企業として挙げられていますが、実は労災事件が多いのです。

 MY就活ネットではニュースにもとづいた禁断のブラック企業リストも公開しています。 こちらを参照して「根拠のあるブラック企業」を志望企業から外すことも大事です。

 また厚生労働省が「ホワイト企業」だと認定した企業等をリストアップした働きやすいホワイト優良企業も公開しています。 どれも「労基法を守る仕組み」「早く帰れる仕組み」「休める仕組み」を取り入れている企業で、 それが厚労省に認定されていますので、非常に説得力があります。

 ホワイト企業かどうかを判断するのに、何より重視したいのは「データ」です。 「有給取得日数」「残業時間」「総合職平均年収」などの詳しいデータが、 就職四季報 総合版 2019年版 (就職シリーズ) には掲載されています。

 もはやホワイト企業を目指すなら必携本とまで言える本ですが、 これはもともと投資家向けに「会社四季報」を書いていた会社が、就活生向けに独自調査の「データ」を加えた就活用の本です。 辞書並みの情報量のため、隠れ優良企業を探すのにも最適です。

※「会社四季報」と間違えないようにしましょう

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年9月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

2018年09月の今からでも間に合う!即日内定の合同説明会