MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:37人

 

【就活】将来性の高い業界|おすすめはどこ?

 将来性の高い業界を探す皆さんのために、「ビジネス」の観点からおすすめの業界を紹介します。

 それは、生産の上流工程を抑えているBtoBビジネスを行う業界です。 アップルとサムスンのどちらが勝っても儲かる会社があります。トヨタとホンダのどちらが勝っても儲かる会社があります。

 しかし、「消費者向けのテレビCMをしていない」だけの理由で、就活生はスルーするのです。 もったいないですよね。以下のビジネス界では誰もが認める一流企業群を知り、志望企業に加えてください。

  

メーカーは将来性が高い!

 「メーカー」と聞くと「安定している」「残業が少ない」「給料もそれなりに高い」というイメージがあると思います。 それらは割と当たっています。ですが、実は景気の変動に強いメーカー弱いメーカーがあり、 皆さんが知っている会社はほとんど「弱いメーカー」です。

 消費者を相手とするBtoCメーカー、例えば家電やパソコンの会社は「消費者の気分」に業績を左右されがちです。 リーマンショックや新型コロナウイルスなど景気の影響をモロに受けます。 テレビCMをバンバン打つため知名度は高いのですが、おすすめはしません

 一方で上述のようなBtoCメーカーを相手にするBtoBメーカーは景気の影響を受けにくく、 「消費者の気分」とは無関係です。極端な話、アップルが売れなくなったらサムスンに売ればいいからです。 就活生の多くはこれらの企業を「下請け」程度に思っているので、ねらい目です。

 実は、BtoBメーカーは「単なる部品の供給者」ではなく「その会社でなければならない理由」が必ずあります。 気まぐれな消費者ではなく「ほしいものがハッキリしている法人」を相手にした商売ですから、 技術力に優れた日本のメーカーには分があります。

 日本のBtoBは世界を独占するような会社がとても多く、将来性が非常に高いです。 そんな業界を紹介していきます。

→関連記事:文系のメーカー就職!どこがいい?

 

鉄鋼メーカーの将来性

 日本最強のメーカー、それは鉄鋼メーカーのうち特に「高炉メーカー」と言われる企業群です。

 明治維新で政府が真っ先に取り組んだ「官営八幡製鉄所」ですが、これを源流とした日本製鉄は、 日本最強のメーカーといっても過言ではありません。JFEスチールや神戸製鋼と併せて、 日本のあらゆる産業がここから出発しています。

 例えば自動車産業、建設業、工場の機械からジュースの入ったスチール缶に至るまで、 を使ったあらゆる製品にこれら鉄鋼メーカーのつくった素材が使われています。 この業界にお世話になっていない日本人は、ただの1人もいません。

 こんな産業を日本製鉄・JFEスチール・神戸製鋼の3社で実質独占しているのは、 「会社規模がモノを言う」業界だからです。超巨大な工場を持ち、とてつもなく幅広い顧客を持ち、 研究開発費をバンバン投入できる会社が強いのです。

 こうして生き残ったこれらの企業は、高度な技術の使われた鉄鋼を大量生産し、 日本のあらゆる産業を支えているのです。

鉄鋼メーカーの業界研究・志望動機・平均年収

 

化学メーカーの将来性

 実はもう1つ、あらゆる産業を支えて世界を独占するような会社が非常に多い業界があります。 それが、化学メーカーです。

 化学メーカーは業界全体がホワイトと言われるほど残業が少なく待遇が良いことで有名です。 それを可能にするのが技術力の高さであり、他では代替の効かない独自の技術を持っている会社だらけなのが、 化学メーカーの特徴です。

 その中でも特に将来性が高いと思われるのが「環境問題」に取り組んでいる企業です。 基本的に「何かの材料」をつくっている化学メーカーですが、明確なビジョンをもってビジネスに取り組めるのは、 「楽しく働ける」ことにとても有効です。

 ヨーロッパを中心に環境意識は高まり続けていて、有害物質を規制する流れは加速しています。 そんな中、日本の化学メーカーが本気を出すと世界の市場をごっそり持って行ってしまうことも不可能ではありません。

 例えば近年問題とされている「海を漂うマイクロプラスチック問題」は、海に捨てられたプラスチックが自然分解されないため、 漂い続けて波にもまれて小さくなり、魚が誤飲してしまう事情があり、EUではプラスチックの使用を規制する動きが出ています。 スターバックスが使い捨てストローを廃止する表明をしたのも記憶に新しいですね。

 そんな中、日本製紙は紙に特殊コーティングをした、プラスチックに代わる包装資材を開発し、 しかも紙なのでもし海に捨てられても自然分解される優れものを商品化しました。 三菱ケミカルカネカも自然分解できるプラスチックを開発し、食品メーカーからの引き合いが殺到しています。

 世界の流れに逆らわず、便利さを損なわない形で技術を進化させていける化学メーカーは非常に将来性が高いと言えるでしょう。

化学メーカーの業界研究・志望動機・平均年収

 

食品メーカーの将来性

 食品メーカーでは、サントリーキリン、アサヒ、味の素、明治、日本ハム、日清食品などが将来性があると言えるでしょう。

 食品メーカーは研究開発費をいくら投入できるかで命運が決まります。 それだけのお金を投入するには「企業規模」はもちろんですが、「勝手に売れる」ような定番商品があることが非常に重要です。

 定番商品は営業攻勢をかけなくても、勝手に売れていきます。 例えば「カップヌードル」なんて置いてないお店を探す方が難しいですよね。 そんな商品で稼いだお金を開発に回し、新たな定番商品を生み出す好循環に乗るのです。

 一方で下位の企業となると、M&Aで買収される可能性も否定できません。 買収されると一般的に待遇はかなり悪くなり、ノウハウだけ吸収されて社員は用済み・・・ ということが往々にしてありますから、注意が必要です。

食品メーカーの業界研究・志望動機・平均年収

 

製薬業界の将来性

 製薬業界も将来性が高い業界と言えます。 医療機器メーカーもそうですが、日本は少子高齢社会であり、美容や健康が大変重視される時代になってきています。 伝染病を防ぎ、成人病や遺伝病と戦える時代です。

 今後も高齢者が増えるにつれて病院の利用者は増え、同時に薬の利用者も増えて行きます。 高齢者だけでなく、子どもも風邪を引いたらすぐに病院に連れて行くなど、 病気に対する意識が高まっており、製薬業界は将来性があると言えます。

 ですが、安易に就職すると地獄を見ます

 医薬品は莫大な研究開発費をかけた熾烈な開発競争の末、「一番乗りの会社」だけが全取りできるシステムです。 「特許権」を取ったらライセンス料という不労所得を得られ、爆益が期待できます。

 しかし、新薬の開発に遅れれば今までかけたお金は完全な無駄に終わります。 その無駄をどう取り返せばよいでしょうか。そう、次の新薬開発を成功させるしかありません。

 そして新薬はお金をかけても完成するとは限りません。 その運命は神のみぞ知る。「うまくいきますように」と祈るしかありません。

 そんな製薬業界では研究開発費を捻出するため企業規模をデカくするという流れができています。 要は「M&Aで合併・吸収を繰り返す」ということです。

 武田薬品やアステラス製薬などの「買う側」に就職すれば勝ちというわけでもありません。 海外の超巨人がまだまだひしめいているからです。

 この業界がどんなにヤバイかは、次の記事で詳しく解説しています。

実はヤバイ!製薬業界の業界研究・平均年収・志望動機

 

自動車業界の将来性

 自動車メーカーはまだまだ伸び代があり、将来性のある業界です。 国内だけでも十分な利益を上げていますが、 日本以上に車が必要な地域は世界にいくらでもあります。

 トヨタホンダ日産スバル、三菱自動車は海外展開しており、耐久性が高いことで有名で、信頼性を築いています。 完成品メーカーではありますが、部品会社は囲い込んでおり、ぽっと出のメーカーにシェアを奪われるということもまずありません。

 特に今後は自動運転・電気自動車の台頭で業界地図も大きく変わる可能性を秘めており、 非常に楽しみな業界でもあります。詳しくは自動車メーカー自動車部品メーカーのページでも解説しています。

 

隠れ優良企業が多い「BtoBメーカー」

 電機メーカーのうち、「白物家電」はあまり将来性が高いとは言えません。 家電の部品メーカーならともかく、部品を集めて組み立てるだけでは技術力が高いとも言いづらいですし、 海外の完成品メーカーが同じ部品を買えば同じものを作れてしまいます。

 サムスンやLGが良い例ですね。同じようなものを作る会社が海外に現れると、 基本的に物価の高い日本の企業は不利になります。

 そんな中、BtoBビジネスである電機メーカー機械メーカー化学メーカーでは、「ものづくり大国」と言われるのにふさわしい高い技術力を持った会社がたくさんあります。 家電やスマホといった最終製品は海外に取られてしまいましたが、その中身は実はほとんどが日本製です。

 部品や素材で日本企業がものすごいシェアを取っているのですが、一般消費者には知名度がありません。 そんな隠れ優良企業も紹介していますので、ぜひ参照してください。

就活おすすめ「隠れ優良企業」|厳選の一流BtoB企業

 

今をときめく「IoT関連企業」は将来性が高い!

 IoT・インダストリーが叫ばれて久しいですが、IoT(インダストリー)とはモノとモノのインターネットであり、 機械同士をWi-Fiなどのネットワークで接続して製造の自動化・データ収集を行い、 「製造」に革命を起こそうという世界的なトレンドです。

 IoTは工場設備をITで制御して自動化するところから始まりましたが、 身近なところにもIoTの波が押し寄せています。スマートホームなどに代表される、 「家電をスマホで操作する」仕組みもIoTの取り組みの1つです。

 Wi-Fiを通じて家電を制御するアマゾンエコーやグーグルホームが話題になっていますが、 今後も「モノとモノのインターネット」はどんどん普及していきます。 そんなIoTに関わる業界は将来性が高いと言えます。

 

工場を自動化する「メカトロニクス」

 FA/工作機械とも称されるメカトロニクスは、「ファクトリーオートメーション」の略で、 簡単に言えば「工場の機械」をつくっている会社です。代表的な会社としてはファナック安川電機SCREENホールディングスアルバックキーエンスオムロンなどが挙げられます。

 そしてまた、物流の自動化、自動倉庫で世界首位のダイフクも注目したいですね。

 これらはIoTの最先端をいく企業で、古くから工場の自動化をビジネスにしてきた会社です。 BtoB企業のため知名度こそ低いものの、経営の安定性も社員の待遇も非常によいと言えます。

 

「半導体をつくる機械」をつくるメーカー

 また、IoTには「半導体」が必須です。半導体はIT部品をつくるための素材ですが、 ICチップやメモリ、通信機器など用途は幅広く、「半導体メーカー」は実は安定しません。 iPhoneXの減産が発表され、iPhoneの部品をつくっていた村田製作所などの半導体メーカーが軒並み苦境に陥ったのです。

 一方で「半導体製造装置メーカー」は好調そのものです。 半導体が製品に固有の部品をつくるため最終製品の売り上げに左右されてしまう一方で、 「半導体をつくる工場設備」である半導体製造装置は非常に売れています。

 これはパソコンやスマートフォンのみならず、IoTに必須のICチップや通信機器・センサーの需要が増大しており、 そちらのメーカーから製造装置の発注が相次ぐからです。

 半導体製造装置メーカーとして有名なのは上でも出たSCREENホールディングス、アルバックのほか、 東京エレクトロン日立ハイテクノロジーズニコンディスコがあります。

 特にディスコには「頑張りがダイレクトにボーナスに反映される仕組み」があり、 モチベーションと待遇改善と技術革新を同時に実現している超おすすめ企業ですので、ぜひチェックしてみてください。

実は儲かる!半導体産業の何がすごいかわかりやすく解説

 

電波で支える「通信業界」

 そして忘れてはならないのが通信業界です。 本来、IoTは大きな通信容量を必要としません。数値をWi-Fiで飛ばす程度でよく、 格安SIMの会社などが激安で工場設備用の通信機器を出しています。

 ですが、NTTドコモやKDDIは「5G回線」を使った大容量通信で、新しいビジネスを創出しようとしています。

 KDDIは大林組とNECと組んで、NTTドコモは小松製作所と組んで、5G回線を利用したICT技術による建設機械の遠隔操作を研究しています。 またNTTドコモはソニーとも組んで、5G回線を利用して4Kディスプレイに高精細映像を表示するコンセプトカートを開発しています。

 一方、ソフトバンクはそういうところで勝負をしていません。 ソフトバンクがARMという会社を買収したのはご存知でしょうか。 ARMはCPUやGPUの設計会社で、スマートフォンにはたいていARMが設計したCPUが搭載されています。

 ソフトバンクがARMを買収した理由は簡単です。IoTに必要なICチップなどの開発をするためです。 しかもICチップを製造する会社ではなく、「設計する会社」です。 半導体製造装置メーカーと同じく、最終製品の売り上げに左右されません。

 上記のような会社がIoT時代を先導する企業といえるでしょう。 メカトロニクスについては、電機メーカー機械メーカーも参照してください。

 

建設業界

 建設業界将来性の高い業界であると言えます。 MY就活ネットは建設業界推しなのですが、理由は複数あります。

 まず、新築はいつも人気があるという理由です。 これほどまでに中古マンションがあふれ、空き家すら発生しているのにもかかわらず、 絶えず新築マンション、新築オフィスビルは建設されていきます。

 どうせ住むならどうせ働くなら新築がいいという理由です。 家や自社ビルは何十年も使うものですから、どうせならと新築を好むのです。

 新しいマンション、新しいビルは防犯設備が整っていたり、水道管や電気回路も最新で、 廊下や壁はピカピカで自慢になります

 「リフォームすればいいじゃない」と思うかもしれません。 しかし、耐震基準や道路法はたびたび改正されます。古い耐震基準で建てられている1980年以前の建築物は、 もはや置いておくのも危険です。

 建物と建物の間は何メートル隙間を作らなければならないという法律や、 緑地面積が必要だという法律、建ぺい率など、建築条件はいつも変わっていきます。

 リフォームするにもやはり柱が老朽化していると大規模な耐震工事が必要になりますし、 水道管の修理は非常に高額です。

 駅前再開発や住宅やビルの新築で、建設業界は今後も忙しいです。

 また、建設業界には公共事業という仕事もあります。 国が手っ取り早く仕事をつくり、失業率を低下させるにはやはり公共事業です。 そして建設技術の保護、育成という観点からも、公共事業をなくしてしまうことはできません。

 近年では補修工事、耐震補強工事が重視されてきており、 その面においても建設業界の将来性は高いと言えます。

 建設業界の中でも特に将来性が高いのは鹿島建設、清水建設、大成建設、大林組、竹中工務店という、 スーパーゼネコンです。特に公共事業では「施工実績」「企業規模」など、 会社が強いかどうかで住み分けがされており、中堅ゼネコンがスーパーゼネコンを圧倒するということはありえません。

 一方で小さい会社でもできる工事はひとつにまとめられ、巨大ロットで発注されることもあります。 大きな仕事はスーパーゼネコンにしかできず、小さな仕事もスーパーゼネコンでもできるのです。

 発注者が建設業界について詳しくない場合、とりあえず工事はスーパーゼネコンに頼んでおけばいいだろうという考え方がされます。 スーパーゼネコンはいろんな下請け業者を集めるコネがありますので、たいていどんな工事でも施工可能です。 倒産することはまず、ないでしょう。

建設業界の業界研究・平均年収・志望動機

 

つぶれない企業

 将来性のある業界を考えるにあたって、まず多くの方が考えるのは「つぶれない企業」です。 上記で書いた巨大メーカースーパーゼネコンインフラ企業は「つぶれない企業」の代表です。

インフラ業界の業界研究・志望動機・平均年収

 重要なのは、必要な業界かです。この先必要になる業界より、なくてはならない業界のほうが簡単に思いつきます。 流行る流行ると言われていたIT産業も、ブラック企業が多く今では就職の人気もありません。 バブル時代にもてはやされた銀行や証券会社も今となっては就活での人気は落ちています。

 やはり「流行る業界」よりも「必要な業界」を選ぶべきでしょう。 エネルギー業界や鉄道業界などのインフラは未だ廃れていませんし、 製鉄業や自動車メーカー、製薬業なども伸び続けています。

 3Kなどと馬鹿にされていた建設業界も健在で、今ではオリンピック特需で湧いています。 会社選びのやり方を見直してみましょう。

 

将来も成長を続ける企業は?

 上記では「つぶれない企業」を書いてきました。しかし、そんな企業は一握りです。 上で電気やガスなどのインフラ企業、就職先として人気の銀行、テレビ局や新聞社などのマスメディアを書かなかったのは理由があります。 成長が期待できず、国の政策の方針転換次第では、いつ倒産してもおかしくないからです。

 インフラ企業は国の手厚い保護のもと利益を出しています。インフラは、国の血液のようなものですから保護するのは当然です。 しかし、先の東日本大震災のときは国民が許しませんでした。 「保護しなければならないもの」も国民感情によって保護されなくなることは往々にしてあります。

 郵政や国鉄は民営化すべきものではありませんでした。民営化以外の解決手段がいくらでもあったはずです。 高速バスの規制緩和も、タクシーの規制緩和もすべきものではありませんでした。 人命を運ぶ事業を、「安ければいい」と安易に価格競争に晒せば事故が多発することも当然に予測できます。

 銀行も同じです。日銀の金利に左右され、景気変動の影響をモロに受け、お金を貸し出している相手の企業がつぶれたら、 銀行も共倒れする可能性は非常に高いです。これまでは「国が資金を注入する」ことで銀行を守ってきました。 しかしリーマンブラザースの倒産も、アメリカが資金を注入しなかったためです。 国民感情でいつ、銀行が保護されなくなるかわかりません。

 マスメディアもそうです。現状は国の手厚い保護のもと、利益を出している業界です。 完全な自由競争になれば今ほどもうかる事業ではなくなりますし、 第一インターネットに客をとられて何の対応もできていない業界です。将来性など皆無です。

 さて、それではどんな企業が「今後も成長を続ける」と予想できるのでしょうか。

 まず1つが、「危機を乗り切った企業」です。昔は白物家電や液晶テレビなどで隆盛を誇ったソニーパナソニックは、 リーマンショック・円高不況の大赤字を経て方針転換し生まれ変わりました。一度危機を乗り切った企業は、 次の危機も乗り越えられる可能性が高いです。

 2つ目が、「時代の変化にうまく対応してきた企業」です。三菱電機は大赤字を計上する前に白物家電事業から撤退して、 企業向け電機製品に特化しました。富士フイルムは写真フィルムの市場規模縮小を見越してデジカメ事業に乗り出し、 写真フィルムの技術を活かして事業を多角化し、第二の創業を成功させました。

 こちらは「危機を乗り切った企業」よりも優秀で、そもそも危機を回避できる能力をもった企業です。

 そして3つ目が「小さなイノベーションを何度も起こしている企業」です。 自社技術を活かして様々な事業を展開し、元となった造船事業から撤退した日立造船や、 常に自社技術を活かして新規事業に挑戦し、会社を拡大させてきたヤマハ、先にも述べた富士フイルムがこれにあたります。

 これらの企業はビジネスの分析がうまく、成長産業と斜陽産業を見分けることができます。 自社技術を活用して他社にはない製品を生みだし小さなイノベーションを何度も起こします。 斜陽産業だとわかれば、自社の源流の事業であっても捨てることをいとわない姿勢は、まさに「企業家精神」といえます。

 目指すべき企業は「小さなイノベーションを何度も起こしている企業」です。 将来性は高く、1つの事業が衰退期に入っても、それまでに培った技術を活かして成長産業に乗り換えることができる企業です。 逆に言えば、昔から今も変わらず同じ製品だけを売っている会社などは、こういった小さなイノベーションが得意な企業に食われてしまいます。

 「小さなイノベーション」を起こせる会社かどうかは、会社説明会で社員がどのような話をするかでわかります。 常に変化に対応する姿勢でいるかどうか。就活で会社を見極める際に最重要な項目ですね。

 あわせてMY就活ネットでは「将来性の高い企業」という記事も用意しております。 こちらもぜひ参照してください。

→将来性の高い企業も見る

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 22卒の募集がスタートしており、また21卒も2021年1月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

→「MeetsCompany 」に参加する

 

早期に隠れ優良企業と接触する!

 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 法人向けのビジネスは消費者向けの20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。

 見つけ切れていなかった業界に、手遅れになってから気付いて後悔するなんて、絶対したくありませんよね。

 しかし「OfferBox」なら、 知らなかった優良企業が向こうからあなたを探し出してくれます。

 プロフィールを充実させていくとマッチング精度がどんどん上がっていき、 「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時にはいきなり最終面接のお誘いすら来ます。 いちいち書類選考に応募しなくていいので、時間短縮にもなりますね。

 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。 BtoBの隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業ともマッチングします。

 すでに22卒の募集も開始しています。 また、100万人の診断結果をもとにした「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

→「OfferBox」でスカウトをもらう

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

→「Unistyle」で無料ダウンロードする

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

→「ワンキャリア」で無料ダウンロードする

プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、7年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!
×

2021年1月の今から早期内定! 内定直結の合同説明会「MeetsCompany 」(21・22卒