リアルタイム閲覧者数:32人

 

就活に英語は必要か?

 就活英語必要でしょうか。 確かに就活をしていると、面接で「TOEICのスコアは何点?」と聞かれることもありますし、 エントリーシートにTOEICスコアや英検などの英語系資格を記入する欄があります。 とはいえ、就活英語必要とまで言えるのでしょうか。 

 

英語が必須な企業

 就活英語必須とする企業も多くあります。 「TOEICスコア○○点以上」でないとエントリーもできない企業すらあります。 英語のスキルが求められる企業はどんなところがあるか見ていきましょう。

 1.海運・航空業界

 日本郵船、商船三井、ANA、JALなどの海運・航空業界では英語のスキルは必須です。 貿易・運輸の業務なので、外国人と英語で話す機会は必ずあります。日常会話レベルでなく、 ビジネス英語のスキルが必要です。

 2.プラントエンジニアリング業界

 日揮・千代田化工・東洋エンジニアリング・JFEエンジニアリング・新日鉄住金エンジニアリングなど、 プラントエンジニアリング業界では英語力が必須です。というのも、プラント建設の仕事は主に海外で行われるからです。 それも欧米ではなく中東・東南アジア・アフリカなど工場の建設が必要とされる地域です。

 日本語だけではなかなか厳しい業界でしょう。

 3.総合商社

 三菱商事・三井物産・住友商事・伊藤忠商事・双日などの総合商社も英語力が必要です。 総合商社は国内だけでなく海外を相手に商売をしており、貿易・ODAなど業務も広範です。 総合商社もビジネス英語が必要ということになります。

 4.重工業

 三菱重工・川崎重工・富士重工・IHI(石川島播磨重工業)などの重工業も英語力が必要です。 物資の調達も、販売先も海外企業という場合が多いからです。重工業は内需でやっていける時代は終わっています。 今後も海外売上比率はあがっていくでしょう。

 

英語力が有利になる企業

 英語力が有利に働く企業を紹介します。 以下で紹介する企業では、英語は必須ではないものの、英語ができると重宝される業界です。 就活でもTOEICや英検を持っていると有利に働きます。

 1.自動車メーカー

 トヨタ・ホンダ・マツダ・日産などの自動車メーカーでは英語力が有利に働きます。 日本車は内需も相当なものですが、海外での売り上げも非常に重要です。 貿易摩擦を引き起こすまでに自動車の海外販売台数は伸び続けており、今後も英語力は求められていくでしょう。

 2.電機メーカー

 日立製作所・東芝・三菱電機・ソニー・パナソニックなどの電機メーカーも、英語力が有利に働く企業です。 日本製の産業機器は信頼性が高く、海外でも人気です。内需ではやっていけない時代になってきていますので、 今後も英語力が求められる業界です。とはいえ、国内部門も大きいため英語力が必須かというとそうではありません。

 3.化学メーカー

 三菱ケミカル・住友化学・旭化学・三井化学・昭和電工・富士フイルムなどの化学メーカーでも、 英語力が求められています。材料の調達先は必ず海外企業ですし、販売先としても海外企業は重要です。 他のメーカーと同様、英語力があると有利に働きますが、国内部門も大きいため英語力が必須とまでは言えません。

 

英語力が不要な業界

 英語力不要な業界も実はあります。 海外と関わらないのであれば英語力は必要とされませんし、特に評価もされません。 グローバル社会と言われる今日この頃、英語力が不要な業界もあるのです。

 1.建設業界

 鹿島建設・大林組・大成建設・清水建設・竹中工務店などの建設業界は英語が不要な業界の典型例です。 海外が原則のプラントエンジニアリング業界と異なり、建設業界は国内が原則です。 イレギュラー的に海外のODA案件に関わることもありますが、稀です。

 特に公共工事の部門では一切英語を必要としません。発注者が日本政府・地方自治体であり、 入札説明書にも「使用する言語は日本語に限る」と明記されています。 ここまで徹底的に英語を使わない世界はそうはないでしょう。

 公共工事の他に、公務員の仕事を助ける建設コンサルタント、資材調査会社、物品の卸業者も同様に、 入札関係の仕事をする場合は一切英語を使いません。

 2.銀行

 みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行も、英語を必要としません。 銀行については国ごとに法律が違い過ぎて海外進出はできませんし、お客さんも日本人ばかりです。 仕事で使わない英語を求められることはありません。

 ただし融資するにあたって企業の契約書を見たりするのですが、海外企業との取引だった場合は、 英語の契約書を読み込まなければならない場合もあります。その意味では英語力は必須ではありませんが、 読み書きができたら便利ですね。

 3.インフラ業界

 東京電力・関西電力・中部電力などの電力会社、東京ガス・大阪ガス・東邦ガスなどのガス会社、 東急・京急・阪急・阪神・南海・近鉄・名鉄などの私鉄、JR東日本・西日本・東海などの鉄道業界、 NEXCO東日本・中日本・西日本・首都高速・阪神高速などの高速道路会社、NTT東日本・西日本などのインフラ業界は、 英語が不要なことで有名です。

 自社資産のある地域、例えば電線を引いている地域、ガスパイプを引いている地域、鉄道網を整備している地域、 高速道路網を整備している地域、電話回線を引いている地域以外での仕事は基本的にありません。 海外と関わるのは電力会社やガス会社が燃料を調達する際くらいです。

 とはいえ通常、燃料は商社を通じて買いますので、英語が活躍する場はありません。

 これらの企業は説明会でも、面接でも、一切「英語」という言葉が出てこないので面白いですね。

 

英語ができると選択の幅は広がるが、必須ではない

 確かに英語ができると、就活での選択の幅は広がります。 英語ができないよりは、英語ができるほうが選べる会社は増えるのです。 しかし、「就活は英語がないと話にならない」というのも嘘ですし、英語ができるほうが年収が高くなるというのも疑問です。

 不動産会社で年収何千万という人たちも基本的に国内不動産の売買で儲けていますし、 保険会社で年収何千万という人たちも日本人向けにたくさん契約を取って儲けています。 英語が不要な銀行は高収入で有名ですし、インフラや建設業も年収は比較的高めです。

 倉庫業界のように英語が必要そうで、特に求められない会社もありますし、 製薬業界のように英語が不要そうなのに、TOEICスコアで足切りが行われる会社もあります。

 建設業界・銀行・インフラ業界を目指す就活生は特に英語で悩む必要はありません。 英語の資格は本当に問われません。

 一方で、英語ができると英語必須な会社にもエントリーできます。 倉庫業界を目指していて、海運や航空業界も見ることができます。 銀行だけでなく商社も回って、重工業やプラントエンジニアリング業界も見たいという場合には、 英語力が役立つでしょう。

 実際のところ、英語ができなくても海外勤務になる可能性はあります。 英語とは無縁な生活を送ってきたサラリーマンが突然海外勤務を言い渡されるのは、よくあることです。 それでも意外となんとかなってしまうものです。

 

英語ができても仕事ができなければ意味がない

 英語力自己PRにはなりますが、英語力がないと就職できないというのは大きな誤りです

 ときどきエントリーシートで英語力の話しか書いていない人が見受けられます。 「英語を使って仕事をしたいため英語の勉強を頑張った」のように、英語自体が目的になってしまっている場合です。 あくまでも英語力はオプションです。「英語を使って仕事がしたい」だけなら、通訳になるべきでしょう。

 英語で自己PRをしたいのであれば、「英語を使って仕事がしたい」ではなく、「広いフィールドで活躍したい」というように、 「英語力があるからできること」を目標にして書くべきです。

 いくら英語力必須の企業であっても、英語力だけが必要なら通訳を雇えばいい話です。 通訳ではなく総合職を募集する理由は、仕事ができなければ意味がないからです。

 よく考えてみれば当然です。英語が話せるだけでどんな仕事もできるなら、 日本企業は外国人だらけでしょう。現実にはそうなっていません。英語が話せる以外に、 「仕事ができること」が大前提だからです。

 当然ながら英語力があっても面接官に気に入られなかったら不採用ですし、 英語力があるからといって仕事ができることには直結しません。 結局のところ、就活はあらゆる要素を総合的に判断されているのです。

 英語力アピールはもちろん、「就職活動の軸」に沿って将来の夢を実現する過程で必要だから、 という流れでアピールする必要があります。英語のスキルは「手段」であって「目的」ではないのです。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。

 

ダラダラ長い就活よさらば!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、4月1日の時点で約20%、5月1日の時点で約42%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。



×

どんな会社があなたを欲しがっているか気になりませんか?