リアルタイム閲覧者数:26人

 

【就活】鉄鋼メーカーの業界研究・志望動機・平均年収

 鉄鋼メーカー業界研究志望動機を公開しています。

 鉄鋼メーカーは理系の就活生に人気の業種です。 全国に工場をもち、とてつもない規模で鉄を製造し、日本のあらゆるメーカーに提供しています。

 自動車メーカーや自動車部品メーカー、機械メーカー、電機メーカー、建設会社、金属製品メーカー等、 鉄を扱うあらゆる企業が顧客であり、鉄鋼メーカーはそのすべてに鉄を供給しているのです。 実は日本の製鉄業は世界で最も技術力が高く、近年まで世界最大の製鉄国でした。 当然、グローバルかつ高待遇な環境で働くことができます。



 

鉄鋼メーカーの業界研究

 鉄鋼メーカーは海外から「鉄鉱石」を輸入して、「高炉」で「銑鉄」を取り出します。 「銑鉄」を鋳造し、圧延し、「鋼板」をつくるのです。厚い鋼板や、薄く延ばしてコイル状に巻いた鋼板を販売します。

 「鉄」は自動車・造船・建築・鉄道・容器など幅広い需要があるため、販売を鉄鋼メーカーですべて対応するには顧客が多すぎます。 そこで、基本的にはメタルワン、伊藤忠丸紅鉄鋼、日鉄住金物産、阪和興業などの「鉄鋼専門商社」に販売します。 鉄鋼専門商社や総合商社が一括して鉄を購入し、幅広い小口の顧客に小売りしていくわけです。

 鉄鋼メーカーの鉄は品質が高いため海外でも人気があり、鉄鋼専門商社を通じてあらゆる鉄の需要に応えていますが、 実際に鉄を利用する工場や工事現場に直接売りに行くわけではありません。

 近年では鉄鋼メーカーはM&Aを繰り返し、超大規模化しています。 規模を拡大することによって、あらゆる需要に応えることができ、また「あらゆる顧客を吸い付ける」効果があります。 あまりにも規模が大きいゆえに、「顧客より立場が強い」という効果もあり、ハードネゴ(大幅な値引き交渉)をはねつけることができます。

 品質の高い様々な鉄を大量生産し、顧客を次々に拡大し、強い立場で悪く言えば「殿様商売」をするのが、 鉄鋼メーカーのビジネスモデルです。

 

鉄鋼メーカーの将来性が安定している理由

 鉄鋼メーカーの経営が安定している理由は3つあります。

 まず1つ目の理由が、非常に高度な技術力です。

 実は日本の鉄鋼メーカーは非常に技術が優れており、自動車の低燃費の実現は、 わりと鉄鋼メーカーが「軽い鉄をつくっているから」だという事実もあります。

 鉄鋼は素材であり、最終製品の1つの材料に過ぎませんので、一般消費者の知名度は高くありません。 それこそ日経新聞でも読んでいれば毎日名前が出てきますが、生活している中で、 鉄鋼メーカーと出会うことはないでしょう。

 しかし、毎日乗っているクルマ、電車、バスはすべて鉄鋼メーカーの鉄でできていますし、 普段使っているビルなどの建物の鉄骨は鉄鋼メーカーの鉄でできています。 果ては缶コーヒーのスチール缶まで、もとをたどれば鉄鋼メーカーの工場でつくられた「コイル」なのです。

 世界ではアルセロール・ミッタル等の海外企業がM&Aで大規模化し、粗鋼生産量1位の座は奪われてしまいました。 ですが、特許件数はまさに「桁違い」に日本企業のほうが多い特徴があります。

 2つ目の理由が、鉄鋼メーカーのもつ参入障壁です。

 それは、生産設備が大型かつ高額で、とても新規参入できないビジネスだということです。 鉄鋼メーカーはプレエントリーすると「工場見学」に誘われますから、一度行ってみましょう。 どんな大企業でもあれほどの工場を、新規参入で建てるなんて決して無理です。それくらい日本とは思えないほど広大で、巨大な工場です。

 特に鉄鋼メーカーの工場見学で見せてもらえる圧延工場は圧巻です。 心躍ること間違いありません。一度ぜひ見に行って、そのスケールの大きさに驚いてください。

 3つ目の理由が、生産の上流工程を抑えているところです。

 製品の製造は、「素材」→「部品」→「最終製品」という順番で生産されますが、 例えば最終製品であるiPhoneが売れなくなっても、部品メーカーは代わりに台頭してきたサムスン電子に部品を売ればいいということになります。

 しかし、部品メーカーもiPhone専用の部品をつくっていたとしたら、アップル社と共倒れですよね。 一方の鉄鋼メーカーはその部品メーカーに素材を供給する企業ですから、 消費者動向に左右されにくいという強みがあります。

 確かに鉄鉱石やコークスなどの資源価格が上がると鉄鋼メーカーも利益が圧迫されます。 しかし、鉄鋼メーカーは立場が非常に強いので、普通に値上げできます

 以上3つが、鉄鋼メーカーの経営が安定している理由です。 今後、鉄鋼の需要がなくなることはまずありませんし、海外企業に奪われてしまうこともないでしょう。

 

鉄鋼メーカーの一覧と売上高・平均年収

 鉄鋼メーカーを売上高でランキングにし、平均年収とともに一覧にしました。

 鉄鋼メーカーは大きく分けて2種類あります。それは、鉄鉱石から銑鉄をつくり、「鋼」をつくる高炉メーカーと、 スクラップ(くず鉄:リサイクルされる鉄)から「鋼」をつくる電炉メーカーです。

 高炉と電炉では前者のほうが品質が高く、信頼される鋼がつくられます。 一方で電炉は、海外から輸入される鉄鉱石の価格に左右されず、また「リサイクル」というエコな事業で、 「高炉」と呼ばれる超大型、超大規模な設備が不要ですので「安い」というメリットがあります。

 一般的に橋梁や高層建築物は「高炉」、そうでない低層の建築物や鋳物は「電炉」の「鋼」を使います。 高炉と電炉で使い道のすみわけができていますので、特に電炉メーカーより高炉メーカーが優れているというわけでもありません。

 

高炉メーカー

 それでは、高炉メーカーから紹介します。

会社名売上高平均年収備考
新日鉄住金4.6兆円995万円(総合職平均)
JFEスチール3.3兆円938万円
神戸製鋼所1.6兆円553万円
日新製鋼5200億円575万円
※総合職平均は就職四季報参照

 高炉メーカーは数あるメーカー企業の中でも別格で、顧客に対しても政府に対しても強い発言力を持っています。 特に営業として就職する場合の多い文系にとっては非常に魅力的な就職先です。

 おそらく日本史の授業で「官営八幡製鉄所」という名前を暗記させられたことがあると思います。 国策で「製鉄業」を創業し、その後民営化されたのが今の新日鉄住金の前身、八幡製鉄所です。

 なぜ国策で創業したかというと、ちゃんとした理由があります。それは、鉄が軍事に絶対に必要な物資だったことに加えて、 とても民間人では起業できないほどとてつもない規模の資金が必要だということです。 一度、工場見学に行ってみればわかりますが、あんなもの一般人が起業して資金を集められるわけがありません。

 ドラマ「華麗なる一族」では、阪神特殊鋼という電炉メーカーが、 「高炉」を建設しようととてつもない金額の規模の融資を集めるのに奔走したエピソードがあります。 ドラマで高炉建設を方々から反対されたように、無茶なレベルの工場設備が必要です。

 それゆえ、高炉メーカーはたった4社しかありません。

 特に新日鉄住金は国策もあって国内高炉メーカーを次々に併合していき、2000年代初期まで世界一の生産能力をもち、 今でも世界第4位です。アルセロールミッタルをはじめ、世界1位~3位までの座は他国に譲り渡しましたが、 単にM&Aで規模を追い抜かれただけの話であって、技術力で負けたわけではまったくありません。

 またJFEスチールは同ランキングに世界8位、神戸製鋼所は50位にランクインしています。

 

電炉メーカー(普通鋼)

 次に、電炉メーカー(普通鋼)を紹介します。

会社名売上高平均年収備考
トピー工業2000億円638万円
共英製鋼1400億円595万円
大和工業1400億円586万円
JFE条鋼1300億円非公開
中山製鋼所1200億円604万円
東京製鐵1200億円699万円
合同製鐵990億円601万円
大阪製鐵620億円596万円
中部鋼鈑360億円630万円
朝日工業320億円608万円

 「普通鋼」とは「鉄」と「炭素」でつくる鋼材のことです。 「電気炉メーカー」として分類される上記企業は、電気炉で、普通鋼を製造する企業です。

 電炉は高炉に比べて製造設備が安く済み、新規参入も相次ぎましたが、現在では落ち着いています。 電炉メーカーは低コストを武器に高炉メーカーに挑戦し、高炉メーカーは技術力で応戦するという形になっています。 しかし、東京製鐵を除き上位5社は新日鉄住金、JFEの系列企業であり、事実上「身内」です。

 高炉メーカーと異なり「スクラップ」をリサイクルして材料とするため、エコの観点で優れているという特徴があります。 一方で、「高炉」では取り除ける不純物を「電炉」では取り除けないデメリットがあり、 鋼材の耐久性の観点では高炉メーカーに比べて劣ります。

 しかし、最近ではその不純物を逆にうまく活かし、高級鋼板の製造も可能になってきているようです。

 

特殊鋼メーカー

 最後に、特殊鋼メーカーを紹介します。

会社名売上高平均年収備考
日立金属9100億円774万円
大同特殊鋼4400億円751万円
愛知製鋼2100億円714万円
山陽特殊製鋼1300億円722万円
日本冶金工業1100億円568万円
三菱製鋼1000億円616万円
栗本鐵工所1000億円683万円

 特殊鋼とは、普通鋼に対して「マンガン」「コバルト」「クロム」「ニッケル」などを混ぜることで、 「強い」「硬い」「しなやか」「錆びにくい」「熱に強い」などの用途に応じた特性を出した鋼材のことです。

 特殊鋼メーカーは「電炉」で「特殊鋼」を製造しますが、分類上「電気炉メーカー」とは別で扱われます。

 なお、普通鋼も特殊鋼も「高炉メーカー」はどちらもつくっています。

 特殊鋼メーカーの鋼材は自動車部品工具などに使われ、 合金の微妙な比率の違いで性能に大きく差が出るため、高い技術力を要することから人気です。

 

鉄鋼メーカーの年収は低い?

 鉄鋼メーカーは多くの会社が平均年収500~600万円と公表しており、 「鉄鋼メーカーの年収は低いのでは?」と思う方が多いでしょう。 しかし、新日鉄住金やJFEスチールのように、「総合職平均」に限れば1000万円近い平均年収になっています。

 ですが、これで鉄鋼メーカーの年収が安いと決まったわけではありません。 「平均年収」は当てにならないでも解説していますが、特に現業職を多く抱えるメーカー企業は、 平均年収はかなり低く算出されるからです。

 平均年収は、上場企業が毎年公開する有価証券報告書に記載があります。 ですがこれは、提出企業の全従業員の年収を割ったものにすぎません。 メーカーでは現業職や一般職を多く抱えるため、その分「平均年収」を押し下げているというわけです。

 「平均年収」の算出方法を会社によってまちまちで、「ホールディングス」にいる数十人の年収だけを計算していたり、 管理職の給料は計算に入れていなかったりと、あまり信頼性の高い指標ではないのです。 唯一信頼できるのは、就職四季報に載っている「総合職平均」です。

 そのため総合職として就職する限り、鉄鋼メーカーは「平均年収」より高い給料がもらえると思ってよいでしょう。

 正確な「総合職平均年収」は就職四季報の取材に対して公表する会社もありますが、 ほとんどの企業は公開していません。ですので「平均年収」の数十万円の差で給料が高い、安いを判断してはいけません。

 

神戸製鋼所の不祥事

 2017年10月8日、神戸製鋼所はアルミ・銅製品のデータ改ざんの不正を発表した後、 主力製品の鉄鋼まで不正発覚が広がりました。

 素材メーカーの製品は国内外で幅広く製品の材料として使用されており、 銅やアルミはもちろん、鉄鋼は自動車のメイン素材です。 トヨタや日産、デンソーなどの自動車業界・自動車部品業界だけでなく、鉄道や飛行機まで影響を及ぼします。

 データ改ざんのあった製品は売上高にして年間120億円ほどで、 証券アナリストは会社が倒産するほどのことではないと考えているようです。

 とはいえ、神戸製鋼所の売上高は、各メーカーの材料費に過ぎないのであって、 調査費や再製作費、顧客への損害賠償などを考えれば、かなり大きな負担になる可能性もあります。 特に日本の製鉄業は訴訟大国アメリカのメーカーにも鉄鋼を販売していますから、 まだどうなるかわかりません。

 今になって問題が表面化しましたが、組織ぐるみの隠ぺい体質が発覚した今、就職先として選ぶのも見合わせたいところです。 すでに「みん就」の掲示板では「人生が台無しにされた」「内定は辞退する」といった書き込みが相次いでいます。

 不正発覚は社内の調査で発覚し、自ら経産相に報告したとの報道がされていますが、 不正行為からの発覚・発表までに時間がかかりすぎていることに大きな問題があります。

 会社発表では「約10年間」不正があったとしていますが、毎日新聞によると、 データ改ざんした製品は「トクサイ(特別採用)」と呼ばれ、40年前にはすでにデータ改ざんがあったとする元社員の証言があります。

 10年であっても、40年であっても、品質が足りていないことを隠さざるを得ない社内文化、 改ざんしてでも不良品率を下げなければならなかった社内文化、「不正がある」と法務部や役員に報告することができない体質がうかがえます。

 製品の不正に限らず、パワハラや長時間残業など、さまざまな問題が隠されている可能性も高いです。 神戸製鋼所のように社会全体への影響力の強い会社でこのようなデータ改ざんの不正が行われていたのは非常に残念です。

 

鉄鋼メーカーの就活

 鉄鋼メーカー就活について解説します。 鉄鋼メーカーの就活は大変、理系に人気があり、ライバルとなる就活生が非常に多いです。 その分、いわゆる高学歴でハイスペックな就活生でないと受からないと言われます。

 内定者は東京大、京都大、大阪大、神戸大などで旧帝大や上位国立大学で大半を占めます。 この傾向はインターンシップ参加者(インターンシップ合格者)の割合を見ても歴然としています。 学歴があるから受かるというわけでもないのですが。

 私も新日鉄住金の座談会に出席したことがありますが、現れた社員は「留学経験あり、起業経験あり」の超がつくエリートでした。 超がつくほどのエリートがわんさかいる会社です。その人たちと肩を並べて、むしろ追い越す勢いの知性が求められます。 基本的には旧帝大や早稲田・慶應などの高学歴就活生と戦うことになるでしょう。

 まず、プレエントリーをして会社説明会に出席すると、1ヶ月後くらいに座談会に呼ばれます。 これは「社員との質問会」という名目ですが、事実上の集団面接です。 この時点で就職活動の軸学生時代頑張ったことを考えていないと、この時点で不合格です。

 この「事実上の集団面接」である座談会で合格をもらうと、リクルーター面接が始まります。 合格し続ける限り何度も呼ばれ、人によって3~15回ほどリクルーター面接を繰り返します。 晴れてすべて通過すると、最終面接に呼ばれます。

 最初に行われる座談会に失敗すると、もうチャンスはないと思ったほうがよいでしょう。 リクルーター面接が中心の会社で、その他の採用ルートはないと思います。

 また新日鉄住金では圧迫面接が有名で、エントリーシートの出来が悪いとさんざんにこきおろされます。 しかし、こきおろされたら終わりというわけではありません。それでも次回のリクルーター面接に呼んでもらえることがあります。 その場合は「惜しいけど期待度の高い就活生」と思われている可能性大ですので、 エントリーシートの指摘された部分を修正して挑みましょう。

 また、運悪く落とされた場合でも、エントリーシートの出来の悪い部分を指摘してもらえますので、 後々の就活に役立ちます

 一方でほかの企業では圧迫面接は行われていないようです。

 メーカーなので、ほかの業界に比べるとホワイト企業が多いです。 というのも、メーカーは多くの工場労働者を抱えるため、彼らが労働組合を結成し、 従業員の生活の向上につとめているからです。

 総合職もその「労働組合」のメリットを享受できますので、比較的ホワイト企業が多いはずです。

 鉄鋼メーカー選考不透明です。 リクルーター面接を実施する会社が多く、自分やライバルがどの段階にいるのかわかりません。

 リク面で落ちると本選考にのれない場合もあれば、普通に一次面接に呼ばれたりもします。 友達の中にはリク面で落ちて、一次面接に呼ばれて、そのまま内々定をもらった人もいます。

 鉄鋼メーカーはインターンシップを行っており、 インターンシップ参加者は選考で有利になります。 通信業界を志望するなら、必ずインターンシップに参加しておきましょう。

 鉄鋼メーカーは会社の数が多いので、早めにエントリーシートの原案を作成しておいて、 就活が解禁されるまでにブラッシュアップしておく必要があります。 就活が解禁されたらすぐに会社説明会が始まり、リクルーター面接も始まります。

 逆に言えば、エントリーシートを早く作っておけばコピペで提出できるということです。

 遅くとも大学3年生の3月までにはエントリーシートの原案を完成させておきましょう。

 

鉄鋼メーカーの志望動機

 鉄鋼メーカーの志望動機の例を挙げていきます。

  • 世界のスタンダードになりえる新しいものを作り出すこと
  • 世界で広く展開していること
  • 業界ではトップのシェアを持ち、最も多い業績を上げていること
  • 世界に驚きと感動を与える仕事
  • 幅広い製品や技術によって社会の基盤作りに最も貢献できる会社
  • 非常に幅広く事業を展開しており、技術の応用に積極的であること
  • 鉄を通じて社会全体に安全性や信頼性を提供できるため
  • 安全技術の開発に取り組んでいること
  • 様々な技術を結集して作られる製品にモノづくりの魅力
  • 環境問題に真正面から取り組むこと
  • 日本の産業のトップとして常に世界を視野に入れた仕事
  • 日本の基幹産業でスケールの大きい仕事がしたい
  • 鉄は汎用性が高く社会的意義が高いため
  • 高付加価値のオンリーワン製品を多く生み出しているため
  • 鉄鋼事業から派生した様々な事業分野に挑戦しているところに魅力を感じたため
  • あこがれをもてる社員が多いため
  • 製鉄所間の競争も活発で成長できると感じたため
  • 製鉄所のダイナミックなモノづくりに魅力を感じたため
  • 電炉には環境や生産調整がしやすいという高炉にはない優位性があるため
  • エコ、リサイクルの時代に電炉はぴったりであるため

 鉄鋼メーカーのビジネスの特徴は、あらゆる製造業に素材を提供しているというものでした。 鉄鋼メーカーは単にモノをつくっているだけではありません。そのモノでできるソリューションを提供しているのです。 単に鋼板を売っているのではなく、「軽い鉄」「強い鉄」というソリューションを販売しているということです。

 志望動機も「モノをつくる」「モノを売る」にだけフォーカスしてはいけません。 メーカー企業は確かにモノをつくっていますが、それは「ソリューションを提供する」モノでなければなりません。 会社の製品群に応じて、その会社が社会に対して何を提供しているのか検討が必要です。

 ですから、志望動機では「クルマなどの軽量化に貢献し環境問題を解決したい」「高強度の鋼材を提供し、災害で崩壊しない建物をつくるのに貢献したい」 「あらゆる産業を支える縁の下の力持ちになりたい」「モノづくりを支える」などがキーワードとして使えます。

 志望動機で最も良いのは「経営理念」と「就職活動の軸」が一致しているとアピールすることです。

 詳しくは「新卒採用」は「将来の夢採用」で解説していますが、 就活は、「将来の夢就職活動の軸)に沿って行わなければなりません。 志望動機も、「将来の夢を実現するため、貴社に入社しなければならない」という流れで書きます。

 ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎず、実際にはあなたの将来の夢と、 会社の企業理念・ビジネスの目的とを結びつけて考えて、志望動機をつくるのです。

 

鉄鋼専門商社も併願しよう

 鉄鋼業界は高炉メーカー、電炉メーカーだけではありません。実は、鉄鋼専門商社も重要な役割を果たしています。

 上でも少し触れましたが、鉄鋼メーカーは顧客の幅が広すぎます。トヨタやホンダなどの大口顧客ならともかく、 いちいち町の鉄工所まで相手にしているとあまりに大変です。そのため、鉄鋼専門商社に販売を委託して、 注文を取りまとめてもらっています。

 こうすると当然、鉄に関する顧客の情報は鉄鋼メーカーよりも、鉄鋼専門商社のほうに集まります。 町の鉄工所がどんな鉄を欲しがっているのか、どんな鉄をつくればもっと売れるのか、 そういったマーケティングの調査や提案は幅広く顧客を相手にしている鉄鋼専門商社ならではのビジネスです。

 「鉄を通じた社会貢献」という点では鉄鋼メーカーと鉄鋼専門商社は同じです。 志望動機も書きやすく、エントリーシートも大部分がコピペで済んでしまうでしょう。 また鉄鋼メーカーは人気が高く、狭き門です。そこで鉄鋼専門商社も併願しましょう。

 鉄鋼専門商社では「メタルワン」や「阪和興業」などがあり、実は給料もべらぼうに高いのですが、 BtoBの業界であり一般には知名度がほとんどありません。そのため就活でも穴場です。

 専門商社のページで詳しく解説していますので、ぜひこちらも参照してください。

 →業界研究のやり方に戻る

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年10月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

製鉄業界に実際に合格したESを見れるサイトがあります!