MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:28人

 

【就活】「まったり高給ホワイト企業」など存在しない!

 就活をしていてたびたび耳にする「まったり高給ホワイト企業」ですが、 それは本当に存在するのでしょうか。結論から言えば、そんなものはないですし、 仮にあったとしても新卒採用はしません

 この理由や事実を解説していきます。



おすすめ・人気記事

23卒の就活はすでに始まっている

記事一覧へ

 

ホワイト企業ランキングはデタラメ

 インターネット上に転がっている「ホワイト企業ランキング」はハッキリ言ってデタラメです。 例えば以下のランキングです。

72 福音館書店 医学書院 医歯薬出版
71 経団連
70 日証金 金融取 南江堂 東証
69 証券保管振替機構 私大職員(大都市圏)
68 日証協 小田急 京王 東急
67 首都高速 JRA JASRAC 全銀協
66 JFC(国・農)JR東海 大証 農林中金 日本財団 JSAT 損保協 
65 JFC(中)阪神高速 NEXCO(東・中・西) 京成 京急 メトロ 京阪 地方電力 関経連
64 信用保証協会(大都市圏) JAEA 商工会議所(日本・東京・大阪)相鉄 東武 西武
63 東京ビッグサイト 幕張メッセ 成田国際空港 関西国際空港 中部国際空港 生保協
62 大証金 中証金 東ガス ANA 中央三電力
61 関東天然瓦斯開発 三菱倉庫 安田倉庫 東京都競馬NTTコム JR東 JR西

 上位の出版社については非上場企業のため、有価証券報告書などのデータがありません。 給料についても残業についても、根拠がどこにもありません

 どうせ「本を書くのは作家の仕事だから~」と勝手に「仕事がなさそう」 と思い込みでランク付けをしたのではないかと思います。

 そして高速道路、鉄道、電気・ガスなどのインフラ企業が目立ちます。 確かに総合職で就職すると、実際の作業は現業職の仕事ですし、外注先の仕事です。 だからといって「仕事がなさそう」というのはとんだ勘違いです。

 業務の多くが外注なのは確かなのですが、総合職はそのプロジェクトを1人で何件も何件も抱え込みます。 1つ当たりの仕事が楽な分、量があるのです。

 大量の案件を抱えていて、どれか1つでもトラブルが起きれば責任者として家に帰れなくなります。 実際に関西電力JR西日本NEXCO西日本では過労死事件が起きています。 (禁断のブラック企業リスト

 私は前職で高速道路会社を相手にしたビジネスもしていたのですが、 彼らは深夜でも土日でも平気でバンバン電話をかけてきます。いつ寝てるんでしょうね?

 同じことが保険協会証券機構財閥倉庫についても言えます。

 実際に取引をするわけではなく、荷物を運んだりするわけでもありません。 その代わり、1人でいくつもの顧客を抱えます

 担当する企業の経営状況は常に監視していなければなりませんし、 何か発表があったら、それが何時であっても対応しなければなりません。 倉庫に至っては顧客だけでなく、実際に荷物を運搬する益荒男たちをまとめあげなければなりません。

 「なんとなく仕事のイメージがつかない」だけで「仕事がなさそう」というのは、 あまりに短絡的です。

 なんなら私の住んでいた学生寮を担当していた大学職員の方は、 うつ病になって退職しました。なにがホワイトなんでしょうね?

 

ノルマがない会社は「ない」

 就活生が敏感に嫌がる言葉が「ノルマ」です。 いかにも「悪魔の言葉」かのように拒絶反応を表す方も多く、掲示板などでは聞く耳を持ちません。 しかし、会社というシステム上、ノルマがない仕事はありえません

 会社の支払う費用は主に材料費人件費、そして会社の維持費です。 人件費はもちろん皆さんの給料ですが、会社の維持費とはビルの家賃であったり、 製造設備の代金であったりします。

 売上高から材料費を引いたものを「限界利益」と呼びますが、 この限界利益が、人件費と会社の維持費を上回らなければ、会社は倒産してしまいます

 皆さんも食費と家賃が払えなくなったら破産してしまいますよね。 最低限稼がなければならない金額があると思います。会社も同じです。

 しかし、「限界利益」が「人件費と会社の維持費」とイコールになったとしても、 それでは利益がゼロ円です。会社が存在する意味がありません。 なぜなら、株主配当金を期待してお金を出してくれて、それではじめて会社が存在しているからです。

 最低最悪でも稼がなくてはならない「限界利益」があり、さらに「株主のために」稼がなければならない利益があります。 これがノルマなのです。会社というシステム上、「ノルマがない」のはありえません。

 就活では先輩社員に「うちはノルマないよ」などと詭弁を弄されることもありますが、 その先輩社員は会社というシステムを理解していません。 本当にノルマ無視でサボれば会社が倒産します。

 

まったりホワイト企業は新卒採用をしない

 就活生が想像する「まったり高給ホワイト企業」というものは基本的に存在しません。 給料がもらえるということは、その分会社に利益を出しているという前提があるからです。 でなければ、給料を払うためのお金がありませんよね?考えてもみれば当たり前です。

 「大した労力なしにお金が稼げる」というビジネスは確かにあります。 ですが、そのメリットを享受するのは株主であって、労働者ではありません。

 先ほど紹介したインフラ企業のように、1つ当たりの仕事が楽なら、社員1人に大量の案件を抱え込ませるものです。 なぜなら会社は労働者を儲からせる組織ではなく、株主を儲からせる組織だからです。

 株主にとってはそれが「少ない従業員でたくさん儲けが出る会社」となります。 ですが、「少ない従業員」であるしわ寄せが、あなたに押し寄せるのです。

 「まったり高給ホワイト企業」がまったくないのかというと、悪魔の証明のようになってしまいます。 1社でも存在すれば嘘になってしまいますから、「微粒子レベルで存在する」と言わざるを得ません。

 とはいえ、もしそんな会社があったとしても、残念ながら新卒採用をしません。 なぜなら、社員を増やせば他の社員の取り分が減るからです。

 やらせる仕事がないのに、新しく人を雇う意味なんてないですよね。 無駄な給料を払うくらいなら、もともといる社員と分け合った方がよっぽどいいですよね。 まあ、儲かった分は基本株主にいくのですが。

 

「高給ホワイト企業」はある

 安心してください。「まったり」を除いた「高給ホワイト企業」は存在します。

 労働基準法を守り、儲かったらその分の還元もある会社のことです。 残業は月に40時間もなく、ボーナスは何か月分も出て、出世すれば年収1000万円も可能…。

 そんな業界が化学メーカーであり、 機械メーカーであり、電機メーカーなのです。

 これらの業界には就職四季報に「平均残業時間」や「総合職平均年収」を公開している会社も多いです。 化学メーカーに至っては残業が月20時間を超える会社すら激レアで、 総合職平均年収が800万円を超えるところもザラです。

 労基法を守る利益還元があるという意味での「高給ホワイト企業」は多数存在しています。

 ですが、仕事がまったりかどうかとは別問題です。

 

高給はブラック?

 「高給はブラック」とまでは言いませんが、まったり高給トレードオフの関係にあります。 高給を実現するには、それだけ利益を出さなければならないからです。考えてもみれば当然ですよね。

 仮に年収800万円なら、1600万円分の働きはしている計算になります。 (大企業の社員還元度はおよそ50%で、残りは設備投資、研究開発、配当金に使われます)

 ということは、1日あたりたった8時間+αで、年間1600万円稼がなければならないのです。

 顧客の喜ぶ製品・サービスを徹底して考え抜き、最適な製造ライン、最適な物流を検討し、 材料を安く買い、安く外注し、ライバル企業に負けない上に儲かる値段を設定する…。

 総合職の仕事は、脳を酷使する仕事です。 肉体的には確かに楽かもしれません。しかし、大学時代からは想像を絶するほどの頭脳戦が繰り広げられます。 ライバルはもはや日本国内にとどまらず、世界中あちこちに存在します。

 そして、会社の未来は総合職であるあなた自身にかかっているのです

 1つのプロジェクトが成功裏に終わっても、それで仕事が終わって遊んでいられるわけではありません。 就職は「1日最低8時間は働く」という契約ですから、次のプロジェクトに取り掛からなければなりません。 そう、株主のために

 以上が、「まったり高給ホワイト企業はありえない」の説明でした。

 

どうやって会社を選べばいいか

 「じゃあどうすりゃいいんだよ!」という叫びが聞こえてきましたので、 アドバイスをしたいと思います。

 確かに株主のために何百万円、何千万円も稼ぐのは決して「まったり」ではありません。 ですが、それを楽しいと思えたら、人生の満足度は良くなるわけですよね。

 例えばライトノベル作家の故・松智弘氏は、自身の作品がアニメ化されて忙しい時期に、 息抜きに別の作品を執筆するという仕事大好き人間でした。

 野球のイチロー選手も、野球が好き過ぎて、常人には理解できないほどの努力を積み重ねてこれたのです。

 このように、好きなこととそうでないことでは、精神的な負担が段違いです。 松智弘氏も、イチロー選手もそれがやりたかったからやっていたのです。 好きだったからこそ苦にならないのです。

 例えばえげつない残業時間で有名なキーエンスですが、不思議なことに過労死事件が起きていません。 インフラ企業ですら過労死事件が起きているのに、なぜキーエンスにはないのでしょうか。 それは、キーエンスのビジネスが面白すぎてしょうがない人たちが集まっているからです。

 総合商社にしても、経営コンサルタントにしても、 そのビジネスが好き過ぎる人たちを採用していますので、みんななぜか楽しそうに仕事をしているのです。

 実は、「40年間やっても苦にならないこと」を発見するのが自己分析であり、 それを言葉にしたのが就職活動の軸なのです。

 これをしっかり考え抜いた人ほど大手企業に採用され、幸せな人生を送っています。 逆に、大手企業は「就職活動の軸」が自社と一致しない就活生を落とします。 だからこそ過労死事件がほぼ起きていないのです。

 自己分析は「会社に採用されるため」にやるのではありません。 好きでもないことに一生を捧げるようなバカげた人生を送らないための自衛手段なのです。

 こうして見つけた「好き過ぎる会社」の中から、残業時間や給料を見て選べばいいのです。 それがあなたにとっての優良ホワイト企業です。

働きやすい!優良ホワイト企業リストもチェックする

 他にも間違いだらけの会社選びシリーズを公開していますので、以下もぜひご覧ください。

 

10月の今から最短で内定をもらうには?

 

人事部長「すばらしい!君のような新卒がほしかった!」

 あなたは社会にとって価値のある人材です。ですが就活生は40万人もいて、存在のアピールをしないと埋もれてしまいます。 一方で優良企業の宝庫であるBtoB企業は、知名度が低いために学生に見つけてもらえません。 「消費者向けに広告を打たない」というだけの理由でスルーして、就職してから知って後悔するなどもったいないです。

 実は、学生と優良企業をつなげてくれるプラットフォームがあります。それが「OfferBox」です。

 SNSの要領でプロフィールを登録すると、価値を認めてくれる会社が「スカウト」を送ってくれます。 宣伝メールを一斉送信する機能がないのが特徴で、本気のスカウトしか来ません。後はその企業を「逆選考」して応募するか決めればいいだけです。 「書類選考が免除」「いきなり最終面接に呼ばれる」などかなりの時間短縮になります。

 しかし、「メールがたくさん来て面倒」どころかプロフィールを充実させないとスカウトが来ません。 入力度が80%に達してようやく1通来るというイメージです。しかし、届いたスカウトは本物です。

 フォームに入力していくだけであなたの価値の「アピールの効果」まで引き上げてくれてますから、プロフィールの充実のさせ方は簡単です。 また100万人の診断結果を元にした「適性検査」を受検すれば、自己分析も簡単に終わります。もちろんすべて完全無料です。

 すでに23卒の登録受付を開始しています。 早期に登録すれば隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業の採用枠がたくさん空いていますから、他の学生より早くに満足な内定がもらえる可能性が高いです。

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 その場で面接が始まり、早ければその場で内定がもらえる内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 なぜ即日内定が可能なのかというと、採用権限を持った役員が説明会に来るからです。 実は、どの会社も採用権限は人事部にありません。書類選考~二次面接は「役員に会わせる学生を選別するため」に行われるもので、 逆に言えば、いきなり役員面接なら、それまでのステップはすべて省略可能なのです。

 すでに22卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 22卒も2021年10月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

どうせ悩むなら「受かりすぎてヤバい!」が良くないですか?

 会社探しには無限の時間がかかります。世の中には無数に会社があり、その中から楽しく働けそうな会社を見つけるのは至難の業です。 実際、「そんな会社はない」と思っていませんか?かつては私もそう思っていました。 しかしよく考えてみれば、20~30社しか会社を知らないんですから、見つからなくて当然ですよね。

 見つけきれていなかった会社や、よく知らなかった業界に手遅れになってから気付いて後悔する…というのは、歴代就活生が味わいまくってきた苦痛です。 そんな悲しい就活、絶対に繰り返してはいけませんよね。

 そこでオススメなのが、「キャリアチケット・スカウト」です。

 キャリアチケット・スカウトは、プロフィールを入力していくと、それを見た企業の人事から「オファー」が届いて優遇選考に招待される、スカウト型就活サイトです。 会社側が興味を持ってくれているわけですから、あなたの性格に合っている可能性が高いというわけです。 無限に会社を探し続けるより、待っているだけですから、ものすごく効率がいいですよね。

 わかりにくい「自己分析」もフォームに入力するだけで、人事の心に響く自己PRが簡単につくれます。 これでスカウトがもらえる上に、本命企業へのエントリーシート作成に流用してもいいわけです。 もちろん完全無料で使えますから、試してみる価値は大いにあります。


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×

BtoBの隠れ優良企業がスカウトしてくれるOfferBoxで早期内定を確保!(23卒)