リアルタイム閲覧者数:11人
 

圧迫面接

 圧迫面接は就活生にとって大変ストレスになる面接方法です。 圧迫面接を採用している会社は少なくありません。 検索をかけるといろんな会社名が出てくると思います。 

 

圧迫面接の意味

 圧迫面接にはどんな意味があるのでしょうか。 こういった面接は就活生にトラウマをもたらすこともあります。 人格を否定するような面接は人権的にも許されませんし、会社の評判も落としかねません。 一体誰が得をするのでしょうか。

 就活生のストレス耐性を見るという意味があるそうです。 ボロクソに言われてもなおその会社に入社したいという熱意を見たいのです。 入社して「思っていたのと違う」とすぐに辞めないかどうかを確かめたいのです。

 会社の採用担当者にとって、入社後すぐに辞められるのが一番困ります。 それぞれの部署に配属された後に辞めた場合、所属の課長に責任がのしかかります。 しかし、入社後3年以内だと採用担当者にも責任がのしかかってくるのです。

 「せっかく入社した新入社員を課長がいじめて辞めさせた」と課長が非難される一方、 「ストレス耐性のない人を採用した人事も悪い」というわけです。 採用担当者の査定にもつながりますので、すぐに辞められるのは困るのです。

 しかし、会社の採用担当者の事情など知ったこっちゃありません。 圧迫面接に耐えてそれでも次の面接に赴くことは、奴隷宣言に等しいです。 「どうぞ罵ってください」と言っているようなものです。

 圧迫面接でストレス耐性を見るような会社は、入社後も圧迫面接のような日常が待っているということです。 日常の業務で上司から圧迫されるようなことがなければ、圧迫面接でストレス耐性を見る必要もないからです。 入社後も人格否定をされ続ける事は間違いありません。

 圧迫面接社員のストレス解消のためにあると言われますが、 これは少し間違いです。

 社会人というものは「お前のためだ」と言いながら人格否定をするものです。 「年次が高いと無条件に偉く、無能な若者に対しては何を言っても『ありがたい説教』になる」と思い込んでいます。 実際に入社してみると、飲み会は「ありがたい説教」の会です。

 「ありがたい」などと周りもはやしたてますが、その説教で並べられる言葉は月並みで、 「仕事術」や「管理職マニュアル本」に載っているような言葉ばかりです。 おそらく新聞や本を読んで、載っていた言葉をそのまま引用しているのでしょう。

 なんのためにもなっていません。しかし、その「偉い」社員たちも人格否定をされ続けていたのです。 下の世代に同じことをするのが正しいと思っているのです。悪い循環ですね。

 そして、サラリーマンは、自分はエライと思っていることが多いです。 就活生よりサラリーマンのほうがエライと思っており、年下の大学生を罵倒するのは当然の権利と考えている節があります。 早く生まれただけで何がエライのかまったく理解不能ですが、エライらしいです。

 就活生を罵倒しているのではなく「格下の大学生に格上の社会人様がありがたいお話をしてやってる」という感覚なのです。 就活生から見ると圧迫面接でも、その会社にとっては無料の高級セミナーなのですから、反省するわけがありませんね。

 こういう会社では入社しても上司からの圧迫が続きます。何しろ無料の高級セミナーなのですから、 よかれと思ってやっているという点で、たちが悪いです。悪いことをしているという認識が一切ありません。 古い体質の会社にありがちな性質です。

 本や新聞、雑誌に載っているような月並みな言葉を言われたり、誘導尋問を受けるのが嫌いな人にとって、 圧迫面接をするような会社は確実にブラック企業です。 入社後もこのような中身のない「ありがたい説教」が繰り返されます。

 

圧迫面接の例

「なぜあなたは内定がもらえていないのですか?」

「つまらない自己PRですね」

「自分が社会の役に立つとでも思う?」

「で?」

「今まで親の金で遊んでたんでしょ?」

「友達いるの?」

「なんか暗いね」

 この例のように、圧迫面接とは人格否定、ただ困らせるだけの質問を受けることです。 こういったことは入社しても繰り返されます。圧迫面接で人格否定をする会社はまず、 日常的に人格否定がされると思っていいでしょう。

 このような意地悪な質問、人格否定だけが圧迫面接ではなく、 無茶振り奇抜な質問も圧迫面接に含むと言われています。 しかし、無茶振りや奇抜な質問は圧迫ではないと考えています。

「すべらない話をどうぞ!」

「自分を動物に例えると何ですか?」

「好きな花はなんですか?」

「一曲歌ってください」

 確かにこのような意図のわからない質問をされると驚きますし、あせります。

 しかし入社すると、あちこちから電話がかかってきます。 Aという案件を抱えていてA案件の仕事をしているときに、B案件やC案件についての電話がかかってくるのです。 さらには上司に呼ばれ「D案件の客先に挨拶に行こう」同僚から「そういえばE案件の納期って何日だった?」などと、 一つの仕事に集中できることはまず、ありません

 頭になかったことを突然聞かれた時、すぐに答えられるかというのが重要な能力になってきます。 要は頭の回転ですね。 無茶振りや奇抜な質問はアドリブ力を見られています。

 こういった能力が必要な会社では、頭の回転、アドリブ力を試すのも当然考えられます。 無茶振りや奇抜な質問は、人格否定系の圧迫面接とは違ってその会社がブラック企業かどうかを判断することはできません。 圧迫というにはブラックさがないでしょう。

 

圧迫面接の対処法

 圧迫面接対処法は、選考を辞退するのが一番です。 圧迫面接が入社後も毎日続くことを考えれば、その会社とは縁を切った方が心と身体のためでしょう。 そんな会社に入っても毎日理不尽なことばかりです。入社したら実は優しいなんて幻想を持ってはいけません。

 それでもその会社に入社したい場合は、次の対処法を検討してください。

 1.素直に従う

 質問に対してひねった答えや、気の利いた答えをするのではなく、「圧迫面接だとは思っていませんでした」というくらいに、 いつも通りに普通に回答をするのです。イライラが顔に出ないように注意してください。 笑顔のまま、「普通の面接ですね」という顔で、態度で、答えを述べるのです。 そうすれば面接官はあなたをストレス耐性のある人だと思うでしょう。

 「親の金で遊んでたの?」と聞かれた時は「確かに大学生のときは親からもらうお小遣いで遊んでいましたが、 入社後はその分、恩返しをするつもりです」と冷静に答えるのです。

 2.答えをはぐらかす

 答えたくないことには答えない。これは意外と入社後に必要になってくるスキルです。 なんでもペラペラ答えてしまうようではコンプライアンス違反にも問われかねません。 社外に流出させてはいけない情報もあるのです。

 同様に、面接だからといってすべてをさらけ出す必要はないのです。 どうしても言いたくないことはあるはずです。圧迫面接で何度も嫌なことを聞いてくるのは、 「言えない」と言えるかどうかを見られているのかもしれません。

 しかし毎日理不尽なこと続きで、それでもその会社に入社しないとだめだという理由はないと思います。 その会社、その業界に就職すれば病気になってしまうかもしれません。 そのときにその会社、その業界の面接をすべて断ってしまっても大丈夫なように、エントリーシートはたくさんの会社に提出しておくべきでしょう。

 

無茶振り、奇抜な質問の対処法

 面接無茶振り奇抜な質問をされたときの対処法は、 なんでもいいからとにかく答えることです。答えに説得力を持たせるのは、答えた後に考えればいいのです。

 会話がテンポ良く進むように頭をフル回転させましょう。 とにかく即座に答えを出すことが最優先です。 アドリブ力をアピールしましょう。

 例えば「あなたを動物に例えると?」と聞かれた場合

 「動物」と聞いて一番最初に思い浮かんだ動物を答えます。 動物と聞いて「カバ」が思い浮かんだら、「私を動物に例えると、カバです。」と後先考えずに答えてしまいましょう。

 すると、面接官は「なぜカバなのですか?」と聞いてくるでしょう。 「なぜカバなのかというとですね」と面接官の言葉を繰り返し述べる間に答えを考えるのです。

 さらにカバの特徴を述べて時間稼ぎをしましょう。

 「一見おとなしそうに見えるカバですが、実はとても走るのが速く、強力なパワーを伴って突進する動物です。

 その間にカバの特徴を自分に当てはめてしまいます。

 「私もカバのようにおとなしく見えますが、仕事に向かって猛烈に突進していきます。

 このように、奇抜な質問に答えるコツは、即座に思いつきで答えることと時間稼ぎです。