リアルタイム閲覧者数:54人

 

【就活】神奈川に本社がある地元企業

 近年、地元で就職したいと希望する、地元志向の就活生が増えています。 なにも大卒で就活をするからといって、必ずしも東京で働かなければならないわけではありません。 ここでは、神奈川に本社がある地元企業を紹介します。



 

神奈川に本社がある地元企業の一覧

 神奈川に本社を置いている地元企業を、売上高順に掲載します。

会社名業界売上高平均年収備考
日産自動車自動車メーカー11兆7000億円699万円
日揮プラントエンジニアリング6900億円973万円
日本発條金属製品6200億円713万円
千代田化工建設プラントエンジニアリング6000億円923万円
日産車体自動車部品メーカー5600億円556万円
ノジマ小売業4300億円378万円
マクニカ・富士エレホールディングス専門商社(電子部品)3900億円721万円
ココカラファイン小売業3700億円672万円
ユニプレス自動車部品メーカー3200億円622万円
JVCケンウッド電機メーカー2900億円717万円
アマダホールディングス機械メーカー2700億円641万円
富士通ゼネラル電機メーカー2600億円691万円
ニフコ化学メーカー2500億円617万円
相鉄ホールディングス鉄道業界2500億円912万円
すてきナイスグループ専門商社(建材)2400億円882万円
岡村製作所事務機器2300億円613万円
コロワイド小売業2300億円500万円
クリエイトSDホールディングス小売業2300億円500万円
河西工業自動車部品メーカー2200億円602万円
東芝プラントシステム建設業界2100億円814万円
フィード・ワン食品メーカー2000億円533万円
日新倉庫・運輸関連業2000億円613万円
AOKIホールディングス小売業1900億円726万円
アルバック電機メーカー1900億円681万円
プレス工業自動車部品メーカー1800億円629万円
ヨロズ自動車部品メーカー1600億円566万円
富士ソフト情報・通信業1600億円551万円
キタムラ小売業1500億円468万円
横浜冷凍専門商社(食品)1400億円567万円
東京エレクトロンデバイス専門商社(IT)1300億円678万円
アマノ機械メーカー1200億円615万円
神奈川中央交通陸運業1100億円528万円
市光工業電機メーカー1100億円527万円
丸全昭和運輸陸運業1000億円619万円
新興プランテック建設業界1000億円605万円
アルプス物流陸運業990億円547万円
ファンケル化学メーカー960億円557万円
メイコー電機メーカー959億円557万円
不二サッシ金属製品940億円484万円
東京応化工業化学メーカー880億円697万円
日本KFCホールディングス小売業880億円470万円

 

地元企業への志望動機

 基本的に地元企業だからといって、特別な志望動機を書かなければならないわけではありません。 あくまでも企業はビジネスを目的としていますから、ビジネスに関連した志望動機でなければなりません。

 志望動機の書き方のページでも解説している通り、 エントリーシートは「『将来の夢』実現ストーリー」を熱く会社にぶつけるものです。

 「ただ生活費がほしいだけの理由で就職する人」と、「将来の夢の実現のために就職する人」だと、 どちらが一生懸命に研修を受けて、その後もバリバリ活躍してくれそうかは言うまでもないと思います。 企業は、「将来の夢」に対する熱意を感じられ、なおかつ「将来の夢」と会社に関係性が見いだせれば、内定を出すのです。

 ですから、地元企業だからというだけの理由を志望動機にすると、落とされてしまいます。

 会社にも実は「将来の夢」があり、それが「経営理念」です。 「会社の将来の夢」をかっこよく言い換えたのが「経営理念」だと考えれば、話は簡単です。

 「私の就職活動の軸は、貴社の経営理念と一致しています。だから私は貴社に入社しなければなりません。」 と熱意を込めてアピールするのです。

 「将来の夢」については就職活動の軸で詳しく解説していますが、 この「将来の夢」と「地元企業であること」が関係ないのであれば、「地元企業」を志望動機にすべきではないでしょう。

 逆に、将来の夢が「地元を活性化したい」「地元を日本の最先端にしたい」といったものであれば、 そのエリアに根差した活動をしている地元企業の経営理念と一致することもあるでしょう。

 

地元企業に就職するメリット

 地元企業に就職するメリットは、生活環境を維持できるところにあります。 住む家も、普段行くお店も、方言も変わりません。

 就職して東京へ出ると生活環境が一変して、ホームシックになったり病気になったりしがちですが、 地元の企業であれば生活環境の変化を少なく抑えることができます。

 特にエネルギー業界や鉄道業界は転勤がほぼなく、地元志向の就活生の就職先として人気です。 また、地域密着型の企業では転勤がありません

 転勤のある企業でも、本社が地元であれば地元に帰ってこれる可能性が高く、 会議等のついでに帰省できる機会も多いです。人事でも多少、勤務地は気を遣ってもらえます。

 

地元企業の探し方

 地元企業はどうやって探せばよいでしょうか。特に非上場企業や中小企業となると情報が少なく、 メディア等への露出も少ないため知名度がありません。

 探し方の1つとしては、上場企業の「売上高ランキング」等で順番に企業の詳細を見て、 会社のホームページを見て本社所在地を探す方法があります。 MY就活ネットではこの方法で企業を検索していますが、やはり限界があります。

 というのも、大企業こそ株式を上場しているため情報が出てきやすい一方で、 本社所在地ごとに「売上高ランキング」などをつくっているサイトが滅多になく、 非上場企業や中小企業は探しきれないからです。

 これが地元企業への就活の難しいところでもあります。

 そこで、「キミスカ 」 を使いましょう。

 キミスカはプロフィールや他社の選考状況を登録しておくと、キミスカにいる会社があなたをスカウトしてくれる就活サイトですが、 勤務地に地元を指定しておくと、地元で働ける会社があなたにアプローチをしてくれます。

 キミスカの詳細についてはスカウトはキミスカが最強な理由で解説していますので、 ご覧ください。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに21卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 毎年卒業ギリギリまで開催されており、20卒も2019年12月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 

早期に隠れ優良企業と接触する!

 就活のスケジュール管理って思ったより大変です。 インターンシップや選考の募集開始に気づかず、出遅れてしまった…なんてことになっては悲惨です。

 見つけきれていなかった会社や、よく知らなかった業界に手遅れになってから気付いて後悔する…というのは、歴代就活生が味わいまくってきた苦痛です。 そんな悲しい就活、絶対に繰り返してはいけませんよね。

 ですが、【digmee】 を使えばそんな悩みともオサラバできます。

 digmeeはLINEで友達登録するだけで登録が完了し、プロフィールや自己分析を進めていくと、 それを見た企業の人事から「選考免除パス」が獲得できるなど、選考フローを大幅短縮できる就活サービスです。 すでに21卒の募集を開始しています。

 友達登録すれば就活に必須な知識などが自動的に送られてきますので、 一生懸命検索する手間が省けてダラダラ過ごしていても強制的に自分を就活モードにするという、まるで起爆装置のようなシステムです。

 GD・面接の模擬練習のイベントや、最大7社から「選考免除パス」がもらえる特別選考会もあり、 もちろんワンタップで参加申し込みが完了するというお手軽っぷりです。 それでいて電通やJT、外資系のゴールドマンサックス、P&G、Googleといった合格実績もあります。

 こういった実績から旧帝大や関関同立クラスの学生の利用が多いのも特徴的です。 もしあなたに「めんどくさがり」の自覚があったら、友達登録しておくのを強くおすすめします。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

→記事トップに戻る



×

2019年12月の今から早期内定! 内定直結型就活イベント (20・21卒)