リアルタイム閲覧者数:11人

 

【就活】専門商社業界・志望動機など

 商社というと、総合商社の三菱商事、住友商事、三井物産がまず思い浮かぶと思いますが、 これらの他に専門商社があります。 

 専門商社は一般消費者と関わりがなく、ニュースなどにも出てきません。 そのため専門商社は知名度が低く、就活でも人気が薄めです。 専門商社は、実は就活穴場です。

 やはり就活の初期、すなわち大学3年生の3月では、たいていの人が大手病にかかっています。 特に性質の悪い大手病で、有名企業しか見ていない状態の就活生が多いです。

 そんなときに、実は総合商社と同じくらい待遇の良い専門商社へ就活をすれば、 他の就活生に対して1歩も2歩も前へ進むことができます。

 もしも総合商社を志望するのであれば、専門商社も一緒に見て回りましょう。

 

専門商社と総合商社の違い

 総合商社は、「カップラーメンからミサイルまで」と言われるように、 あらゆる製品を取り扱っています。部署によってそれぞれ食品担当、機械担当、工事担当など、 それぞれの部門を扱っています。

 一方で専門商社の場合は、食品なら食品のみ。鉄鋼なら鉄鋼のみを取り扱う商社です。 ある製品群に特化した商社が専門商社といいます。 総合商社と比べて規模は小さい一方で、専門性は非常に高いです。

 総合商社は幅広く業務を行っており、総合商社がいれば専門商社はいらないのでは?と思う方もいるでしょう。 しかし実は、総合商社では対応できない業務が多いのです。

 総合商社浅く広く業務を行っています。 総合商社に鉄鋼部門があるからといって、鉄を買いたい人のすべての需要を満たせるわけではありません。 総合商社は鉄にそれほど詳しいわけではないからです。

 鉄に関する詳しさならば、阪和興業や日鉄住金物産、JFE商事などの鉄鋼系専門商社にはかないません。 小ロットの注文や、特殊な鋼材など大ロットの発注が期待できないものについては、 総合商社は取り扱いません。

 どの業界でも言えることですが、商社も規模が大きければ大きいほど良いというものではありません。 総合商社は大きくなりすぎたがゆえに、大ロットの発注以外に対応できなくなっているのです。 そのため取引先は大口顧客しか持っておらず、小さい会社を相手にする余裕もありません。

 そこで、専門商社が活躍します。 専門商社はその分野については一流の情報を持ち、多数の取引先を持ち、客先の要望に的確に応えます。 買う側としても、総合商社より専門商社に依頼したほうが安心できるという側面があるのです。

 鉄の例では、鋼材にもいろんな種類があります。いつでもどこでも使われて何百トンという単位で購入される鋼材もあれば、 いつも少ししか使われず、数百キロしか注文されない鋼材もあります。 前者は総合商社でも買えたりしますが、後者は専門商社でないと買えません。

 結局の鉄を必要とする会社の調達部門は、 専門商社に「このリストの鋼材全部を売ってくれ」と頼めば一度に注文が終わりますし、 その分専門商社も割引を適用したりするので圧倒的に楽ですし、安いのです。

 例えるならスーパーの雑誌売り場本屋さんです。 人気の雑誌はスーパーでも買えますが、小説や専門書を買おうと思えばやはり本屋さんに行くしかありません。 総合商社と専門商社の関係は、スーパーの雑誌売り場と本屋さんに似ています。

 それぞれの分野ではやはり専門商社の方が強いため、総合商社は深入りせず、 国際取引や海外の競争入札に参加したり、石油やガスに投資したりするのです。

 総合商社と専門商社は規模や得意分野に従って上手に住み分けをしており、 お互いに情報交換をするなどして、自分の会社では取り扱えない案件を引き渡したり、 取引先を紹介してもらったりするなど、良好な関係を築いています。

 

専門商社も待遇が良い!?

 専門商社待遇良いです。 総合商社より規模が小さいからと敬遠する人も多いようですが、 規模はあまり関係ありません

 スーパーのバイトと本屋さんのバイトの時給が変わらないのと同じです。 専門商社も、少人数で大規模な案件を取扱い、少人数で莫大な利益をあげる構造は、 総合商社と変わらないのです。

 専門商社はその分野において膨大な顧客を抱えています。 専門商社のお客さん1社あたりの取引量は少なくても、 同じ商品を欲しがっているお客さんを集めれば大規模な取引になります。

 総合商社はそのような膨大な顧客を持っていませんので、 やはりその分野では専門商社に軍配が上がります。 専門商社もかなり儲かる業界なのです。

 有名どころでは阪和興業がありますね。 阪和興業は総合商社並みに給料が高く、30代で年収は1000万円を超えます。 このようにそれぞれの分野に専門商社があり、総合商社以上に利益を出している会社はいくらでもあるのです。

 一方で総合商社と同様に仕事は忙しく、1人あたりの担当物件も多く、 帰宅する時間は遅くなります。

 しかし銀行や商社といった会社を目指すのであれば、専門商社は見逃せません。 以下に専門商社を商品別にわけて列挙しました。

 

鉄鋼専門商社

会社名売上高平均年収備考
メタルワン1.9兆円非公開三菱商事・双日系
日鉄住金物産1.8兆円806万円新日鉄住金系
伊藤忠丸紅鉄鋼1.7兆円非公開伊藤忠商事・丸紅系
JFE商事1.6兆円非公開JFEスチール系
阪和興業1.5兆円820万円
ホンダトレーディング9200億円非公開ホンダ系
神鋼商事7600億円722万円神戸製鋼所系
岡谷鋼機7500億円777万円
小野建1800億円476万円
佐藤商事1700億円612万円
カノークス1000億円643万円

 

電気機器・電子部品専門商社

会社名売上高平均年収備考
日立ハイテクノロジーズ6400億円840万円
キヤノンマーケティングジャパン6200億円840万円
稲畑産業5800億円868万円
マクニカ・富士エレホールディングス3900億円721万円
UKCホールディングス2800億円685万円
黒田電気2800億円694万円
丸文2700億円608万円
因幡電機産業2500億円732万円
加賀電子2200億円766万円
リョーサン2100億円668万円
エレマテック2000億円651万円
三信電気1900億円638万円
立花エレテック1600億円712万円
トーメンデバイス1500億円785万円
エクセル1400億円616万円
バイテックホールディングス1300億円680万円
伯東1200億円644万円
カナデン1200億円772万円
新光商事1100億円663万円
佐鳥電機1100億円611万円
菱洋エレクトロ980億円600万円
ナラサキ産業940億円639万円

 

産業用機械専門商社

会社名売上高平均年収備考
山善4400億円704万円
ユアサ商事4400億円766万円
ミスミグループ2500億円723万円
菱電商事2200億円799万円
トラスコ中山1700億円703万円
第一実業1500億円788万円
西華産業1500億円759万円
サンワテクノス1100億円558万円
椿本興業880億円698万円

 

繊維・衣料品専門商社

会社名売上高平均年収備考
ダイワボウホールディングス6100億円866万円
蝶理2700億円752万円
帝人フロンティア2500億円非公開帝人系
GSIクレオス1500億円640万円
ヤギ1100億円780万円
ドウシシャ1000億円590万円

 

化学品・生活消費財専門商社

会社名売上高平均年収備考
PALTAC9200億円795万円
長瀬産業7200億円890万円
あらた7000億円541万円
CBグループマネジメント1500億円629万円
明和産業1300億円707万円
昭光通商1200億円634万円
ソーダニッカ920億円572万円

 

食品・水産物専門商社

会社名売上高平均年収備考
三菱食品2.4兆円667万円
加藤産業9500億円615万円
伊藤忠食品6300億円624万円
ヤマエ久野3600億円514万円
OUGホールディングス3200億円848万円
スターゼン3100億円625万円
神戸物産2300億円463万円業務スーパー
トーホー2000億円606万円
中央魚類1900億円650万円
マルイチ産商1800億円633万円
トーカン1600億円606万円
横浜冷凍1400億円567万円
大水1300億円590万円
東都水産1100億円650万円
ニチモウ1100億円709万円
大都魚類1100億円737万円
ユアサ・フナショク1000億円479万円
木徳神糧1000億円606万円
正栄食品工業1000億円587万円
尾家産業910億円516万円
ラクトジャパン880億円946万円

 

医薬品・医療機器専門商社

会社名売上高平均年収備考
メディパルホールディングス3兆円795万円
アルフレッサホールディングス2.5兆円684万円
スズケン2.1兆円649万円
東邦ホールディングス1.2兆円624万円
バイタルケーエスケー・ホールディングス5800億円716万円
シップヘルスケアホールディングス4000億円695万円
ほくやく・竹山ホールディングス2200億円558万円
メディアスホールディングス1500億円720万円
カワニシホールディングス1000億円527万円

 

建設資材専門商社

会社名売上高平均年収備考
三谷商事3900億円778万円コンクリートシェアNo.1
JKホールディングス3300億円516万円
すてきナイスグループ2400億円882万円
ジューテックホールディングス1500億円584万円
ジェコス980億円688万円
フルサト工業940億円507万円
OCHIホールディングス900億円757万円
クワザワ890億円482万円

 

石油・エネルギー専門商社

会社名売上高平均年収備考
伊藤忠エネクス1兆円896万円
三愛石油6500億円763万円
岩谷産業5800億円865万円
カメイ4200億円468万円
シナネンホールディングス2100億円702万円
ミツウロコグループ2000億円799万円
TOKAIホールディングス1700億円610万円

 

専門商社の志望動機

 専門商社の志望動機の例を挙げていきます。

  • 日本の高い技術力を駆使したインフラ開発を推進すること
  • 人を繋ぎ、世界を豊かにする仕組みを提供
  • 日本を背負って、海外を相手にビジネスすること
  • スケールの大きい仕事
  • 世界を常に感じながら仕事に取り組める環境
  • グローバルな舞台で仕事ができること
  • 海外で外国人と共に何か価値を作り上げること
  • 専門商社において消費者が必要としている生活用品を提供すること
  • 川上と川下をつないでビジネスの可能性を創造すること
  • 勢いがある会社で働くこと
  • 発展途上国に豊かさと幸せを持ち込みたい

 商社のビジネスの特徴は、売れないものを売り、買えないものを買うというものでした。 商社は国内にとどまらず世界を股にかけ、世界を相手に商売をしています。 おそらく商社ほど海外と関わるビジネスは他にないでしょう。

 というのも、日本には資源がなく、どうしてもそれをどこかの国から買い付けなければならず、 また日本の中小企業のモノづくりを海外に輸出する際にも、商社が一役買っているからです。 売り手と買い手をつなぐことこそ商社の使命であり、海外事業が前提となります。

 ですから、志望動機では「グローバル」「売り手と買い手をつなぐ」「世界と日本をつなぐ」 「新たな価値をあらゆる地域に持ち込む」などがキーワードとして使えます。

 しかし、志望動機で最も良いのは「経営理念」と「就職活動の軸」が一致しているとアピールすることです。

 詳しくは「新卒採用」は「将来の夢採用」で解説していますが、 就活は、「将来の夢就職活動の軸)に沿って行わなければなりません。 志望動機も、「将来の夢を実現するため、貴社に入社しなければならない」という流れで書きます。

 ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎず、実際にはあなたの将来の夢と、 会社の企業理念・ビジネスの目的とを結びつけて考えて、志望動機をつくるのです。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。

 

ダラダラ長い就活よさらば!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、4月1日の時点で約20%、5月1日の時点で約42%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。