MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:32人

 

【就活】総合職とエリア総合職の違い~メリットとデメリット

 結論から言うと、総合職とエリア総合職の違いは「職務・職責の幅広さ」です。経営幹部候補生である「総合職」に対して、 「エリア総合職」は地域限定のため仕事の幅が狭く、出世の枠も限られており「一般職の延長」であると言えます。 ですからエリートを目指すなら「総合職」を選びましょう。



おすすめ・人気記事

23卒の就活はすでに始まっている

記事一覧へ

 

総合職とエリア総合職の違い

 「総合職」と「エリア総合職」は、表面上は「転勤の有無」だけの違いとされています。

 入社するとどちらのコースも同じ仕事をし、初任給も同じで、賃金表も同じです。 順当に出世すれば同じ役職・同じ年収が実現できる…。という制度設計になっています。 そう。順当に出世すれば。

 両者の最大の違いはポストとチャンスの数です。 エリア限定の「エリア総合職」は、全社コースである「総合職」に比べてポストとチャンスが少なく、 出世の可能性が低いのです。

 例えば東京と大阪にそれぞれ支社を持つ会社では、エリア総合職では東京・大阪のどちらかでしか役職につけません。 しかし、総合職ならどちらでもポストの空いている方に行けるのです。 規模の大きな会社ほど総合職のほうが圧倒的に可能性が高いですよね。

 また、全国を回って仕事をする総合職は、全社を取りまとめるような部長級役員級の役職がありますが、 エリア限定では全社を取りまとめることができません。なぜなら、他のエリアで仕事をした経験がないからです。

 「総務部」「経理部」といった間接部門では可能性があるかもしれません。 ですが、そういった部門の役職は、花形部門の出世競争に敗れた人が就くことが多く、 要は総合職が優先的に役職について、余ったものをエリア総合職で取り合う構図になるわけです。

 悪く言えば、エリア総合職は一般職の延長です。 出世の道は狭く、チャンスも少なく、同じ年・後から入社した総合職が上司になります。 給料も責任も一般職よりは多いですが、総合職ほど伸びしろがありません。

 

エリア総合職では出世の道も狭き門

 全国を取りまとめるような役職はたくさんあります。 課長や次長は全国の平社員を取りまとめ、部長は全国の課長を取りまとめます。

 エリア総合職でその支社にしかない部署の課長や部長にはなれても、 全国にある部署の課長や部長になることは難しいでしょう。 ましてや本部長や役員となると全国を転々として全社のことを知らないと非常に厳しいです。

 その一方で、そのエリアにしかない部署でも、全社コースの総合職が役職を得ることはできます。 そのエリア特有の事情は、部下に聞けばいいからです。エリア総合職の課長補佐がその役割を果たしてくれることでしょう。

 さて、エリア総合職の部下とはいったい誰なんでしょう? それはエリア総合職の後輩と一般職です。

 そういうわけで、出世を目指すならエリア総合職ではなく、全社コースの総合職で入社するべきです。

 説明会でこれに関して質問しても、明確な答えは返ってきません。 というのも、エリア総合職は一般職では物足りないけど引越しは嫌だという女性のために作られました なんて言ってしまえば男女雇用機会均等法違反になってしまうからです。

 また「待遇に差がある」ということも言えません。「出世しにくいよ」なんて言っては、 叩かれる原因になります。

 役職がつかないわけではないですし、同じ昇給表を使ってはいるので嘘をついてはいませんね。 役職のつきやすさ、昇給のスピードについて触れられていない点には注意しなければなりません。

 しかし全社コースにはできて、エリア総合職にはできない仕事はたくさんあります。

 「部長にもなれるエリア総合職」だなんてうまくいったものです。そのエリア限定の総務部の部長にはなれるかもしれませんが、 営業部の部長や、商品開発部の部長は無理でしょう。部長はいろんな地域の社員をまとめなければなりません。 一つのエリアだけで勤めて部下に出来る人は少ないです。

 「部長にもなれる!」は逆に言えば「どんなに頑張っても部長どまり」というわけです。部長ですら狭き門です。 本部長や理事、役員にはなれないと白状しているようなものです。 やはりエリア総合職は一般職の延長だと言えますね。

 

総合職とは?

 総合職とは経営幹部候補生であり、単に目の前の仕事をこなすのではなく、 会社全体、ビジネス全体を見渡してビジョンの追求、利益の最大化を目指す役割です。

 一般職や現業職と異なり、経営陣の権限を一部委譲され、その範囲で経営者としてふるまいます。 労働者と経営者の中間的な立ち位置です。その分「昇給額」や「ボーナス」で待遇が優遇され、 さらに「主任」「課長補佐」「管理職」へと昇進の速度も速いという特徴があります。

 総合職では「すべての業務を自分で行える」ことが理想です。 営業だろうが設計だろうが経理だろうが、なんでもできる・理解できるレベルが求められます。 実際には時間の問題で不可能ですが、経営者の卵である以上、「他部署が何をやっているか知らない」では済まされません。

 1つの業務を極めるスペシャリストではなく、あらゆる業務を理解できるゼネラリストとしての役割が総合職です。 そのためには様々な支社や部署を経験しなければなりません。 「ジョブローテーション」という制度により、2~3年ごとに異動があります。

 全社を見渡せる必要がありますから、本社だけでなく支社や営業所など、 様々な拠点で活動することになります。全国転勤はもちろんのこと、 海外進出している企業では海外赴任もあります。

 しかしその分、努力次第では取締役まで出世することが可能で、給料も高いです。

 

エリア総合職とは?

 エリア総合職とは、転勤がないその地域限定の総合職です。全社を統括するような役割は担いませんので、 昇進できる枠が少ないです。実質的に「ソルジャー採用」と呼べるものであり、出世を目指す方は選んではいけません。 これは「地域限定職」とも呼ばれ、金融(銀行、保険)業界の他、JR各社、三井住友カード、大和証券などで導入されています。

 会社説明会では「総合職とエリア総合職で昇給は変わらない」「役職もつく」「転勤がないだけで出世もする」 などと説明されます。

 総合職から「転勤」を引いたものだとしたら、あまりにもおいしすぎる制度ですね。 しかし残念ながら、転勤を拒否して出世することはまずありません。 会社の言うとおりに転勤して、いろんな地域で働いて初めて、いろんな地域をまとめる管理職になれるのです。

 「引越ししまくりたい」というだけの理由で全社コースの総合職を選ぶ人は少ないでしょう。 それでも実際には多くの人が全社コースの総合職を選びます。それは、エリア総合職という制度の秘密にあります。

 

エリア総合職は、一般職の延長。男性の利用は想定していない

 女性の活用、女性の社会進出が一般化した現在、女性を一般職だけに置いておくのはもったいないものです。 しかし結婚出産となると、転勤を命じた時辞められてしまうかもしれません。 全社コースが前提の総合職だとありうることです。

 そこで、転勤をしなくてもいい総合職ができたのです。それがエリア総合職です。 一般職よりは責任があり、待遇も良いです。その一方で転勤がありませんので、 結婚後も会社に残ってもらえる可能性が高いです。

 金融や大企業のエリア総合職のほとんどが女性社員です。 男性諸君には転勤を避けて出世する道はないようです。

 男性でも一般職に応募することは可能ですし、エリア総合職も一般職よりは応募しやすいと思います。 ですが、総合職なら年収1000万円を超えるような会社でも、エリア総合職だと年収600~700万円までしか到達しない可能性が高いため、 高い年収を目指すならエリア総合職は選んではいけません。

 「出世の道がない」ことがあらかじめ決まっていることを「ソルジャー採用」と呼びます。 営業なら一生営業マン、設計なら一生設計マンとして、名ばかり管理職のまま退職を迎えるコースです。

ソルジャー採用って何?どこの会社でやってるの?

 

エリア総合職のメリット

 まずはエリア総合職のメリットから解説します。 後に解説するデメリットと併せて吟味し、自分に最適なほうを選ぶようにしましょう。

 

メリット1:転勤がない

 エリア総合職として採用されると、原則として転勤はありません。 支店などへの異動はありますが、「自宅から通える範囲内」での異動で済みます。 引っ越しをする必要がないというのは1つのメリットです。

 ただし会社によっては「関東地方だけ」「近畿地方だけ」といったくくりで転居を伴う異動がある場合もありますので、 会社説明会などではしっかり説明を聞いておきましょう。

 

メリット2:一般職より出世できる

 エリア総合職は地域限定ではあるものの、会社全体・ビジネス全体を見渡す役割です。 そのため一般職に比べると出世の道もある程度確保されています。

 一般職では「10年で主任」「20年で課長補佐」というように昇進スピードは非常に遅く、 一生「平社員」で会社人生を終えます。

 一方のエリア総合職では「5年で主任」「10年で課長補佐」「15年で管理職」というように、 全社コースの総合職と同じスピードで昇進します。

 エリア総合職と一般職で悩んでいる理由が「転勤」だけなら、 間違いなくエリア総合職を選ぶのがよいでしょう。

 

エリア総合職のデメリット

 ここで、エリア総合職のデメリットをまとめます。 転勤がなく「総合職」の1つなので、おいしい制度だと思いがちですが、実はそうではありません。

 

デメリット1:総合職より成長できない

 最大のデメリットは、総合職より成長できないというものです。 サラリーマンに転勤があるのは、単に人手不足の地域に人数を動かせるからというだけではありません。 転勤することで他の事業所の仕事のやり方が学べる違うお客さんを担当することで「顧客理解」が進むからです。

 会社では、本社から地方の事業所に移ることを「修行に出る」というとらえ方をします。 他の事業所、他のビジネス、他のお客さんなどいろんな経験をすることでビジネスマンとして成長し、 将来的に全社を統括する幹部社員になることが期待されています。

 一方でエリア総合職は1つの地域しか経験しないため、経営者候補として必要な成長ができません。 これが年収や待遇にも影響を及ぼします。

 

デメリット2:総合職より年収が低い

 2つ目のデメリットは、年収が低いというものです。 エリア総合職でも「昇給」はするものの、「昇格」「昇進」が遅いという特徴があり、 「主任」「課長補佐」までは総合職と同様に伸びていきますが、「課長以上」がいばらの道です。

 エリア総合職にできることは、総合職にもできます。むしろ、転勤を重ねていろんな地域のやり方を知っている総合職のほうが、 ビジネスマンとしては成長しています。別のエリアの仕事のやり方と比較して「いいとこ取り」で業務を進化させられるからです。 必然的に管理職の地位は総合職に持っていかれます

 年収がグンと上がるタイミングは「管理職」に登用されるタイミングです。 「課長」になるか「課長級(課長補佐以上、課長未満の名ばかり管理職)」になるかは大きな差です。 管理職の席を、より有利な総合職に奪われてしまうエリア総合職は、結果的に年収が低いということになります。

 

デメリット3:総合職より待遇が悪い

 エリア総合職の3つ目のデメリットとして、福利厚生やボーナスに差をつけられるというデメリットがあります。 福利厚生で最大のものは「家賃補助」か「独身寮」なのですが、こちらは転勤を前提とした「総合職」専用の福利厚生です。 エリア総合職は一人暮らしをしないことが前提なので、この福利厚生はつきません。

 もし一人暮らしをするなら、毎月の給料から家賃を全額自分で負担せざるを得ません。

 また、ボーナスにも差が出ます。ボーナスは法律で定められた給料ではないため、会社が自由に支給することができます。 転勤を受け入れて、かつ成長性があり幹部候補である総合職は、エリア総合職よりもボーナス支給額が加算されます。

 エリア総合職は一般職よりはマシなものの、総合職のボーナスには到底かなわないでしょう。

 

一般職よりはエリア総合職!

 近年、高学歴な女子就活生にも一般職が人気です。慶應だったり早稲田だったり、旧帝大に在籍している女子学生が、 一般職を希望しているというニュースをよく見かけますね。 これを単に「女の子は意識が低い」と断じてしまうのは早計です。

 そもそも「転勤あり」は「総合職」、「転勤なし」は「一般職」のような二者択一の人事制度に問題があります。 高度経済成長期は女性は専業主婦で、男性が転勤になればついていくというのが一般的でした。 しかし、女性の社会進出が進んだ以上、男性中心の人事制度では時代に追い付けていないのです。

 そこで「総合職」と「一般職」の中間に「エリア総合職」という職ができたのは、ここまでで説明してきたとおりです。

 確かに全社をまとめる幹部になるには、時には転勤も必要です。しかし、転勤を経験しないで出世していく人がいるのもまた現実です。 仕事の能力それ自体には「転勤」は関係なく、キャリア形成の一部に転勤が関わってくる場合があるというだけの話です

 パソコンの登場以来、仕事の内容は高度化しています。パソコンが普及する前は、新入社員の仕事は「資料探し」だったそうです。 この「資料探し」とは、会社の棚にある書類の山から、目当ての資料を探し出すことを言います。 ただそれだけが新入社員の任務だったのです。

 資料を探したり、電卓をたたいて足し算したり、文書を作成したりするのはすべてパソコンで簡単にできる時代になりました。 新入社員はもちろん、一般職の仕事も昔に比べて高度化しました。 会議資料や営業資料の作成、与信調査、入金管理など、昔は総合職がやっていたような仕事も今では一般職がやっています。 会社によっては一般職が営業に出されることすらあります。

 しかし待遇はどうでしょうか。仕事が高度化した一方で、劇的に待遇がよくなったということはありません。 特に一般職は昇進も昇給もゆるやかで、「総合職の半分くらい」のスピードです。 総合職が10年で獲得する地位は、一般職では20年かかります

 一般職は仕事が高度になっている一方で、待遇は悪いままなのです。 ただ「転勤がない」というだけで、キャリアの道がほぼ閉ざされてしまうのは残念なことです。 しかし、結婚や出産を考えると転勤のある総合職には応募できないという女性が多いのが現実です。

 また残念なことに、IT化の進展のため、一般職の採用は減りつつあります。 「一般職100名の枠に対して7000人が応募する」なんてこともよくあるようです。 一般職も非常に狭き門なのです。

 エリア総合職は会社と女性のミスマッチを解消する目的でつくられた職です。 エリア総合職を採用している会社では産休や育休の制度も充実しています。 会社にとってもやはり、結婚してすぐ退職されるよりは、また会社に戻ってきてもらいたいところです。

 まとめると、一般職は待遇が悪いのでエリア総合職を志望するのがおすすめです

 

「エリア総合職」のある企業一覧

 エリア総合職のある企業と採用人数を一覧にして紹介します。 エリア総合職は規模の大きな会社、特に金融業界や証券会社、保険会社に多く、旧国営企業にも見られます。

 総合職とエリア総合職は併願できる会社も多いですが、出世コースは全国型の総合職ですので、 エリア総合職を併願する場合は今後のキャリアプランも考慮してください。

エリア総合職のある企業一覧
会社名エリア総合職の名称採用人数
三菱UFJ銀行総合職(特定)300名程度
三井住友銀行総合職(地域型)----
みずほ銀行基幹職(専門)----
ゆうちょ銀行エリア基幹職150名程度
日本郵便地域基幹職1500名程度
大和証券エリア総合職----
野村證券総合職B200名程度
みずほ証券A職----
SMBC日興証券クラスII Cコース----
JR西日本エリアコース100名程度
東京海上日動火災保険エリアコース370名程度
損保ジャパン日本興亜総合系ワイドエリア----
総合系エリア----
明治安田生命総合職(地域型)140名程度
日本生命エリア総合職----
三井住友カードエリア総合職----
関西電力エリア総合職----
三井物産業務職15名程度

 

10月の今から最短で内定をもらうには?

 

人事部長「すばらしい!君のような新卒がほしかった!」

 あなたは社会にとって価値のある人材です。ですが就活生は40万人もいて、存在のアピールをしないと埋もれてしまいます。 一方で優良企業の宝庫であるBtoB企業は、知名度が低いために学生に見つけてもらえません。 「消費者向けに広告を打たない」というだけの理由でスルーして、就職してから知って後悔するなどもったいないです。

 実は、学生と優良企業をつなげてくれるプラットフォームがあります。それが「OfferBox」です。

 SNSの要領でプロフィールを登録すると、価値を認めてくれる会社が「スカウト」を送ってくれます。 宣伝メールを一斉送信する機能がないのが特徴で、本気のスカウトしか来ません。後はその企業を「逆選考」して応募するか決めればいいだけです。 「書類選考が免除」「いきなり最終面接に呼ばれる」などかなりの時間短縮になります。

 しかし、「メールがたくさん来て面倒」どころかプロフィールを充実させないとスカウトが来ません。 入力度が80%に達してようやく1通来るというイメージです。しかし、届いたスカウトは本物です。

 フォームに入力していくだけであなたの価値の「アピールの効果」まで引き上げてくれてますから、プロフィールの充実のさせ方は簡単です。 また100万人の診断結果を元にした「適性検査」を受検すれば、自己分析も簡単に終わります。もちろんすべて完全無料です。

 すでに23卒の登録受付を開始しています。 早期に登録すれば隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業の採用枠がたくさん空いていますから、他の学生より早くに満足な内定がもらえる可能性が高いです。

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 その場で面接が始まり、早ければその場で内定がもらえる内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 なぜ即日内定が可能なのかというと、採用権限を持った役員が説明会に来るからです。 実は、どの会社も採用権限は人事部にありません。書類選考~二次面接は「役員に会わせる学生を選別するため」に行われるもので、 逆に言えば、いきなり役員面接なら、それまでのステップはすべて省略可能なのです。

 すでに22卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 22卒も2021年10月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

どうせ悩むなら「受かりすぎてヤバい!」が良くないですか?

 会社探しには無限の時間がかかります。世の中には無数に会社があり、その中から楽しく働けそうな会社を見つけるのは至難の業です。 実際、「そんな会社はない」と思っていませんか?かつては私もそう思っていました。 しかしよく考えてみれば、20~30社しか会社を知らないんですから、見つからなくて当然ですよね。

 見つけきれていなかった会社や、よく知らなかった業界に手遅れになってから気付いて後悔する…というのは、歴代就活生が味わいまくってきた苦痛です。 そんな悲しい就活、絶対に繰り返してはいけませんよね。

 そこでオススメなのが、「キャリアチケット・スカウト」です。

 キャリアチケット・スカウトは、プロフィールを入力していくと、それを見た企業の人事から「オファー」が届いて優遇選考に招待される、スカウト型就活サイトです。 会社側が興味を持ってくれているわけですから、あなたの性格に合っている可能性が高いというわけです。 無限に会社を探し続けるより、待っているだけですから、ものすごく効率がいいですよね。

 わかりにくい「自己分析」もフォームに入力するだけで、人事の心に響く自己PRが簡単につくれます。 これでスカウトがもらえる上に、本命企業へのエントリーシート作成に流用してもいいわけです。 もちろん完全無料で使えますから、試してみる価値は大いにあります。


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×

志望企業の内定エントリーシートを読んでコツをつかもう!