リアルタイム閲覧者数:6人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

【就活】自動車メーカー・志望動機など

 メーカーは就活生に人気の業種です。 世界中に工場をもち、販売網を展開し、日本の自動車は非常に人気があります。 日本の産業で特に世界を席巻している業界で、グローバルかつ高待遇な環境で働くことができます。 

 

自動車メーカーのビジネスモデル

 自動車メーカービジネスモデルは、自動車の開発・設計・生産を行い、販売会社に納品することです。

 自動車メーカーは各社、巨大な企業グループをつくっていますが、開発設計を行ったら、 子会社に部品を注文します集まった部品を組み立てて、販売店に納品するのが自動車メーカーの仕事です。

 ややこしいのですが、子会社に開発・設計・生産を委託する場合もあります。 トヨタではトヨタ車体・トヨタ自動車九州・トヨタ自動車東日本・豊田自動織機のほか海外子会社にも開発・設計・生産を委託していて、 「集まった部品を組み立てる」までは子会社でもやります。開発費や販売利益はトヨタ自動車が負担・獲得します。

 以前は販売店に在庫を押し付けて生産量を確保するというグレーなビジネスモデルでしたが、 現在では販売店の在庫も自動車会社本体で計上しなくてはならなくなったため、 一般的に公正な会計が行われていると言えます。

 「部品メーカーや完成車メーカーが子会社にいるので、自動車メーカー本体では何もつくっていない」というのは勘違いで、 完成車の生産を子会社と分担しているだけといったほうが適切でしょう。

 自動車は工場で24時間3交代制で製造されており、工場は常にフル稼働です。 それでも人気の車種は納車待ちが発生しやすいため輸出用の自動車はなるべく現地で生産するようにしています。

 自動車工場を建設すると、労働者が集まります。労働者のために商品を販売するスーパーなども集まり、 街ができるんですね。すると経済社会が発展して、車を買える人が出てくるのです。 大規模工場を海外に建設すると、雇用問題に苦しむ国は喜びます。それだけ仕事ができて、国民が給料をもらえるうえに、街が発展するからです。

 この意味では工場を建てることが自社の売上増につながり、国も喜ぶというとてつもなく規模の大きい事業であることがわかりますね。

 自動車メーカーを単に「クルマを売っている会社」だと思ってはいけません。 自動車メーカーは、クルマを通じてお客さんに何らかの価値、何らかのソリューションを提供しています。 それは「自由に遠くへ移動したい」「高速で駆け抜けたい」「誰かに自慢したい」など、顧客が抱える欲求・欲望をかなえることです。

 自動車メーカーは、会社ごとに「お客さんに提供しているソリューション」が異なります。 トヨタは低燃費のプリウスが爆発的にヒットしましたが、これは「ガソリン代を抑えたい」というお客さんの欲求を満たすソリューションです。 一方でホンダは「もっと高速で駆け抜けたい」というお客さんのために高性能なエンジンを搭載したクルマを販売しています。

 あまり喜ばしい話ではありませんが、イスラム武装勢力がトヨタのトラックに乗っている映像を見た人は多いと思います。 昔から「日本車は壊れない」と海外で評判が高く、多少高くても「トヨタなら1000年は乗れるからね」とジョークが飛び出るほどです。

 あまりトヨタは長距離移動用のクルマはつくっていませんでした。しかし、実はクルマをたくさん買うお金のない人たちはむしろ、 「壊れないトヨタ車」を買っていたのです。武装勢力に使われるのはうれしくありませんが、 「壊れにくい」という価値が認められたのです。

 こういった「予期せぬ成功」「うれしくない成功」を分析し、例えば「地雷撤去車」をつくるとか、 超長距離運転のトラックをつくるとか、新製品につなげていくことはマーケティングの仕事です。

 成熟してきた市場では、マーケティングが必須です。発展途上国では従来のクルマが売れていたとしても、 先進国では常に新しい需要が生まれ、従来のクルマは売れなくなったりします。

 今後、失敗例や成功例とともに市場を研究し、「売れる新製品」をつぎつぎに開発・投入していくマーケティングは、 自動車業界で地位を高めていくでしょう。

 

自動車メーカーの将来性

 就活では非常に人気の自動車メーカーですが、今後数十年で間違いなく苦境に立たされます

 というのも、近年「シェアリングエコノミー」と「電気自動車」が流行しているからです。 この2つは時代の大きな流れで、自動車業界に革命的な影響をもたらします。

 まず、シェアリングエコノミーは、シェアリングカーやシェアハウス、シェアサイクル、Airbnb、Uberの流行からもわかるように、 「所有しないで必要な時だけ借りる」というありかたです。

 タイムズの駐車場にはシェアリングカーが置いてありますね。タイムズだけでなく、「三井のリパーク」の三井不動産や、 オリックスなどもカーシェアサービスに参入しています。カーシェアサービスは登録者数が年々増加し、 2017年には110万人を突破しています。

 一方のカーシェア用のクルマは2万5000台と、登録者数の2%程度の台数でしかありません。

 日本全国の自動車保有台数は8000万台で、そのうち乗用車は6000万台です。 これに比べればカーシェアの利用はまだまだ少ないですが、この流れが続けば「1人1台」クルマを持っていたのに、 50人に1台、10人に1台と数を減らしていくと考えられます。

 国民の実質所得は伸び悩み、駐車場代も高く、都心部では公共交通機関が充実しています。 東京や大阪などの大都市を中心に、クルマの所有からシェアリングカーへの流れは加速していくでしょう。

 そして、自動車メーカーにとってもっと脅威的なのは、「電気自動車」です。 環境規制強化の影響で、カリフォルニア州では電気自動車か燃料電池車へ2050年までにシフトするビジョンを示していますし、 オランダでは2025年までにガソリン車とディーゼル車を禁止しようという動きがみられます。

 また、中国では電気自動車か、PHV(プラグインハイブリッド)にしか補助金を出さないという政策もとっています。 特に中国では大気汚染が深刻なため、今後は電気自動車を積極的に推進していくと思われます。

 さて、ガソリン車から電気自動車に移行するのを前提にすると、 既存の自動車メーカーは、新興のテスラモーターズやグーグルに対して、 「会社の規模が大きい」という、圧倒的なデメリットを負うことになります。

 例えばトヨタの自動車販売台数は1000万台で、従業員数は36万人です。 一方のテスラモーターズは販売台数は2万台ですが、従業員数はたったの250人です。 トヨタは1台あたり27人、テスラは1台あたり80人雇っていることになりますが、問題はそこではありません。

 実は、ガソリン車は部品点数が3万点にも及びますが、電気自動車は3000点で済みます。 構造が単純化して製作工数も減り、電気自動車が大量生産されるようになると、クルマの値段が安くなります

 部品が10分の1に減るということは、それだけ仕事がなくなることを意味します。 電気自動車が普及し始めたら、既存の自動車メーカーは大量に従業員が余るという事態に陥ります。 リストラや工場の閉鎖が予想されますね。

 既存の自動車メーカーがどんどん会社の規模を縮小しなければならないのに対し、 テスラモーターズやグーグルは、まだまだ会社の規模が小さいので生産台数が増えたらその分だけ人を増やすだけでいいのです。 この点では新興自動車メーカーのほうが圧倒的に有利です。

 また、電気自動車と切っても切り離せないのが「自動運転」です。 日本ではスバルが先行していますが、もちろんテスラモーターズやグーグル、パナソニックも開発しています。 そのほかの自動車メーカーはまだまだスバルの後追いに過ぎず、自動運転で優れているとは言えません。

 既存の自動車メーカーが「電気自動車では会社が食っていけない」と開発に本腰を入れられない間に、 テスラモーターズやグーグル、パナソニックに「電気自動車+自動運転」で先を越されてしまい、 自動車市場を乗っ取られてしまう可能性があるのです。

 今はまだガソリン車が主流でハイブリッド車も売れていますが、今後20年程度で電気自動車へのシフトが起こります。 自動車メーカーへの就職を志すのであれば、その時のことも見据えておくべきでしょう。

 

自動車メーカーの一覧

 自動車メーカーは日本にも複数社あります。ここでは自動車部品メーカーは含んでおりませんので、 該当するページをご覧ください。

 自動車メーカーは「トヨタが最強!」と思いがちですが、各社に得意分野があります。 素人目に見ても、「トヨタは大衆車」「スズキは軽自動車」「ホンダはクルマオタク」「スバルは安全意識が高い」などありますよね。

 何もすべての会社がトヨタのような「みんなに愛されるクルマ」を目指しているわけではありません。 喜ばせたいお客さんは各社で異なります。クルマは奥が深く、単なる移動手段とみなす人、 走る喜びを見出す人、ステータスとして所有すること自体に価値を見出す人などたくさんいます。

 どういうお客さんにどういうクルマをいくらで売るかを考えることを、マーケティングと言います。 「若者のクルマ離れ」が叫ばれる中、日本国内で自動車を販売するのであれば、 マーケティングの実践が必要になります。

 一方で海外展開においても、その国の人々がどういうクルマを求めているのか、調査しなければなりません。 これもマーケティングです。

 

自動車メーカーの就活

 自動車メーカー就活について解説します。 自動車メーカーの就活は大変人気があり、ライバルとなる就活生が非常に多いです。 その分、いわゆる高学歴でハイスペックな就活生でないと受からないと言われます。

 内定者は東京大、京都大、大阪大、神戸大などで旧帝大や上位国立大学で大半を占めます。 この傾向はインターンシップ参加者(インターンシップ合格者)の割合を見ても歴然としています。 学歴があるから受かるというわけでもないのですが。

 メーカーなので、ほかの業界に比べるとホワイト企業が多いです。 というのも、メーカーは多くの工場労働者を抱えるため、彼らが労働組合を結成し、 従業員の生活の向上につとめているからです。

 総合職もその「労働組合」のメリットを享受できますので、比較的ホワイト企業が多いはずです。

 自動車メーカー選考不透明です。 リクルーター面接を実施する会社が多く、自分やライバルがどの段階にいるのかわかりません。

 リク面で落ちると本選考にのれない場合もあれば、普通に一次面接に呼ばれたりもします。 友達の中にはリク面で落ちて、一次面接に呼ばれて、そのまま内々定をもらった人もいます。

 自動車メーカーはインターンシップを行っており、 インターンシップ参加者は選考で有利になります。 通信業界を志望するなら、必ずインターンシップに参加しておきましょう。

 自動車メーカーは会社の数が多いので、早めにエントリーシートの原案を作成しておいて、 就活が解禁されるまでにブラッシュアップしておく必要があります。 就活が解禁されたらすぐに会社説明会が始まり、リクルーター面接も始まります。

 逆に言えば、エントリーシートを早く作っておけばコピペで提出できるということです。

 遅くとも大学3年生の3月までにはエントリーシートの原案を完成させておきましょう。

 

自動車メーカーの志望動機

 自動車メーカーの志望動機の例を挙げていきます。

  • 世界のスタンダードになりえる新しいものを作り出すこと
  • 世界で広く展開していること
  • 業界ではトップのシェアを持ち、最も多い業績を上げていること
  • 世界に驚きと感動を与える仕事
  • 幅広い製品や技術によって社会の基盤作りに最も貢献できる会社
  • 非常に幅広く事業を展開しており、技術の応用に積極的であること
  • オーダーメイドであるため顧客の満足に応えられること
  • 安全技術の開発に取り組んでいること
  • 事故のない安全安心の社会を実現したい
  • 様々な技術を結集して作られる製品にモノづくりの魅力
  • 環境問題に真正面から取り組むこと
  • 環境問題にに対する意識の高さとそれを解決する技術力があるため
  • 日本の産業のトップとして常に世界を視野に入れた仕事
  • 車の楽しさや喜びをより多くの人に届けたい
  • クルマづくりを通じて未来をつくっていきたい
  • クルマという「プライベート空間」を通じて移動のストレスを軽減したい
  • 多様な潜在ニーズのある自動車業界でマーケティング業務に可能性を感じた
  • グローバル企業で働くことで「世界に通用する日本人」になりたいため
  • オトナもはしゃぐようなモノづくりに携わりたい
  • クルマを通じて新しい文化を創造したい

 自動車メーカーのビジネスの特徴は、クルマでソリューションを売るというものでした。 自動車メーカーは単にモノをつくっているだけではありません。そのモノでできるソリューションを提供しているのです。 プリウスは単にハイブリッドカーを売っているのではなく、「ガソリン代が安くなる」というソリューションを販売しているということです。

 志望動機も「モノをつくる」「モノを売る」にだけフォーカスしてはいけません。 メーカー企業は確かにモノをつくっていますが、それは「ソリューションを提供する」モノでなければなりません。 会社の製品群に応じて、その会社が社会に対して何を提供しているのか検討が必要です。

 ですから、志望動機では「移動という無駄な時間を楽しい時間に変える」「トラブルの心配をしなくていいトラックをつくりたい」 「クルマを通じて驚きと感動を提供する」などがキーワードとして使えます。

 志望動機で最も良いのは「経営理念」と「就職活動の軸」が一致しているとアピールすることです。

 詳しくは「新卒採用」は「将来の夢採用」で解説していますが、 就活は、「将来の夢就職活動の軸)に沿って行わなければなりません。 志望動機も、「将来の夢を実現するため、貴社に入社しなければならない」という流れで書きます。

 ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎず、実際にはあなたの将来の夢と、 会社の企業理念・ビジネスの目的とを結びつけて考えて、志望動機をつくるのです。

 

内定を取りこぼさないために

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 自分にあった会社かどうかは結局のところ入社してみるまで分かりません。 会社側から声をかけてくれるとうれしいですが、従来型の就活サイトでいう「スカウト」はただの宣伝メール…

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社に提出したエントリーシートや選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックして本物のスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 もちろん就活生は無料で利用できます。SNSの要領でプロフィールを充実させればさせるほどスカウトがもらえます。 あなたの存在をたくさんの企業にアピールしましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 Unistyleでは、一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界など、 から志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 就活生は一切お金がかかりませんので、登録しておかない手はないと思います。



 

ワンキャリア

 ワンキャリアでは4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、リアルな選考情報・体験談も1000件以上です。

 トヨタやホンダなどの自動車メーカー、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行、日本総研、NTTデータ、 日立製作所、JX、JRなど一流企業の合格エントリーシートが多数そろっています。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」