リアルタイム閲覧者数:27人

 

【就活】会社選びの軸~失敗例と模範回答

 私は新卒就活を「会社選び」で失敗しました。 会社選びの軸も持たず、エントリーシートや面接で問われて場当たり的に回答していました。 入社する会社を決める「基準」を予め準備しておかないと、「就活」にも「その後の人生」にも失敗します。

 またエントリーシートや面接で「あなたの会社選びの軸はなんですか」と問われることも多いため、 この回答を用意しておかなければなりません。 ここでは、「ダメな会社選び」「良い会社選び」また「会社選びのポイント」「会社選びの軸の決め方」を解説します。



 

「会社選びの軸」とは?

 会社選びの軸とは、将来の夢を実現するために必要な会社の条件です。 「会社選びの基準」といえばわかりやすいですね。

 就活では「会社選びの軸」と「経営理念・ビジョン・社風」が一致していれば説得力が増し、 内定へと近づきます。ESや面接で「将来の夢を実現できるのは貴社しかない」という結論に持っていくことが重要です。

 以下では失敗例と模範解答を用意していますので、これを参考に「自分らしい軸」を決めましょう。

 

会社選びの軸の具体例

 会社選び具体例を紹介します。

  • 海外事業に力を入れている会社
  • 顧客が幅広い会社
  • 技術力の高い会社
  • 信頼性の高い会社
  • 営業力の高い会社
  • 弱者を守っている会社
  • 逆境に立ち向かい成長している会社
  • ○○な事業を行っている会社
  • あらゆる人の役に立っている会社
  • 人の生活を支えている会社
  • 社会全体に影響を与える会社
  • 地図に残る仕事をしている会社
  • 交通事故をゼロにしたい
  • めんどくさい家事をすべて解決したい
  • 一流の経営者になりたい

 例えば就職活動の軸が「世界中を知り尽くしたい」であれば、「海外事業に力を入れている会社」が会社選びの軸になります。 また、「イノベーションに携わりたい」であれば、「技術力の高い会社」や「風通しのいい会社」などが会社選びの軸となります。

 このように会社選びの軸はそれ単体では成り立たず、必ずそう思った理由、つまり「将来の夢」が根底にあるのです。 ロジカルなエントリーシートをつくるにあたって、会社選びの軸は重要です。

 

「やりがい」の例

 会社選びの軸を「やりがい」系で行きたいと思ったら、まだ「やりがい」だけではあいまいですから、 それを具体化して使う必要があります。

 あなたはどんなことに熱中できるでしょうか。音楽でしょうか。ゲームでしょうか。 観光、高級ホテルへの宿泊、スポーツ、筋トレ…と、「趣味」を分析していきます。 なぜその趣味に熱中できるのでしょうか。

 音楽であれば「仲間との協力」、ゲームであれば「困難な目標を達成すること」、 観光であれば「美しい街並み」、高級ホテルなら「ぜいたくな体験」と、 本質的に楽しみを感じている部分がなんなのかを考えます。

 会社選びの軸は、単に「やりがいのある会社」とするのではなく、 「仲間と協力して困難な目標を達成する会社」「美しい街並みをつくる会社」 「ぜいたくな体験を実現できる会社」というように、「やりがいの根源」を会社選びの軸とするのです。

 

「社会貢献」の例

 会社選びの軸を「社会貢献」系で行きたいと思ったら、やはり「社会貢献」だけではあいまいですから、 もっと具体化して使う必要があります。

 あなたは「社会貢献」でどんな社会を実現するのに貢献したいでしょうか。 例えば「交通事故をゼロにしたい」「災害を恐れなくていい社会をつくりたい」 「めんどうなことは全部ロボットがやってくれる社会にしたい」・・・

 このように、会社選びの軸を「社会貢献」系にするのであれば、 「実現したい理想の社会」を会社選びの軸としましょう。

 

「成長できる会社」の例

 会社選びの軸を「成長できる会社」系で行きたいと思ったら、これも「成長できる会社」だけではあいまいですから、 もっと具体化して使う必要があります。

 「成長」をキーワードにすれば向上心がアピールできそうですが、単に面接で「成長できる会社!」とだけ言えばむしろ逆効果で、 「具体的にどんな能力を身につけたいか」「どんな人物になりたいか」が言えないと、 会社に頼り切り・ぶら下がり社員になる印象がついてしまいます。

 そこで、何をもって「成長」と言えるか、そのゴールを会社選びの軸としましょう。 例えば「マーケティングを身につけて社会に新しい『常識』を生み出したい」 「企業財務を身につけて効率的な投資活動を行いビジネスを発展させたい」という感じです。

 

「人」の例

 会社選びの軸を「人」系にするのは人気で、インターンシップに参加した人にとっては説得力も持たせやすい「軸」になります。 ですがやはり、単に「人」というだけでは説得力が足りません。

 「どんな人と働きたいか」を具体的に掘り下げて、「理想の仲間像」を持ち、それを会社選びの軸としましょう。 例えば「会社の経営理念を実践している社員が多い会社」「ビジネスを楽しんでいる社員が多い会社」のようにです。

 「同じ目標をもって仲間と協力しあって成功を目指す」のは楽しいものです。 そのような雰囲気があるとインターンシップで確認できた場合、リクルーター面接やOB訪問などで確認できた場合、 積極的に使っていきたい便利な「会社選びの軸」ですね。

 

こんな「会社選び」は失敗する!5つの失敗例

 就活生にありがちな「会社選びの失敗例」を紹介します。 このような会社選びをしていると就活にもその後の人生にも失敗し、悲惨な目に遭います。 私の二の舞にならないよう、失敗例を心に刻んでいってください。

 

失敗例1:「知名度」

 私は大阪大学という偏差値バツグンの大学に在籍していました。 そのため就活では「自慢できる会社に入社しなければならない」と勝手にプレッシャーを感じていました。 要は「知名度」で就活をしたわけです。

 例えば電力会社やガス会社、鉄道会社、キリンビール、サントリー、JT、富士フイルム、新日本製鉄(現・新日鉄住金)、NTT西日本などです。 新日鉄以外は誰に言っても名前が通じて、「旧帝大なのにそんな会社に行くの?」などともいわれません。 プレエントリーした会社は超一流企業揃いでした。

 「超一流企業ばかり見ているのが悪い」というわけではありません。 ここでは、「会社選びの軸」が「消費者感覚の知名度」になってしまっていたのです。

 掲示板等には「合コンで自慢できる会社」「バイト先で自慢できる会社」などのようにランキングがつくられています。 しかし、掲示板に書かれている「知名度ランキング」は消費者の感覚に過ぎません。

 日本企業は法人を相手にしたBtoBビジネスのほうが得意ですから、 消費者に知名度がなくても業界では「その会社抜きには成立しない」会社もたくさんあるわけです。

 こんな選び方ですから、面接で「会社選びの軸を教えてください」と言われても答えに詰まってしまいます。 「知名度が高いから」などと答えてしまっては一笑に付されて落とされてしまいます。

 

失敗例2:「企業規模」

 私は同様に「企業規模」も重視していました。要は「売上高1兆円以上」のような決め方をしていたのです。 その理由はやはり、「自慢できる」ことでした。もしその会社をよく知らない人がいても、 「売上高1兆円だぞ」といえばビビってもらえそうだったからです。

 ところが、ビジネスの本質は売上高ではありません。 1兆円を売り上げていても利益が出ていなければ会社として意味がありませんし、 売上高が大きくても給料が安い会社もたくさんあります。

 ビジネスは「誰にどんなソリューションを提供しているか」に本質があります。 BtoCビジネスでは白物家電やスマホ、パソコン、食品など目に見えてわかりやすいですが、 現代日本社会では基本的にBtoCは儲かりません

 中国では「新機能」がもてはやされて、インターネットにつながる家具ならどんどん売れるそうです。 ですが、日本ではそんなことはありません。もはや「今持っているもの」で満足してしまっているのです。 このような状況ではどうしても企業は「値下げ合戦」せざるを得ず、儲かりません。

 一方で、BtoBビジネスは日本の強みとしているところです。 いわゆる「モノづくり大国」というのは日本の電子部品メーカー、機械メーカー、化学メーカーを言っているのであり、 これらの企業は世界で戦えるどころか、世界シェアトップを取っている会社も多いです。

 しかし、工場の機械はそんなにボコボコ売れまくるものではありませんし、 電子部品メーカーのつくる「部品」や化学メーカーのつくる「原料」も単価は低いものです。

 BtoCビジネスではその部品や原料の購入費を上乗せして消費者に販売するのですから、 BtoBビジネスの売上高が低く見えるのは当然です。ですが、儲かっているのはBtoBビジネスです

 このように、実は「売上高」と「利益」には関係がありません。 そして、利益がとれる会社ほど、買い手が「それだけお金を出してでもほしい」と思う製品をつくっているわけですから、 社会貢献の度合いも高いのです。

 「規模」を会社選びの軸にするのはやめましょう。

 

失敗例3:「平均年収」や「待遇」

 就活生が企業研究をする上でもっとも重視しているのが「平均年収」「待遇」ではないでしょうか。 ですが、残念ながら平均年収は当てになりません。

 というのも、「平均年収」には一般職や現業職の給料も計算に含まれていますから、 総合職で就職するあなたのもらえる給料より、ずっと安く算出されるからです。 特に工場や店舗を持ち、一般職や現業職の多い会社ほど平均年収は安く算出されます。

 さらに、「総合職」ですら「平社員」しか計算に含まれていなかったり、 「管理職」も含んでいたり、残業代などの各種手当が入っていたり、入っていなかったりと、 会社によって計算の仕方が違います

 「平均年収」は上場企業が提出を義務付けられている「有価証券報告書」で毎年公表されますが、 その計算方法は具体的に決まっていないため、比べようがないのです。

 「平均年収600万円」と書かれていたら不安になるかもしれません。 ですが、平均年収が600万円でも総合職は30代で1000万円に到達する新日鉄住金のような会社もあります。 なぜならこの「600万円」は「一般職・現業職・総合職のうち平社員だけ」で計算されているからです。

 平均年収は当てにならないの記事でも解説していますので、詳しくはそちらを参照してください。

 特に福利厚生で会社を選ぶのは決してやってはいけません。 「社会保険」「独身寮」または「家賃補助」以外の福利厚生は基本的に役に立ちません。

 「カフェテリアプラン」など最悪です。1人当たり1000円しかかからない外注の「福利厚生サービス」ですから、 たった1000円で釣られてしまうのは非常にバカらしいです。

 

失敗例4:「製品が好きだから」は最悪の決め方

 よく「製品が好きだから」で会社選びの軸を決めてしまう就活生がいます。 しかし、これは総合職として就職する限り、最悪の会社選びの軸です。

 なぜなら総合職とは「ビジネスを動かす人」であって、現場で製品をつくる人ではないからです。 製品のファンは、現業職や消費者にいればいいのであって、総合職がただのファンでは困ります。 時には会社の成長のため、従来の製品を捨てるという決断もしなければならないからです。

 もちろん製品が好きなのは構いませんが、それを「会社選びの軸」にしてしまうと、 総合職としての適性がないとみなされます。エントリーシートや面接では「貴社のビジネスモデルが好き」というのにとどめて、 決して「ファン」だと思われないように注意しましょう。

 特に鉄道業界ではこの傾向が顕著で、「ただの鉄オタ」であることがバレた瞬間に落とされます。 「鉄オタ」であることが悪いのではなく、「ビジネスとしての鉄道」ではなく「鉄道そのものが好きなファン」なのがいけないのです。 他の業界でも同じことですから、気を付けましょう。

 

失敗例5:曖昧な会社選びの軸

 会社選びの軸として「やりがい」「社風」「社会貢献」「ものづくり」「成長できる」など曖昧なものでは説得力が生まれません。 これらは聞こえはいいですが、具体性に欠けるため説得力がなく、人事に伝わりません。

 「やりがい」や「成長」が会社から与えられるものだとする姿勢に見えてしまうと、 人事の不興を買います。確かにやりがいを感じる会社、成長できる会社というのはあると思いますが、 「なぜやりがいを感じるのか」「なぜ成長できると思ったか」というもっと深い部分を会社選びの軸にしましょう。

 やりがいを感じる点、成長できる点、その先に目指す理想像こそが「会社選びの軸」にふさわしく、 人事にもよく伝わり、高評価を得ることができます。

 

会社選びの軸のESへの書き方

 「会社選びの軸」はESに専用の欄がある場合もあれば、無い場合もあります。

 

回答欄がある場合

 回答欄がある場合は「将来の夢」+「会社選びの軸」で書きましょう。

 例えば「交通事故をゼロにしたい」という将来の夢ならば、「交通安全に力を入れている会社」が会社選びの軸になります。 そこで以下のように回答します。

 私は「交通事故をゼロにしたい」という強い思いを抱いています。 そのため、「交通安全に力を入れている会社」という会社選びの軸を持って就職活動に取り組んでいます。

 回答欄が小さい場合は「会社選びの軸」だけを書きますが、大きめの枠がある場合は「将来の夢」を持つに至った理由や、 「夢の実現」にその軸で会社を選ばなければならない理由も書きましょう。

 

回答欄がない場合

 回答欄がない場合は、代わりに志望動機に組み込むようにしましょう。 「欄がないから書かない」という選択肢はありません。

 志望動機に「会社選びの軸」が組み込まれていたら説得力が増し、 「この会社じゃないとダメだ」と言える理由にもなるからです。

 そこで以下のように「志望動機」の欄で回答します。

 私は「交通事故をゼロにしたい」という強い思いを抱いています。 そのため、「交通安全に力を入れている会社」という会社選びの軸を持って就職活動に取り組んでいます。

 貴社の「アイサイト」の開発秘話を聞き、全社が「交通事故ゼロを目指している」という社風を知って、 夢を実現するには貴社に入社するしかないと思い、志望するに至りました。

 ここでは「会社選びの軸」と「経営理念・ビジョン・社風」が一致していることをアピールしましょう。 その会社でなければダメで、志望度が高いことを証明する方法です。

【2020卒】12月開催の一流企業が集まる合同説明会(参加特典アリ)【大阪会場】

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに2020卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 また、2019卒でも卒業ギリギリまで開催されており、2018年12月でもまだ間に合います。

 

「こんな良い会社あったんだ!」会社が向こうから来てくれる就活サイト

 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 法人向けのビジネスは消費者向けの20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。

 ですが「キミスカ 」なら、 知らなかった優良企業が向こうからあなたを探し出してくれます。

 プロフィールを書き、インターン経験・他社の選考結果などの情報を充実させていくとマッチング精度がどんどん上がっていき、 たくさんの会社から「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時にはいきなり最終面接のお誘いすら来ます。

 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。

 すでに2020年卒の就活生も約4万人が登録済みで、NTTデータや一条工務店のような大企業から隠れ優良企業、 ベンチャー企業までスカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

 

「SPI、対策しといてよかった!」

 SPIやエントリーシートは、厳しい大学受験に比べたらとても簡単なものです。 とはいえ慣れが必要で、毎年多くの就活生が一発目の第一志望で失敗する事態に陥りがちです。 慣れてきたころには第二志望どころか第三志望の募集も終わっていて、志望度の低い企業にだけ最高のパフォーマンスを発揮するのです。

 一発目から最高のパフォーマンスを発揮するには、SPI、エントリーシート対策が欠かせません。 ですが就活本は値段が高いですし、対策といっても何をすればいいかわかりませんよね。

 そこで、キャリアパークのSPI対策資料を使いましょう。 無料登録するだけでSPIの対策資料がもらえます。出題される問題の傾向や時間配分、解法をつかんで、 就活一発目から高得点をたたき出しましょう。

 他にも一流企業の先輩方の内定エントリーシート自己PR作成マニュアル面接官が実際に使う評価シートなどが無料で手に入り、 内定直結イベントに加えてキャリアパーク会員専用の特別選考枠もあるなど、 第一志望に内定をもらうには、キャリアパークを使わない手はありませんね。

 もちろん就活生はすべてのサービスが完全無料ですから、コスパは無限大です。



×

志望企業の内定エントリーシートを読んでコツをつかもう!