MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:10人
※本サイトはプロモーションが含まれています

【志望動機】「製品が好き」はやめとけ|良い言い換え方を解説!

メーカーの志望動機の書き方

 志望動機に「製品が好き」と書くのは、大卒では特に不適切です。なぜだめなのかの理由と、大卒にふさわしい言い換え方を例文つきで解説します。



おすすめ・人気記事

 

志望動機に「製品が好き」がだめな理由

単なるファンは落とされる!

 志望動機に「製品が好き」と書くのがだめな理由は、大卒はそれ以上の製品を生み出すのが仕事だからです。

 例えば、日清食品のカップヌードルはすでに定番商品で、マーケティング費用をかけずとも勝手に売れます。 その収益を使って次の定番商品を開発するのが大卒の仕事です。 つまり特に大卒の場合、「カップヌードルが好き」なだけでは「その会社で働く理由」にならないのです。

 鉄道業界では「鉄オタは落とされる」と有名ですが、これも同じ理由です。 鉄道という商品を活かして「次のビジネスを展開する」のが大卒の仕事であるため、 単なるファンは落とされるというわけです。

 

製品を使わない人のほうが採用される場合すらある

企業は現状に満足していない!

 実は、企業にとっては「自社製品に不満のある人」のほうが採用したい側面があります。

 私の先輩でクレジットカード会社の説明会に参加して、「クレジットカード使ってる?」と聞かれた人がいます。 その人は「使っていません」と答えたのですが、質問してきた社員は「そういう人こそ社員として採用したい」と言っていました。

 なぜなら、シェア拡大を目指すにあたって「自社製品に不満のある人」の声こそ、耳を傾けなければならないからです。 問題点を発見して改善策を考えるためには、「製品が好きな人」を集めても仕方がないのです。

 ただし、この考え方は会社によりますから、安易に「製品に不満がある」とアピールするのもやめておきましょう。

 

製品よりビジネスに注目しよう

製品の先にある「理想」を志望動機にしよう

 以上より、大卒として就職する限りは「製品」より「ビジネス」に注目することが必要です。 言い換えると、「その企業が実現しようとしている理想」を志望動機に組み込むべきということです。

 例えば飲料メーカーのサントリーは、「人と自然と響き合う」というフレーズを掲げています。 同社が大ヒット商品「天然水」を発売したのは、この理念が前提にあるからです。

 自動車メーカーのSUBARUは「アイサイト」という安全機能を早くから搭載していますが、 これもやはり、同社に「交通事故をゼロにしたい」という理念があるからです。

 このように、あなたの好きな製品も必ず何かの理念のもと発売されています。 つまり、理念に注目して志望動機を書けば、「次の定番商品を開発したい」という「その会社で働く」のにぴったりな内容になるというわけです。

 

「社風との一致」に言い換えよう

貴社と同じ理想を目指しています!

 「大卒に相応しい言い換え」として「就活の軸と社風との一致」と述べるのがおすすめです。

 例えば日清食品では「おいしい、のその先へ」というスローガンを掲げています。 次々に新たな「おいしさ」を追求していきたいという姿勢ですね。 同社の社長は代々「カップヌードルを倒す」と豪語して先代に怒られるというエピソードがありますから、このスローガンは本物です。

 このような「社風が好き」だと言えたら、次の定番商品を生み出す仕事にぴったりですよね。 そこで、ここからは「製品が好き」の代わりになる志望動機の書き方を解説します。 その事前準備として必要になるのが、次の2点です。

  1. 社風を調査する
  2. 社風に合った就活の軸を用意する
 

1.社風を調査する

社風はWEBとイベントの両方で確認!

 企業はそれぞれ「経営理念」を設定しており、 企業のサイトや採用ページを検索すると「社会にもたらしたい理想」の話が載っています。これが「社風」です。

 企業によってはこの記述が「社会貢献」のように曖昧だったり、詳しい解説がない場合もあります。 ですから、会社説明会、インターンシップ、OB・OG訪問などで社員と接触した際に、 社風について質問して確認しておくことが重要です。

 実際に志望動機を書くときにも、「実際に感じた社風」の話ができれば説得力が高まります。

 

2.社風に合った就活の軸を用意する

私も貴社と同じ理想を追っています!

 志望先への熱意を示すには、自分が社風に合った人間であることをアピールするのが最適です。

 例えば先の日清食品の場合は、「新たなおいしさを追求し続けている学生」が社風にぴったりであり、 「貴社の社風に共感しました」と言った場合にも説得力がありますよね。 そこで、「おいしさを究めたい」「新たな定番商品を生み出したい」といった社風に合った就活の軸を作りましょう

 就活の軸とは「将来の夢」や「人生の方向性」のことですが、エントリーシートの作成には必須のものです。 まだ作成していない場合は、次の関連記事で解説していますので、今すぐ作りましょう

【関連記事】 【就活の軸】人事の心を打つ熱意あふれる答え方42例!  

言い換えた志望動機の例文

 私が貴社を志望する理由は、貴社の社風と私の就職活動の軸が一致していることです。

 私は「新たなおいしさを追求する」という就職活動の軸を持っています。 この夢の実現のために、学生時代は自炊に力を入れ、創作料理や保存食づくりに取り組みました。 このように「新たなおいしさを追求する」ことに関しては寝食を忘れるほど熱中できると自負しています。

 貴社の社風については企業サイトでの記述はもちろんのこと、 会社説明会やインターンシップでも社員の方とコミュニケーションを取る中で、 社風が強く根付いている会社だと肌で感じることができました。

 以上より、私は貴社と同じ理想を求めており、貴社の一員として新たなおいしさを追求し、消費者に感動を与える商品を共に生み出していきたいと願っております。

 

例文の解説

 志望動機を書く上で気を付けたいポイントは、次の4点です。上記例文は、これらを守った書き方になっています。

  1. 結論を最初に書く
  2. 就活の軸への本気度を示す
  3. 社風を実際に確認した話をする
  4. 就活の軸と社風の一致をアピールする

 「製品が好き」という話は一切省き、あくまでビジネス目線で「社風に共感した」というストーリーにしています。 ただし、志望動機だけ完成度が高くても、自己PRや長所・短所などの項目で「就活の軸」をうまくアピールできていないと、 ES全体の流れが悪くなってしまいます。

 そこでES全体をストーリー化しておくことがおすすめですが、その詳しいやり方は次の関連記事で解説しています。

【関連記事】 エントリーシートの書き方|「おっ」と思わせるコツ

 また、志望動機の書き方のコツや、「なぜ社風との一致がいいのか」については次の関連記事で解説しています。

【関連記事】 【例文】なぜこの会社を選んだのか|「おっ」と思わせる書き方  

志望企業の内定者はどう書いた?合格ESをもらおう

 先輩の合格ESを参考にしよう!

 志望動機を完成させても、それが合格ラインに達しているかどうか、心配ですよね。 そこで、先輩たちが実際に内定を取ったエントリーシートを参考にしましょう。

Unistyle」や「ワンキャリア」 の2つのサイトでは、歴代就活生の合格エントリーシートを大量に集めています。 就活生は無料登録するだけですべて読み放題です。2つ組み合わせれば、ほとんどの企業を網羅できるでしょう。

 エントリーシートだけでなくインターンシップや面接などの選考情報、就活テクニックの他、 特別選考枠のある合同説明会など様々なお役立ち情報が満載ですので、ぜひ利用してみましょう。

7月の今から最短で内定をもらうには?

 

大企業を狙うならスカウト型!

 大企業の半分以上がスカウト型を利用!

 実は、大企業への就職を狙うならスカウト型を使うべき時代が来ています。 意外かもしれませんが、大企業ほどスカウト型での採用が増えており、 特に従業員5,000人以上の規模では、51.2%がその採用方法をとると回答しています(※データは[PDF]就職白書2024|就職みらい研究所)。

 MY就活ネットのおすすめは「OfferBox」です。 なぜなら、就活生24万人(OfferBox 2024年卒利用実績データ)、企業17,000社以上と盛り上がりを見せており、大手は実績あるスカウトサイトを選ぶからです。

 実際に私も体験してみましたが、適性検査入力するプロフィールが書類選考以上の内容になっており、 企業が採用で重視する「人柄」「熱意」「将来性」をアピールできる仕組みになっています。 さらに企業が冷やかしの宣伝メールを送れない仕様で、本気のスカウトしか来ません

 もちろん学生は完全無料ですべての機能を使えます。 今すぐプロフィールを設定して、人事に見つけてもらう準備を始めましょう。

→「OfferBox」の公式サイト

 

自分にぴったりのインターンシップを見つけよう

 インターンから内定まで口コミが満載!

 「どこのインターンに行けばいいかわからない」と悩んでいませんか? 就活の主戦場はインターンであり、大学3年生の6月には就活が始まります。 ですが、こんな早期に志望先を決められている人なんて、あまりいないと思います。

 そこで、ワンキャリアのサマーインターン特集を見てみましょう。 締め切り前のインターンが一覧で表示されていて、詳細ページに進むとそのインターンの口コミを読むことができます。 また、会員登録すると「自分の大学での人気企業」が見れたり、「内定・選考直結型インターン」への参加申し込みもできます。

 他にも企業ごとに「実際に内定を取ったエントリーシート」、一次面接・二次面接など「選考の体験談」が計52万件が読めるなど、 インターンから内定まで必要な情報がそろっています。大学生・院生なら完全無料どころか、内定後に選考体験談を投稿すると謝礼があるので、 就活を始めるならぜひ利用しておきたいですね。

ワンキャリアの公式サイト

 

早期選考にまだ間に合う!

 就活まだ何もしていない人が勝ち組になる方法!

 「就活、まだ何もしていない」というその不安、実は正解です。 そして何より「選考がどんなものかわからない」のが最大の不安ではないでしょうか。

 それを解決するには早期選考に行くのが一番です。「選考に慣れる」ことができる上に、 通常選考よりライバルが少なく受かりやすいため、「実はもう内定がある」という余裕を持つことすら可能なのです。

 そんな早期選考に招待されるために「インターンシップに行く」のが通常なのですが、 まだ何もしていない人でも「インターンなし」で、今から同じ条件に立てる方法があります。 それが「「ジョブトラ」に参加する」という方法です。

 ジョブトラは「合同説明会」に加えて「グループワーク」が実施されるのが特徴の就活イベントで、 事前準備なし最大6社の早期選考が一度に受けられるというものです。 「エントリーシート・自己分析」は不要で、「学部3年生(修士1年生)」なら就活完全初心者でOKです。

 もちろん学生は完全無料ですから、早期選考を受けて「まだ何もしていない」状態を解消し、 「選考には慣れている」あわよくば「実はもう内定がある」という状態に持って行ってしまいましょう。 イベントは「たった半日」です。通常選考で泥沼に浸かるくらいなら、ジョブトラへ行きましょう。

「ジョブトラ」に参加する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで71,000通を超えるエントリーシートが収録されています(2023年5月時点)。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ見つかるサイトと言っていいでしょう。

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む


著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、11年間に渡り学生の就職活動を支援している。 →Xのアカウントページ




×