MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:39人

 

【就活】企業が求める人物像とは?説得力あるアピールの方法

 就活では企業が求める人物像を演じ、人事に気に入られて内定を決めたい!と思う人も多いです。 しかし、会社説明会で言われる「人物像」は非常にあいまいでわかりにくく、 どうすればそれをアピールできるかわかりません。

 今回は、「企業が求める人物像」とは何なのか、さらに具体的に解説します。



記事一覧へ

プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、7年間に渡り学生の就職活動を支援している。


 

「企業が求める人物像」とは?

 「企業が求める人物像」とは、「会社の経営理念・ビジョン・社風と一致した志を持つ人物」です。

 例えば、以下の企業の「求める人物像」を見てみましょう。

  • 自ら学び、自ら考え、新たな価値の実現に向けて挑戦し続けていく人材(デンソー)
  • 進取の気性にあふれ、未知のものにチャレンジする気概に満ちた人(キヤノン)
  • 楽天主義を理解し、共感し、実行に移すことができる方(楽天)
  • 困難で高い目標を自分で掲げ、現場の事実をしっかり見据えた上で、地道に、愚直に、やりぬける人(トヨタ)
  • 目標に向かって一緒に挑戦する仲間(日本製鉄)
  • 自由で柔軟な発想を持つ人・常に挑戦する人・誠実な人・逆境に強い人(JFEエンジニアリング)
  • 高い倫理観、変化への想定力、困難を乗り越える実行力を併せ持ち、創意工夫によって持続性のある事業価値を創出する人(三菱商事)
  • ・使命を果たす「責任感」を持った人・チームワーク良く物事を進めることができる「協調性」のある人・自らの頭で考え、 自らの体で行動できる「自律的」な人・新たなことに挑戦し、成し遂げようとする「熱意」のある人(JR東海)
  • 高い志を持ち、自ら考え、主体的にやり抜く人材(東急電鉄)
  • 成長意欲の高い人材、本質を考え抜く思考力を持ち、周囲を巻き込みながら仕事を進めていける人材、 仕事への「自分の強い想い」をどんな相手にでもぶつけていける人材、 不確実な状況でも、勇気を持って行動し、最後までやり抜ける人材(富士フイルム)

 このように「積極性」「自分で考えて行動する」「柔軟性」「強い思い」などが挙げられています。 どこの会社でもだいたい同じですよね。特別なことが求められているのではありません。

 ここでこれらをまとめると、「会社と同じ志を持つこと」と言えます。

 

なぜ「同じ志」か

 なぜこれらをまとめて「同じ志」と言えるのか、解説します。

 例えば「ゲームが好きな人」であれば、 攻略法を調べる戦い方を編み出す失敗したら別の方法を試すなんとしても攻略したいと思いますよね。 スポーツでも料理でも、「能動的な趣味」はこのように努力しますよね。

 そう、「好きなこと」に対する姿勢は、まさに会社が求める人物像同じなのです。

 大卒総合職として就職するあなたは、経営幹部候補生です。 「ただ言われたことをする平社員」ではなく、ゆくゆくは課長・部長といった管理職、 そして取締役・社長と出世していくことが期待されています。

 管理職・経営者というものは、そのビジネスが好きすぎる人でないと務まりません。 「好きなゲーム」と同じで、「自分から率先して」「調べる」「考える」「試す」そして何より「目指すものがある」 ことが大前提なのです。

 これは実は、孫氏の兵法書の時代から言われている、「幹部級の仲間」を集める際の大原則であり、 同じものを目指している人こそが採用すべき理想の人物なのです。

 これを会社は、あなたの「就職活動の軸」と会社の「経営理念・ビジョン・社風」が、 いかに一致しているかで判断します。前者は「あなたの将来の夢」、後者は「会社の将来の夢」と言い換えることができ、 それが一致している=「同じ志を持っている」というわけです。

大卒就活とは?特有のやり方|ビジョンを持たないと厳しい

 ですが、「弊社のビジネスを好きで好きでしょうがない人です!」などと言おうものなら、 「ブラック企業」なイメージを持たれてしまいますよね。

 真意はそうでなく、労基法を守るのもまた前提です。しかし勘違いされて応募が減ると困ります。 それに、「貴社のビジネスが好きすぎてしょうがないです」とだけ述べる学生が増えても仕方がありません。

 ビジョンが一致している証拠を、エントリーシートにストーリーとして書いて初めて、 「理想の人物像」であることがアピールできるのです。

 

かっこいい「志」がない!

 「志」と聞いて、引いてしまう方もいるかもしれません。

 「そんなかっこいい志なんて持ってないよ!

 安心してください。ビジネスをやる志なんて、かっこいいものなんてまず、ありません

 例えばホンダのスーパーカブがなぜ生まれたのかをご存知でしょうか。 ホンダの公式サイトにスーパーカブの誕生秘話が掲載されていますが、 「女性でも乗りやすい」ことにこだわっていたことがうかがえます。

 実はこの「女性」とは創業者:本田宗一郎氏の「妻」であり、自転車で買い物に行く奥さんが大変そうだったので、 奥さんに楽をさせてあげたいからと思いついた製品だったのです。

 「家電」はもちろん、「産業革命」だって同じです。言い換えれば女性の歓心を買いたかったということですよね。 「モテたい」とか「楽をしたい」という、実に人間らしい「ドロドロの欲望」「怠惰な夢」が、 ビッグビジネスどころか現代社会そのものをつくっているのです。

 むしろ「社会貢献がしたい」とか「人の役に立ちたい」と言っている就活生を見て、どう思いますか? 「絶対ウソだろ」って言いたくなりますよね。そんなかっこいい志なんて逆に信用がありません。 人事だって同じことを思います。

 「社会貢献がしたいからロボットをつくる」という人と「ダラダラ寝転がっていたいから代わりに働くロボットをつくる」という人では、 どっちが本気っぽいですか?

 そう、むしろ「かっこよくない志」のほうがよっぽど説得力があるのです。

 

説得力あるアピールの方法

 上記を踏まえて、求める人物像であることをアピールする方法を解説していきます。 まずはエントリーシートの理想の構成を見てみましょう。

 

ESは三部作構成に

 実は、エントリーシートはどの会社も三部作構成になるように同じお題が出題されます。

 このように、「就職活動の軸」に対する「過去編」「現在編」「未来編」という具合に、 「『将来の夢』実現ストーリー」を書かせる構成に、最初からなっているのです。

 ほとんどの就活生はこの「三部作構成」に気づかず、各設問に独立して答えてしまい、 「一貫性のない学生」として書類選考で落とされてしまいます。運よく合格しても、一次面接で落とされる羽目になるのです。

 特に「学生時代頑張ったこと」は夢のために自ら動いたという風に書かなければなりません。 ネタとして「学業」がダメと言われるのは、「教授に言われたから」がんばったのではダメだという意味です。

 夢のために自ら進んで、誰の指示命令も関係なしに学んだことであれば、 そういう風に書くことによって人事も認めるガクチカになります。

 こんなこと知りませんでしたよね。しかし、あなたは今このことを知りました。もう大丈夫です。 説得力あるエントリーシートが書けます

 

自己分析をする

 「自己分析」という言葉は聞いたことがあると思います。 「心理テスト」のようにとらえて、なんとなくスルーしていませんか?

 実はこれは将来の夢、就活用語で「就職活動の軸」を導き出すための作業なのです。

 会社の「経営理念・ビジョン・社風」に対する、あなたの「ビジョン」を考えるのです。

 ほとんどの就活生は、これをせずになんとなく「適職診断」などを受けて、あとは放置してしまいます。 それでは「企業の求める人物像」と一致しているかどうか、自分でも判断できませんよね。 こうしてみんな選考に落ちていくのです。

 逆に言えば、就活の早い段階で自己分析ができていれば、人事にとってあなたが輝いて見えるというわけです。 特にインターンシップの段階ならば、ほぼ敵なしです。 もちろんプレエントリーが始まったばかりのころも、だいたい勝てます。

 先ほども述べたように、「かっこいい志」である必要はありません。 むしろ人間らしい、「何もしたくない」「家から出たくない」というような怠惰な夢、ドロドロの欲望のほうが説得力があります。

 心の奥底に潜む「真の願望」を言語化し、ビジネスにつなげるのです。 そして、その証拠として「過去」「現在」と一貫してその夢を目指しているエピソードを書き、 「未来」はその会社のビジネスで夢を実現すると結論付けるのです。

 自己分析を何より一番最初にやる。これこそが就活を最短で終わらせる秘訣です。

自己分析のやり方!~人事の心に響く人生設計

 

会社のパンフレットやwebサイトを読む

 パンフレットやwebサイトを読んで、なんとなく「業績」などの暗記に終始してしまってはいませんか? 「こういうものを読め」とはよく言われますが、そこで何を感じ取ってほしいのか、 会社はちょっと説明不足な感じがします。

 これらを読む理由は、「会社の経営理念・ビジョン・社風を理解するため」です。

 例えば自動車メーカーのSUBARUの公式サイトを読んでみてください。

 「安全」「安全」「安全」としつこいほど書かれていますよね。 そして「総合安全の特設ページ」まであり、 そこには2030年に交通事故ゼロという大きな目標が掲げられています。

 SUBARUは「交通事故に遭いたくない」「起こしたくない」人が集まった会社で、 交通事故をなくしたい社風だと言うことができます。

 他の自動車メーカーのwebサイトを見ても、ここまで安全にこだわっている会社はありません。 実は、「安全は儲からない」と言われていた1990年代にはSUBARUはすでに「安全技術」の開発を進めていて、 古くは戦前の「中島飛行機」をルーツにもつ同社は交通安全をずっと目指してきた会社なのです。

 このように「会社のビジョン」を知れば、何をアピールするべきなのかが見えてきますよね。 そう、事故をなくしたいという熱い思いを、エントリーシートでぶつけるのです。

 しかし、ただ「事故をなくしたい」というのでは説得力がありませんから、 「就職活動の軸」を「事故ゼロ」と結び付けた上で、「学生時代頑張ったこと」「長所と短所」でその証拠を見せるのです。

 このように、会社のビジョンを見つけ出すために、パンフレットやwebサイトを読みましょう。

 

面接でアピールする方法

 上記で準備したものを、面接でアピールする際の注意点を解説します。 「企業の求める人物像」であることを伝えるにしても、そのやり方を間違えるとむしろ逆効果になります。 では、具体的にどうすればよいでしょうか。

 

聞かれていないことは答えない

 当たり前のことのように思われますが、「聞かれていないことには答えない」ができない人は無数にいます。 というのも、面接では「自分を良く見せたい」という意識が作用してしまうからです。

 例えば短所を聞かれているのに

 短所は長所の裏返しです。「じっくり考える」という長所は、裏を返せば「考えすぎる」という短所でもあります。

 というように、長所を答えてしまう人がいます。 「長所の裏返し」と言えば、なんとなく頭が良さそうな上に短所のダメージが減りますよね。 ですが、それは短所を認めたくないという態度でもあります。

 実はこれは面接官にとって低評価であり、自分の悪い部分を直視できない、反省できないのは、 新人教育をしても効果がない若者として目に映ってしまいます。

 「悪い部分は認めた上で、克服しようとする」姿勢こそが重要なのであって、 面接の時点で完璧超人であることは求められていません。

 この他にも、グループ面接などで他の人が聞かれた質問について、 自分の順番が来た時にアピールしてしまうのもアウトです。

 「聞かれたことに対して、聞かれたことを答える」のはコミュニケーションの前提であり、当たり前のようですが、 面接ではつい、やってしまう間違いですので注意してください。

 

ビジョンの話を必ずする

 面接では先に「ガクチカ」を問われることもあれば、「志望動機」から問われることもあります。 この時忘れてはならないのが、ビジョンの話を必ずすることです。

 例えば「学生時代頑張ったことはなんですか?」と聞かれたら、 「アルバイト先の店舗での、お客様の転倒防止を頑張りました」というように答えますよね。 その次に、必ずこの一文を入れましょう。

 「将来の夢のために」

 夢を語るのは、少し恥ずかしい気がしますよね。ですが、夢を語りましょう。 会社はあなたの夢を聞いて、採否を決めます。「ビジョンなくして内定なし」と覚えておいてください。

 ただし、一度話した後は、しつこく何度もする必要はありません。 これはこれでコミュニケーションの問題となり、しつこいアピールは逆効果です

 

大きな声で話す

 「大きな声」というのは、思っている以上に重要です。 ただ「聞き取れないことを防止する」ためではなく、夢に対する自信活力あふれる証拠になるからです。

 大きな夢を語る割に声が小さいと、自信がなさそうに見えます。 また、新人を採用することで会社に新鮮な風を吹かせたいのに、「まるでくたびれたおじさん」だったら効果がないですよね。

 夢と活力にあふれた若者であることをアピールするためにも、大きな声には必ずこだわってください。

 一方で「声が裏返る」とか「緊張してふるえる」というのを就活生はおそれがちですが、実はクソどうでもいいことです。 というのも、人生を左右する面接の場で緊張するのも、 そういった場に慣れていないのも、「学生なら当たり前」だと面接官は知っているからです。

 「ガチガチに緊張する」のがマイナス評価になることは決してありません。 なぜなら、就職したら1年も経たずに慣れることを、サラリーマンなら誰でも経験済みだからです。

 私も「声がひっくり返る」ほど緊張するタイプでしたが、3ヶ月もしたら完全に克服していて、 むしろ「オフィスにいるよりお客さんと会っているほうが気楽」なレベルになりました。 20年近く悩んだことでも、就職すれば意外とそんなもんなんです。

 面接では逆に「第一志望なのでガチガチに緊張しています!」と声を張った方が好印象です。

 この他にも面接のコツや注意すべきことを、次の記事でまとめていますので参照してください。

面接のコツ|これであなたが輝いて見える!

 また、「Unistyle」 という就活サイトでは実際に内定を取ったエントリーシートが無料で読み放題です。 あなたの志望企業に内定した歴代就活生がどう書いたのか参考にして、ES作成に役立てましょう。

心に響く!”アツい”エントリーシートの書き方 

今から最短で内定をもらうには?

 

早期に隠れ優良企業と接触する!

 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 法人向けのビジネスは消費者向けの20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。

 見つけ切れていなかった業界に、手遅れになってから気付いて後悔するなんて、絶対したくありませんよね。

 しかし「OfferBox」なら、 知らなかった優良企業が向こうからあなたを探し出してくれます。

 プロフィールを充実させていくとマッチング精度がどんどん上がっていき、 「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時にはいきなり最終面接のお誘いすら来ます。 いちいち書類選考に応募しなくていいので、時間短縮にもなりますね。

 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。 BtoBの隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業ともマッチングします。

 すでに21卒・22卒の募集も開始しています。 また、100万人の診断結果をもとにした「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

→「OfferBox」でスカウトをもらう

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

→「Unistyle」で無料ダウンロードする

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

→「ワンキャリア」で無料ダウンロードする

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに21卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 21卒も2020年12月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

→「MeetsCompany 」に参加する


 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!
×

志望企業の内定エントリーシートを読んでコツをつかもう!