リアルタイム閲覧者数:11人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

【就活】エントリーシート郵送マナー

 就活において、エントリーシート郵送にあたって、マナーがあるとよく言われます。 エントリーシートは小さく折りたたまずにクリアファイルに入れて、さらに送付状をつけろと言われることでしょう。

 受け取り側、つまり採用担当者の取り出す手間、開く手間を省いた上で、雨に濡れても中身は大丈夫という優れものです。 就職すると郵送のマナーとして、書類をクリアファイルに入れ、書類の説明を書いた送付状も入れ、クリアファイルごとA4サイズの封筒に入れるのです。

 しかしそのマナーは誰が言いだしたのでしょうか? 就活生はエントリーシート郵送マナーをどこまで守ればいいのでしょうか。 

 

送付状とは?

 送付状は、封筒の中身が何なのかを伝える文書です。 就活なら「お世話になっております。○○大学の△△です。エントリーシート一式をお送りいたします。よろしくお願いします。」 と書くことでしょう。

 送付状は、会社の封筒で書類を郵送する場合、例えば請求書支払明細書契約書を送るのに使います。 お金を要求するものであったり、客先に送るものですから、丁寧に中身が何なのか伝えるのです。 「どこそこに押印の上、いつまでにご返却ください」や、単に客先に提出するだけの書類であることなど、 特に伝えることがあれば送付状に書きます。

 しかしエントリーシートはお金を要求するものでもなければ、送ると失礼にあたるものでもなく、 会社が送れと要求したものです。さらにエントリーシートを入れた封筒は中身がわかりきっています。

 むしろ封筒に「エントリーシート在中」「履歴書在中」と書かせることが多いと思います。 中身がわかりきっているものに送付状をつけても邪魔なだけです。

 そもそも送付状自体が、本来は不要なものです。中身がわからないから送付状をつけるといっても、 送付状も中身を開けないとみることができません。 書類を郵送するときは先に電話で説明しますし、電話がつながらなければメールを送ります。

 送付状は、郵便物が届いた時にチラっとみて廃棄処分です。 契約書類でもなければ請求書でも、明細書でもありません。もはやゴミなのです。

 いちいち送付状を書くのは時間の無駄ですし、送る書類が増えてしまいます。 ないに越したことはありません。しかし、「丁寧に対応してますよ」アピールをするため、 習慣化してしまった送付状のマナーにしたがっているだけなのです。

 ましてや就活生がいちいち送付状を書いて送る必要などありません。 何の意味もないからです。

 

エントリーシート郵送にクリアファイルは要らない!

 クリアファイルに入れて送り状をつけるのはビジネスでのやり方です。 就活マナーなどではありません。人事がそうしろと言ったのでしょうか?

 いいえ。そんなことは言いません。 背伸びしてビジネスマナーを真似しなくてもいいのです。 アピールになるどころか邪魔くさくて嫌がられるだけです。

 「エントリーシートが雨で濡れたらいけないから」と説明する人も多いですが、 郵便局はそんなに郵便物を雑に扱いません。 会社への郵便配達は、中身が濡れないように郵便局で袋に入れて配達されることが通常です。

 折れ目がついたとか、そんな経験もありませんが、折れ目がついてしまったとしても読めるのですから問題ありません。 もっといえばクリアファイルから出すときに静電気でくっついて出てこないほうがイラっとします。

 そもそも大学では封筒の送り方を学んでいるわけではありません。 書類の郵送の仕方など、入社してからの新入社員研修で学べばいいのです。 下手なことをせずに、人事の言うとおりに郵送すればいいのです。

 私も一度、説明会用の資料をクリアファイルに挟んだものを処分する際に、百通ほどのクリアファイルから資料を抜く作業をしました。 非常にめんどくさいです持って帰れや!と憤りました。 たった百通でこれなのですから、何千、何万通と届くエントリーシートがいちいちクリアファイルに入っていたら、 気分を害してしまうでしょう。

 

守るべきエントリーシート郵送マナー

 本当のエントリーシート郵送マナーとは、人事の言うとおりにすることです。 封筒のサイズが決まっていたらそれに従う。「エントリーシート在中」と朱書きするように書かれていたら従う。 余計なものを入れるなと書かれていたらエントリーシート以外は入れない。

 毎日大量のエントリーシートを受け取る人事部で、「あ、こいつ俺が書いたこと読んでないな」と思われたらおしまいです。 その辺で言われているエントリーシート郵送マナーより、書かれていることを忠実に守ることが大事です。

 まずはしっかり、エントリーシート郵送の注意点を読みましょう。 会社の決めた郵送ルールに従っていなければ、その時点で捨てられてしまう可能性も否めません。 封筒の郵送で落とされては悲惨です。

 郵送で必ず決められているルールは、締切です。締切は厳守です。 締切を過ぎたらもう、エントリーシートは送っても仕方がありません。 期日を守れないのは、あってはならないことだからです。

 一次締切に間に合わず、二次締切に回された場合、合格する確率はガクッと落ちます。 なんとしてでも一次締切に間に合うように、締切日には到着しているように送りましょう。

 またエントリーシート在中と朱書きすることを要求されていなければ特にする必要はないのですが、 どうしても気になるという方は封筒に書いてしまいましょう。

 封筒にエントリーシート在中と書いてあるからといって手間が増えるわけではありませんし、 数ある封筒の中から赤い字が見えれば目立つことでしょう。 クリアファイルに入れるとか、送付状をつけるといったことよりよっぽど相手を気遣ったやり方ですね。

 エントリーシートを郵送する際に、会社から特に要求されていなければ、書留や速達にする必要はありません。 大学受験のときは書留・速達で願書を送ったことと思いますが、エントリーシートは普通郵便でかまいません。 郵便局では「書留にしますか?」とすすめられることもあると思いますが、そこは好みの問題です。

 私は書留も速達も使いませんでした。どうせ届いても、届かなくても書類選考で落ちるときは落ちるのです。 切手も特に記念切手にする必要もありません。普通に送ればいいのです。

 しかし封筒の大きさ、分厚さ、重さによっては切手の値段も違う場合がありますので、 なるべく郵便局の窓口から送るようにしましょう。送料より貼った切手の金額のほうが少なければ、 会社に届かないか、会社が不足分を負担することになってしまいます。

 

無料サービスで内定力を高める

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 自分にあった会社かどうかは結局のところ入社してみるまで分かりません。 会社側から声をかけてくれるとうれしいですが、従来型の就活サイトでいう「スカウト」はただの宣伝メール…

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社に提出したエントリーシートや選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックして本物のスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 もちろん就活生は無料で利用できます。SNSの要領でプロフィールを充実させればさせるほどスカウトがもらえます。 あなたの存在をたくさんの企業にアピールしましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒もますます内定が早期に出る人が増えていて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 

Unistyle

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 Unistyleでは、一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界など、 から志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 就活生は一切お金がかかりませんので、登録しておかない手はないと思います。



 

ワンキャリア

 ワンキャリアでは4万7000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 オリエンタルランド、キヤノン、NTT東日本、野村総合研究所、帝人、日本航空(JAL)などの日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、ベインアンドカンパニーなどの外資系企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの体験談などもまとめられているのが特徴で、 さらにその企業に関連する就活記事では志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、 従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 志望する企業の選考ステップを詳しく知ることで不安を解消し、実際に合格したエントリーシートを参考に、 自分のエントリーシート作成・キャリア形成に役立てましょう。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、リアルな選考情報・体験談も1000件以上です。

 トヨタやホンダなどの自動車メーカー、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行、日本総研、NTTデータ、 日立製作所、JX、JRなど一流企業の合格エントリーシートが多数そろっています。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」