MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:29人

 

後悔しない!就活バッグの選び方|入社後も使える

 就活バッグの選び方、特に色やサイズの条件やおすすめのカバンを紹介しています。 選び方を間違えなければ入社後も使うことができ、後悔せずに済みます。



おすすめ・人気記事

23卒の就活はすでに始まっている

記事一覧へ

 

就活バッグの選び方!4つの条件

 就活バッグの選び方は、次の4つの条件を満たすことです。これがビジネスバッグとリクルートバッグの違いです。

 この4つの条件を満たすものが、「ビジネスバッグ」の中でも特に「リクルートバッグ」と呼ばれるものです。 後者は前者に含まれるため、入社後もそのまま使えます。 そのため「防水or撥水」を外してしまうと、すぐボロボロになって買い直す羽目になりますので注意しましょう。

 このように、ビジネスバッグならなんでもいいというわけではありません

 しかし、カバン屋さんに入っても、「リクルートバッグ」という名前で商品が置いてあるわけではありません。 お店の人に聞くのも一つの手ですが、お店の人は流行りのバッグをすすめがちです。 それが「リクルートバッグ」であるかどうか確かめるためにも、リクルートバッグの特徴を詳しくおさえておきましょう。

 

1.自立する

 最も重要なのが自立するという条件です。 カバンをイスや壁にもたれかけることなく、何もないところで立つカバンであることが必要です。

 就活ではカバンをイスのそば、足元に立てて置いたり、会場のすみっこに並べて立てておくことが多いです。 たくさんの人が集まる会社説明会ではカバン置き場に所せましと並びます。 自立しないカバンだと場所をとってしまい、邪魔になるのです。

 ふにゃっとしているカバンはNGです。自立しませんし、配布資料が中でしわくちゃになってしまいます。 配布資料がカバンの中でしわくちゃにならないように、ある程度かたいカバンであることが必要です。

 つたない絵でお恥ずかしい限りですが、画像のように底鋲(そこびょう)がついているものがよいでしょう。

 

2.A4サイズ以上であること

 A4サイズ以上であることは最低条件です。 会社説明会やセミナーで、会社のパンフレットやエントリーシートを受け取ります。 これらはクリアファイルに入れて、カバンにしまいます。

 このとき持っている就活カバンがA4サイズより小さければ、配布資料を小さく折りたたまなければなりません。 パンフレットが思った以上に分厚かったり配布資料が多かった場合、カバンに入りきりません。

 筆記用具や折り畳み傘を入れたりもしますし、配布資料を封筒に入れて渡してくれる会社も多いです。 ペットボトルを入れることもあるでしょうし、1日で2~3社の説明会に出席することもあるでしょう。

 縦30cm、横42cm、幅9cmが標準的です。 ノートパソコンが入るくらいのサイズの就活カバンを探してみましょう。 買いに行く際はA4ファイルを持参して、入るか確かめるのが良いでしょう。

 

3.防水or撥水のカバン

 就活カバンは、防水または撥水のカバンであることが望ましいです。 何か月もの間、就活カバンを使うわけです。当然雨が降ることもあります。 防水・撥水カバンでなければ中身が濡れてしまいます。

 また、カバンは濡れると、特に合成皮革の場合はだんだん劣化していきます。 スーツや靴、ベルトにも言えることですが、基本的に就活に使うものは水に弱いです。 そもそも濡らすべきではないのですが、雨なら仕方がありません。

 コロナ禍でオンライン面接が増えており、就活バッグを外に持ち出す機会は減っています。 防水や撥水のものを選ぶことで、多少雨に濡れてもボロボロにならず、就活が終わるまで使い倒せる上に、 入社後もそのまま使えます

 

4.黒or黒系の色

 就活で使うカバンの色は、黒または黒系の色にしましょう。 就活ではスーツの色は黒が基本なのと同様に、カバンの色も黒が基本です。 茶色を使う就活生もときどきいますが、社会人は「就活生が茶色とは生意気だ」と思う場合もあります。

 真っ黒である必要はありません。しかし、一見して「黒系だな」と思えないような色は、 採用担当者や面接官の目にとまり「常識がないな」と思われてしまう可能性があります。 黒に近い紺色、黒に近いこげ茶色、黒に近い灰色が良いでしょう。

 また、これはファッション性の話になりますが、金具は男性なら光沢が鈍いものを選ぶようにしましょう。 光沢の強い金具は「安物」の象徴で、先輩サラリーマンから白い目で見られます。 一方で女性の場合は気にする必要はないでしょう。

 

就活カバンは安物でもいい!

 就活のカバンは安物でも構いません。お金がないのに無理して高いカバンを購入する必要はないのです。 女性の場合は特に、スーツで通勤することが稀ですので、 スーツに合わせたリクルートバッグは入社後、研修期間くらいしか使えないでしょう。

 入社して安っぽいカバンのままでいると「マシなカバンを買え」と怒られることもあるくらい、 サラリーマンというものは靴やカバンにうるさいです。 ですが、就活生はお金がないのが前提ですから、安っぽいカバンで怒られることはありません。

 今お金がなければ、入社してから良いものを買うつもりで、 男性の場合5000円から1万円程度、女性の場合は4000円から1万円程度のカバンをリクルートバッグとして使いましょう。

 ところが5000円を下回ると今度は安物すぎて雨が降るとすぐにボロボロになってしまったり、 取っ手が壊れてしまったりします。 そこで、次の項目ではおすすめカバンを紹介します。

 

おすすめ就活カバン

 リクルートバッグとしての条件を満たした、おすすめの就活カバンを紹介します。

 

安いカバン-男性用

 まずはお金のない方向けに、入社後買い替える前提の就活カバンです。 上で挙げた就活カバンの4つの条件(自立する、A4サイズ以上、防水or撥水、黒or黒系の色)に合った就活バッグを見ていきましょう。

 こちらは現在4,990円の就活バッグで、価格としては非常にお手頃だと思います。

 自立し、A4サイズ以上であり、防水カバンであり、黒色のカバンです。 就活カバンとして最適です。

 口が良く開くため書類も入れやすく、またポケットも多く、 書類を分けて入れることが可能です。携帯電話もメモ帳も分けて整理することができます。

 

安いカバン-女性用

 女性用の就活バッグは、トートバッグが基本です。 手提げカバンではなく、取っ手の部分を肩にかけられるものを選びましょう。

 こちらはレディースの就活バッグですが、自立するカバンであり、 縦27cm、横36.5cm、幅11cmとA4サイズ以上であり、合皮なので雨にも強く、 黒色のバッグとなっています。

 取っ手が長く、女性なら十分肩にかけられる長さです。 ポケットも多く、ペンホルダーやペットボトルホルダーもついており便利ですね。

 

就職後も使えるカバン

 一方で、ワンランク上のカバンを買うと、入社後も使うことができます

 上で紹介したようなカバンは確かに就活中には役立つのですが、劣化も早いという難点があります。 就活で酷使してボロボロになってしまい、就職後は使えません。 今お金を持っていない就活生にとっては上のものでも十分ではあります。

 とはいえ、就活の1年間にしか使わないカバンに比べて、 本革で、高級ブランドでないカバンは3年は使えますから、コストパフォーマンスに優れているとも言えます。

 例えばこのカバンは本革で、自立型で、地面においても傷がつきにくいように底鋲が底面の中央にもついています。 A4ファイルはもちろん、ビジネス書や財布、スマホなどがピッタリ収まる多彩な内ポケットが特徴的です。

 金具の光沢もおとなしめで、ノートパソコンも入ることから就職後もばっちり使えるでしょう。

 このカバンは本革×コーデュラ素材 二層式室&スリム設計 15インチPCバッグ で税込み14,300円で販売されています。有名ブランドではないので「生意気だ」と思われる心配もありません。

 女性の場合は申し訳ありません。筆者が男なので「私服にも合うカバン」がわかりません。 お手数ですがビジネスバッグ公式通販【TRANSIC】 には女性向けバッグも多数取り扱いがありますので、こちらをご覧ください。

 

就活カバンの注意点

 就活のカバンを選ぶ際に注意しておくことを解説します。

 まず、就活カバンの中身を想定することが必要です。 就活カバンには何を入れるのでしょうか。主に筆記用具、折り畳み傘、クリアファイル、 履歴書、手帳、メモ帳、エチケットブラシ、財布といったところでしょう。

 それらを全てカバンに入れた時、特に紙が折り曲がったりシワクチャにならないでしょうか。

 私が就活をしていたとき、ポケットがもう少しあればなと思うことが多かったです。 筆記用具と紙を同じ部分に入れておくと、どうしても紙が折れ曲がったり、 シワクチャになってしまいがちです。

 筆記用具や折り畳み傘と、書類を分けて入れられるようなカバンにしておくべきだと思います。

 特にペットボトルや折り畳み傘は濡れてしまいがちですので、 書類を濡らしてしまわないように対策のとれるカバンを選びましょう。

 もう1つ注意しておくことは、ファスナーなどできちんと閉まることです。

 いくら防水・撥水のカバンであっても、上が閉まらなければ雨が降ると中身が濡れてしまいます。 私が紹介した就活バッグはしっかり全体をファスナーで閉じることができますが、 単にボタン1つで留めただけ、上をファスナーで閉じただけのようなバッグはよくないでしょう。

後悔しない就活の準備|あれやっとけばよかったシリーズに戻る

就活にふさわしい腕時計

リクルートスーツの選び方|どんなスーツが何着いる?

 

10月の今から最短で内定をもらうには?

 

人事部長「すばらしい!君のような新卒がほしかった!」

 あなたは社会にとって価値のある人材です。ですが就活生は40万人もいて、存在のアピールをしないと埋もれてしまいます。 一方で優良企業の宝庫であるBtoB企業は、知名度が低いために学生に見つけてもらえません。 「消費者向けに広告を打たない」というだけの理由でスルーして、就職してから知って後悔するなどもったいないです。

 実は、学生と優良企業をつなげてくれるプラットフォームがあります。それが「OfferBox」です。

 SNSの要領でプロフィールを登録すると、価値を認めてくれる会社が「スカウト」を送ってくれます。 宣伝メールを一斉送信する機能がないのが特徴で、本気のスカウトしか来ません。後はその企業を「逆選考」して応募するか決めればいいだけです。 「書類選考が免除」「いきなり最終面接に呼ばれる」などかなりの時間短縮になります。

 しかし、「メールがたくさん来て面倒」どころかプロフィールを充実させないとスカウトが来ません。 入力度が80%に達してようやく1通来るというイメージです。しかし、届いたスカウトは本物です。

 フォームに入力していくだけであなたの価値の「アピールの効果」まで引き上げてくれてますから、プロフィールの充実のさせ方は簡単です。 また100万人の診断結果を元にした「適性検査」を受検すれば、自己分析も簡単に終わります。もちろんすべて完全無料です。

 すでに23卒の登録受付を開始しています。 早期に登録すれば隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業の採用枠がたくさん空いていますから、他の学生より早くに満足な内定がもらえる可能性が高いです。

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 その場で面接が始まり、早ければその場で内定がもらえる内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 なぜ即日内定が可能なのかというと、採用権限を持った役員が説明会に来るからです。 実は、どの会社も採用権限は人事部にありません。書類選考~二次面接は「役員に会わせる学生を選別するため」に行われるもので、 逆に言えば、いきなり役員面接なら、それまでのステップはすべて省略可能なのです。

 すでに22卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 22卒も2021年10月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

どうせ悩むなら「受かりすぎてヤバい!」が良くないですか?

 会社探しには無限の時間がかかります。世の中には無数に会社があり、その中から楽しく働けそうな会社を見つけるのは至難の業です。 実際、「そんな会社はない」と思っていませんか?かつては私もそう思っていました。 しかしよく考えてみれば、20~30社しか会社を知らないんですから、見つからなくて当然ですよね。

 見つけきれていなかった会社や、よく知らなかった業界に手遅れになってから気付いて後悔する…というのは、歴代就活生が味わいまくってきた苦痛です。 そんな悲しい就活、絶対に繰り返してはいけませんよね。

 そこでオススメなのが、「キャリアチケット・スカウト」です。

 キャリアチケット・スカウトは、プロフィールを入力していくと、それを見た企業の人事から「オファー」が届いて優遇選考に招待される、スカウト型就活サイトです。 会社側が興味を持ってくれているわけですから、あなたの性格に合っている可能性が高いというわけです。 無限に会社を探し続けるより、待っているだけですから、ものすごく効率がいいですよね。

 わかりにくい「自己分析」もフォームに入力するだけで、人事の心に響く自己PRが簡単につくれます。 これでスカウトがもらえる上に、本命企業へのエントリーシート作成に流用してもいいわけです。 もちろん完全無料で使えますから、試してみる価値は大いにあります。


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×

志望企業の内定エントリーシートを読んでコツをつかもう!