【就活】大学生になったら始める就活の準備と対策     
リアルタイム閲覧者数:10人

 

【就活】大学生になったら始める就活の準備と対策

 大学に入学すると、次は就職活動が待ち受けています。 早期に就活を意識し始めるのは「意識高い系」だとバカにする人もいますが、全くそんなことはありません。 就活の準備と対策は何をすればよいか解説します。 

 

就活って何をするの?

 就活はもちろん会社に正社員として採用してもらうために行うのですが、 具体的に「就活では何をするのか」を解説します。

 

STEP1:インターンシップに参加する

 就活は大学3年生の6月に募集が始まる「インターンシップ」から始まります。

 インターンシップとは大学生向けの職業体験であり、実際に会社に出勤して、 仕事を体験してみる活動です。ここでは指導役の社員が評価シートを書いていて、 評価が高ければ裏選考ルートで有利に内定をもらうことができます。

 基本的には大学3年生の6月が募集開始の時期なのですが、 会社によっては大学1年生、2年生向けにもインターンシップを実施している場合がありますので、 特に興味のある会社などは早期に接触しておくとさらに有利でしょう。

 

STEP2:プレエントリーをする

 大学3年生の3月1日を迎えると、会社が一斉に「プレエントリー」の受付を開始します。

 プレエントリーとは会社に個人情報を登録することで、会社説明会やエントリーの案内を送ってもらうものです。 大昔は会社に電話したり、大学に来ている求人票を見て応募するしかなかったのですが、 現在はインターネットを通じてプレエントリーすることで、その手間が省けるというものです。

 これをしないと会社説明会に参加できないどころか、書類選考や面接を受けることもできないため、 興味のある会社だけでなく、知らない会社や興味のない会社にもどんどんプレエントリーをしておく必要があります。

 メディアではこのプレエントリー開始時期を「就活解禁」ということもありますが、 実際はSTEP1のインターンシップの時点で就活は始まっていますので、注意してください。

 

STEP3:会社説明会に参加する

 STEP2でプレエントリーした会社から、「会社説明会」の案内メールが届きます。

 会社説明会とはその会社がどんなビジョンを持ち、どんなビジネスを行っていて、 正社員として入社した場合の仕事内容や待遇について説明を受けるものです。 基本的に会社説明会に参加した人に、「エントリー」の権利が与えられます。

 会社によっては会社説明会が形骸化していて、 プレエントリーのときにもらったパンフレットやホームページに書いてあるようなことしか説明してくれない場合もあります。 ですが、参加しないと次のステップに進むことができませんので、必ず参加することになります。

 

STEP4:エントリーをする

 会社説明会に参加すると、「エントリー」をする権利が与えられます。

 エントリーとはプレエントリーと異なり、履歴書の就活版である「エントリーシート」を会社に送付し、 筆記試験の代わりに「WEBテスト」を受験することで「書類選考」を受けるための活動です。 書類選考に合格すれば、「面接」に進むことができます。

 就活の対策でもっとも大変なのがこの「エントリーシート」の作成です。 早期に就活を意識して対策をしていれば問題ないのですが、 そうでなかった場合は会社説明会に参加しながらバタバタと考えなければなりませんので大変です。

 エントリーシートとWEBテストの出来が悪ければ、その会社には門前払いを食らってしまいます。

 

STEP5:面接を受ける

 晴れて書類選考に合格すると、「面接」に呼ばれます。

 面接は会社の本社や営業所に呼ばれ、社員と面談をすることで行われます。 通常は提出済みのエントリーシートに沿って、その内容を深堀するような質問がされ、 筋の通った回答を元気よくできれば合格します。

 面接は2~3回行われ、最終面接に合格すると「内定」がもらえます。

 内定は「来年の4月1日に正社員として採用する」ことの約束であり、 志望企業の内定を獲得すれば就活は終わりとなります。

 

今から始める就活対策!

 就活で対策が特に必要なのは「エントリーシート」です。

 エントリーシートは「書類選考に合格する」ためにも必要ですが、「面接に合格する」ためにも必要です。 エントリーシートはあなたの人物像のダイジェスト版に過ぎず、 会社は実際に会って本当にあなたが「会社の求める人物像」なのかどうかを見極めるからです。

 エントリーシートにあなたの「生き様」を書き、それが会社の理想像と一致していることを証明するのです。

 ですが、就活のために「人事に良く思われる活動をしよう」などとは毛頭言うつもりはありません。 楽しい大学生活を送ってほしいという個人的な思いもありますが、 なんといっても会社もそんなことは求めていないからです。

 会社はあなたの「生き様」を知りたがっているのであり、「ボランティアをした」「サークルリーダーをした」 「体育会系の部活をやっていた」などの個々の取り組みはどうでもいいことなのです。

 ですから「就活のため」ではなく「自分のため」に、「生き様」を意識して大学生活を送りましょう。

 

一番の就活対策は「人生計画を立てる」こと

 就活の対策と言えば「会社を探すこと」が真っ先に思い浮かびますが、 実は就活の対策で一番重要なのは「人生計画を立てる」ことです。

 就職を単に「生活費」や「肩書」「世間体」のためだと誤解してはいけません。 掲示板等にはそういう人があふれかえっていますが、そのような生活は必ず破たんします。 仕事はIT技術の発達で高度化が激しく、昔より何十倍、何百倍も難しくなっているからです。

 就活ではどんなに難しくても、そのビジネスが好きで好きでたまらない、 いくらでも頑張れる。そういう会社を見つける必要があるのです。

 「そんなのあるわけないでしょ」と思うかもしれません。 ですが、「好きすぎていくらでも頑張れる」ことがあなたにもあると思います。 例えばゲームや漫画に熱中したり、スポーツや旅行にハマっていたり…

 「仕事が趣味」というと昭和っぽくて拒否感があると思いますが、 趣味で稼げたらこれほど楽しいことはありません。プロ野球選手や作家などは趣味が高じて稼げるようになった人たちです。 サラリーマンを目指すのであっても、仕事が楽しいことに越したことはありませんよね。

 そんな会社を見つけるには、自分の生き様をはっきりさせておくことが必要です。

 具体的には「何年後にはこうなっていたい」「こんな人生を送りたい」という人生計画を立てるのです。

 理想の人生を実現するために、「こんなビジネスに携わらなければならない」という会社を見つけられたら、 ただ「生活費のため」に就職する場合と比べてよっぽど仕事が楽しいはずです。 そして、会社が求めている人物像も、「熱意をもって入社する学生」です。

 会社とは、ある「ビジョン」を実現するために存在するものです。 例えばスバルは「交通事故をゼロにする」ために存在していますし、ソフトバンクは「情報革命で人々を幸せに」するために存在しています。 どんな会社にも「ビジョン」があり、その目的を実現するためにビジネスに取り組んでいます。

 そんな中、就活では会社の「ビジョン」と就活生の「生き様」がいかに一致しているかで合否が決まります。

 まずは「将来の夢」を決めて、「何年後にはこうなっていたい」という人生計画を立てましょう。 就活でも大学生活でも、目的をもって取り組むのが「楽しむコツ」です。

 

「将来の夢」のための活動をする

 会社が学生に期待しているのは「将来の夢」のための活動です。 ですが、会社のため、世間体のためといった事情はいったんさておき、 自分のためにやりたいことをやることが重要です。

 「将来の夢」を実現するために何かに取り組むのです。 仰々しく考える必要はありません。例えば「家から出たくない」という後ろ向きな理想像でも構いません。

 「家から出たくない」という理想像を深く追求していくと、「家から出たくない理由」が浮かび上がります。 外では交通事故がある、面倒ごとに巻き込まれる、暑い(寒い)のがイヤだ、歩くのはダルい、 虫が苦手だ…

 こういった家から出たくない理由が解決できれば、家から出ても快適なわけですよね。 「外でも家と同じくらいの快適性」を実現するために、何かに取り組んでみましょう。

 例えば「服に保冷剤を張り付けたり扇風機を取り付けたりして快適な服をつくる」 「一番効く虫よけスプレーを研究する」「自転車に屋根とドアをつける」といったように、 徹底的に理想像を追求するのです。

 一見くだらない取り組みのように思えますが、このように「徹底的に理想像を追求した」という活動が、 就活では面接官に大ウケします。ビジネスとは本来そういうものだからです。

 例えば洗濯機は「面倒くさい」ことをなくすために作られたものです。 ホンダのスーパーカブは「奥さんが自転車で買い物に行くのが大変そうだからエンジンをつけてみた」 ことで生まれた大ヒット商品です。ソニーのウォークマンも「ラジカセを持ち歩くのが重いから」生まれたものです。

 「就活のためにカッコいいことをしなきゃ!」と気を張る必要はありません。 ボランティアも海外留学も部活の大会も必要ありません。 必要なのは、「将来の夢」と「その実現のために取り組んだこと」なのです。

 

就活の準備は何をすればいいか

 就活の準備で最も重要なのは、 「自己分析」「会社探し」「エントリーシートの作成」の3つの活動です。 これらをインターンシップの応募と同時に進めていかなければなりません。

 具体的に何をすればよいかを解説します。

 

自己分析

 自己分析は、自分の「真の願望」を発掘することです。

 上でも解説した通り、自分の「将来の夢」を考え、「人生計画」を立てるのです。

 新卒採用で内定をもらえるのは、「高学歴」「留学生」「リア充」といったハイスペック人材ではありません。 実は、会社の「経営理念・ビジョン・社風」と「真の願望」が一致している就活生が内定をもらえます。 (本当に学歴だけが重要なら、採用実績校は『東京大学』しかないはずですよね)

 誰でも「好きなこと」でないと身が入らないものです。 会社は「将来の幹部候補生」として新卒採用をするのですから、バリバリ活躍してくれそうな学生をほしがります。 ですから、会社と志を同じくした学生を採用したいのです。

 就活生にとってもそうです。好きでもなく、興味もない仕事に40年間を費やすのはありえません。 絶対に不幸になります。ホワイト企業に入社しながらうつ病を発症した私が言うのですから間違いありません。

 みなさんには同じ過ちを繰り返してほしくありません。 少しでも興味のある会社、好きな会社を見つけて入社してほしいと思います。

 会社側の都合については「新卒採用」は「将来の夢採用」で詳しく解説していますので、 気になった方は参照してみてください。

 さっそく自己分析をして、「真の願望」を「将来の夢」に変換しましょう。

 この方法は受かる自己分析!やり方と例で解説していますので、 そちらで自己分析をしてみましょう。

 

会社探し

 自分の願望と「将来の夢」が確定したら、次は「将来の夢を実現できそうな会社」を探します。

 就活生が知っている会社というのは、テレビCMやネット広告などでおなじみの「BtoC企業」がほとんどです。 しかし、それらは何万社とある優良企業のほんの一部に過ぎません。

 会社を相手にビジネスをしている会社である「BtoB企業」は、消費者を相手にしていないため、 知名度は低いものです。BtoB企業を知らないまま「知名度」だけで就活をしてしまっては、 「将来の夢を実現できそうな会社」はほぼ見つけられないでしょう。

 そこでまず、夢を実現できそうな業界を探すところから始めましょう。

 MY就活ネットでは業界研究のやり方の記事で業界を一覧にして、 業界研究を公開しています。知らない業界を減らし、 少しでも「将来の夢を実現できそうな会社」を見つけるのに役立ててください。

 業界を選んだら次は企業研究です。 2020卒では会社説明会に行くと即選考の応募ですから、企業研究は説明会解禁前にweb上でやっておくのが前提になります。

 企業研究では「経営理念」「ビジョン」「社風」を調べ、 同じ業界の他の会社と比較して研究します。詳しいやり方はMY企業研究で解説していますので、 そちらで企業研究をしましょう。

 ここで会社探しを加速度的に効率化する方法がありますので紹介します。

 世の中に何万社もある会社をすべて研究し尽くすのはハッキリ言って無理です。 ですが、企業研究で漏れてしまった会社こそ、あなたに向いていて、会社もあなたをほしがっていたかもしれません。 そんな抜け漏れを解決できる「待ち型」就活サイトを利用しましょう。

 それが「キミスカ 」です。

 キミスカではSNSの要領でプロフィールを設定するだけで、 キミスカにいる企業があなたのプロフィールを見て「こんな学生がほしかった!」 とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 会社があなたを探してくれますので、あなたが見落としていた優良企業を見つけるきっかけになります。 ぜひ登録して、プロフィールを設定しておきましょう。

 

エントリーシートの作成

 就活では「履歴書」の代わりに「エントリーシート」を会社に送り、選考に応募します。

 エントリーシートとは何かというと、履歴書の就活版で、「左半分」は氏名・住所・学歴などを書く「履歴書」そのものです。 しかし、エントリーシートは履歴書にはない「右半分」が本番です。

 就活では「将来の夢」が重要だと述べてきました。その理由はエントリーシートの右半分にあります。 実はエントリーシートの右半分は「『将来の夢』実現ストーリー」を書くスペースなのです。

 エントリーシートのお題は、どこの会社でも以下の3~4項目です。

 これらのお題で会社が聞こうとしているのは、 「将来の夢の実現」に対する「過去編」「現在編」「未来編」です。

 「将来の夢」に対してどれだけ本気で取り組んできたかを過去編で聞き、 それに対する長所や短所など現状認識ができているかどうかを現在編で聞き、 会社のビジネスでどうやって実現するかを未来編で聞くのです。

 この一連の流れをエントリーシートに反映させて、 「経営理念・ビジョン・社風」と「将来の夢」が一致していると面接官が判断すれば、晴れて内定がもらえます。

 先ほど「就活の準備には3ヶ月かかる」と述べましたが、それはこの「エントリーシート作成」のためです。 書いて、自分で添削して、書き直して、添削しての繰り返して完成度を高めていきます。 これを説明会解禁までに終わらせておかないと、一次募集で落ちてしまいます。

 受かるエントリーシート!書き方と回答例の記事で詳しく解説していますので、 こちらを参照してエントリーシートを書いていきましょう。

 最も望ましいのは、合格エントリーシートの志望動機を参考にすることです。 大学のサークルやゼミの先輩で、志望企業に受かった人にエントリーシートを見せてもらう以外に方法がなく、 そうでない限り「合格エントリーシート」は手に入らないものでした。

 しかし今は、合格エントリーシートが見放題のサイトがあります。

 それが 「Unistyle」 と 「ワンキャリア」 です。

 この2つのサイトでは超一流企業からベンチャー企業まで数多くの企業の合格エントリーシートを集めており、 無料登録するだけですべて見放題です。

 合格エントリーシートの志望動機に書かれている「会社の強み」や「会社の特徴」は、「会社のお墨付き」というわけですから、 会社のことをよく知るのに手っ取り早く、また自分のエントリーシート作成の参考にもなりますから、良いことだらけです。

 コネがないと手に入らなかった資料が誰でも無料で手に入れられるのですから、便利な世の中になったものですね。

 

その他必要な準備チェックリスト

 就活の準備は「自己分析」「会社探し」「エントリーシートの作成」がメインですが、 その他の必要な準備もチェックしておきましょう。

  • リクルートスーツを準備する
  • リクルートバッグを準備する
  • 証明写真を準備する
  • 就活費用を貯める(東京や大阪在住なら交通費や喫茶店での休憩で数千~数万円で足りる。面接で遠方に駆り出されるときはたいてい交通費がもらえます。)
  • 就活専用メールアドレスを準備する
  • 携帯電話の非通知拒否設定を解除する(リクルーターからの電話に出るため)
  • リクナビとマイナビに登録する(3年生の夏のインターンシップのころから登録可)
  • 選考を受けるつもりの企業があれば企業のサイトをよく読んでおく

 リクルートスーツの準備リクルートバッグの準備を忘れないようにしましょう。 インターンシップに参加する場合は、その面接が行われる2018年7月には必要になってきます。 高級品である必要はありませんが、シワや過剰な模様のあるものは避けるようにしましょう。

 また、就活用の証明写真の準備も必要です。 700円の自動証明写真機でも良いといえば良いのですが、私はプロの写真屋さんにお願いしました。

 写真屋さんで撮るとブサイクな私が「爽やかイケメン」になる効果があるほかに、 そこでスーツの着こなし方や「ネクタイの結び方」が教えてもらえるメリットがあります。 私は就職した今も、当時写真屋さんで教えてもらった結び方でネクタイを締めています。

 また就活専用のメールアドレスの準備も必要でしょう。 就活ではとにかくたくさんの企業に資料請求をすることが重要です。 また恥ずかしいメールアドレスをさらすわけにもいきません。

 Gmailが無料で信頼性もあり使いやすいので、おすすめです。

 そして忘れがちなのが「非通知拒否設定の解除」です。

 先ほど少し触れましたが、「裏選考ルート」は「リクルーター面接」という方法で行われます。 これは社員が突然電話をかけてきて「1対1の質問会をしませんか?」と誘ってくる事実上の面接なのですが、 この電話は「非通知」でかかってくることが多いです。

 もし非通知拒否設定をしたままですと、この「裏選考チャンス」を逃してしまうことになりかねませんので、 必ず「非通知拒否設定」は解除しておきましょう。