リアルタイム閲覧者数:11人

 

【2020卒】就活って何から始めればいいの?

 就活は何から始めればいいかを解説します。就活は「何から始めるか」と「始める時期」が肝心です。 就活では何をするべきなのか理解しておかないと、たとえ高学歴でも失敗します。 「就活の、いつまでになにをやるべきか」をおさえて有利に就活をすすめましょう。



 

最初にすること

 経団連のルールでは、就活は大学3年生の3月、つまりは大学3年生の終わりに始まるとされています。 しかし、実態は異なり、2020年卒は2018年6月1日から就活が始まります

 日本企業でもアメリカ型の「インターンシップ採用」の機運が高まり、大学3年生の夏休みに行われる「インターンシップ」が重視され始めているのです。 特に、2019年卒以降は「1日インターンシップ」が認められましたから、 従来の面接ではなく、インターンシップが選考の主流になっていくのです。

 これについては2020年卒はインターンシップが選考の主流になる!で解説していますが、 インターンシップの募集が始まる大学3年生の6月実質的な就活開始時期です。

 以下では、就活開始と同時にすることを解説します。

 

就活の時期と流れを理解する

 まずは「就活」がいつ始まり、いつ終わるのか、何をするのかという「時期と流れ」を理解するところから始まります。 2020年卒では、以下のようなスケジュールになります。

2020卒の就活スケジュール・時期別のやること一覧
※クリックで拡大

 就活では「裏選考ルート」に乗るのが内定を取るのに最も有利な方法です。 大学3年生の6月に始まる「インターンシップ」に参加して活躍し、 正式解禁を待たずに「面接」を受けて「内定」を取ります。

 みなさんには「裏選考ルート」に乗ってほしいと思います。 そこで「インターンシップ」に参加するところから始めてください。 そのためにはどんな準備が必要なのか、以下で解説します。

 

就活サイトに登録しよう

 まずは、就活サイトに登録するところから始まります。 就活のイベントは就活サイトを通して告知されます。

 就活サイトはインターンシップの募集のころに開設されますので、 2020卒の場合は2018年6月から就活サイトへの登録が可能です。

 インターンシップの募集、企業が一つの会場に集まってブースを設けて行う合同説明会、 企業が単独で行う単独説明会、面接の案内など、企業と就活生の連絡はすべて就活サイトを通じて行われます

 就活サイトでは「リクナビ」と「マイナビ」が有名です。たいていの企業はこの2つのサイトのどちらかに登録しており、 就活生もこの2つに登録しておけば、およそほとんどの企業とコンタクトを取ることが可能です。

 しかし、就活サイトはリクナビとマイナビだけではありません。 就活サイトには「就活生がアプローチする」ものと、「会社がアプローチする」もの、「内定直結イベント」のものと、 「就活情報サイト」の4種類があります。

 リクナビとマイナビは「就活生がアプローチする」就活サイトで、就活生は自ら会社を探し、 リクナビやマイナビを通じてインターンシップに申し込んだり、説明会に申し込んだり、面接を申し込んだりするのです。

 これではずいぶんと非効率的で、無数にある会社から自分に合った会社を探さなければならないという、「無理のある就活」です。 リクナビやマイナビだけを利用した場合、何万社という会社があるうち、たった70社程度しか調べられないという問題があります。

 そこで、「会社がアプローチする」就活サイトを利用します。 会社がアプローチする就活サイトは、「キミスカ 」 があります。

 キミスカは、他社のインターンシップ参加情報や他社の選考状況を登録しておくことで、 会社の採用担当者がこれを閲覧し、「この会社に合っている就活生だ!」と会社のほうからアプローチをしてくれる就活サイトです。

 リクナビやマイナビで自分から会社を探すのと同時に、キミスカで会社に探してもらうというやり方がスマートで、 出会える企業の数も倍以上変わります。

 これらの就活サイトは、大学3年生の6月から登録が可能になります。リクナビやマイナビ、キミスカがオープンすると同時に、 これらの就活サイトに登録し、「インターンシップの申し込み」をするところから就活は始まるのです。

 

インターンシップに申し込もう

 上でも述べたように、就活はインターンシップの申し込みから始まります。 インターンシップとは「職業体験」のことであり、1日~2週間程度、会社に通って働いてみるというイベントです。

 面接を行うよりよっぽど長い時間、社員とともに過ごすわけですから、 就活生は自分の優秀さをアピールすることができますし、「実際に働いている自分」をイメージすることができます。

 経団連のルールでは、インターンシップは選考に利用してはいけないことになっています。 ルール通りに会社が動けば、2019年3月までは就活イベントに参加しなくても大丈夫なはずです。 ですが、実際はルール破りが横行しすぎて、経団連がルールを撤廃する動きすら見せています。

 国内企業でも2019年4月1日の時点で約20%が、同5月1日の時点で42%が内定をもらっています。 外資系企業では2018年の秋には内定を出してしまうほどの慌てっぷりで、 国内企業も年々これに追いつけ追い越せと、選考スケジュールを早めています。

 近年の傾向としては、インターンシップに参加した人のうちから、有望な就活生を選んでリクルーター面接などを行い、 裏選考をしてさっさと内定を出してしまうようです。

 上記の就活サイトでインターンシップ情報を探し、申し込むことが、 就活を始めて最初に行うことです。

 

「自己分析」をしよう

 自己分析とは、簡単に言えば将来の夢を考えることです。 将来どんな人間になりたいか、何をしているときが一番楽しいかというところから、「将来の夢」を考えます。

 自己分析をしないで就活を始めてしまう人がいるのですが、それでは内定がもらえない上に、 運よく就職できても「残念な40年間」を過ごすことになってしまいます。 自己分析で、「真の願望」を思い出し、そこから「将来の夢」を導き出してください。

 会社は「高学歴」や「リア充」ではなく、「会社と志を同じくした就活生」を望んでいます。 そしてあなたにとっても、「嫌な仕事を40年間続ける」ではなく「好きな仕事で楽しく生きる」ほうが良いに決まっています。

 将来の夢は、就活用語で「就職活動の軸」といいます。

 そしてこの就職活動の軸をもとに、「将来の夢」を実現するためにやってきたこと(学生時代頑張ったこと)、 実現に役立つ長所と、じゃまになる短所(長所と短所)、そして会社で夢を実現する方法(なぜこの会社を選んだのかこの会社に入って挑戦したいこと) をつくり、会社にぶつけます。

 その結果、人事が「経営理念・ビジョン・社風」と「就職活動の軸」が一致していると判断すれば、晴れて内定です。 これについては「新卒採用」は「将来の夢採用」でも解説していますので、参照してみてください。

 遅くともインターンシップまでには、つまり2018年6月までには自己分析をしておかないと、インターンシップの選考で落とされてしまいます。

 本来であれば経団連のルールどおり、会社には3月まで待ってほしいのですが、 どの会社も採用合戦が激しく、とにかく早く内定を出そうとします。 逆に言えば、それだけ早くエントリーシートを求められてしまうのです。

 

インターンシップと同時進行ですること

 インターンシップと同時進行で行うことを解説します。 インターンシップの次の就活イベントは、2019年3月1日に「会社説明会が解禁」されるまでは特にありません。

 しかし、会社説明会が解禁されるまで待っているだけではやはり、出遅れます。 近年は会社の「就活生囲い込み合戦」が激化しており、解禁と同時に選考が始まる傾向にあります。

 つまり、3月までには提出する履歴書(就活用語でエントリーシートと言います)と、 筆記試験(就活用語でWEBテスト)の対策を済ませておかないと、「選考に乗り遅れる」ということです。

 では、以下ではインターンシップと同時進行~3月までにやることを解説します。

 

会社探し(業界研究・企業研究)をしよう

 まずは「会社探し」を行います。 前掲のキミスカで会社からのアプローチを待つと同時に、 自分でも「自分に合った会社」を探すのです。

 会社は世の中に無数にありますから、いくら探しても探しすぎということはありません。 最低でも50社、できれば70社程度は「自分に合った会社」を見つけておきましょう。

 会社探しは、いきなり会社を探すのでは効率が悪いので、業界研究から始めます。 MY就活ネットでも業界研究を公開していますが、各業界のビジネスモデルを調べることで、 「自分に合った業界かどうか」を調査することができます。

 そして、自分に合っていそうな業界の各社を調べて、「志望動機」を考えるのです。

 会社探し志望動機を考えることをセットで行うことで、エントリーシートを完成させていくことができます。

 業界研究が終わったら行う「企業研究」ですが、MY就活ネットでもMY企業研究で公開していますので、 具体的に何を調べたらいいのかはそちらを参照してください。

 ここでも「自己分析」で考えた「就職活動の軸」つまりは「将来の夢」が重要になってきます。 この「将来の夢」を、その会社で実現できるかどうかを調べることが最重要です。

 ここをおろそかにすると説得力のあるエントリーシートが書けず、選考で落とされてしまいます。

 

エントリーシートを事前作成しよう

 エントリーシートは履歴書のようなものですが、就活では「履歴書」とは問われる内容が違いますので、 あえて「エントリーシート」と呼びます。

 「履歴書」は過去の経歴ですよね。学歴と、職歴と、自己PRが主な内容です。 ですが、「エントリーシート」では「『将来の夢』実現ストーリー」の「過去編」「現在編」「未来編」が問われます。 この理由は上でも述べたとおり、「経営理念・ビジョン・社風」と「就職活動の軸」がどれくらい一致しているかを見極めるためです。

 実は、どこの会社でもエントリーシートのお題は同じです。

 どこの会社でもこの4つということは、あらかじめ準備が可能ということです。 むしろ、あらかじめ準備しておかないと、受付が始まってからでは提出が間に合いません

 会社説明会が解禁される2019年3月には、同時にエントリーシートの受付が始まって、 4月を迎える前に1回目の締切が予想されます。会社説明会が始まってしまうと、毎日説明会で大忙しですので、 エントリーシートを考えている暇がありません。

 そこで、今のうちに「自己分析」で作成した「就職活動の軸」「学生時代頑張ったこと」「長所と短所」に、 「会社探し」で作成した「志望動機」の4セットを続々とつくっていきましょう。

 受かるエントリーシートの書き方と回答例を解説していますので、そちらからお読みください。

 エントリーシートを作成する際には、ぜひ先輩社員の合格ESを読んで参考にしたいですよね。 内定を取れる就活生は、部活やサークルの先輩で志望企業に合格したエントリーシートを入手しています。 ですが、そんなコネがなくても合格ESが読み放題な時代になりました。

 内定エントリーシートが無料で読み放題のサイトは、 「Unistyle」、 「ワンキャリア」 があります。無料登録するだけで合格ESが読み放題で、一流企業からベンチャー企業までそろっています。 ぜひ登録して「模範解答」を手に入れてしまいましょう。

 またこれらの就活サイトでは、会員限定の就活イベントも開催されます。 イベントで様々な企業に接触して「コネをつくっておく」ことが就活では肝要です。

 

OB訪問をしよう

 エントリーシートは自分では完成度が高いと思っても、意外とヌケやモレ、アピールする焦点がずれているということはよくあります。 ですから、第三者視点で「厳しく」見直す必要があります。

 これをすべて自分で済ませるには限界があります。そこで、OB訪問を活用しましょう。 会社にいる、同じ大学のOBに面談を申し込み、会社のことをがっつり教えてもらう活動のことを言います。

 OB訪問で会社の実態を知り、エントリーシートの添削をお願いするのはもはや「常識」とも言われ、 またその会社の内定を得るために自分の存在をアピールする絶好のチャンスです。

 エントリーシートを書いたら、ぜひOB訪問を申し込みましょう。

 

WEBテスト対策をしよう

 そして、筆記試験対策も必要です。今時は筆記試験もインターネット上で行われるため、 WEBテストと呼ばれます。WEBテストは内容こそセンター試験よりはるかに簡単ですが、 解くスピードが求められます。

 確かに問題自体は簡単です。ですが、この解くスピードに筆者である私もやられました。 第一志望の会社が一番最初のWEBテストとなり、初めて解いた私は半分も解けずに沈没したのです・・・

 一度や二度くらい練習すれば楽勝なのですが、まったくの無勉強は危険です。 私のように第一志望の会社でWEBテストで不合格にならないように、練習くらいはしておくべきでしょう。

 

就活イベントに参加しまくろう

 リクナビやマイナビに限らず、上で紹介した「Unistyle」、 「ワンキャリア」 などの就活サイトでは、会員限定の就活イベントが開催されます。

 いろんなイベントが開催されますが、特に参加すべきなのは「会社も参加するイベント」です。 「業界研究セミナー」などでは実際にその業界に属する会社の人事がやってきて、講演をしてくれます。

 「業界研究」に役立つだけでなく、その人事と接触することで「コネができる」というメリットもあります。

 ここで「自分に合った会社」を探したり、「インターンシップの募集状況」や「選考状況」を聞いて、 「持ち駒」を増やしていきましょう。たくさんの会社の「裏選考ルート」に乗れるように準備しておくのです。

 また、内定直結の合同説明会で内定を1つ確保しておくのもおすすめです。 「MeetsCompany」 はすでに2020卒の募集を開始していて、参加者年間10万人、内定率96%を誇る大イベントです。

 就活が本格化する前に1つ内定を確保しておくと、不安や焦りを防止することができますから、心の安定のためにもいいですね。

【2020卒】ついに受付開始!12月開催の一流企業が集まる合同説明会(参加特典アリ)

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年11月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 すでに2020卒の募集も始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 2020卒の方も、みんなが就活を始める前に1つ内定を取っておきませんか?

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。




×

待っているだけで隠れ優良企業からスカウトがもらえるサイト!