MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:18人

 

【就活】エントリーとは?「何社」より「質」を高めよう!

 エントリーは就活の「採用選考に応募する」段階ですが、「何社すれば内定が確保できるか」気になると思います。 もちろん数も大事です。持ち駒は多いほうが安心です。ここではさらに、その「質」を上げて内定確率を高める方法を解説していきます。



記事一覧へ

プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、7年間に渡り学生の就職活動を支援している。


 

エントリーとは?

 エントリーとは、就活用語で「採用選考に応募する」という意味で、 具体的にはエントリーシートを提出して筆記試験(WEBテスト)を受けることを指します。

 これに受かれば面接に進んだり、リクルーター面接に呼ばれたり、 「合格者限定の会社説明会」と称した社員による就活生の品評会に呼ばれたりします。

リクルーター面接とは?|呼ばれる条件と突破方法

 別名「書類選考を受ける」とも言いますが、この段階で落ちる人、 つまりは面接すら呼ばれず門前払いを喰らうのが50%以上と言われています。

 というのも、人事の立場に立ってみればエントリーシートを読むだけで、本気度がだいたいわかってしまうからです。

 選考の順番としては、筆記試験の点数を一覧にして、一定未満は切り捨てします。 WEBテストに失敗、もしくはそもそも受験していないとその時点で落選です。

 次にエントリーシートを読みます。 これが、「『将来の夢』実現ストーリー」になっていなければ、やはりここで落選です。 大卒総合職である以上、「ビジョン」を持つのは前提であり、必須の最低条件です。

 これが会社の「経営理念・ビジョン・社風」と一致していれば合格となり、 次の段階に進むというわけです。

 

エントリーは何社すれば内定が確保できる?

 結論から言うと、最低30社は必要です。

 私自身は就活をナメ腐っていたので11社にしか応募せず、全て落ちました。 それから大慌てで30社程度に増やし、ようやく1社引っかかったのです。

 私の失敗経験を踏まえると、30社はしておかないとヤバいと言うことができます。 ですが、忘れてはならない大きな問題があります。

 

有名企業ばかりだと失敗する

 ソニーやパナソニック、三菱電機、東京ガス、JR東日本・・・ これら誰もが知っている有名企業は、確かに自慢できますし、憧れますよね。 待遇もよさそうですし、倒産もしなさそうです。

 ですが、有名企業ばかりに応募していると就活は失敗します

 というのも、誰もが知っているということは、誰もが応募するからです。 倍率にして「0.01倍」を切る場合すらあります。なんといっても、文系の募集人数はせいぜい20人程度がいいところです。 就活生は40万人います。東大生だけで3000人います。確率的に無理がありますよね

 ですが、「諦めて変な会社に行け」と言っているわけではありません。

 そもそも「有名企業」とは、「テレビCMを打っている消費者向けの会社」に過ぎません。 BtoC企業とも言いますが、これらは知名度がモノをいう商売ですから、有名で当たり前なのです。

 逆に、40年を捧げる会社をテレビCMで決めていいのかという話です。

 日本企業は実は、BtoCビジネスよりも法人向けのBtoBビジネスのほうが、尋常でなく得意です。 世界を相手にボロ勝ちして、独占して、高い給料をもらっている会社が山ほどあります。

 ですが、そういった会社は法人向けゆえにテレビCMをしません。 そのため消費者の知名度が皆無で、就活生もまったく知らないのです。 もったいないですよね。

 有名企業ばかりに突撃して散っていった就活生は、仕方なしによくわからない会社に就職します。 そこでたまたまBtoBの超一流企業に当たったりするのです。

 「じゃあ最初から本気出してそこ狙えば勝てるじゃん!

 そうです。有名企業より優れていて、世界で無双している会社を「知らない就活生」が大半です。 つまり、先手を打ってBtoBビジネスを調べ、一流企業を狙っていけばライバルが少ないのです。

 エントリーする「最低30社」には必ずBtoB企業を含めていきましょう。

就活はBtoCよりBtoBがオススメ!メリット&デメリット

 

エントリーシートの完成度は大前提

 ただ30社応募したからといって安心できるわけではありません。 エントリーシートの完成度が低ければ、やはり門前払いを喰らってしまうからです。

 先ほど少し触れましたが、大卒就活は将来の夢を会社にぶつけるものです。 提出するエントリーシートがそのようなストーリーになっていなければ、その時点で不合格です。

 それでも応募者の少ないBtoB企業なら面接に呼んでもらえるかもしれません。 しかし、一次面接で落ちてしまうでしょう。

 それでは30社どころか、50社エントリーしたって同じです。 「数」だけ増やしても、「質」が伴わなければ何も意味もないのです。

 安心してください。質の高め方は後述します。

 

筆記試験の対策も必須!

 就活の筆記試験は「SPI」とも呼ばれますが、中学~高校1年生程度の「国語」と「計数」が出題されます。 これを自宅のパソコンで受験するためWEBテストとも呼ばれます。

 問題の難易度は低く、センター試験よりはるかに簡単です。 センター試験を受験して大学に行ったような人は、本を買ってまで対策する必要はないでしょう。

 ですが制限時間が非常に短いという特徴があります。 途中式をガリガリ書いている時間もなければ、カンニングなんてもってのほかです。 いきなり本命企業の筆記試験を受けると絶対に失敗します。

 そこで、興味のない企業を踏み台にするのをおすすめします。

 エントリーするつもりのない企業にもプレエントリーしておいて、筆記試験を受験してみるのです。 これで「時間感覚」を身につけてから本命企業に臨みましょう。

WEBテスト(適性検査)

 

質を高めるには?

 それでは次に、エントリーの質を高める方法について解説していきます。

 重要なのはなんといっても将来の夢です。

 なぜなら大卒総合職は将来の経営幹部候補生であり、 「会社のビジネスが好きすぎてしょうがない」人材であることが求められるからです。

大卒就活とは?特有のやり方を知っておこう!

 と聞くと、なんだかブラックな気がしてきますよね。だからこそ会社は説明会で本当のことを言わないのです。 ですが、安心してください。「ブラックな働き方をしろ」という意味ではありません

 「好きなこと」になら本気で取り組めますよね。例えばゲーム攻略なら、 攻略本を読んだり攻略サイトを読んだり、プレイスキルを高めるために練習したりします。

 アニメ視聴なら単に「観る」だけでなく、今後の展開を予想したり、 登場人物の心情を考察したり、世界観について空想したりといろいろ考えますよね

 こんな風に「好きなこと」ならば、ただ「遊ぶ」「観る」ではなく「試す」「考える」ということをします。 会社のビジネスでも同じことをしてほしいのです。

 ですが、「嫌いなこと」には身が入りません。誘われて仕方なく観に行った映画など、内容も覚えていないと思います。 これと同じで、会社のビジネスが好きすぎる人こそ大卒総合職として適任であり、 新卒採用ではその素質のある人を探しているのです。

 逆にこれはあなたの人生を守ることにもつながります。

 昭和の時代と違い、今の仕事は高度化しています。 「棚から書類を探す」から始まっていた新人の仕事は、パソコンの登場でいきなり本番です。 作業が楽になった分、大量のプロジェクトを抱えます

 いくら労働環境が改善されて残業が少なかったとしても、 「嫌いな仕事」を抱え込んでいるとすぐに精神を病んでしまいます。

 一方で「好きな仕事」だったらだいぶマシですよね。 何も嫌いなことに40年間も捧げるバカげた人生を送る必要はないのです。

 それでは、「好きな仕事」を見つけ、その本気度を会社にぶつける方法を見ていきましょう。

 

自己分析をしよう

 自己分析という言葉を聞いたことはあると思います。 なんとなくわからないまま、放置してはいませんか?

 私が就活で落ちまくったのは自己分析をしなかったからです。 同じ目に遭いたくなければ、これは素通りしてはいけません。

 この作業は簡単に言えば「将来の夢」を発掘することです。

 将来の夢を就活用語で就職活動の軸と言いますが、 エントリーシートではこの「就職活動の軸」を中心に、「過去編」「現在編」「未来編」の三部作構成で、 「『将来の夢』実現ストーリー」を表現します。

 実は会社にも将来の夢があります。それが「経営理念・ビジョン・社風」です。 あなたの「就職活動の軸」がこれといかに一致しているかを見た上で、その本気度が試されるのです。

 「社会貢献がしたい」などとあいまいな表現で書いてしまう人が多いのですが、 それでは本気度が伝わりません。その説得力・独自性を出すのが自己分析の目的です。

自己分析のやり方!~人事の心に響く人生設計

 

エントリーシートを事前準備しよう

 エントリーシートの質を高めるには、事前準備して何度も自己ツッコミをすることが重要です。

 よく面接で「なぜ?それはなぜ?」と繰り返し聞かれて「圧迫面接をされた」と言う人がいます。 ですがそれは、完成度が低かったために起きたことです。

 「なぜ?それはなぜ?」を繰り返し自問自答し、書いた内容に盛り込んでいけば圧迫面接を受けることはありません。 書類選考に通過する可能性も高まりますし、事前準備が何よりモノをいうのです。

 とはいっても、エントリーシートはプレエントリーをした後になってようやく配布されます。 事前準備なんてできるのでしょうか。

 できるんです

 実は、問われる内容はどの会社も同じだからです。 先ほど解説したように、「『将来の夢』実現ストーリー」ですので、聞く内容はあらかじめ決まっているのです。 それが以下の3つです。

 設問の文章こそ多少の違いがありますが、どの会社でもこれが問われます。 ということは、事前準備しておけば、あとは細部を変えるだけで量産できるということですよね。

 「30社もエントリーするのはしんどいのでは?」と思っていた方には朗報です。 あらかじめ1セットつくっておけば、あとはほとんどコピペで済みます。

心に響く!”アツい”エントリーシートの書き方

 

本命企業を30社見つけるには?

 次に、エントリーの数を増やす方法について解説します。

 今知っている会社はおそらく「テレビCMをしている消費者向けの会社」ばかりだと思います。 誰もが知っている有名企業ではなく、「みんなの知らない一流企業」が知りたいですよね。

 MY就活ネットでは独自にビジネス書籍や雑誌、ニュースを読み漁って見つけてきた隠れ優良企業を多数紹介しています。 また、伴って業界研究も用意していますので、これら企業リストを使って探すのも1つの手です。

就活おすすめ「隠れ優良企業」|厳選の超一流企業

独自の業界研究の一覧

 そしてもう1つ、BtoB企業と出会える就活サイトを紹介します。 それは 「OfferBox 」 です。

 OfferBoxは「待ち」型の就活サイトで、SNSの要領でプロフィールを充実させていくと、 あなたに興味を持った企業の人事から「スカウト」が送られてくる就活サービスです。

 あなたと「性格が合っているかもしれない」と思った企業からスカウトが届き、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもあるのです。 自分で会社を探すよりよっぽどマッチした会社が現れる可能性が高く、効率的ですよね。

 OfferBoxは「企業による一斉送信」ができない仕組みになっており、本気のスカウトしか来ないのが特徴です。 これが人気を博し、就活生の3人に1人が利用する常識の就活サイトになっています。

 一流企業やベンチャー企業はもちろん、BtoBの隠れ優良企業など6,500社以上が利用しています。 「OfferBox 」 を使って、いろんな会社にあなたを知ってもらいましょう。

→「OfferBox」でスカウトをもらう

 

今から最短で内定をもらうには?

 

早期に隠れ優良企業と接触する!

 就活生の弱点は「消費者に有名な会社しか知らない」ところです。 法人向けのビジネスは消費者向けの20倍の市場規模があり、優良企業もそれだけ隠れています。 多忙の就活、それらをすべて探し尽くすのは困難です。

 見つけ切れていなかった業界に、手遅れになってから気付いて後悔するなんて、絶対したくありませんよね。

 しかし「OfferBox」なら、 知らなかった優良企業が向こうからあなたを探し出してくれます。

 プロフィールを充実させていくとマッチング精度がどんどん上がっていき、 「あなたと一緒にビジネスがしたい」と、時にはいきなり最終面接のお誘いすら来ます。 いちいち書類選考に応募しなくていいので、時間短縮にもなりますね。

 もちろん選考を受けるかどうかはじっくり会社を調べてから決められます。 世の中に無数にある会社を調べ尽くさなくても、待っているだけであなたにピッタリの会社が現れるのです。 BtoBの隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業ともマッチングします。

 すでに21卒・22卒の募集も開始しています。 また、100万人の診断結果をもとにした「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。

→「OfferBox」でスカウトをもらう

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 他の説明会と異なり、採用権限をもった役員・部長クラスがやってきて、 その場で面接が始まり、その場で内定がもらえたりする内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 すでに21卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 21卒も2020年11月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

→「MeetsCompany 」に参加する

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料ダウンロードできます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

→「Unistyle」で無料ダウンロードする

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

→「ワンキャリア」で無料ダウンロードする


 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!
×

志望企業の内定エントリーシートを読んでコツをつかもう!