リアルタイム閲覧者数:6人

 

エントリーシート「自己PR」の回答例

 エントリーシートの自己PRの回答例を紹介します。 説得力を出し、人事を納得させるポイントも解説していきます。 

 

回答例

 私はホスピタリティに自信があります。

 「家族の団らんができる空間」に強いこだわりがあり、 学生時代はレストランのアルバイトで「家族連れのお客様を20%増やす」ことに力を入れました。

 家族に快適な環境を作るため、家族連れの多いレストランやホテルを利用するなどして研究しました。 お客様同士がぶつからないように座席配置を工夫し、 ついたてを立てる等して「家族だけの空間」をつくることに注力しました。

 その結果、家族連れのお客様にご好評いただき、家族連れのお客様の来店数を従来より20%増加させることができました。 この過程で「ホスピタリティは1人あたりの専有面積」によるという気づきが得られました。 以上がホスピタリティに自信がある根拠です。

 

回答例の解説

 この回答例には以下の5つの要素が組み込まれています。

  • PRする強み
  • 取り組んだ理由
  • どんな目標を立てたのか
  • 具体的にどういう手段で何をしたのか
  • 何を得ることができたのか

 

要素1:PRする強み

 自己PRは「学生時代頑張ったこと」から作りますが、 そのままガクチカを書くのではなく、「PRする強み」を加えて書きましょう。

 PRする強みは、「ガクチカで得られたこと」または「長所」のどちらかから選びます。 これはもちろん人事にとって魅力的に見えるものでないといけませんので、 会社のビジネスと関係のあるものにしましょう。

 回答例では「ホスピタリティ」ですが、例えば航空業界、鉄道業界、小売店、ホテルなどに対して使えます。 「ホスピタリティ」とあまり関係のない業界であれば、代わりに「長所」を使いましょう。

 「長所」を使う場合は、「その根拠となるエピソード」として回答を書き換えます。

 

要素2:取り組んだ理由

 取り組んだ理由には、「就職活動の軸」を採用します。 エントリーシートのゴールは、「将来の夢を貴社のビジネスで実現したい」と述べることです。 そのため、ESの内容はすべて「就職活動の軸」と関連していなければなりません。

 この回答例では「家族の団らんができる空間」を「就職活動の軸」としています。 つまり、ESでは「家族の団らんができる空間、を貴社のビジネスで実現したい」と述べることになります。

 この夢を実現するために、アルバイトで取り組んだことを書いていきます。

 

要素3:どんな目標を立てたのか

 取り組みを通じて何か「家族の団らんができる空間」に関係する出来事がなかったかを探しましょう。

 すると「家族用スペースをつくるためにいろいろ研究したなあ」と思い出がよみがえってくるわけです。

 ここで説得力を出すコツを使います。それは、数値で表現することです。 曖昧な「頑張った」という言葉より、「数値」で目標を立てたほうがインパクトがあります。 会社も毎日「数値目標」の達成のため、日々業務に取り組んでいます。

 そこで、「家族連れのお客様を増やす」ことに「数値目標」を盛り込みましょう。

 ここでは「家族連れのお客様を20%増やす」という目標を立てたことにします。

 

要素4:具体的にどういう手段で何をしたのか

 ここで「目的」に対して「手段」を考えて「実行する」という、「主体性」「実行力」「戦略思考」をアピールします。

 「主体性」は会社が抱える大きな課題の1つで、人事は常に若手社員に「主体性」を持たせることに四苦八苦しています。 「上から降ってきた仕事をこなす」だけでなく、職場や仕事についての問題点を発見して、 どうやってそれを解決するかを考えて上司に提案してほしいのです。

 ですから、「ガクチカ」を「他人にやらされたこと」で書いてしまったらサイアクです。 逆に言えば、「自分で考えて取り組んだ」のであれば人事の喜ぶエピソードになります。

 「家族連れのお客様を増やす」では、「席の間隔が狭くてお客様同士でぶつかる」ところに原因があると発見しました。

 そこで「席の間隔を調整する」という解決策を思いついて、実行します。

 

要素5:何を得ることができたのか

 「目標を達成した」と言えるのがベストです。 この回答例では「家族連れのお客様を20%増えた」と言えるのが一番いいですね。 しかし、目標未達でも、学びがあれば許されます

 毎年増収増益を重ねている会社であっても、目標未達の月はあります。 仕事には波があり、「いつでも必ず目標を達成できる」なんてミラクルは起きません。 そのことを会社の人事もよくわかっています。

 実際に就職すると、「目標」と「手段」を考えるのは課長クラスの仕事です。 新入社員になる予定の就活生が「確実に目標を達成できる」ことにはたいした意味はなく、 むしろ「活動から学んで次に役立てる」という「向上心」こそが重要なのです。

 逆に言えば、目標を簡単に達成してしまったら「立てた目標が低かった」という話になります。 本当に目標を立ててそれを上回ったのであればともかく、そうでないならギリギリの目標、 もしくはギリギリ到達できないくらいの目標にしましょう。

 活動の中で目標とは別に、「副次的な学び」があったと述べると、人事の心に響きます。 この副次的な学びが、初めに強みとして書いた「ホスピタリティ」の根拠となるのです。

 ここでは「『快適性は1人あたりの専有面積』によるという気づき」が得られたとしています。

 

書き方のポイント

 1つ目のポイントは、「ガクチカ」の4要素に「PRする強み」を加えた5要素を盛り込むことです。

 この「強み」→「理由」→「目標」→「手段」→「結論」という順番を守ることで、 「わかりやすさ」が生まれます。どれか1つでも欠けると途端に説得力がなくなるので、 注意してください。

 2つ目のポイントは、「PRする強みを初めに書く」ことです。 文章に不慣れな人は時系列順に書いてしまいがちなのですが、 結論を最初に述べて、次に理由を述べ、最後にもう一度結論を述べるのが伝わりやすい文章です。

 特に自己PRでは「PRする強み」が一番答えなければならないものですので、 結論の中から「PRする強み」を抜き出して冒頭に書きましょう。

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年9月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

2018年09月の今からでも間に合う!即日内定の合同説明会