リアルタイム閲覧者数:26人
 

就活スーツの選び方

 就活スーツはどんなスーツを選ぶべきなのでしょうか。 人事に「調子に乗っている」などとは思われたくないものです。 

 よく「似合っていれば、どんなスーツでもいい」などと言われますが、 それは建前です。感じ方は人それぞれなので、無難な就活スーツを選びます。

 

真っ黒なスーツ

 礼服ほど真っ黒である必要はないのですが、色が濃いほど無難です。 無地だからといって怒られることはないですし、気分を害すこともありません。 会社員の正装であり、誰が見ても不快に思わないことがスーツ選びの基本です。

 薄いストライプも可ですが、あまり目立つストライプは避けましょう。 会社の人に「なめてるな」と思われたらおしまいです。

 

グレーのスーツ

 グレーのスーツや、黒以外の色のスーツを選ぶのはやめましょう。これは就職してから着る色です。 それもカタイ会社では「ある程度の地位を得てから」着るスーツです。 就活スーツとしては着るべきではありませんし、新入社員としても着ることができません。

 会社の人はけっこう頭がカタイです。 「個性が大事」などと口では言っても、個性を出すと怒ります。 「何を考えているんだ」などと言われます。没個性のスーツで就活することをおすすめします。

 

洋服の青山などですすめられるスーツ

 特にズボンでよくあるのですが、しゃがんだり立ち上がったりすると破れることがあります。 「伸縮性があるから破れにくい」と言われても破れます。 現に私のスーツのズボンは、「伸縮性があるから破れにくい」と言われていたものはすべて破れています。

 足にぴっちりのズボンは特に股が破れます。 ぴっちりのものをすすめられても、少し余裕のあるスーツを選ぶべきです。 実際サラリーマンのほとんどは余裕のあるスーツを着ています。 ぴっちりしていると動きにくく、フットワークが悪くなるためです。

 またストライプの目立つスーツをすすめられることもありますが、 「どんな人が見ても不快に思わない」という基準で、自分で希望を言って選びましょう。 気に入らなければ就職してから好きなスーツを買えばよいのです。

 

就活スーツは何着必要か

 就活とはいっても毎日スーツを着るわけではありません。 就職するとスーツは3着は必要になりますが、就活中は何着必要なのでしょうか。

 もちろんスーツは3着もは必要ありません。それにお金がないから就活しているのに、 就活するのにあまりにもお金がかかるのではおかしな話です。スーツにそんなにお金はかけられないでしょう。 スーツは高いですから、最低限の数だけそろえておきたいものですね。

 スーツの扱い方から説明していきます。

 

スーツはクリーニングに出さなければならない

 スーツはクリーニングに出さなければなりません。 自分で水洗いしたり、アイロンをかけるのは、よっぽど慣れていない限りはやめておきましょう。

 上手にアイロンがけができないとヨレヨレになったり、テカテカになったりします。 大事な就活スーツですので、クリーニングに出してプロにやってもらう必要があります。

 また夏の暑い時期に就活をすると、スーツが汗で汚れます。 また基本的にオフィス街は車の排気ガスもすごいので、ニオイがついたり汚れがついたりします。 汚くなったスーツ、臭いスーツで就活をするべきではありません。

 スーツは社会人の正装ですから、適当に扱っているようでは会社の人に悪い印象を与えてしまいます。 常にとまでは言いませんが、最低でも2週間に1度はクリーニングに出して、 シワや汚れをとってもらいましょう。

 

スーツは破れるし、汚れる

 オフィス街は、見た目はおしゃれですがあまりきれいなものではありません。 排気ガスがあふれ、飲食店のニオイがついたり、自分の汗で汚れたりします。 すぐにスーツは汚れます。

 そしてスーツは破れます。特にズボンが破れます。 靴ひもを直すためにしゃがんだ瞬間に破れたりします。驚くほどスーツは弱いものです。 またボタンがどこかに引っかかってとれてしまったり、シワがついてしまったりします。

 汚れや破れはクリーニング屋さんに持っていけば直してもらえます。 しかし直してもらっている間に会社説明会やリクルーター面接、面接があったら大変です。 予備のスーツが必要でしょう。

 

就活スーツは何着必要か

 何着必要かという問題に入ります。 就活スーツは毎日使うわけではないですが、2,3週間に1回はクリーニングに出さなければなりません。 1着では足りません。

 そのことを考慮すると、就活スーツは2着必要ということになります。 また、毎日同じスーツを着るのではなく、2着を順番に着る必要があります。 毎日連続で着ているといたむのも早いです。

 ハンガーにかけておいておくだけでシワは多少伸びてなくなります。 その効果を狙って、1着ずつハンガーにかけて休ませるようにしましょう。

 ホコリも取りましょう。ブラシなどでスーツのホコリを取り、常にきれいな状態を保ちましょう。 虫は汚れを好みます。汚れたままスーツを放置すると虫食いでやられます。 ホコリだらけのスーツで就活するのも印象最悪ですので、ホコリ対策はしっかり行いましょう。

 

スーツのボタンは上だけ留めればいい?

 その通りです。スーツのボタンでとめるのは上だけです。 通常スーツにはボタンが2つついていますが、下のボタンは飾りです。

 働き始めると両方のボタンを開けっ放しにすることが多いというか、誰もボタンをとめません。 しかし就活の間はだらしなく見られてはいけませんので、立っているとき、座っているときの両方でボタンをとめておきましょう。 ボタンを外して悪印象がつくことはあっても、ボタンをとめていて悪印象がつくことはありません。

 またスーツのポケットについているヒラヒラもポケットの中にしまいましょう。 ヒラヒラはフタではありません。やはりそれも飾りです。 しかも外に出さずに見えなくする飾りです。よくわかりませんね。でもそれがおしゃれというものなのです。

 こんな風に述べていますが、働き始めると誰もそんなことは気にしていません。 就活の時だけ気を付けるところです。気を付け過ぎなのかもしれませんが、人事の人は就活情報もよく知っていますので、 「こいつ何も調べてないな」と思われないようにしましょう。

【2020卒】ついに受付開始!12月開催の一流企業が集まる合同説明会(参加特典アリ)

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年11月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 すでに2020卒の募集も始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 2020卒の方も、みんなが就活を始める前に1つ内定を取っておきませんか?

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。




×

2018年11月の今からでも間に合う!即日内定の合同説明会(19卒&20卒)