MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:33人

 

一部上場企業に就職するメリット&デメリット|本当にすごい?

 「東証一部上場企業はすごい?」-いいえ!メリットよりデメリットのほうが大きく、「別にすごくない」と言わざるを得ません。 「モテる」というのも幻想で、私はモテませんでした。就活生や社員にとって「上場企業だから」といいことは特になく、 むしろ非上場だったらよかったのにと思う瞬間がたくさんあります。

 1つ言えるのは、上場の恩恵を受けるのは「創業者」や「株主」であって、働く人にメリットはないということです。



おすすめ・人気記事

23卒の就活はすでに始まっている

記事一覧へ

 

上場のメリット

 上場のメリットは、「資金調達がしやすくなる」「株価が上がる」の2点です。

 最近ではサントリー(非上場)の子会社であるサントリー食品が上場したことが話題になりました。 経営破たんしたJALの再上場や、スカイマークの再上場も話題になっていますね。

 話題になるということは、誰かの損得に関係するということです。 上場のメリットを考えていきましょう。

 

メリット1:資金調達がしやすくなる

 上場するとまず、「資金調達がしやすくなる」というメリットがあります。

 通常、株式会社の資金調達は「新株発行」か「銀行融資」で行います。 銀行の融資を受けると利息がかかりますし、返済期限もあります。 一方で新株発行なら利息はかからず、返済期限もありません。

 工場を建てたいときや、支店を開設したいとき、新規事業を始めるときなど、 莫大な資金を調達するには新株発行が一番いい選択肢です。

 もちろん新株を発行しても、経営者が株主を募集して1人1人に株券を売るには手間がかかりすぎます。 上場していれば、証券会社やインターネット証券を通じて大勢の人が株を買ってくれますので、 簡単にお金を集めることができるのです。

 そういうわけで、上場するメリットの1つとして、資金調達がしやすくなると言えます。

 しかし非上場の企業でも資金調達がしたいときには上場すればいいのであって、 昔から上場しているほうがよいなどのメリットではありません。

 

メリット2:株価が上がる

 もう一つのメリットは、「上場すると株価が上がることが多い」ことです。

 例えばサントリー食品の場合、サントリー食品の株をほしがる人は大勢いました。 しかしこれまで非上場だったので、サントリー食品株を買えませんでした。 上場すると、株を買いたかった人が殺到します。

 2013年の上場当時3200円だったサントリー食品株は、2年で5000円を上回りました。 株価はおよそ1.5倍です。仮に非上場時代に1億円分の株を買っていたら、 上場から2年で1億5000万円になったということです。

 「株価が上がる」のは、創業者や投資家のメリットです。 創業者は特に、起業した時点ではかなりの割合の株式を持っています。 上場して株を売りまくれば大儲けできますね。

 投資家も同様で、創業者から事前に株を買っておけば、上場時に大儲けできます。 特に就職して働くサラリーマンに関係のある話ではありませんね。

 

上場のデメリット

 上場のデメリットは、非上場のメリットでもありますが、 実は、サラリーマンにとっては次の2点があります。

  • 1.経理が複雑になる
  • 2.買収されるリスクがある

 

デメリット1:経理が複雑になる

 上場には、「経理が複雑になる」というデメリットがあります。 上場すれば「会計の透明性・公正性」が求められますので、3ヶ月ごとに決算短信を書かなければなりませんし、 年に1度は有価証券報告書を作成しなければなりません。経理の仕事はドッと増えます。

 経理部は決算短信と有価証券報告書で苦しんでいます。「決算期は家に帰れない」などと言うのも、 有価証券報告書のせいです。会社の持っている現金や負債だけでなく、 材料や製品をお金に換算して評価しなければなりませんし、間違えると粉飾決算になりかねませんから、 精神的にもピリピリします。

 非上場の会社なら決算短信も有価証券報告書も公開が不要ですので、この点では多少楽になります。

 

デメリット2:買収されるリスクがある

 上場のデメリットは経理部だけの問題ではありません。 上場していることで「ヘッジファンドやライバル企業に買収される」可能性が発生します。

 上場していなければ経営者が株を売らなければ済む話ですが、 上場していればヘッジファンドやライバル企業も自由に株を買えます。

 記憶に新しいところではホリエモン率いるライブドアによる、フジテレビ買収騒動がありました。 ホリエモンはフジテレビの大株主であったニッポン放送を買収し、ニッポン放送を通じてフジテレビを支配下に置こうとしたのです。 (宣伝目的であって本気で買収できるとは思っていなかったそうですが)

 TOB(株式公開買い付け)という手段によってニッポン放送の株を買えたのも、 ニッポン放送が上場企業だったからです。上場企業は常に買収される危険性を秘めています。

 買収されると悲惨です。三洋電機しかり、住友金属しかり、買収された企業にいた社員は、 買収した企業の社員より地位が低くなります。給料が上がる場合もありますが、 それ以上に元ライバル企業だった買収元に雇われるわけです。

 住友金属は合併後「新日鐵住金」になりましたが、ついに社名変更で「日本製鉄」となり、 三井生命は財閥の「二木会」を退会の上、「大樹生命」となりそれぞれ社名を失いました

 阪神電鉄は村上ファンドに株式を買い集められていることに気づくのが遅れ、 最終的には阪急電鉄に身売りすることで買収防衛をしましたが、 会社がなくなってしまったことには変わりありません。

 自社ビルを売却されたり、事業を縮小させられたり、ノウハウだけ吸収されて用済みとなった社員はリストラにあったりと、 買収されるデメリットは大きすぎます。

 

一部上場企業が人気の理由

 就活ではなぜ一部上場企業人気なのでしょうか。 その理由は次の2つです。

  • 1.上場企業は信頼性がある
  • 2.ステータス性がある

 「一部上場企業に内定をもらった」といえば自慢になりますし、 「一部上場企業で働いてる」といえばたいてい「すごい」と言ってもらえます。 これはどういう理由によるものでしょうか。

 1つは「上場企業は信頼性がある」ことです。 株式市場は東証一部だけでなく、東証二部や東証ジャスダック、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、 札幌証券取引所など、様々な証券取引所があります。その中でも特に東証一部は審査が厳しく、 老舗の儲かっている大企業はだいたい東証一部に上場しています。

 東証一部に上場できるということは、儲かっていて、公正な会計をしており、 信頼性の高い企業であると言えます。

 ・・・というのは建前であって、実際は赤字企業だったり、粉飾決算があったり、 不正会計が行われている会社もあります。インサイダー取引が行われるような、 情報漏えいしている企業もありますし、倒産寸前の会社だって東証一部に上場しています。

 オリンパスはたびたび不正会計を指摘されていますし、 東京電力や旧JAL、シャープのように赤字を連発し、果ては倒産する企業も東証一部に上場しています。

 もう1つの理由は「ステータス性」です。 日本銀行はじめ日本製鉄、JFE、電力会社、ガス会社、東芝、ソニー、パナソニック、ファナック、 富士フイルム、トヨタ、JT、鉄道会社、スーパーゼネコン等の超有名企業はほとんど東証一部上場企業です。

 会社のことをよく知らない人に説明するとき、「東証一部上場企業です」といえば、 「ああ、トヨタとか東京ガスくらいすごい会社なんだ」と思ってもらえるのです。 一部上場企業であるというステータスが、よく知らない人には自慢になるのです。

 実際には同じランクでもなければ会社によって給料も全然違いますし、 そもそも赤字企業の場合だってあります。ステータス性=待遇が良いというわけではありません。

 単に「東証一部上場」というだけで「すごい」と思ってもらえるほど「良いイメージがある」のにすぎません。 一部上場企業に就職すれば安心ということはありませんし、 「一部上場企業」は単なるステータスにすぎないのです。

 

非上場の大企業

 非上場有名企業・大企業はたくさんあります。 「東証一部上場企業」は一流企業の条件ではありません。 「東証一部上場企業」を条件にして就活すると、優良企業をたくさん見逃すことになります。

 非上場大企業の例を一覧にしました。

※リンクをタップするとMY就活ネット独自の企業研究が読めます

 非上場を貫く理由はやはり、「買収対策」や「資金調達の必要がない」です。 これらの会社はすでに莫大な利益をあげており、 新たな設備投資のために株券を発行する必要がないのです。

 上場したところで資金調達をしないのでは上場する意味がありませんし、 創業者や今の株主が株を売る気がないのであれば、上場しないでしょう。 こういった企業はまず、買収されることはありませんので上場企業よりは安心です。

 たいていの大企業は上場し、株式を発行して資金を集めて工場を建てるなどして拡大してきました。 そんな中、非上場の大企業は新株発行以外の独自の手段、 たとえば会社の利益や銀行融資などで資金を集め、会社を拡大してきました。

 どちらかというと非上場の大企業のほうがすごいと言えそうですが、 逆に言えば利益が出ないと会社を大きくできませんので、効率が悪いとも言えそうです。

 

一部上場企業はすごい?

 ここまで述べてきたように、「一部上場」は、資金調達の一手段にすぎません。 ゆえに「一部上場企業はすごい」かというと、そうではないと言えます。

 非上場の企業も自社の利益や銀行融資などの手段で資金調達が可能ですし、資金調達が終わってしまえば上場していても、非上場でも関係ありません。 むしろ上場していると経理が大変になりますから、資金調達の予定もないのに上場しているのは不便ばかりとなります。

 投資家ならともかく、サラリーマンに株価の騰落は関係ありませんし、上場のメリットは受けられないばかりか買収されるという不安要素になります。 なぜかステータス性はありますが、素人に自慢できる程度であり、その企業が本当にすごいかどうかは「東証一部上場企業」というだけでは全くわかりません。

 もし従業員持株会に入るのであれば、東証一部上場企業より、未上場の企業、 東証二部、東証ジャスダック、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所などに上場している企業のほうが、 サラリーマンにもメリットがあります。

 というのも、東証一部に上場する際に株価が上がるからです。

 ベンチャー企業や地域密着型の企業はたいてい東証一部以外の株式市場に上場しています。 しかし、会社の規模が大きくなってくると東証一部に上場を果たす会社が多いですし、 やはり株主である創業者としては東証一部に上場して、莫大な利益を得たいものです。

 そこで東証一部に上場していない企業に就職し、従業員持株会に入会し、 自社株を買っておくのです。会社の経営がうまくいって東証一部上場を果たしたら、 そのときには持っている株が大きく跳ね上がるかもしれません。

 以上より、就職先が一部上場企業でも、就活生やサラリーマンにはほとんど関係ありません

 他にも間違いだらけの会社選びシリーズを公開していますので、以下もぜひご覧ください。

 →業界研究のやり方に戻る

 

10月の今から最短で内定をもらうには?

 

人事部長「すばらしい!君のような新卒がほしかった!」

 あなたは社会にとって価値のある人材です。ですが就活生は40万人もいて、存在のアピールをしないと埋もれてしまいます。 一方で優良企業の宝庫であるBtoB企業は、知名度が低いために学生に見つけてもらえません。 「消費者向けに広告を打たない」というだけの理由でスルーして、就職してから知って後悔するなどもったいないです。

 実は、学生と優良企業をつなげてくれるプラットフォームがあります。それが「OfferBox」です。

 SNSの要領でプロフィールを登録すると、価値を認めてくれる会社が「スカウト」を送ってくれます。 宣伝メールを一斉送信する機能がないのが特徴で、本気のスカウトしか来ません。後はその企業を「逆選考」して応募するか決めればいいだけです。 「書類選考が免除」「いきなり最終面接に呼ばれる」などかなりの時間短縮になります。

 しかし、「メールがたくさん来て面倒」どころかプロフィールを充実させないとスカウトが来ません。 入力度が80%に達してようやく1通来るというイメージです。しかし、届いたスカウトは本物です。

 フォームに入力していくだけであなたの価値の「アピールの効果」まで引き上げてくれてますから、プロフィールの充実のさせ方は簡単です。 また100万人の診断結果を元にした「適性検査」を受検すれば、自己分析も簡単に終わります。もちろんすべて完全無料です。

 すでに23卒の登録受付を開始しています。 早期に登録すれば隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業の採用枠がたくさん空いていますから、他の学生より早くに満足な内定がもらえる可能性が高いです。

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 その場で面接が始まり、早ければその場で内定がもらえる内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 なぜ即日内定が可能なのかというと、採用権限を持った役員が説明会に来るからです。 実は、どの会社も採用権限は人事部にありません。書類選考~二次面接は「役員に会わせる学生を選別するため」に行われるもので、 逆に言えば、いきなり役員面接なら、それまでのステップはすべて省略可能なのです。

 すでに22卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 22卒も2021年10月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

どうせ悩むなら「受かりすぎてヤバい!」が良くないですか?

 会社探しには無限の時間がかかります。世の中には無数に会社があり、その中から楽しく働けそうな会社を見つけるのは至難の業です。 実際、「そんな会社はない」と思っていませんか?かつては私もそう思っていました。 しかしよく考えてみれば、20~30社しか会社を知らないんですから、見つからなくて当然ですよね。

 見つけきれていなかった会社や、よく知らなかった業界に手遅れになってから気付いて後悔する…というのは、歴代就活生が味わいまくってきた苦痛です。 そんな悲しい就活、絶対に繰り返してはいけませんよね。

 そこでオススメなのが、「キャリアチケット・スカウト」です。

 キャリアチケット・スカウトは、プロフィールを入力していくと、それを見た企業の人事から「オファー」が届いて優遇選考に招待される、スカウト型就活サイトです。 会社側が興味を持ってくれているわけですから、あなたの性格に合っている可能性が高いというわけです。 無限に会社を探し続けるより、待っているだけですから、ものすごく効率がいいですよね。

 わかりにくい「自己分析」もフォームに入力するだけで、人事の心に響く自己PRが簡単につくれます。 これでスカウトがもらえる上に、本命企業へのエントリーシート作成に流用してもいいわけです。 もちろん完全無料で使えますから、試してみる価値は大いにあります。


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×

志望企業の内定エントリーシートを読んでコツをつかもう!