MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:5人
※本サイトはプロモーションが含まれています

鉄道業界とエネルギー業界はやめとけ!|ホワイト企業を目指すならどこ?

  1. 鉄道業界・エネルギー業界はやめとけ
  2. インフラはブラック企業の温床!
  3. 儲からない!なのに競争倍率は200~300倍の骨折り損!
  4. 高待遇のホワイト企業を目指すなら、BtoB業界に行こう!
鉄道業界とエネルギー業界はやめとけ|業界研究 


おすすめ・人気記事

 

鉄道業界とエネルギー業界はやめとけ!

 鉄道業界とエネルギー業界はやめとけ!と言う理由は、以下の3点です。

  1. インフラ企業はブラック企業になりやすい!
  2. インフラ企業は、儲からない
  3. その割に競争倍率が200~300倍と高すぎる!
 

インフラ業界がブラックになりやすい理由

 インフラは重い責任を負うのが仕事!

 インフラ業界に共通の「ブラックになりやすい理由」は、責任の重い案件を1人で大量に抱え込むためです。

 この業界は、業務のほとんどを外注に出します。 鉄道業界もエネルギー業界も、設備の修理工事・システムの導入・消費者向け営業などは外部企業や子会社に委託します。 こう聞くと、仕事がなさそうなイメージを持ってしまいますよね。

 「状況を把握して指示を出す」という仕事は楽そうに見えますが、それを丸一日続けるほど量を詰め込まれます。 1日中「脳を酷使する仕事」を続けるのですが、ひとたびトラブルが起きれば責任者なので家に帰れなくなります。 そのせいで下記のような過労死事件がたびたび発生しているのです。

会社名時期事件内容
中部電力2010年パワハラ自殺指導や助言なしで難易度の高い業務、激しい叱責などで精神障害を発症
JR西日本2012年過労死10ヶ月連続100時間以上の残業、最大月254時間
関西電力2016年過労死原発審査を巡り月100時間以上の残業、最大月200時間
その後社員1万2900人に計17億円の未払い残業代が発覚
 

鉄道業界がブラックになりやすい理由

 顧客が消費者なのは、ブラック化の原因!

 鉄道業界は特に、消費者を相手にしたビジネスであることがブラック化の原因になっています。

 消費者を相手にするということは、土日祝日も長期休暇も関係ないということです。 基本的に鉄道業界は休日が少なく、事故や災害が起きると緊急対応のため出社しなくてはなりません。 理不尽なクレームが多いのも、消費者向けビジネスならではの苦痛です。

 そして、消費者は気まぐれなので何をしたら儲かるかがハッキリしません。 いくら働いても成果が上がらないのが普通であり、それが長時間労働を招きます。 そして「企画切符などの自爆営業」につながっていくわけです。

 私もサラリーマン時代、顧客に鉄道会社があったので「企画切符」を数万円分購入(会社の経費で)していましたが、 買うと大変ありがたがられたものです。なぜなら、鉄道業界の社員は販売ノルマを負っているからです。

 

エネルギー業界がブラックになりやすい理由

 ピリピリする仕事しかない!

 エネルギー業界はなんといっても一切のミスが許されないという非常にシビアな仕事をしていて、 ちゃんとやったからと言って褒められることもありません。 その上で「民間企業として」利益を稼がなければなりませんから、ピリピリしています

 実際に消費者と契約をするのは外注や子会社なのですが、「インターネット回線」「オール電化」などの家庭用営業では、 なんとか成果を上げるために脳を酷使します。当然、責任者なので売上が上がらなかったら自分の責任です。 もともとピリピリした職場なのに、さらに叱責を受ける理由まであったら、どうなるかわかりますよね。

 

インフラ企業は、儲からない!

 インフラは、実は儲かっていない

 インフラ企業は、基本的に儲かりません。 例外的にJR東海と東京ガスが大きく利益を出していますが、 その貴重な成功例を除くと経常利益率は大企業平均の7%を下回っています

売上高経常利益率
東京電力7兆8000億円△3.6%
関西電力3兆9000億円△0.01%
中部電力3兆9000億円0.01%
東京ガス3兆2900億円12.4%
大阪ガス2兆2800億円3.3%
JR東日本2兆4000億円4.6%
JR東海1兆4000億円21.9%
JR西日本1兆4000億円5.2%

 「電気料金が高い」「電車賃が高い」ことから「インフラ企業は安定収入を得ている」と思いがちですが、 政府によって儲かりすぎないように調整されているのが現実です。 JR東海が儲かっているのは、「大赤字路線」だった東海道新幹線を企業努力で進化させてきたからで、もともとは大赤字の会社でした。

 このように「決して儲かる仕組みにはなっていない」のに、「倒産しない程度の収益は出る」ことから、 あまり積極的に利益を出そうとしてこなかった業界です。利益が出ないということは、ボーナスが増えないということです。 ホワイトでもない上に給料は頭打ちで、今後の昇給はあまり見込めません。

 

なのに就職人気は異常に高い!

 待遇の割に人気すぎ!就職はほぼ無理なレベル!

 その一方でインフラ企業の就職人気は異常に高く競争倍率は200~300倍にも及び、 内定確率は0.3~0.5%程度という超低確率になっています。 「高学歴・インターン参加・完璧なES」と条件が揃ってようやく土俵に立てるレベルなのに、待遇はそれほど良くないという骨折り損業界です。

 「安定高給」「まったりホワイト」という思い込みによるイメージが先行して、 またバツグンの知名度から、燃料費の高騰やコロナでの減益があっても志望者が減りません

 特に電力業界は原発の停止が長引き、燃料費の高騰もあり、利益がほとんど出ていません。 それにも関わらず国民感情によって電気代の値上げはまったく足りない水準で抑えられており、将来性などありません

 

ホワイトなら、知名度皆無のBtoB企業がおすすめ!

 待遇の良いホワイト企業が、BtoB業界にたくさんある!

 もし休日が多く、給料も高いホワイト企業を目指しているなら、BtoBメーカーがおすすめです。 法人向けゆえ就活生への知名度は皆無ですが、世界を独占するような会社が日本にはたくさんあります。

 特に化学メーカーは「ホワイト企業しかない」と一部では有名で、 年間休日120日以上、平均年収800~1000万円、残業は月10~20時間と絵に描いたようなホワイト企業がたくさんあります。 これらの企業は競争倍率が40~80倍と、インフラ企業に比べてよっぽどお買い得です。

超優良!化学メーカーの業界研究・志望動機・平均年収

 また、準大手ゼネコン専門商社も同等の待遇がありますが、 やはり「スーパーゼネコン」や「総合商社」に対して「儲からないのでは」という思い込みからスルーされがちです。 平均年収900万円なのに、競争倍率がたった10倍というあまりにもったいない業界です。

穴場!準大手ゼネコン10社の比較|年収も将来性も高い理由

穴場!専門商社への就職|業界研究・志望動機・平均年収

 このように、BtoB業界には儲かっているのにライバルが少ない穴場企業がたくさんあります。 しかし、「名前も知らない会社」を探すのは困難で、法人向けゆえ事業内容もわかりにくく、就活は大変です。 そこでおすすめなのが、 「OfferBox」 です。

 OfferBoxは「待ち」型の就活サイトで、SNSの要領でプロフィールを充実させていくと、 あなたに興味を持った企業の人事から「スカウト」が送られてくる就活サイトです。 時には「一次面接免除」「いきなり最終面接」などの優遇選考に招待されることもあります。

 他のスカウトサイトとの大きな違いは、「企業による一斉送信ができない仕組み」になっていて、冷やかしの宣伝メールが来ないことです。 企業は限られた数のスカウトしか出せないため、本気のスカウトだけが来るのが特徴です。 これが人気を博し、就活生の3人に1人が利用する常識の就活サイトになっています。

 一流企業やベンチャー企業はもちろん、BtoBの隠れ優良企業など15,000社以上が利用しています。 すでに学部3年生(修士1年生)の受付も開始しており、早い段階なら採用枠がフルで空いています。

→「OfferBox」でスカウトをもらう

 

自分の”今”の実力をチェック!

 「OfferBox」 はスカウト型就活サイトで、設定したプロフィールを読んだ企業が選考への招待を送ってくれる無料サービスです。 が、これを自分の実力チェックに利用できます

 というのも、このサイトでは登録時にプロフィールを設定するのですが、 就活でするべき「アピールポイント」を詰め込んだ設問になっており、「スムーズに入力できれば問題なし」「詰まったらそこが面接で突かれるポイント」です。 入力率80%になるとおよそスカウトが受け取れるそうですが、そこが選考合格の最低ラインということになります。

 そして最も役立つのが、「適性診断AnalyzeU+」を無料で利用できて、結果が見れる点です。 選考本番では適性診断を受けますが、受かっても落ちてもその結果はわからないままです。 ですが、こちらを受けておけば「面接官の持っている書類に自分がなんと書かれているか」がわかるというわけです。


※タップで拡大

 これをもとに長所や短所を選び直せば「自分のことをよく理解できている」ことがアピールできますし、 面接で「悪いところが出ないように気を付ける」こともできます。 大学生なら完全無料ですから、自分の今の実力を知るために、一度受けておきましょう。

→「OfferBox」の公式サイト

 

本命企業の選考を受ける前に!

就活生マイの表情(笑顔)

本番の前に、模擬試験!

 筆者の私の就活は、本命中の本命企業が1社目の採用選考でした。 自己分析もなしにエントリーシート・WEBテストに失敗し、それでも幸い面接に呼んでもらえたのですが、 そこでも今思うとありえない失敗をしていました。当然不合格です。

 「もしあの企業の選考が1社目じゃなかったら」と悔やんでも悔やみきれません。

 「1社目を1社目ではなくする」ことができるのが、「ジョブトラ」 というイベントです。なんとジョブトラ卒業生、三菱商事やサントリー・JR東海・味の素などの人気企業の内定者が続出しています。 それもそのはず、ジョブトラでは自己分析やグループワークなど今の自分が完璧な状態かどうかを知ることができるからです。

 このイベントは約4時間と長めですが、前半に自己分析や企業研究などの講座を行い、後半は「ビジネスゲーム(グループワーク)」を実施します。 このグループワークは国内大手企業や外資系企業が採用している形式で、終了後はフィードバックがもらえます。 自分の強みや弱みを客観的に評価してもらえるので、本命企業の選考を受ける前にぜひ参加しておきたいですね。

 一切の事前準備が不要で完全無料、年間300回以上開催、すでに10万人以上が参加した人気イベントと、 ここでは伝えきれない魅力が詰まっています。公式サイトをぜひご覧ください。

「ジョブトラ」の公式サイト

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

就活生マイの表情(笑顔)

模範解答があれば憂いなし!

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで71,000通を超えるエントリーシートが収録されています(2023年5月時点)。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ見つかるサイトと言っていいでしょう。

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

就活生マイの表情(笑顔)

選考体験談が詳しすぎる!

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

内定ES・選考情報を読む

 

本命企業に応募する前に、やっておきたいこと

就活生マイの表情(普通)

「自己分析」をよくわからないまま、放置してない?

 筆者の私は自己分析をしなかったがゆえに本命企業11社全滅という憂き目に遭いました。 自己分析のことを「性格診断か何か」だと思い込んで放置していたのですが、 そのためにエントリーシートで一貫した熱意を伝えることができなかったのです。

 その後、やり直して1ヶ月で内定を得るに至ったのですが、「本命企業の応募前にやっておけば・・・」と思っても後の祭りです。 就活に悔いを残す結果となりました。

 【キャリアチケットスカウト】 という就活アプリを使えば、アプリ起動から3分で自己分析が完了します。 エントリーシートの作成サポート機能もあるので、自分のESが伝わるESかどうかを確認することができます。

 また、このアプリで作成した「就活の軸」や「自己PR」などを元に企業から特別選考に招待される機能もあります。 もちろん辞退してもいいのですが、その会社は「あなたとビジョンの一致した会社」ですから、内定確度は高いです。 オファーをもらってから検索してみたら、実はそれがあなたの天職かもしれません。

 まずはアプリをインストールして、自己分析を始めてみましょう。もちろん完全無料です。

キャリアチケットスカウトをダウンロードしてみる


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、11年間に渡り学生の就職活動を支援している。




×