リアルタイム閲覧者数:26人

 

【就活】製薬業界の業界研究・平均年収・MRへの就活

 製薬業界業界研究MRへの就職情報を公開しています。

 武田薬品工業、アステラス製薬、第一三共、大塚HD、エーザイ、田辺三菱製薬、中外製薬、 大日本住友製薬、協和発酵キリン、興和、日本化薬、ファイザー、ベーリンガー、ノバルティス、バイエル、サノフィ、 MSD、GSK、ノボ・ノル、リリー 

 製薬業界は、病院や薬局、医者、薬剤師に対して医薬品を販売するメーカーです。 少子高齢化の時代でもあり、市場規模は大きく、医薬品大手では年収も高いです。 それでいて就活では機械、家電メーカーほどの人気はありません。

 しかし製薬業界は競合企業が多く、外資系企業も参入しており、 ジェネリック医薬品の登場もあって競争は激化しています。 TPPの行方次第によっては国内企業も影響を受けるため、注意が必要です。

 

医薬品メーカーの一覧と業界研究・売上高・平均年収

 医薬品メーカーは大きく分けて「新薬メーカー」「後発医薬品メーカー」の2つに分けられます。

 

新薬メーカーの一覧と業界研究・売上高・平均年収

会社名売上高平均年収備考
武田薬品工業1.7兆円1015万円
アステラス製薬1.3兆円1079万円
大塚ホールディングス1.2兆円1076万円
第一三共9600億円1103万円
エーザイ6000億円1045万円
中外製薬5300億円953万円
大日本住友製薬4700億円863万円
田辺三菱製薬4300億円876万円
協和発酵キリン3500億円837万円
塩野義製薬3400億円919万円
大正製薬ホールディングス2800億円875万円
小野薬品工業2400億円896万円
参天製薬1900億円812万円
キョーリン製薬1100億円930万円
日本新薬980億円763万円

 新薬メーカー新薬の特許によるライセンス収入が非常に大きく、 需要の高い新薬を発明した会社では、莫大な「不労所得」を得ることができます。

 ただし、その分「研究開発費」がかさみ、研究が新薬の発明につながらなかった場合、 投資が水の泡になります。時間や人材を投入して新薬の開発を競いますが、 当たればデカいけど外れたらゼロというリスクの高い業界でもあります。

 また日本の新薬メーカーは、過去に発明した新薬の特許が切れるラッシュが到来しており、 「需要の高い新薬の開発」が急務な他、突如なくなるライセンス収入を埋め合わせるため、 後発医薬品(ジェネリック)への参入や、他業種にも事業の幅を広げることも盛んにおこなわれています。

 病院で医薬品の適切な処方を促進するために活躍するのがMRで、こちらは文系でもなれますが、 事実上の営業マンになっており、「自社新薬を使ってもらうため」に活動しているところに課題があります。

 

後発医薬品メーカーの一覧と業界研究・売上高・平均年収

会社名売上高平均年収備考
日医工1800億円677万円
沢井製薬1600億円580万円
科研製薬980億円785万円

 後発医薬品とは「ジェネリック」のことですが、ジェネリック専門のメーカーを、後発医薬品メーカーと呼びます。

 新薬メーカーと比べて特許を持たないため「ライセンス収入がない」という点と、 新薬を開発しないので「研究開発費」がかさまないという点に特徴があります。 そのため「当たればデカい」こともありませんが、「外れたらゼロ」ということもありません。

 ただ、ジェネリックは特許の切れた医薬品ですので、「設備さえあればどのメーカーでも作れる」という大きなデメリットがあり、 激しい価格競争を避けられません。そのため利益が出にくく、新薬メーカーに比べて社員の年収も低めです。

 

その他医薬品メーカーの一覧と業界研究・売上高・平均年収

会社名売上高平均年収備考
ロート製薬1500億円662万円一般医薬品
久光製薬1400億円653万円一般医薬品
ツムラ1100億円804万円漢方薬

 「一般医薬品」とは薬局やコンビニで「処方箋なし」で買える医薬品を指し、 風邪薬やサロンパスに代表される鎮痛剤など、生活に密着した医薬品です。 特にロート製薬は一般医薬品専門で事業を行っています。

 また、ツムラは漢方薬メーカーです。現代の医療は「西洋医学」が主流で、 漢方薬の「東洋医学」は西洋医学で説明がつかないため、長らく放置されてきました。

 ですが、基本的に「対症療法」である西洋医学に対して「根治」を目指す東洋医学も効果が見直されてきており、 研究者も増え、病院で漢方薬が処方されることも増えてきました。

 

MRへの就活

 MRは医薬情報担当者の略称で、文系出身の「営業マン」のような存在です。 ですが、他業種の営業とは異なり、「医薬品を販売する」のが仕事ではなく、 医薬品を正しく使ってもらうための「情報提供」と、今後の研究開発に活かすための「フィードバック」が主な仕事です。

 ところが実態は「自社の医薬品を使ってもらうための営業マン」で、 日本の製薬業界では長らく「医師への接待」による「シェア獲得競争」が繰り広げられてきました。

 本来、医薬品は医師の診断に基づき、症状に最適な医薬品を選んで「医師が」処方するものです。 それを「症状に最適な医薬品」ではなく、「懇意の会社の医薬品」を処方するのはあるべき姿ではなく、 事態を重く見た政府は「接待禁止」などのルールづくりを進めています。

 とはいえ、長らく続いた慣行はなかなか簡単に抜けるものではありません。 MRは「情報提供者」ではなく「営業マン」として扱われることが多いでしょう。

 製薬会社に所属している以上、MRが他社の医薬品を勧めることは期待できませんし、 製薬会社の本音は「自社製品のシェア拡大」ですから、社内でもやはり「営業マン」として扱われるでしょう。

 MRという名前ではありますが、総合職です。 MRとして採用され、数年間は医者、薬剤師、病院に対して医薬品の営業を行います。

 もちろん総合職ですので、「MR」という名前ではありますが、 営業から他の部署に異動になる可能性もあります。 しかしMRとして採用されている以上、基本的に40年間MRとして仕事をすることになります。

 製薬業界のグローバル化により、就活では語学力必須スキルになります。 会社によってはTOEICスコアが700点以上であることがエントリーの条件になっているなど、 英語なしに入社することはできません。

 MRの採用選考は就活解禁前のインターンシップに始まり、インターンシップである程度絞り込みをかけます。 そして就活が始まると大手製薬会社ではリクルーターがつき、さらに絞り込みがかけられます。 4月中に面接が始まり、早ければ3日後には内々定が出て、遅くとも1週間程度で内定者が出そろいます

 

MRは体育会系

 基本的に接待はどこの会社でも行われるものですが、特に医者、薬剤師相手の接待は厳しいものがあります。 医者は開業医の場合、「組織に所属」した経験がない場合も多く、 いわゆる「社会の常識」が通用しない面があります。

 医者ということでプライドも高く、バカにした態度を取られたり、罵倒されたり、 MRは邪険に扱われることがあります。

 いわゆる「土下座営業」が通用するというか、未だに土下座営業の文化が残っている業界です。 会社によっては売れる医薬品が少なく、常に新規開拓の状態で厳しい営業が続きます。

 医薬品メーカーとはいえ、メーカーですので「良いもの」を作っているのが前提です。 それ以上に医者に気に入られることが重要です。

 というのも、会社に対する営業の場合、相手にするのはあくまで調達部門ですが、 病院の場合は医者です。医者は病院内でかなりの権限を持っており、 特に開業医の場合は営業先=経営者です。

 経営者相手の営業はなかなかつらいものがあります。 会社の調達部門と異なり、経営者の場合はもっとシビアです。

 

MRの年収は高く激務

 旧態依然とした医者に対する営業は、現在のスマートな営業スタイルのイメージとはかけ離れています。 朝早くから病院へ赴き、診察の合間に面会するためただひたすら病院内で立ったまま待機したり、 人によっては話が通じなかったり、罵倒されたり、休日すら接待に使わざるを得ないこともあります。

 「プライドと時間を切り売りして給料をもらう」という表現がしっくりきます。 まだ大手製薬会社だと会社名という肩書があるため、医薬品を買ってもらえる可能性があります。 しかし新薬など「いつも買ってもらっている医薬品」以外の営業はどの会社でも苦労します。

 医者や薬剤師は面会できる時間が限られているため、営業活動もしながら事務処理も行うには、 どうしても昼間に営業し、1日10か所近くの施設を回って、夜に帰社して作業せざるを得ません。 残業時間も多く、プライベートの時間はあまり取れません。

 全国転勤を繰り返すため精神的に樂ではありません。

 年収800万円~1000万円超を狙え、高給取りであることは間違いありません。 しかし銀行や商社と同様、高い給料の代わりに犠牲にするものも大きいことは認識しておきましょう。

 一方で中小製薬会社は年収が300~500万円程度なのに対し、 医者からも相手にされず、厳しい土下座営業をしなければならないという点で、 大手に比べてかなり薄給激務といえます。

 

医者への営業なので学歴も必要

 「IQに差があると会話が成立しない」と聞いたことがあると思います。 MRでも同じで、医者を相手にする営業にはある程度の知性が必要です。 そのため製薬メーカーは「高学歴の体育会系」を求めています。

 大手の製薬メーカーの内定者は旧帝大、早慶が多く、学歴重視が見受けられます。

 さらに内定者懇談会が旧帝早慶とその他で分けられており、 入社の時点で幹部候補生、ソルジャーに分かれていると想定できます。 自信がない場合は再考が必要です。

 一方で高学歴だからといって内定が出やすいわけではありません。学歴はあくまでも前提です。

 製薬メーカーへの就活の難しさは、学歴だけでなく体育会系であることも重視されることに表れています。 「体育会系の部活に参加していた」という実績ではなく、体育会系の文化に順応できるかどうかが見られます。

 MRは古い体質の医者、病院に対する営業ですので、学歴や知性だけがあっても仕方がありません。 医者に何を言われてもにこやかに頭を下げられる体育会系である必要もあるのです。 プライドが邪魔をしてなかなか厳しい業界であると思います。

 こういったことが平気であれば、銀行や証券などの金融業界と一緒に併願するのもいいかもしれませんね。

 

MRの将来性は高い

 ここまでMRの厳しさを解説してきましたが、MRとしての経験が将来役に立つ可能性は非常に高く、 将来性が高い仕事ということができます。

 先にも触れましたが、本来医師が、症状に最適な医薬品を選んで処方するべき医薬品ですが、 実態は懇意の会社の医薬品を処方しているという現実があります。

 政府は様々な手を使ってこれを解決しようとしていますが、MRが会社に所属している以上、 会社の使命は「自社製品のシェア拡大」ですから、MRが「症状に最適な医薬品」として他社製品を医師にすすめることはまず、ありえません。

 そこで、今後はMRは製薬会社ではなく病院に所属する、または自社製品を持たない会社に所属することが予想されます。

 なんといっても日々種類が増えていく医薬品、膨れ上がる医療需要に対し、 医薬情報を医師に伝える仕事は今でも人手不足なくらいで、なくなる仕事ではないからです。

 MRとして経験を積んでおけば、将来的に病院の医薬担当者として医師にアドバイスする仕事や、 医薬品専門商社で自社製品にとらわれない販売活動に従事できるため、 もし入社したメーカーの経営が立ち行かなくなっても引く手あまたで転職できるメリットがあります。

 ちなみに医薬品専門商社の営業マンは、製薬会社のMRに対して「MS」と呼ばれます。 MRからMS、MSからMRへの転職は容易で、より待遇の良い会社に転職することも盛んにおこなわれています。

 

医薬品の専門商社も見よう

 薬と言えば「製薬会社」が真っ先に思い浮かびますが、「医薬品の専門商社」もみてみましょう。 専門商社は製薬会社の医薬品のほか、電機メーカーの医療機器も販売しており、 時には医療機関や薬局の経営コンサルティングもする会社です。

 医薬品専門商社と製薬会社では、「医薬品を医療機関や薬局に販売する」という点では同じですが、「医療機器や経営上のソリューションを提供できる」 という点と、「自社製品に限らずあらゆる医薬品を提案できる」という点が異なります。

 逆に自社製品を持たないため知名度は低いですが、医薬品・医療機器・経営コンサルティングと、 幅広く医療のサポートができるため、よっぽど特定の製薬会社に思い入れがあるのでなければ、 医薬品専門商社で働くほうが営業もしやすく、自分の成長も期待できます。

 以下は、医薬品専門商社のリストです。製薬会社への就職を希望する人は、 ぜひ医薬品専門商社にもプレエントリーしましょう。

会社名売上高平均年収備考
メディパルホールディングス3兆円795万円
アルフレッサホールディングス2.5兆円684万円
スズケン2.1兆円649万円
東邦ホールディングス1.2兆円624万円
バイタルケーエスケー・ホールディングス5800億円716万円
シップヘルスケアホールディングス4000億円695万円
ほくやく・竹山ホールディングス2200億円558万円
メディアスホールディングス1500億円720万円
カワニシホールディングス1000億円527万円

 →業界研究のやり方に戻る