MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:30人

 

【就活】インフラ業界49社!業界研究・平均年収・ランキング

 インフラ業界への就職に役立つ就職難易度や選考・面接対策、エントリーシート・志望動機の書き方の他、強みや年収・ランキングなどを解説しています。 「安定」「ホワイト」「年収が高い」と評され就活生に大人気のインフラ業界ですが、どんな会社があり、どんな風に就活に取り組めばよいでしょうか。



おすすめ・人気記事

23卒の就活はすでに始まっている

記事一覧へ

 

インフラ業界おすすめランキング!

 MY就活ネットが独自に、将来性のある企業インフラ企業のおすすめランキングを作成しました。 インフラ企業は「経営が安定している」ため、逆に言えば現状に安住して成長が望めない、つまりは「給料が増えない」可能性を秘めており、 国策で利益を削られる場合すらあります。そんな逆境でも立ち向かえる会社群を紹介します。

 

1位.大阪ガス

 大阪ガスはすでに幅広い供給網を持っており、それだけで優良企業です。 ですが、同社はそれだけでは満足しません。ガス事業で得た利益を使って次々に新規事業を興しては、 成功させまくっています。

 電力小売り自由化で関西電力と東京電力を食うという、日本一エネルギッシュで貪欲な会社です。

大阪ガスの企業研究

 

2位.JR東海

 JR東海はリニア新幹線で世間を湧かせていますが、それに加えて品川にJR東海帝国をつくろうとしているところに、 無限の将来性を秘めています。というのも、従来「名古屋が拠点で新幹線だけで爆益」だった同社がそれに飽き足らず、 商業施設などの不動産東京への侵略を開始したということだからです。

 同社は歴史的に「JR東日本の支配下」とされてきた東京を放っておくことができませんでした。 エネルギッシュで成長性が見て取れます。

JR東海の企業研究

 

3位.電源開発(J-POWER)

 電源開発は聞きなれない会社ですが、小売りをしない「発電特化型」の電力会社です。 他の電力会社に比べて知名度が低い分「選考で有利」な部分もありますが、 なんといってもその「発電の技術力」に注目してほしいと思います。

 実は世界最高峰の「クリーンな石炭発電」ができる会社です。 CO2問題に先進国は悩んでいますが、途上国に石炭発電をやめさせることは不可能です。 そんな途上国に、「環境にも優しい石炭発電」を教えるビジネスを同社は展開しているのです。

電源開発(J-POWER)の企業研究

 

インフラ業界の一覧と業界研究・売上高・平均年収

 以下ではインフラ企業をジャンル別、売上高でランキング形式で紹介します。

 

エネルギー業界

 エネルギー業界はインフラ業界に含まれます。就活をしていて真っ先に思い浮かぶインフラ企業は、 電力やガスのエネルギー業界でしょう。電力とガスは疑うことなくインフラ業界であり、 社会の発展に欠かせない業界です。

 海外から燃料を調達し、電線やガス管を通じて企業や家庭に送り届けます。 電力会社は地域ごとに企業があり、その地域においては1社独占です。 その地域に住民がいる限り、その企業がつぶれることはまず、ありません。

 ガス会社も範囲は電力会社に比べて狭いですが、その地域では1社独占です。 しかしガス業界については全面自由化の動きがあり、 いずれは独占状態が解消される見込みです。

会社名売上高平均年収備考
東京電力5.3兆円822万円
関西電力3兆円682万円
中部電力2.6兆円765万円
東北電力1.9兆円737万円
九州電力1.8兆円757万円
中国電力1.2兆円777万円
電源開発(J-POWER)9100億円780万円
北海道電力7000億円707万円
四国電力6800億円744万円
北陸電力5400億円696万円
沖縄電力1700億円750万円
東京ガス1.5兆円640万円
大阪ガス1.1兆円655万円
東邦ガス3900億円623万円
西部ガス1600億円627万円
静岡ガス1200億円695万円

 電力会社やガス会社は工場の現業職が多く含まれるため、平均年収は低く算出されます。 そのため、総合職に限っていえばもっと給料は高いと考えられます。

 ガス会社はこの4社だけではありません。非常に多くのガス会社が存在しています。 しかし現状ではその地域で独占企業ですので、特にこの4社は大きく、安定しています。

 さて、エネルギー業界は電力小売り自由化などで市場競争が激しくなるとの予想がたっていますが、 格安スマホのような乱立はせず、主に電力会社とガス会社の争いとなっています。 この中で特に注目したいのは大阪ガスです。

 大阪ガスはもともと売上高の3割が非エネルギー事業と野心的で「インフラらしくない」会社ですが、 関西では関西電力から顧客を奪いまくり、それでは飽き足らず東京にも進出し、 東京電力や東京ガスからも顧客を奪いまくっています。

 将来性の高い大阪ガスに対して、既存事業に安住してきた他社は防戦一方の状況で、 市場競争にさらされて早くも明暗が分かれつつあります。

 

鉄道会社(首都圏)

 鉄道業界もインフラの1つです。建設に莫大な費用がかかるため、参入障壁が高いです。 今ある鉄道会社をつぶすほどの強力な新規参入は、まずないでしょう。

 ですが、注意したいのは鉄道業界は、たんなる交通インフラの会社ではなく、 「人の流れを操って街をつくる業界」であり、不動産ディベロッパーとしての側面も持ちます。 就活の際は「あくまで鉄道は手段」という意識でないと、単なる鉄道ファンとみなされ落とされてしまうでしょう。

会社名売上高平均年収備考
JR東日本2.8兆円711万円
東京急行電鉄1.1兆円751万円
東武鉄道5600億円696万円
小田急電鉄5200億円740万円働きやすい会社
西武ホールディングス5100億円817万円働きやすい会社
京王電鉄4100億円724万円
東京メトロ4100億円727万円
京浜急行電鉄3000億円654万円
相鉄ホールディングス2500億円912万円
京成電鉄2400億円742万円
JR貨物1500億円非公開

 

鉄道会社(関西圏)

会社名売上高平均年収備考
JR西日本1.4兆円673万円
近鉄グループホールディングス1.2兆円800万円
阪急阪神ホールディングス7300億円931万円
京阪ホールディングス3000億円843万円
南海電気鉄道2200億円593万円

 

鉄道会社(名古屋圏)

会社名売上高平均年収備考
JR東海1.7兆円753万円
名古屋鉄道5900億円571万円

 

鉄道会社(九州圏)

会社名売上高平均年収備考
JR九州3800億円564万円
西日本鉄道3500億円540万円

鉄道業界の業界研究

 

高速道路会社

 高速道路もインフラ業界の1つです。NEXCO各社も以前は「日本道路公団」という国営企業だったのですが、 今では分社化され、民営化されています。高速道路は建設に莫大な資金が必要ですが、 主な路線は国営時代に建設済みです。鉄道と同じく新規参入は困難を極め、おそらく今後もないでしょう。

会社名売上高平均年収備考
NEXCO東日本1兆9000億円800万円
NEXCO中日本1兆4000億円770万円
NEXCO西日本1兆円780万円
首都高速道路6600億円884万円
阪神高速道路2400億円819万円
本州四国連絡高速道路760億円非公開
名古屋高速道路740億円非公開公社
福岡北九州高速道路600億円非公開公社
広島高速道路110億円非公開公社

 名古屋高速と福北高速、広島高速は民間企業ではなく、それぞれ自治体と国が株式を持つ公社です。 NEXCO各社は日本道路公団が分社化したもので、首都高は首都高速道路公団、阪神高速は阪神高速道路公団、 本四高速は本州四国連絡橋公団がそれぞれ民営化された会社です。

 特にNEXCO、首都高、阪神高速は年収が高く、就活生にも人気の業界です。 新規参入が困難を極め、既設の高速道路という強力な資産を持つ高速道路業界はかなり安定しています。

高速道路業界の業界研究

 

通信業界

 電波や電話回線は限りがあるものです。少ない資源を数社で寡占している業界です。 固定電話の人気が落ちても、インターネット回線で稼ぐこともできます。 限りのある資源を独占的に使える企業は安定していますね。

会社名売上高平均年収備考
ソフトバンク8.9兆円1164万円
KDDI4.7兆円953万円
NTTドコモ4.5兆円874万円
NTT東日本1.6兆円895万円
NTT西日本1.3兆円895万円

通信業界の業界研究

 

インフラ業界とは?その魅力

 インフラとは、インフラストラクチャー(infrastructure)の略で、社会資本や社会基盤と訳されます。 社会にとって必ず必要なものであり、国民の生活、経済活動に必須の公共施設です。 インフラ企業とはその管理運営を行います。

 インフラには電力、ガス、水道はもちろんのこと、電話、鉄道、道路、高速道路、トンネル、橋梁、 公園、ごみ処理施設などを指します。河川の護岸や用水路、インターネット、テレビ、ラジオも含まれます。

 こういったインフラ事業は、元は市場に任せておけない事業でした。 電力やガス、水道などは安定供給が必須であり、供給が止まると工場が止まり、経済活動が停滞するものです。 カルテルを結んで価格が高くなっても困りますし、競争激化で値段が落ち、質まで落ちてしまっても困るのです。

 そういうわけで、インフラ業界は国から許可を得なければ事業を行えないという参入障壁があります。 安定供給という使命があるために、市場競争を免除されているのです。

 インフラ業界は不景気でも仕事があり、利益も確保できます。 そういう意味ではメーカーやサービス業に比べて経営が安定しています。 ライバル企業はなく、収益の心配をする必要がないのです。原則としては。

 ちなみに、建設業界やプラントエンジニアリング業界はしきりに「インフラ」と言いますが、 建設業界とプラントエンジニアリング業界は「インフラ」を作っているインフラメーカーであって、 インフラ業界ではありません。

 就職先としてのインフラ業界の魅力は、なんといっても既得権益が大きいことです。 今でこそ「電力自由化」などもあって競争が激化しているかのように思われますが、 国営時代、独占時代に築いた資産が莫大すぎる強みがあります。

 就活生にとってありがたいのは、インフラ企業は簡単にはつぶれないということです。 この「既得権益」例えば「電柱」であったり「発電所」「パイプライン」「線路」「道路」といった、 建設に莫大な費用がかかるものを、すでに持っているのです。

 基本的にはこの資産を適切に運用するだけで、必要な収益は得られます。

参入障壁の高い業界|安定ホワイトって本当?

 給与水準も高めで、総合職として就職する限り、40代で年収1000万は十分可能です。

 そして、エリアがある程度限られているという魅力もあります。 「全国転勤」「海外転勤」が当たり前の世の中ですが、インフラ業界は「地域独占」の歴史があり、 関西電力なら関西、JR東海なら名古屋といった風に、営業エリアが決まっています

 これら「経営の安定性が高い」「年収が高い」「転勤が少ない」のがインフラ業界の魅力です。

 ですが、今後もそうかというと、あなたの働き次第という側面があります。

 インフラ業界がわざわざ新卒採用をするのは、民間企業としてさらなる発展と成長を求めているからです。 国営時代と異なり、株主がいます。株主のために、現状維持でとどまっていることは許されません。 新規事業新しい付加価値あなたが生み出していかなければならないのです。

 このことを忘れて「ラクそうだから」と志望する人が少なからずいるのですが、 そういう人をインフラ業界は求めていません。資産活用して、 新しいビジネスに取り組もうとする人こそ、求められている人材なのです。

 

インフラ業界の就活

 インフラ業界の就活情報や選考の流れについて解説していきます。 インターンシップや選考に乗り遅れないよう注意しましょう。

 

就職難易度

 インフラ業界の就職難易度は、非常に高いです。 インフラ業界の就活は大変人気があり、ライバルとなる就活生が非常に多い一方で、採用人数は文系で10~20人と少ないためです。

 その分、いわゆる高学歴でハイスペックな就活生でないと受からないと言われます。 関西電力や大阪ガスの場合、内定者は京都大、大阪大、神戸大で大半を占めます。 この傾向はインターンシップ参加者(インターンシップ合格者)の割合を見ても歴然としています。

内定直結インターン!|優遇選考で早期内定

 鉄道や高速道路、NTT各社も同様に、かなりの激戦区になります。 インフラ業界は基本的に給料が高く、福利厚生も充実しており、 ホワイト企業の代表格とされることが多いです。

 しかし実際は待遇も良いけれども忙しいです。 鉄道を除くインフラは24時間営業ですし、鉄道も電車が止まっている夜中にしかできない仕事がたくさんあります。

 インフラ業界に必要なTOEICスコアは明示されていません。 事業のほとんどが国内ですから、仕事上必須というわけでもないため、TOEICが強みになるシーンは少ないでしょう。

 ただし、今後の人口減少を考えるとODA案件などで海外事業を行う可能性もあります。 その時のために備えて英語への意欲は示さなければなりませんので、少なくとも受験してESにスコアを書くくらいはしましょう。

 

選考プロセス

 インフラ業界の選考不透明です。 リクルーター面接を実施する会社が非常に多く、自分やライバルがどの段階にいるのかわかりません。

 リク面で落ちると本選考にのれない場合もあれば、普通に一次面接に呼ばれたりもします。 友達の中にはリク面で落ちて、一次面接に呼ばれて、そのまま内々定をもらった人もいます。 インフラ業界の選考は本当によくわかりません。

 また、インフラ業界の就活で「安定している」という言葉は禁物です。 安定目的で入社してほしくないのです。どの会社も利益を拡大するためにいろいろ考えています。 オール電化やガスコージェネレーションシステム、燃料の独自調達ルートの開拓など、常に新しいことに挑戦し続けているのです。

 またガス自由化、電力自由化が叫ばれる昨今、「安定」に安心していられる時代ではありません。 電力会社は、民間企業の太陽光発電で発生した電力を買い取らなければなりませんし、 ガス会社はプロパンガスとの競争もあります。

 インフラ業界はインターンシップを行っており、 インターンシップ参加者は選考で有利になります。 インフラ業界を志望するなら、必ずインターンシップに参加しておきましょう。

 

エントリーシート

 インフラ業界へのエントリーシートの書き方は、就職活動の軸を前提に「『将来の夢』実現ストーリー」をつくり、 会社の「経営理念・ビジョン・社風」と一致した志をアピールすることです。 最終的には「将来の夢を実現するために、貴社のビジネスに携わらなければならない」と結論付けます。

 実はESは、「『将来の夢』実現ストーリー」を書くものなのをご存知でしょうか。 ESはどの会社も以下の三部作構成になっています。

 ストーリーの作り方は【例文】エントリーシートの書き方|「おっ」と思わせる!で解説していますが、 ES本番を待つのではなく、インターンの段階でこれができていれば、かなり有利です。

 同社の選考においても「就職活動の軸」を前提として、「過去編」「現在編」「未来編」の三部作構成でESを書き、 最終的には実現するには貴社のビジネスに携わるしかないという結論に持っていくのです。

 ですから、採用ページのプロジェクト社員紹介などを熟読し、 会社には何を目指す社風があるのかをじっくり研究し、志望動機に絡めていきましょう。

 特に「なぜインフラ業界なのか」「なぜこの会社なのか」は面接でも突っ込んで問われますので、 「将来の夢(就職活動の軸)」が各社の経営理念・社風・ビジョンと関係があれば書きやすいですね。 「この会社に入って挑戦したいこと」もぜひ参照してください。

 

インフラ業界はホワイトで勝ち組なのか?

 インフラ業界はホワイト企業の代表格で「インフラ企業に就職すれば勝ち組」のように言われています。 その理由は「経営が安定していること」にあり、そこから「年収が安定して高い」「キツイ営業がない」と言われています。

 実際に電力会社や都市ガス、通信大手3社、JR3社(東海・東日本・西日本)は経営が安定していて、 給料も高く、キツイ営業も下請け任せです。公共性の高い企業や旧国営企業はながらく利益よりも「公益性」を重視してきたために、 キツイ仕事は外部に委託して「社会全体にお金を還元する」ことが多いですね。

 確かに年収などの待遇面ではぴか一なのですが、実はJR西日本NEXCO西日本関西電力過労死事件が起きています。 JR西日本は2012年に、NEXCO西日本は2015年に、関西電力は2016年にそれぞれ「長時間労働による過労死」が労災認定されています。 (禁断のブラック企業リスト参照)

 これらの企業は「土地買収」や「家庭用営業」といったキツい仕事は下請け企業に任せて管理・監督・指示に徹するのですが、 1つのプロジェクトの負担が軽い分、大量のプロジェクトを1人で抱える構造になっているのです。

 抱える全プロジェクトがうまくいっている間はいいのですが、ひとたびもめごとが起きれば責任者なので家に帰れません。 私もサラリーマン時代にNEXCOと付き合いがありましたが、夜中でも普通に明かりがついていて、 夜中だろうが休日だろうが平気で電話をかけてきます。いつ寝てるんでしょうね?

 インフラ業界は参入障壁が高いため過当競争になることはまず、ありえませんので給料は高い水準が維持されるでしょう。 ですが、電力やガスの小売りが自由化されたり、格安スマホの台頭があったり、 鉄道会社や不動産業界による縄張り争いなどでキツイ仕事は増加傾向にあります。

 事実上寡占状態にあるインフラ業界は政府のさじ加減一つでどうにでもなってしまう業界でもあります。 特に通信大手3社が総務省からスマホ料金の値下げ圧力をかけられているのは有名な話です。 電力小売りの自由化もつい最近の話です。どんどん仕事はキツくなっていくと考えておいたほうがいいでしょう。

 「まったり」と「高給」はトレードオフの関係にあり、 高い給料は高い付加価値を生み出すという前提があってはじめて成り立ちます。

 日本の従業員還元度は大企業で50%ですから、 年収800万円なら、会社に1600万円の付加価値は生み出している計算になります。 1600万円稼ぐのがどれほど大変か、なんとなく想像がつくのではないでしょうか。

「まったり高給ホワイト企業」など存在しない!

 MY就活ネットでは「給料が高く残業や休日出勤が少ないホワイト企業」は化学メーカーをおすすめしています。

超優良!化学メーカーの業界研究・志望動機・平均年収

 

インフラ業界の志望動機

 インフラ業界の志望動機の書き方は、会社の「経営理念・ビジョン・社風」と自分の「就職活動の軸」の一致をアピールし、 「将来の夢を実現するために、貴社のビジネスに携わらなければならない」と結論付けることです。

 キーワードは「使命」です。インフラ業界はどこの会社も、強い使命感をもって働いています。

 例えば電力会社は、電力の安定供給という使命があります。 先進国では停電などあってはならず、あらゆる企業の活動、工場の操業、家庭の生活を支えなければなりません。

  • 社会貢献
  • 仕事にやりがいがあること
  • 使命感を持って働けること
  • チャレンジ精神のある会社
  • 世界のスタンダードになりえる新しいものを作り出すこと
  • 世界で広く展開していること
  • 幅広い製品や技術によって社会の基盤作りに最も貢献できる会社
  • 非常に幅広く事業を展開しており、技術の応用に積極的であること
  • 安全技術の開発に取り組んでいること
  • 環境問題に正面から取り組んでいること

 高速道路会社は、つなげるという使命があります。 物流の大動脈である高速道路で、都会と地方、生産地と消費地、住宅地と勤務地を結ばなければなりません。 基本的には「地域の活性化」もキーワードになりますね。

 鉄道会社もつなげるという使命を同様に持っています。 また鉄道会社の場合は、「沿線の発展」という使命も持っています。 ただ鉄道を敷設するだけでなく、沿線を発展させ地域を活性化するという使命があるのです。

  • 公共性が高く、人々の暮らしを支えている会社
  • 人々を運ぶことで社会に貢献できる鉄道会社
  • 高速道路の利便性や安全性の向上が人々の暮らしを豊かにすること
  • 人に夢や感動を与えること
  • 人々の当たり前の日常を守っていくこと
  • 旅で訪れる人や地域で暮らす人々の「頼れる存在」になること
  • 街を活気づけること
  • 地元に貢献できる仕事
  • 人をつなげることができる仕事
  • 人々の生活の根底を支える仕事
  • 物流を通して経済・人の暮らしを支えること
  • 縁の下の力持ちとして社会を支え、社会全体に貢献すること

 インフラ業界は非常に公共性の高い事業ですから、志望動機に「社会貢献」を入れる人は多く、 エントリーシートも評価されやすいようです。 しかし、「社会貢献」だけでは足りません。ビジネスは何をやっても誰かを喜ばせる以上、「社会貢献」になり得ます。

 志望動機では同業他社との比較検討が欠かせません。一般的には会社の強みで比較したくなるものです。 ですが、「事業ごとの売上高」や「事業内容」「海外売上比率」などで比較するのは得策ではありません。 というのも、同業他社はどこも同じ事業をやっていて、就活生の視点で比較するのは至難を極めるためです。

 最適なのは「経営理念・ビジョン・社風」と「就職活動の軸」の一致具合をアピールする方法です。 経営理念や社風といったものはその会社に唯一無二のものであり、 会社の持つ「夢」とあなたの持つ「夢」が一致しているほど、志望動機として説得力のあるものは他にありません。

 先にも少し触れましたが、エントリーシートは「将来の夢を実現するために、貴社のビジネスに携わらなければならない」 と述べる「『将来の夢』実現ストーリー」になるように構成されています。 このように、志望動機に書くことは最初から決まっているのです。

 「就職活動の軸」が海外に関連するものであれば、「海外展開に積極的な社風」、 環境に関連するものであれば「環境問題に積極的」というように、会社の性格で一致したものを書きましょう。

 ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎません。 あなたの将来の夢と、会社の企業理念・ビジネスの目的を結びつけて考えて、志望動機をつくるのです。

 そのためにはまず、自己分析をして、就職活動の軸を導き出さなければなりません。

【就活】自己分析のやり方!~内定力爆上げの人生設計~

【例文】就活の軸の決め方|「おっ」と思わせる答え方

 例えば大阪ガスは、都市開発を行う「不動産事業」、石炭技術を駆使した「材料事業」、 大阪ガスの情報システム部門を母体とした「ITコンサルティング事業」のほか、コスパで知られるフィットネスクラブや、 料理教室、介護事業などさまざまな分野で活躍しています。

 では、大阪ガスの企業理念を見てみましょう。 「暮らしとビジネスの”さらなる進化”のお役に立つ企業グループ」をめざしているということです。

 ですから志望動機には、「暮らしとビジネスの”さらなる進化”」に関連した就職活動の軸があればピッタリというわけです。

 また「不純な志望動機」として「安定した業界であるから」と言ってしまう就活生がいます。 しかし、インフラ業界の志望動機として「安定」はNGワードです。

 「安定」というワードは「ぶら下がり社員」を想起させますし、そもそもどの会社も競争しています。 JR東日本とJR東海は「リニア終着駅」で骨肉の争いを繰り広げていますし、 電力やガスの小売りでは大阪ガスが猛攻を見せています。

 「安定供給」という使命こそあるものの、それはビジネスの手段に過ぎず、 安定した財務も収益も、多大な努力の上に成り立っているもので、 インフラ業界の社員は「安定した業界」だと言われるのを非常に嫌がります。

 「幅広い顧客網」「ビッグデータ」「鉄道という資産」「ブランド力」に注目し、 これを活用して新たなビジネスを創出したい、こういう社会をつくりたいという熱意を示し、 「ビジネスマン」の気持ちで就活に挑みましょう。

 また、「Unistyle」という就活サイトでは実際に内定を取ったエントリーシートが無料で読み放題です。 この業界はもちろん、あなたの志望企業に内定した歴代就活生がどう書いたのかを見れば、 ESの方向性が合っているかどうか確認することができます。これを使わない手はありませんね。

Unistyleで合格エントリーシートを読む

【一覧】業界研究がわからない?代わりにやりました!

 

10月の今から最短で内定をもらうには?

 

人事部長「すばらしい!君のような新卒がほしかった!」

 あなたは社会にとって価値のある人材です。ですが就活生は40万人もいて、存在のアピールをしないと埋もれてしまいます。 一方で優良企業の宝庫であるBtoB企業は、知名度が低いために学生に見つけてもらえません。 「消費者向けに広告を打たない」というだけの理由でスルーして、就職してから知って後悔するなどもったいないです。

 実は、学生と優良企業をつなげてくれるプラットフォームがあります。それが「OfferBox」です。

 SNSの要領でプロフィールを登録すると、価値を認めてくれる会社が「スカウト」を送ってくれます。 宣伝メールを一斉送信する機能がないのが特徴で、本気のスカウトしか来ません。後はその企業を「逆選考」して応募するか決めればいいだけです。 「書類選考が免除」「いきなり最終面接に呼ばれる」などかなりの時間短縮になります。

 しかし、「メールがたくさん来て面倒」どころかプロフィールを充実させないとスカウトが来ません。 入力度が80%に達してようやく1通来るというイメージです。しかし、届いたスカウトは本物です。

 フォームに入力していくだけであなたの価値の「アピールの効果」まで引き上げてくれてますから、プロフィールの充実のさせ方は簡単です。 また100万人の診断結果を元にした「適性検査」を受検すれば、自己分析も簡単に終わります。もちろんすべて完全無料です。

 すでに23卒の登録受付を開始しています。 早期に登録すれば隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業の採用枠がたくさん空いていますから、他の学生より早くに満足な内定がもらえる可能性が高いです。

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の合同説明会

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活イベントがあります。 それが「MeetsCompany 」です。

 その場で面接が始まり、早ければその場で内定がもらえる内定直結型の合同説明会です。 さらに参加者内定率96%を誇るため、行けば内定がほぼ確定するイベントです。

 なぜ即日内定が可能なのかというと、採用権限を持った役員が説明会に来るからです。 実は、どの会社も採用権限は人事部にありません。書類選考~二次面接は「役員に会わせる学生を選別するため」に行われるもので、 逆に言えば、いきなり役員面接なら、それまでのステップはすべて省略可能なのです。

 すでに22卒の募集が始まっていて、年間を通して全国で開催されており、地方の学生でも行きやすいメリットがあります。 参加企業も東証一部上場企業から隠れ優良企業、ベンチャー企業までさまざまです。 「とりあえず1つ目の内定を確保」と思ったらそれがあなたにピッタリの企業かもしれません。

 22卒も2021年10月でもまだ間に合います。 当サイトからも1日10人以上が参加申し込みをしており、かなりの人気イベントです。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

どうせ悩むなら「受かりすぎてヤバい!」が良くないですか?

 会社探しには無限の時間がかかります。世の中には無数に会社があり、その中から楽しく働けそうな会社を見つけるのは至難の業です。 実際、「そんな会社はない」と思っていませんか?かつては私もそう思っていました。 しかしよく考えてみれば、20~30社しか会社を知らないんですから、見つからなくて当然ですよね。

 見つけきれていなかった会社や、よく知らなかった業界に手遅れになってから気付いて後悔する…というのは、歴代就活生が味わいまくってきた苦痛です。 そんな悲しい就活、絶対に繰り返してはいけませんよね。

 そこでオススメなのが、「キャリアチケット・スカウト」です。

 キャリアチケット・スカウトは、プロフィールを入力していくと、それを見た企業の人事から「オファー」が届いて優遇選考に招待される、スカウト型就活サイトです。 会社側が興味を持ってくれているわけですから、あなたの性格に合っている可能性が高いというわけです。 無限に会社を探し続けるより、待っているだけですから、ものすごく効率がいいですよね。

 わかりにくい「自己分析」もフォームに入力するだけで、人事の心に響く自己PRが簡単につくれます。 これでスカウトがもらえる上に、本命企業へのエントリーシート作成に流用してもいいわけです。 もちろん完全無料で使えますから、試してみる価値は大いにあります。


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×

エネルギー業界内定者のESが無料で読めるサイト【Unistyle】