MY就活ネット
リアルタイム閲覧者数:25人

 

銀行就職で勝ち組になるには?|難易度や志望動機など

 「銀行就職はやめとけ!」と強く言ってきた私ですが、勝ち組になるルートがないわけではありません。 この記事では銀行に就職するために必要な情報を解説しています。

銀行の参考画像 

おすすめ・人気記事

記事一覧へ

 

銀行は勝ち組なのか?

 銀行就職では、課長まで昇進できて初めて勝ち組です。 同期入行で課長になれるのはおよそ2割程度ですから、8割は負け組になります。

 ハッキリ言って、銀行に就職しただけではまったく勝ち組ではありません。

 銀行の勝ち組は凄まじいです。支店長クラスでは年収2000万円も夢ではなく、 課長以上ではグループ企業への天下りも優遇されます。 昇進すればするほど上位企業へ部長・役員待遇での出向があり、どこかで出世競争に敗れても余生を全うできます。

 それどころか身につけた金融知識を武器にして「大企業にヘッドハンティングされる」「財務担当役員として招かれる」 「融資先に経営者として送り込まれる」といった無限の可能性を秘めています。

 しかし、これはメガバンク限定の話である上に、仮にメガバンクでも出世競争に早々に敗れると地獄を見ます

 天国と地獄の差が激しく、その地獄を見る覚悟をした上で「それでも出世する」と、 銀行ビジネスへの強い意志をもった方には勝ち組になる資質があります

 

年収は「特別レベル」ではない

 銀行では30代前半で年収800万円・課長就任で1000万円を超えるため30代で1000万円が可能な業界です。 確かに給料の高い業界ではあるのですが、実はその年収は銀行以外でも達成できます

 年収に占めるボーナスの比率の高い総合商社は30代で年収1300万円もありますし、 メーカーでもキーエンス(2110万円)・ファナック(1360万円)・東京エレクトロン(1270万円)・ディスコ(1180万円)、 果ては準大手ゼネコンすら平均900万円以上あります。

総合商社への就職|8社の業界研究・志望動機・平均年収

文系にオススメの業界|高給ホワイト一流企業

穴場!準大手ゼネコン10社の比較|年収も将来性も高い理由

 今後、銀行では「使命感」を持って「ビジネスの成長を助けたい」という強い覚悟を持った人しか生き残れません。 もし給料だけで銀行を選ぼうとしているなら、考え直した方がよいでしょう。

 なぜなら銀行は将来性に乏しく、儲かったからボーナスが増えるということが期待できないからです。 「銀行特有のメリットを享受できるのは課長以上に昇進してから」ということを覚えておいてほしいと思います。

 

銀行への就職

 銀行への就職について、難易度や選考、エントリーシートの書き方などを解説します。 インターンシップや選考に乗り遅れないよう注意しましょう。

 

就職難易度は高い

就職難易度倍率採用人数学歴
高い100~150倍370~400名MARCH・関関同立以上

 銀行の就職難易度高いです。年収の高さ・世間体の良さから大変人気が高く、 東大・京大をはじめとした旧帝大・早慶など高学歴エリートが集結します。 比較的難易度の低い地銀でも、横浜銀行や千葉銀行などの上位行ではメガバンクに匹敵する難易度があります。

 さらに銀行就職を難しくしているのが、近年の採用人数の減少です。 かつて「メガバンク3行で5000人」と大量採用をしてきた業界ですが、現在は「3行で1100人」と大幅減少しています。

 それでいて就職人気は高いままですから銀行就職は買い手市場であり、簡単に言えば銀行は学生を選び放題です。 基本的にMARCH・関関同立以上の学歴が必要とされ、その上でエントリーシートの作りこみも必要です。

 2010年代中盤までは「プレエントリーすればリクルーターが駆けつけてきて内定を出そうとする」という就職のしやすさでしたが、 現在では「世界的な有名企業」並みの難易度になっていますから、注意しましょう。

 

エントリーシート

 エントリーシートの書き方は、「ビジネスの成長を助けたい」という使命感を前提として、 「ビジネスが好き」「人助けが好き」など自分の性格や活動をもとに使命感を持っていることの証拠を示しつつ、 「夢を実現するには、〇〇という経営理念をもつ御行で働くしかない」と結論付けることです。

 銀行に出すエントリーシートに必要な要素は、「経営理念への共感」と「あらゆるビジネスの成長を助ける強い意志」です。 銀行の融資業務は縮小を続けており、事態を打開するには新規事業の大成功が必須です。

 その新規事業は銀行の強みである「財務スキル」と「幅広い顧客」をもって行われますから、 「ビジネスの成長を助ける」という銀行の存在意義に、強い使命感を持っていなければなりません。

 ですが、それだけでは「なぜ当行を選ぶのか」という問いに答えられませんから、 銀行の経営理念を読み、それが「自分の就職活動の軸と一致している」ことをアピールしていきましょう。

 実はESは、「『将来の夢』実現ストーリー」を書くものなのをご存知でしょうか。 ESはどの会社も以下の三部作構成になっています。 

 ストーリーの作り方は【例文】エントリーシートの書き方|「おっ」と思わせる!で解説していますが、 ES本番を待つのではなく、インターンの段階でこれができていれば、かなり有利です。

 銀行の選考においても「就職活動の軸」を前提として、「過去編」「現在編」「未来編」の三部作構成でESを書き、 最終的には実現するには貴行のビジネスに携わるしかないという結論に持っていくのです。

 どの銀行も「経営コンサルティング」「顧客同士のビジネスマッチング」といった新規事業に力を入れようという段階ですから、 志望動機は「資金の融通」ではなく「ビジネスの成長を助けたい」と一段階、高い視点で書くべきでしょう。

 

銀行就職のメリット

 銀行就職のメリットは次の3点です。

スキルが身につく
日常的に会計書類をもとに与信判断するため、金融知識という、どの会社でも喉から手が出るほどほしいスキルが身につく。 これを武器に部長・役員待遇でのヘッドハンティングも多く、財務のトップとして貴重な人材になれる。
年収が高い
平均年収は1000万円で、20代で600万円・30代で800~1000万円と昇給が大きい。 定期昇給が12,500円以上など、総合商社に次いで年収の高い業界。
天下りがある
出世競争に敗れてもグループ企業へ部長・役員待遇での出向という救済措置がある。 一般企業で「名ばかり管理職」として平社員を続けるのに比べて非常に恵まれている。
ただしメガバンク限定でかつ、課長未満の出向は「平社員相当」のため、 未経験の業務に従事することになり非常にキツい。

 特に年収の高さに惹かれる学生が多く、また高度成長期の遺産で「世間体がいい」こともあり、 例年、銀行は就職人気ランキング上位にいます。ですが、メリットだけを見て就職すると地獄を見ますから、 デメリットもしっかり抑えておきましょう。

 

銀行就職のデメリット

 銀行就職のデメリットは次の3点です。

将来性がない
日本経済が停滞し、資金需要の拡大は望めない。ゆえに銀行業界は縮小均衡、 生き残りのために店舗の統廃合、人員削減など大規模リストラが待ち構える。 多少の新規事業では巨大な銀行を支えることなど不可能。革命が必要。
銀行就職はやめとけ!|将来性のないオワコンな大量の理由
ブラックな職場環境
残業で日付をまたぐことは珍しくなく、土曜は休日出勤、日曜は強制参加のイベント、 加えて資格取得の義務があるため勉強に時間を取られるなどプライベートがない
銀行はブラック企業か?|最悪の就職先
友達をなくす
銀行の稼ぎ頭は「消費者金融」で、次点が「投資信託の販売」。 投資信託の販売ノルマを達成するために「友達を売る」行為に手を染めなければならず、 それが友達をなくすことにつながりがち。
 

銀行に向いているのはどんな人?

 銀行に向いている人とは、次の3つの素質を持った人です。

 銀行は3年以内に同期の半数が辞めるほど入行後ギャップの激しい業界です。 せっかくの新卒カードを無駄にするのはもったいないですから、 自分が銀行に向いているかどうか銀行で出世できるタイプかどうかの確認は必須です。

 そこで、銀行で出世するのに必要な素質をチェックしていきましょう。

 

ビジネスが好き

 銀行で出世するのに必要な素質として最重要なのが、ビジネスが好きということです。 銀行の顧客は主に企業の経営陣であり、ビジネスが好きでしょうがない人たちだからです。

 銀行業務はすべて「もっとビジネスを大きくしたい」という企業のために行われるものです。 顧客企業の経営者になったつもりで「こうすればもっと儲かる」と考え続けられるような人が、銀行に向いています。

 

鋼のメンタル

 銀行は伝統的に体育会系の学生を採用してきたこともあり、メンタルが強くないとやっていけません

 顧客は経営陣ですからクセの強い人も多く、また銀行自体が縮小均衡の時代ですから、雰囲気が良いとは決して言えません。 怒られ慣れている人気持ちの切り替えが得意な人体育会系のメンタルを持っている人が、銀行に向いています。

 一方で「体育会系の部活出身でないと採用されない」というわけではありません。 重要なのは鋼のメンタルであって、部活の経験ではありません。

 

勉強が好き

 銀行では昇給・昇格・昇進の条件として資格の取得が義務とされています。 世の中には日商簿記・フィナンシャルプランナー・宅建をはじめ様々な資格がありますが、 それぞれに資格ポイントが設定されていて、「何年目までに何ポイント稼がなければならない」と定められています。

 つまり、入行後はプライベートを犠牲にして資格の勉強をする必要があり、 残業が数時間で終わっても無給の勉強会に出席したり、自宅での学習に追われることになります。

 銀行員はどんなビジネスにも対応できなければなりませんから、 それこそ建設でも不動産でもメーカーでも、ビジネスはなんでも好きでないと、 どんな資格も取るという一流の銀行マンにはなれないでしょう。

 

安易な銀行就職はやめとけ!

 銀行で勝ち組になるのは極めて難しいと言わざるを得ません。

 上で解説した「銀行員の素質」を持っている上で、ライバルは東大や京大出身の高学歴エリートです。 そんな中でほんの一握りしかなれない課長になって初めて「勝ち組」です。

 銀行自体に将来性がなく、デメリットも多い中で早々に出世競争に敗れるとリストラの対象にもなりえます。 また縮小均衡の時代ですから、支店の統廃合などでポストが減っていくという問題もあり、 ハッキリ言って給料の割に人生がハードモード過ぎます

銀行就職はやめとけ!|将来性のないオワコンな大量の理由

 というのも、銀行といういばらの道をわざわざ選ばなくても、30代で年収1000万円を達成できる企業はたくさんあるからです。 例えば素材メーカーの他「メカトロニクス」「半導体製造装置」を手がける機械メーカーに加え、 準大手ゼネコンすらそれくらいの待遇があります。

 ですが、「勝ち組」になった銀行員は天国です。 「銀行員の素質」と「地獄を見る覚悟」を持ち、「銀行の年収が特別高いわけではないこと」を知った上で、 東大生や京大生に勝つ自信のある方はぜひ銀行に応募しましょう。

 しかし、そんな素質を持った人にもおすすめできるのはメガバンクだけです。 地銀はハッキリ言って地獄しか待ち受けていません。それについても詳しく解説していますので、 もし地銀に応募しようと考えているなら一度読んで、考え直してください

→「地銀の将来性は皆無!|就職すると人生がやばい」も確認する

→業界研究のやり方に戻る

 

9月の今から最短で内定をもらうには?

 

あなたの価値を認めてくれる会社に見つけてもらおう

 あなたは社会にとって価値のある人材です。ですが就活生は40万人もいて、存在のアピールをしないと埋もれてしまいます。 一方で優良企業の宝庫であるBtoB企業は、知名度が低いために学生に見つけてもらえません。 「消費者向けに広告を打たない」というだけの理由でスルーして、就職してからBtoBビジネスを知って後悔するなんて、絶対にしたくありませんよね。

 実は、価値あるあなたと優良企業をつなげてくれるプラットフォームがあります。それは「OfferBox」です。

 SNSの要領でプロフィールを登録すると、あなたの価値を認めてくれる会社が「スカウト」を送ってくれます。 本気のスカウトしか来ないのが特徴で、宣伝メールに悩まされることはなく、その企業を「逆選考」して応募するか決めればいいだけです。 すでにあなたを気に入った会社ですから「書類選考が免除」「いきなり最終面接に呼ばれる」などかなりの時間短縮になります。

 加えてOfferBoxでは、あなたの価値の「アピールの仕方」までサポートしてもらえます。 100万人の診断結果を元にした「適性検査」を受検すれば、自己分析も簡単に終わります。これらすべてが完全無料で使えるのです。

 すでに23卒・24卒の登録受付を開始しています。 早期に登録すれば隠れ優良企業や資生堂・マイクロソフトのような大企業の採用枠がたくさん空いていますから、他の学生より早くに満足な内定がもらえる可能性が高いです。

→「OfferBox」でスカウトをもらう

 

「実はもう内定あるんだよね」内定直結の就活サービス

 就活では「内定が1つあるかないか」で心の状態が大きく変わります。 たった1つ内定があれば、心に余裕ができ、「不安で眠れない」「もう後がない」といった状況とおさらばできます。 さらに自信が持てるため、堂々とした態度が面接でもウケて次々に内定を獲得していけるのです。

 友達や家族などに「就活どう?」と聞かれたときに、「もう内定は1つ確保してるんだよね」と言えたら、 周りも安心させられます。「たった1つの内定」が好循環の起爆剤なのです。

 その1つ目の内定を簡単に確保できる就活サービスが、「irodasSALON」です。

 同サービスでは「自己分析・ES・面接対策」をオンライン講座で学んだ後、「就活の軸」に合った優良企業を教えてもらえます。 優遇選考ルートが用意されており、自力の就活より有利に戦えます。

 irodasSALONの特徴は、選考フェーズに進むまでに、自己分析や選考対策にかける時間が長めで、 「複数の内定を取ってから悩んでもいい」など、後悔しないための仕組みが揃っていることです。 そのため年間13,000人が利用していて、その満足度は95%に上ります。

 もちろん学生は完全無料で、面談も講座もオンラインですから、自宅で就活が可能です。 まずは面談を予約して、「自己分析を教えてほしい」と相談するところから始めましょう。

23卒の予約ページ→面談を予約する【23卒】

24卒の予約ページ→面談を予約する【24卒】

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その1)

 あなたのエントリーシートは100点満点ですか? …と言われても、わかりませんよね。自己採点するにしても、その基準となる模範解答がなければどうしようもありません。

 もしこのまま提出して、果たして大丈夫でしょうか。

 そこで先輩が実際に内定をとったエントリーシートを使いましょう。 それと比較して何が足りないのか、どう書けばいいのかがわかれば、自ずと完成度が高まっていきます。

 「Unistyle」では、歴代就活生の合格エントリーシートを無料閲覧できます。

 総合商社やインフラ企業、メーカー企業、外資系企業をはじめ、超一流企業からベンチャー企業まで3万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートもほぼ必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 また、合格ESだけでなく「企業研究」「同業他社比較」「就職活動の軸別のおすすめ業界」 「志望動機の書き方」など就活に役立つ限定記事もすべて無料で読むことができます。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、作成の参考のために手に入れておきたいですね。

内定エントリーシートを読む

 

志望企業の内定者はどう書いた?内定エントリーシートを見よう!(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 ワンキャリアは月間60万人の就活生が利用しています。また内定後もES・体験談を投稿すると1件最大5000円の謝礼がもらえ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

内定ES・選考情報を読む

 

先どり!気楽に動画で会社説明会

 通常、会社説明会はプレエントリーをしないと参加することができません。 ゆえに3年生の3月まで待った挙句、各社に登録して予約するというめんどうな手間がかかります。 ですが、「JOBTV」を使えば2・3年生でも今すぐ会社説明会を視聴できます。

 JOBTVは「動画で会社説明会が見放題」の就活サイトです。 「オンライン説明会」とは異なり録画されたものなので、時間の縛りも質問タイムもありません。 登録はJOBTVに1回するだけで、いちいち個別にプレエントリーする必要もありません。

 一方で、説明会を視聴して気に入ったらその場でエントリーできますので、参加実績をつけることができます。 会社に自分の存在を知ってもらえて、「早期選考」や「優遇選考」に呼ばれるきっかけを作れるのです。

 視聴のデメリットがないので「知らない会社」も「なんとなく」で観れて、「見落としていた優良企業」を発掘できるというわけです。 Amazon・KIRIN・ソフトバンク・電通・三井住友銀行など、業界トップ企業の動画も豊富に用意されていますから、ぜひ見ておきたいですね。

 現在23卒・24卒向けの動画がすでに投稿されていて、学生は完全無料で視聴できます。 動画は各社2種類用意されていて、「ショート版」を観まくって、その中から気に入った会社の「ロング版」を観る使い方がおすすめです。

【JOBTV】に登録して説明会を視聴する


プロフィール写真

著者:村田 泰基(むらた やすき)
 合同会社レセンザ代表社員。1989年生まれ。大阪大学法学部卒。2013卒として就活をし、某上場企業(メーカー事務系総合職)に入社。 その後ビジネスの面白さに目覚め、2019年に法人設立。会社経営者としての経験や建設業経理士2級の知識、自身の失敗経験、300冊以上のビジネス書・日経ビジネスを元に、8年間に渡り学生の就職活動を支援している。



 就活コラム

 MY就活ネット独自の企業研究を公開中!

×

OfferBox の適性検査は結果を見ることができ、矛盾しない受け答えの準備として最適です。(23・24卒、完全無料)