リアルタイム閲覧者数:12人

 

【就活】財閥倉庫5社!業界研究・志望動機・平均年収

 財閥倉庫業界研究志望動機を公開しています。

 倉庫業界の中でも特に、三菱倉庫、三井倉庫、住友倉庫、澁澤倉庫、安田倉庫の5社を合わせて財閥倉庫と呼びます。 財閥倉庫は激務な倉庫業界の中でも安定しており、ホワイト企業と称されることも多いです。 就活においても知る人ぞ知る、人気業界です。



 

財閥倉庫の業界研究

 倉庫業界はそもそも、企業向けに倉庫を貸し出す業務がメインの事業です。 企業の製品だけでなく、会社にたまった書類、契約書、備品など、様々なものを倉庫に預かります。 そして今や倉庫業界の仕事は倉庫だけではありません。

 倉庫業界は物流を担っているのです。空輸や海運、陸運の場合、飛行機や船、トラックを所有しています。 しかし倉庫業界は輸送機械を所有していません。飛行機も船もトラックもなしに、どうやって物流を担うのかというと、 物流の旅行代理店をしているのです。

 要は、飛行機、船、トラックなどの輸送会社と、輸送したい会社を引き合わせ、 最安値で輸送する手段を倉庫業界が考えるのです。倉庫会社に依頼すれば、 飛行機や船、トラックの手配を代行してくれるのです。

 倉庫業界、特に財閥倉庫では港湾業務に力を入れており、 船で輸送されてきたコンテナを陸揚げし、トラックに乗せて目的地へと運びます。 陸揚げは財閥倉庫の大きな収入源です。

 この点、海運業では船、陸運業ではトラックなど、提案できる物流経路がどうしても自社資源に偏りがちです。 倉庫業界は自社資源を持たないゆえに、顧客に最適な物流経路を提案できるという強みがあります。

 また、倉庫業は不動産業でもあります。 一等地に土地を持っている場合が多く、不動産開発、商業ビルの開発、 土地の売買、賃貸などでも利益を生み出しているのです。

 倉庫や不動産は現状維持をするだけで賃料、家賃が入ってきますので、 とても効率の良い仕事です。そういう意味では安定した収益を得ていると言えるでしょう。

 財閥倉庫は財閥系の強力な顧客がいるほかに、そのネームバリューから圧倒的な信頼を得ており、 かなり安定継続した収益が見込まれます。倉庫業界は財閥倉庫を超えることがなかなかできません。

 さまざまな会社が捨てられないけど社内にいらない書類など、 いろんなものを倉庫に預けます。倉庫業は商品を売るというより、家賃収入を得るような業務なので、 一度契約すれば長期にわたって収益を得ることができます。

 そして、倉庫を持つがゆえに特別な付加価値を提供できるのも財閥倉庫の強みです。

 倉庫は単なる鉄骨造の小屋ではありません。食品なら冷凍倉庫、医薬品なら医薬品倉庫と、 品質を保つための特別な設備が必要で、食品メーカーや医薬品メーカーが独自に倉庫を持つには難しい倉庫があります。

 高度な倉庫を財閥倉庫が建て、共同保管、受発注業務の代行、在庫管理の代行、 共同配送などを通じて顧客のコスト削減、アウトソーシングを行います。

 就職先としては海運業界や空運業界のほうが有名ですが、 特に財閥倉庫は「同じ財閥企業」という固定の顧客が多く、肩書も優れており、 物流に興味のある就活生は必ず財閥倉庫も受験するなど、就活でも意外と人気のある業界です。

 

財閥倉庫の一覧と売上高・平均年収

 財閥倉庫5社を売上高でランキングにし、平均年収とともに一覧にしました。

会社名売上高平均年収備考
三井倉庫ホールディングス2200億円756万円
三菱倉庫2000億円759万円
住友倉庫1600億円739万円
澁澤倉庫580億円664万円
安田倉庫400億円728万円

 これら財閥倉庫5社のうち、特に人気が高いのは三菱倉庫、三井倉庫、住友倉庫の3社です。 給料も高く、海運業界との併願で受験する学生が多いため、旧帝大や早慶出身の就活生が目立ちます。

 平均年収は一般職も含めた数値であるため、総合職に限ればもっと高い給料が支払われていると思われます。 一般消費者には知名度がありませんが、待遇は良好といえるでしょう。

 

財閥倉庫の就活

 財閥倉庫はだいたい同じ仕事をしているので区別・比較がしにくいです。 説明会でどの部門に力を入れているかなど、しっかり聴いておくべし。 説明会参加必須。筆記試験がwebテストよりは難しいですがそこまで苦労するレベルではありません。

 他の業界に比べて選考は遅めで、3~4月にエントリーシートを受付け、4~5月の間に面接が行われます。 グループ面接(三井倉庫、三菱倉庫)やグループディスカッション(住友倉庫)を課されます。

 財閥倉庫はエントリーシートは手書きで、WEBテストではなく筆記試験です。 突然の抜き打ちグループディスカッション抜き打ち筆記試験に注意しましょう。

 海運業界と併願する人が多いのでライバルはやたらハイスペックです。

 

財閥倉庫の志望動機

 財閥倉庫の志望動機の例を挙げていきます。

  • 物流の面で経済や生活を支えたい
  • 縁の下の力持ちとして活躍したい
  • 海外輸送を通じて様々なビジネスの展開を支えたい
  • 物流と不動産開発を組み合わせたビジネスを行いたい
  • 海運や陸運企業と異なり最適な物流経路を提案できる
  • 資源のない日本に資源を輸入する重要な役割が果たせるため
  • 長い歴史で築いた信頼性を活用できるため

 倉庫業は、単に倉庫に物資を保管するだけの仕事ではありません。 不動産業も含めて安定した経営をしている業界ですが、「安定」を志望動機に書いてはいけません。

 どの会社も海外展開や新規サービスに挑戦しており、陸運業、海運業、空運業とは異なった付加価値を生み出そうとしています。

 ですから、志望動機では「陸運・海運にとらわれず顧客に最適な物流経路を提案できる」「倉庫で製品の仕上げをする」 「海外ビジネスを支援する」などがキーワードとして使えます。

 志望動機で最も良いのは「経営理念」と「就職活動の軸」が一致しているとアピールすることです。

 詳しくは「新卒採用」は「将来の夢採用」で解説していますが、 就活は、「将来の夢就職活動の軸)に沿って行わなければなりません。 志望動機も、「将来の夢を実現するため、貴社に入社しなければならない」という流れで書きます。

 ですから、ここにある志望動機もほんの一例にすぎず、実際にはあなたの将来の夢と、 会社の企業理念・ビジネスの目的とを結びつけて考えて、志望動機をつくるのです。

 

財閥倉庫は激務

 財閥倉庫激務です。 確かに安定しており、待遇も良く、財閥系ということで就活では勝ち組に分類されます。 しかし倉庫の仕事は決して楽なものではありません。

 倉庫業ですが、力仕事ではなく、指示をする仕事をします。 「そのコンテナちょっとどけて」みたいな感じ。

 現場への指示という仕事は一見まったりなようで全く異なります。 建設業の現場監督のような仕事です。

 屈強な作業員・パートのおばちゃんへの指示は想像以上にストレスがたまります。 相手は決しておとなしくないし、相手の方が経験が長かったりするので、 いうことを聞いてくれるかどうかはわかりません。

 説明会に行くとわかると思いますが、若い人からは暗い雰囲気がただよっていて、 説明会は他の業界と全く違った印象を受けることになります。

 財閥倉庫は体育会系であり、部活などの経験がある人が多いです。 肉体も鍛えている人が多かったです。残業は多く、仕事も大変です。

 財閥グループ企業という固定客がいて、不動産も持っているのでつぶれる心配はなさそうです。 しかしやりがいという観点からは、楽しい仕事ではないのだと思います。

 物流の代理店であり、倉庫でもあるということで扱うモノは多彩。 その辺のコンビニにも自分がかかわった商品が売られている世界はなかなか面白いと思います。

 説明会に出てくる社員の方は話し慣れてない様子。他の業界の説明会だと この人は営業できる人なんだろうなぁ。等の感想を抱くものですが、財閥倉庫はそういうことはありません。 あまり営業に力入れなくてもやっていけるのかなと思います。

 昼ごろ事務所から休憩か何かで出ていく年配の社員の方々が すごく楽しそうだったのが印象的でした。年を取るとまったりだと思います。

 →業界研究のやり方に戻る

 

今から最短で内定をもらうには?

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その1)

 エントリーシートは、何を書いたら正解かわからない、「『わからないこと』がわからない」状態だと思います。 私もそうでした。自分では完璧だと思っていたエントリーシートも、他の人のエントリーシートと比べたらボロボロだったのです。 そこで、志望企業で実際に内定をとったエントリーシートを参考にしたいですよね。

 「Unistyle」では、一流企業からベンチャー企業まで、内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 「Unistyle」では、三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業をはじめ、1万7000通を超えるエントリーシートが収録されています。 あなたの志望企業の合格エントリーシートも必ず見つかるサイトと言っていいでしょう

 商社や自動車メーカーをはじめとした企業研究同業他社比較、また「就職活動の軸」別のおすすめ業界、 志望動機の書き方まで非常に詳細に書かれた限定記事をすべて無料で読むことができます。

 また会員限定の特別イベントが多数開催され、過去には伊藤忠商事、日本政策投資銀行、日本ロレアル、キーエンス、日本たばこ産業(JT)、トヨタ自動車、旭硝子、デンソー、 三菱東京UFJ銀行、大日本印刷などのイベントが行われています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。

 

志望企業の合格エントリーシートを見る(その2)

 「ワンキャリア」では50,000件を超える合格エントリーシート・就活体験談が掲載されており、 全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事、花王、日本航空(JAL)、味の素、アサヒビール、オリエンタルランド等日本の一流企業に加え、 ゴールドマンサックス、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレーなどの外資系一流企業も多数そろっています。

 エントリーシートだけでなくインターンシップやその選考、WEBテスト、グループディスカッションの攻略情報、 さらに志望動機の書き方や業界研究を読むことができ、従来では手に入らなかった情報が満載です。

 「ワンランク上のキャリアを目指す」というキャッチフレーズの通り、業界をリードする大手企業の資料が多く、 また総合商社、JR東海、電通、キーエンス、日本郵船、三菱地所といった一流企業の出展する限定イベントも開催されます。

 「ワンキャリア」は月間60万人の就活生が利用しています。また内定後も謝礼付きのインタビュー等が行われ、 就活体験を翌年の就活生のために役立てることもできます。先輩の「知」を継承し、 あなたが発展させた「知」を後輩に継承する好循環を生み出しましょう。

 

2018年10月でも間に合う!内定直結の合同説明会

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2019年卒では8月1日の時点で就活生の88%が内定を持っています。「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。 年間10万人が利用しているほどで、MeetsCompanyで内定を確保するのはもはや常識になりつつあります。

 2019年卒の募集が始まっています。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 全国で開催されているので地方の学生でも行きやすいイベントです。 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。

 

多忙の中、どっしり「スカウト」を待つ

 従来型の就活では内定までの道のりがとても長くてめんどうですよね。説明会を受けて、エントリーシートを提出して、グループディスカッションを受けて… そんな手順をすっ飛ばして自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」 です。

 キミスカでは自分から会社を探さなくても、SNSのようにプロフィールを書くだけで、 会社の人事が「こんな優秀な学生がほしかった!」とスカウトを、時にはいきなり最終面接の案内を送ってくれます。

 他社のインターンやES、GD、一次~最終面接など、従来は落ちると無駄になっていた頑張りを「スカウトされる材料」にできるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。

 すでに2019年卒の就活生も約7万人が利用しているほどで、スカウトがどんどん来ます。 また、実際の採用選考で行われる「適性検査」も体験できるので、ぜひやっておきたいですね。



×

財閥倉庫に実際に合格したESを見れるサイトがあります!