リアルタイム閲覧者数:22人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」
 

著者について

名前アリオト
学歴大阪大学法学部法学科 2013年3月卒業
職業メーカー事務系総合職 2013年4月入社
不動産賃貸業 2016年9月~
独立フリーライター 2003年2月~
職種営業
月収額面32~36万円
残業現時点で月40時間程度
休日年間120日強
飲み会1ヶ月に1回程度


 起業を目指しweb運営および不動産経営を行っている、青色申告事業者兼会社員です。 起業の計画は大方済み、残すところ日本政策金融公庫と、不動産仲介業者への問い合わせです。

 入社から4年間で読んだビジネス書は100冊を超え、そのうち30冊は不動産投資の本です。 とにかく本を読み、web運営と不動産経営で実践することで本質思考、マーケティング理論、 ビジネス戦略論を学習し、起業しようと思い至った次第です。

 不動産経営については、給料とボーナス、web運営の収益を550万円貯め、 そのうち450万円を自己資金として6700万円の融資を受けて開始しました。 自家用車を買うか迷い、辞めておくという決断をしたときが人生の岐路だったと思います。

 Surfaceとビジネス書を手に喫茶店で日々作業、読書をしているいわゆる「意識高い系」ですが、 大学時代はまったくそんなことはありませんでした。

 大学では学生寮に住み、夜9~12時から一日が始まり、午前5時くらいに終える、 すなわち酒を飲んでカラオケに行くという生活を週3~5日で行っていました。 定期試験の合間に友達とゲームをしたり、深夜にゲームを買いに行って朝までプレイし、 講義に出て、帰ってまた深夜までプレイするということもしました。

 コンビニ等でバイトをし、CB400SF2に乗り、法律の専門書を買いあさり、 2chやニコニコ動画、深夜アニメを視聴してビリヤードと、大学生活を謳歌しました。

 そんな生活をしつつ大学の期末試験対策はぬかることなく、 行政法の国家賠償法を落単した程度に収まりました。 (他にも試験内容がめんどくさいから放棄して別の教授の元で再履修したものはある)

 3回生の6月から就活を意識してインターンシップに参加しました。 しかしその後は何もすることなく、ビリヤードなどして遊んでいました。 そして2012年12月、就活を開始。

 就職活動は真面目に書いたエントリーシートはわりと通過し、リク面などに呼ばれてタダでコーヒーを飲む。 しかしリク面で落とされまくりました。エントリーシートの通過は、ブログを書いていたのと、法律という、もろ文章の学問をしていたためか、 文章力だけはあったからだと思います。

 就職した今だからこそ、就職活動を振り返って見ることができます。 間違いだらけの就職活動。このサイトが少しでも考えるきっかけになればと思います。

 内定を得たのは4月下旬。面接で笑いを取り、社長に「その言葉が聞きたかった!!」と言わしめて、 意気揚々として秋葉原でギャルゲー(限定版)を購入し、帰りの新幹線を降りる直前に内々定の電話がかかってきました。

 新幹線のデッキだったのとテンションが上がってしまったのもあってあまり耳に入ってこなかったけど

 内々定の瞬間というものは大変気持ちの良いものです。

 

ホームページについて

 ホームページを初めて作ったのは中学1年生の冬でした。 当時流行していたブラウザゲームを自分でも設置したいと思い、 つまりは「管理人」になりたいと思ったのが始まりです。

 htmlの勉強そっちのけでperl言語のCGIにのめり込み、 設置したCGIゲームを改造する日々を送りました。 MY就活ネットはPHPで作っていますが、これはperl言語の経験の賜物です。

 プログラム熱もどんどん上がっていき、 中学3年生のころにはフラッシュゲームを自動操作するチートツールを作ったりしていました。 マウスの自動操作プログラムを作ったり、自分で掲示板プログラムを組んでホームページに設置したりしていました。

 しかしながら、私は理系への道は歩みませんでした。 というのも、高校の化学で行き詰ってしまった(と思い込んでいた)からです。

 高校1年生のときに化学Iを履修していたのですが、センター試験を超えるレベルの実力テストがありました。 100点満点で平均点は24点。私は28点でした。そんな中、一人だけ98点という高得点をたたき出した友達がいたのです。 しかも彼は、「符号をつけろと書いたのに『+』をつけなかった」という理由で2点減点されただけでした。

 「こいつには勝てない」と思い、理系の道を断念したわけです。 今思えば比べる相手が悪かっただけでした。彼は東大の理3に合格していったのです。

 そんな経緯で文系の道を進み、法学部を出て、現在サラリーマンをやっているわけです。

 

手っ取り早く内定をもらうには

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を手っ取り早く終わらせることができます。



 

Start就活

 就活ってなにから始めたらいいかわからないという方は多いと思います。 そこで、「就活で最初にやること」がつまった就活サイトがあります。

 それは「Start就活」です。 Start就活では50社以上の就活サイトにチェックを入れるだけで一括登録できます。 自分に合った就活サイトに簡単に登録することができます。

 またStart就活には、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 WEBテストは「筆記試験」をWEB上で行うものを指しますが、ほとんどすべての企業が入社試験にWEBテストを課しています。 私もWEBテストをまったく対策せずに本番に挑んで失敗した経験があります。

 ぜひStart就活で就活の良いスタートを切りましょう。



 

ハタラクティブ

 「やりたい仕事がない」と悩んでいる就活生は多いと思います。 会社説明会では実際に働いているイメージがつかみにくいのは確かです。

 いくら1日インターンが解禁されたとはいっても、世の中に無数にある企業すべてをまわることは不可能です。 そこで、新卒向けハタラクティブを使ってみましょう。

 新卒、第二新卒だけでなく20代なら既卒、フリーターでも東京近郊の正社員の求人を紹介してもらえます。 自己PRや面接対策もばっちりサポートしてもらえて、利用者の内定率は80%を超えています。

 他の就活サイトにはない非公開求人が多数あり、特別の選考ルートで内定が獲れます。 ぜひハタラクティブで好条件の求人を紹介してもらいましょう。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」