リアルタイム閲覧者数:19人
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

 

【就活】お祈り

 お祈りとは、就活で不採用通知を受け取ることを指します。 エントリーシートを送った段階、面接を受けた段階で不採用通知が送られてくることを、 「お祈りされた」と表現するのです。 

 なぜお祈りと言うのかというと、不採用通知は単に「あなたは不採用です」と直接的なメールが送られてくるわけではありません。 「あなたの今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます」と婉曲した、遠回りな表現で送られてくるからです。 会社は不採用になった就活生にお祈りするのです。

 「お祈りしてくれるなんて、優しい会社だ!」と思うのも初めのうちだけです。 よく考えたら就職活動をしていてが一番受け取りたくないお祈りメールを送っているわけですから優しいもなにもありません。 それにコピペで名前だけ変えて(名前すら自動入力かもしれません)お祈りメールを送っているのですから、 そもそもお祈りしているかどうかすら怪しいところです。

 不採用の通知はまず、電話で来ることはありません。メールで送られてきます。 会社の人事担当者も「あなたは不採用です」とは言いにくいのです。そこで、メールを使い、 「お祈り」という手段を使って自分が傷つくのを避けているわけです。

 お祈りメール返信する必要はありません。 インターンシップであっても、面接であっても、最終面接であっても、就活でお祈りメールが来るということは、 もうその会社に入社できる可能性は0です。

 お祈りメールに返信をする時間が無駄ですし、お祈りされた会社に気を遣う必要もありません。 返信したところで1円ももうからないのです。

 

お祈りメールの文面

 お祈りメールとはどんなものでしょうか。 私が実際に受け取ったお祈りメール文面を紹介していきます。

 お祈りメールを受け取るのはなかなか辛いものです。 未だにこのメールを見ると暗い気分になりますね。 以下は、お祈りメールです。

○○株式会社 採用担当です。
この度は事務系の書類選考にご応募いただき、誠にありがとうございました。

慎重に選考を進めてまいりましたが、残念ながら、ご希望に添えない結果となりました。

今後ますますのご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。

 ご活躍お祈りする系統のお祈りメールですね。なかなか志望度の高かった会社で、 一生懸命、手書きのエントリーシートを書いたのですが残念ながらお祈りされてしまいました。 どこかの会社の会社説明会を受けているときにこのメールが届きましたね。

こんにちは。○○自動車 新卒事務系採用担当です。

この度は弊社の選考にご応募いただきまして、
誠にありがとうございました。

厳正な選考の結果、誠に残念ながら、
今回は×× ××様のご貴意に添い得ないこととなりました。

つきましては、弊社への熱意あるお申し込みを
ありがたく存じますが、
上記ご賢察のうえ、あしからずご理解賜りますよう、
よろしくお願い申しあげます。

なお、結果についてのご質問はお受けいたしかねますので、
ご了承ください。

末筆ではございますが、×× ××様の
今後益々のご活躍を心よりお祈り申しあげます。

 やはりこの自動車会社もご活躍お祈りする系統のお祈りメールを送ってきました。 見事なまでのお祈りメール。お祈りメールは長文なことが多いです。 「あなたは不採用です」で済むのに長々と書くのがお祈りメールの美徳なのです。

 特に志望度の高い会社ではありませんでしたが、 まじめにエントリーシートを書いた苦労が水の泡になるわけですから、 お祈りメールはあまり気分のいいものではないですね。

株式会社○○○○
人事部 人材育成室 採用グループです。

先日は、事務総合職選考にあたり、
履歴書・エントリーシートを提出いただきまして、ありがとうございました。

ご提出いただいた書類を厳正に審査しました結果、
誠に恐縮ですが、ご縁がなかったものとさせていただきたく、
なにとぞ、ご了解のほどお願いいたします。

またご提出いただいた書類は個人情報としまして、
弊社にて適切に処分いたしますので、併せてご了承ください。

××様の今後のご健勝をお祈り申しあげます。
以上、不躾ながらメールでのお知らせまで。

 この会社もやはりお祈りメールですが、ご活躍ではなくご健勝お祈りする系統のお祈りメールです。 とにかく祈るのです。おそらく不採用メールでお祈りをしない会社はほとんどありません。 不採用メールに「お祈り申し上げます」の文言が入っていない会社を私はみたことがありません。

 

サイレントお祈り

 サイレントお祈りとは、面接に落ちたにも関わらずお祈りメールすら送ってこないことを指して言います。 お祈りも何もサイレントなのですから、お祈りというよりは単なる無反応です。 しかし就活生は心優しいので「きっとサイレントだけどお祈りしてくれているだろう」と想定してくれるのです。 ほとんど嫌味な言葉ですが。

 サイレントお祈り失礼であり、本来は道義的に許されるものではありません。 就活生には「会社説明会のドタキャン、バックレはやめてね」「面接のバックレはやめてね」などと言うのに、 サイレントお祈りをする会社は面接や書類選考の結果を送らないのです。

 サイレントお祈りする会社は、不採用の場合は一切連絡をしません。 気付いたころには就活シーズンが終わっていて、「そういえばあの会社からお祈りメールきてないなあ」と思って会社のマイページを見に行ったら、 もう採用情報ページが閉鎖していたなんてことはよくある話です。

 就活生は、面接を受けると面接に合格したかどうかが非常に気になります。 会社から連絡が来るまで携帯電話、パソコンの前で待ち続ける事も多いでしょう。 通常、合格していると1週間以内に「次の面接」の予約が始まるのですが、1週間連絡が来ない場合は落ちているでしょう。

 面接後に連絡がないまま終わることを、サイレントお祈りと言います。

 しかし「お祈りメール」が来ない以上、まだ生き残っている可能性もないわけではないのです。 私も実際、面接に合格していたら翌日に電話が来るといわれている会社から、 1週間後に電話がきた経験があります。

 サイレントお祈り理由は、「不採用通知を送るのが辛いから、めんどくさいから」というのもありますが、 「補欠要員をキープしておきたい」という気持ちもあるのです。サイレントお祈りは失礼なものです。 要はキープ君にされているわけです。

 補欠要員だから連絡しないなんて失礼な話ですね。

 一次面接で落ちてしまっても、二次面接で想像以上に不採用の就活生が出た場合、 一次面接で落ちた人に再度、声がかかることもあるのです。 そんなわけでサイレントお祈りは就活生に無駄な希望を抱かせてしまうことが多いです。

 今、就活のときに使っていたメールアドレスにログインしたのですが、 「お祈りメール」をくれた会社のほうが少ないですね。 名だたる大企業でも半分くらいはサイレントお祈り企業です。

 サイレントお祈りは、問い合わせても不採用なのか、選考中なのかはわかりません。 通常教えてもらえないものです。サイレントお祈りに対して問い合わせても意味がないのです。 もはや縁がないと思い、諦めたほうがよいでしょう。

 

お祈りフラグ

 就活で面接を受けていると、「こりゃお祈りメールが送られてくるな」と思う瞬間があります。 これをお祈りフラグといいます。さて、お祈りフラグにはどんなものがあるでしょうか。

「学生時代頑張ったこと」をけなされる
 けなされるとまではいかなくても、興味がなさそう、どうでもよさそう、多分聞いてないなど、 面接官の表情が固くなっていく瞬間、やはりお祈りフラグが立ったなと思いますね。

 私の場合は「学生時代頑張ったこと」で笑いを取りに行っていたので笑顔でお祈りされていたわけですが、 集団面接などで「ふーん」や「ああそう」のような言葉をぶつけられている就活生を山ほど見てきました。 このような就活生はやはり、二次面接には来ていませんでしたね。

面接官が言葉に詰まる
 面接をしていて、面接官が「あー・・・」と言葉に詰まる瞬間、 お祈りフラグが立ったと思います。面接官が言葉に詰まるということは、就活生の答えは期待していた答えじゃなかったということです。

 面接は会話のキャッチボールですから、就活生が暴投した、あるいは面接官がボールをキャッチできなかったわけです。 どちらが悪いかと言うと難しい問題ではありますが、会話のキャッチボールが失敗に終わったわけなので、 後ほどお祈りメールが送られてくることになるでしょう。

エレベーターまで見送られる
 面接後、エレベーターまで見送られることがあります。そしてエレベーターまで見送られたらお祈りフラグだとよく言われます。 「エレベーターまで見送ることで、面接官が落ちた就活生に少しでも気を遣おうとしている」と説明されますが、 「本当かなあ」というのが正直な気持ちでした。

 しかし私も落ちた会社の面接では、エレベーターまで見送られました。 なんなんですかね。エレベーターまで見送られるとお祈りフラグというジンクスがあるようです。

 

逆お祈り

 会社がお祈りをするなら、就活生側も逆お祈りをお見舞いしてあげましょう。 つまり、内定辞退や選考辞退をするときにお祈りするのです。

 まあ内定辞退や選考辞退ということは、その会社からはお祈りをされていない段階なわけですから、 逆お祈りは八つ当たりのようなものです。

 もちろんお祈りメールを送ってきた会社に貴社のますますのご発展とご活躍をお祈り申し上げますと、 丁寧に逆お祈りメールを送ることも考えられないわけではありません。 しかし完全に時間の無駄ですし、相手の人事を喜ばせてしまうかもしれません。

 逆お祈りは、やりすぎるとただの「感じ悪い就活生」となってしまい、 同じ大学の後輩たちが就活で苦労することになるかもしれません。 常識の範囲内で逆お祈りをしましょう。

 逆お祈りメールでは、どこかの会社のお祈りメールをコピペして宛名を変え、 そのまま送るのが主流のようです。

 

お祈りされないためには?

 面接を受けた後にお祈りされるのは非常にイヤですね。せっかくエントリーシートが通過したと思っても、 またせっかく面接のために時間を費やしたのに、「お祈りメール」が来るとすべてが水の泡になったということです。 お祈りされないためにはどうすればよいでしょうか

 「お祈りされる」ということは、面接で「うちの会社と気が合わない」と判断されたということです。 エントリーシート自体はよかったのですが、それがうわべだけだったと判断された可能性が高いのです。

 就活生が思っているほど「ビジネスマナー」や「緊張しすぎ」なことは採用担当者にとってあまり問題ではありません。 「ビジネスマナー」は入社して、新人研修をしているうちに身につくものですし、「緊張しすぎ」すら仕事をしていればなおります。 私も「あがり症」でしたが、営業部に配属されてお客さんとしゃべっているうちに、相手が大企業の部長でも平気になりました。

 たいてい「お祈りされる」理由は、一貫した「就職活動の軸」がなかったもしくは伝えられなかったところにあります。 エントリーシート自体は学歴が良かったり、一貫性があるように読めたりして、通過することがあります。 しかし、面接ではごまかせません。

 まだエントリーシートを提出していないのであれば、すぐにエントリーシートを「就職活動の軸」に沿ってつくりなおしましょう。 もし提出済みであれば、「就職活動の軸」に沿って話せるように話を組み立てておきましょう。

 もう一つ「お祈りされる」理由として挙げられるのは、「元気がなかった」というものです。 自信がない時は声が小さくなってしまったり、面接官と距離が近いからと小さい声で話してしまったりしがちです。 「ビジネスマナーを気にしすぎて声の大きさを意識していなかった」なんてこともよくあります。

 しかし会社にとって、元気のない新入社員ほど不安なものはありません。 新卒採用をすることで会社に新しい風を吹かせたいと考えているのに、 声が小さいとどの部署に配属しても「今年の新入社員は元気がない!」と採用担当者が怒られてしまいます。

 面接で大事なことは「就職活動の軸」と「元気さ」です。 マナーなど気にするよりは、マナー違反じゃないかというくらい大きな声で熱い意思を語るほうが高評価を得られます。 緊張して声が裏返ってしまったとしても、声が小さいことに比べたらむしろプラスです。

 先日私の会社でも役員による最終面接が行われましたが、 一人、ものすごく緊張して言葉を噛んだり声が裏返ったりする就活生がいました。 しかし逆にそれが役員に気に入られることになり、内定が出ました。

 志望度の高い企業で、ましてや相手が役員ともなれば緊張するのは当たり前です。 むしろ緊張しているのは志望度が高い証拠になります。 熱い意思を大きな声でアピールすることで、「会社に新しい風が吹かせられる!」と期待できるわけです。

 

就活のウラワザ!

 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 一流企業に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究まとめガクチカまとめ女子就活生マニュアルWEBテスト攻略マニュアル面接官が使う評価シートなど、 様々な内定に直結する豊富な資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

Unistyle

 そして、Unistyleです一流企業に内定したエントリーシートを無料ダウンロードできます。

 Unistyleでも三菱商事や三井物産、三菱東京UFJ銀行、トヨタ自動車、三菱地所、新日鐵住金、東京ガス、 マッキンゼー、P&Gなど、様々な超一流企業のエントリーシートがそろっています。

 ぜひ自分のエントリーシートの見直しのために、または作成の参考のために手に入れておきたいですね。 キャリアパーク・就活ノート・Unistyleを併せて利用することでより多くのエントリーシートが手に入ります。



 

就活ノート

 また、就活ノートでも通過エントリーシートや選考情報が見放題のサービスを行っています。 収録されている企業は1000社以上で、その数には圧倒されます。

 うまくいく就活生は、大学の先輩に就活のやり方を教えてもらって質の良いエントリーシートを書きます。 従来ですと先輩とのコネがないと就活のことがわからないという問題がありました。 しかし、就活ノートにはその「先輩」が無数にいます。

 企業の選考情報(体験談)や口コミが見られるのも特徴で、多数の先輩就活生の情報が蓄積されています。 志望企業の「面接は何回行われるか」「エントリーシートはどんなお題が出るのか」「どんな受け答えをすると面接官に喜ばれるのか」など、 就活ノートを利用して研究しましょう。



 

MeetsCompany

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。

 2018年卒は7月1日の時点で79.1%が内定を獲得していて、「まだ内定がない」と焦る気持ちが強いと思います。 そんな中、まどろっこしくてめんどくさい従来型の就活をしていては余計にストレスが溜まってしまいます。

 余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、その場で即日内定がもらえたりするイベントがあります。

 それが「MeetsCompany 」です。

 2018年卒もまだ間に合います。MeetsCompanyは参加者内定率96%を誇っており、 最短1日で内定を取れますので、就活を終わらせることができます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」