リアルタイム閲覧者数:23人
 

【就活】最終面接は何を見られているか

 最終面接は就活生の何を見ているのでしょうか。 最終面接は採用選考の最終段階であり、筆記試験、グループディスカッション、一次面接、二次面接と、 あらゆる段階を突破した就活生が辿り着くところです。実は、最終面接では既に、人事部の中では半分内定が決まっています

 最終面接に呼ばれる就活生は、採用しても良い学生ばかりが集められています。 しかし、最終的に内定を出すかどうか決めるのは人事部ではなく各部署の部長や、役員です。 人事部が採用してもいいと思った学生を、各部署の部長や役員に引き合わせ、最終的に採用を決めてもらうのが最終面接なのです。 

 

最終面接の対策

 最終面接内容は、各部署の部長・役員が内定者を決定するというものです。 人事部ではすでに内定を出しても良い就活生を決めています。内定を出しても良い就活生を部長や役員に引き合わせ、 最終的な判断をしてもらいます。

 最終面接ではすでに人事部の介入する余地はなく、面接官である部長や役員が自由に質問をします。 面接官が「なんか違うな」と思ったら落とされますし、「おっ」と思わせることができたら内定です。 会社によっては最終面接のその場で内定が決まる場合もあります。

 最終面接では「何を言えたら内定」というような方程式はありません。 内定の判断基準はマニュアルがあるわけではなく、経営陣の哲学、要は経営陣のフィーリングです。

 私は最終面接で社長に「その言葉が聞きたかった!」と言われ、配属先まで告げられました。 一方で同期には社長に説教をくらい、「もうだめだー」と思いながら帰宅したら「内定です」と電話がかかってきたという人もいます。 面接官がどういう反応をすれば内定、不採用といった基準すらありません。

 具体的な判断基準のない最終面接ではどんな対策をとればよいでしょうか。 最終面接対策は、社長が考えていることを推測することです。

 社長の気持ちを考えてみましょう。普段から社員にヘコヘコされ、社員は自分の言うことを聞くだけ。 反論もしなければ、社長の発言の間違いを指摘することもありません。 ただただ「仰る通りです」と言うだけです。

 社長は新しいアイデアをほしがっています。考え方の凝り固まった会社に新しい風がほしいわけです。 自分の意見が言える学生社長も思いつかないような考え方を持っている学生には内定を出したくなります。

 最終面接コツは、変にかしこまらないということです。 社員のように社長にヘコヘコして「仰る通りです」などと言おうものなら、新しい風ではありませんし、 採用する意味がありません。ヘコヘコして「仰る通りです」と言う社員なら腐るほどいるわけです。

 「最終面接だから」と社員の真似をする必要は全くありません。 思ったことは正直に伝え、嘘偽りなく質問に答えましょう。

 

最終面接でされる質問

 最終面接でされる質問は、エントリーシートに沿った質問が多いです。 しかし、一次面接や二次面接でされてきた質問とは異なります。

 最終面接でも志望動機や自己PR、長所、短所、趣味、特技などはすでにそれまでの面接でされてきた質問がされます。 同じ項目の質問ではありますが、聞かれ方が少し違います

  • 志望動機に○○とあるけど、詳しく教えてくれますか?
  • 自己PRの○○について、詳しく教えてくれますか?
  • 短所についてどう考えていますか?
  • 趣味がたくさん書いてあるなあ!
 このように、最終面接では長々と自己PRをさせたり、志望動機を語らせたりということはありません。 面接官が一通りエントリーシートを読み、気になった要所要所を質問されます。 エントリーシートをしっかり作り込んでいればそれほど問題ではないでしょう。

 問題なのは、「短所についてどう考えていますか?」といった意図のはっきりしない質問です。 最終面接の面接官は、面接のプロではありません。工場長をしていた人だったり、 経理部で電卓を叩いていた人だったりします。

 質問が質問になっていない場合が往々にしてあります。特に「趣味がたくさん書いてあるなあ!」 に至っては、もはや質問ですらありません。雑談です

 しかし、質問の意図がわからないからと黙り込んでしまってはいけません。 ここでは「面接官が聞きたいであろうこと」を推測して答えるのです。 独断でかまいません。こういう場合、面接官も質問というよりは、雑談形式で考えています。雑談の要領でいいのです。

 「短所についてどう考えていますか?」といったおおざっぱな質問に対しては、 「短所を克服しようとしている」話をしましょう。「長所」について聞かれたら、 長所に関するエピソードを話しましょう。

 「趣味がたくさん書いてあるなあ!」ならば、趣味をたくさん書いた理由を説明しましょう。 例えば「好奇心旺盛である特徴をお伝えしたいと思い、たくさん書きました」と答えます。

 最終面接でエントリーシート以外の質問では、以下のような質問がされます。

  • 当社は第一希望ですか?
  • 内定を出したら入社してくれますか?
  • どの部署を希望していますか?
  • どの事業部を希望していますか?
 これらは内定後を見越した質問です。役員決裁で内定を決めるわけですから、 面接官が一番気になるのは「入社してくれるかどうか」です。 少なくとも人事部は最終面接まで通過させているわけですから、最終面接では面接官の判断が内定に直結します。

 これらの質問には必ず「第一志望である」ということ、「入社する」ということを伝えましょう。 運が良ければその場で内定がもらえます。

 

最終面接の逆質問

 最終面接逆質問を求められた場合、何を質問すればよいでしょうか。

 最終面接の逆質問では、もう会社説明会やリク面でしたような質問はすべきではありません。 「やりがい」や「社風」などは最終面接の前にすべて聞いているはずですし、 社長も「こんなことも知らないまま面接で『第一志望です!』などと言っていたのか」とがっかりしてしまいます。

 当然、経営理念や売上高、営業利益など調べればわかるようなことを質問してはいけませんし、 研修の内容、福利厚生、給料、手当、ボーナス、残業、休日、有給休暇など待遇面の質問もNGです。 最終面接の面接官は部長や役員であり、経営者ですから、まずは一生懸命働いてくれることが最優先なわけです。

 ではどんな逆質問をすればよいでしょうか。

 実は、社長の機嫌を良くし、やる気をアピールできるとっておきの逆質問があります。

 それは「社長(部長)に就任されるまでで最も苦労したことはなんですか?」です。

 最終面接の面接官は役員や事業部長など、入社してしまえばもう会話することもない雲の上の存在です。 それは面接官もよくわかっており、最終面接が最初で最後の面談なわけです。 社長にしかできない質問を、社長は望んでいます。

 年配の方は苦労話が好きです。苦労の中達成した社長の武勇伝は誰かに自慢したいものです。 しかし、自慢話は嫌がられることが多いですし、特にもう会うこともない就活生にはこの機会に自慢したいものです。 そこで、就活生自ら「教えてください」と話を引き出すのです。

 面接官は担当者時代、課長時代、部長時代の苦労話をしてくれます。 その後、「なぜ苦労話が聞きたいと思ったのですか?」と再度質問されます。

 そこで「社会人になる心構えとして是非お聞きしたいと思っておりました。 社長にお話しを伺う機会はめったにありませんから、貴重なお話、ありがとうございます。」 と伝えるのです。

 

最終面接の合格率

 最終面接合格率30%~50%です。 中には最終面接は意思確認だけで、即日内定が出る会社もありますが、 多くの会社では最終面接の合格率は30%~50%と思っておきましょう。

 私の会社では、最終面接に呼ばれたのは20人程度で、内定を得たのはそのうち7人でした(事務系の場合)。 人事の持っている名簿がチラっと見えたのですが、私が待合室に入室した段階で、 すでに10人が面接を終えている状況でした。

 最終面接の面接官は役員や事業部長などですので、大変忙しいものです。 新卒採用の面接にもあまり時間をかけていられません。 そのため人事部が倍率2~3倍程度に収まるように、最終面接に行ける人数を決めます。

 一方で倍率が低すぎると、逆に人事が社長に怒られます。 「内定を決めるのは俺だ!最終面接の人数がこんなに少なければ、人事部で内定をもう決めたようなものじゃないか!」 といった具合です。ですので、最終面接=内定確実ということはまず、ありません

 一方で役員が忙しすぎて時間がとれず、人事部に「内定を出す人だけ最終面接に呼んで」と指示する場合もあります。 この場合、最終面接意思確認だけということになります。 就活生にとっては二次面接のあと、最終面接の連絡がくる=内定確実となるわけですから、ありがたいものです。

 最終面接の合格率は意外にも高く、最終面接を受けると3社に1社は内定がもらえる確率となります。 しかし面接は「面接官と気が合うかどうか」ですので、決して気を抜くことなく挑みましょう。

 

最終面接にいった実績を活かす

 万が一、最終面接で不合格となってしまったら非常に悔しいものです。 筆記試験、一次面接、二次面接と合格しても、最終面接が不合格ならすべて水の泡だからです。 これまでは面接を突破してきた事実は無駄になってしまっていました。

 しかし、最終面接に落ちても、最終面接まで行ったという事実を今後の就活に活かす方法があります

 キミスカ に就活の選考状況を登録しておけば、企業からそれを参考にスカウトをもらえます。 そもそも一次面接、二次面接を突破するような人はかなり見込みがあったというわけです。 運悪く面接官との相性があわず最終面接に落ちた人こそ、他の企業にピッタリの人材の可能性が高いです。

 面接が進んでいれば、それだけ見込みのある人材というわけですから、 スカウトする企業にとってもその後何度も面接する必要はありません。 一次面接免除、いきなり最終面接なんてことだってあるわけです。

 このように他社で受けた面接結果を使いまわすキミスカ は非常に画期的な就活サイトだと思います。