リアルタイム閲覧者数:37人
就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービス
 

就活の時期の見直し・短期化は意味がない(2017年6月19日)

 毎年経団連で検討される「採用選考に関する指針。」2019年卒の就活については、 経団連ホームページに掲載されている通り、 2018年卒と同じで大学3年生の3月(2018年3月)にプレエントリー・会社説明会解禁、 大学4年生の6月(2018年6月)に面接解禁とされています。

 ですが、実態は大学3年生の6月に始まるインターンシップの募集から就活は始まっており、 会社によってはインターンシップで内定する場合すらあり、また2018年卒では本来面接をしてはいけないはずの、 大学4年生の5月には61%の就活生が内定をもらっているという状況です。

 続きを読む

 

【会社向け】理想の会社説明会~なぜ優秀な学生が集まらないのか(2017年6月17日)

 会社説明会と言いますと、最近では「人手不足」「売り手市場」といった事情もあり、会社説明会を開催しても学生が集まらないという課題があります。 合同説明会などでは、多くの就活生を集める人気企業がある一方で、人気のない企業もあります。 この差はなぜ生じるのでしょうか

 また、会社説明会を行う最終的な目的は、「優秀な人材を確保する」ことにあります。 しかし、現実の会社説明会は、そんな優秀な人材向けになっているのでしょうか。

 続きを読む

 

大学卒業後の人生に絶望しかない件(2017年6月17日)

 華やかな大学生活。その本質はその「自由さ」にあります。 自由に講義を選び、自由に登校時間を調整し、空いた時間は友達と食事をし、サークル活動に勤しみ、 夜は門限など気にせず仲のいいひと同士で飲み会に出かけ、思い付きでカラオケにいったり旅行にいったりする・・・ もちろん服装自由。

 大学卒業後はそんな生活とはおさらばです。

 続きを読む

 

教育とは~なぜ勉強するのか(2017年2月26日)

 日本人の識字率は99%を超え、ほとんどの人が高校へ進学し、50%以上が大学に進学します。 「ゆとり教育で世界ランクが落ちた」などとも言いますが、それでもなお日本人の学力は世界でトップクラスです。 しかし、教育とは何かについて考えたことはあるでしょうか。

 学校の教員はあまり教育について深く考えていないように思います。 また、児童や生徒も「教育とは何か」「なぜ勉強するのか」を教えられていません。 高校時代の私は自分なりに考えて「学歴という肩書を手に入れるため」と思い込んで勉強しましたが、 「教育の本質」ではないと思います。

 続きを読む

 

なぜ社畜になるのか(2016年3月27日)

 なぜ日本には社畜がはびこっているのでしょうか。どうやら日本人は会社に就職すると社畜になってしまいがちのようです。 新入社員には「研修」という名の「洗脳」を行い、社畜になるように仕向けます。 実際に配属されるとやはり、先輩社員から社畜教育が行われます。

 続きを読む

 

テレビは時代遅れ(2016年3月10日)

 「若者のテレビ離れ」が叫ばれて久しく、今では若者に限らずあらゆる年代でテレビ離れが進んでいます。 今では高齢者以外、ほとんどの世代で「テレビよりYoutube」という時代が到来しています。 この状況はもはや、テレビは時代遅れと言わざるを得ません。なぜテレビは時代遅れになってしまったのでしょうか。

 続きを読む

 

必要なのは「消費税増税」と「所得税・法人税減税」(2016年3月09日)

 2017年4月に消費税が8%から10%に上る見通しです。 消費税は2014年4月に5%から8%に上がったばかりですが、安倍内閣は消費税を上げるつもりです。

 一方で「消費税増税は時期尚早」との声もあります。 今回は消費税増税の妥当性、本来あるべき課税の姿、今後の租税改革はどうするべきなのか検討したいと思います。

 続きを読む

 

会社に株価は関係ない(2016年3月08日)

 会社に株価は関係ありません。 いろんな方が「会社に株価は関係ある」と言いますが、よく見てみれば、「関係ある論者」はみんな「投資家」です。 確かに投資家にとって株価は重要です。株価が上がれば自分が儲かります。しかし、会社は株価が上がったからといってただちに儲かるわけではありません。

 続きを読む

 

「お客様は神様」じゃない!(2016年2月14日)

 クレーマーの大好きなセリフ「お客様は神様だろ!」ですが、今回はこの「お客様は神様」論がいかに間違っているか、 いかに社会に害悪となっているかを解説したいと思います。 実はお客様は神様でもなんでもありませんし、もしお客様が神様だとしたらお店も神様です。

 続きを読む

 

日本製白物家電はなぜ売れないのか?(2016年1月31日)

 日本製白物家電と言えば、パナソニック、三菱電機、日立、東芝、シャープが思い浮かびます。 テレビならソニー、パナソニック、シャープの3社が特に強かった印象ですね。そう、「強かった」のです。 1970~90年代の日本製白物家電は強く、海外でも人気があり、海外の一流ホテルには必ずソニーやパナソニック、シャープのテレビが置かれていたそうです。

 続きを読む

 

帝国データバンクって何をしてる会社なの?(2016年1月27日)

 帝国データバンクって何をしてる会社なの?と思われた方も多いでしょう。 帝国データバンクは、企業情報を調査し、景気動向を算出し、ビジネスに役立つ情報を発信している会社です。

・・・と言われてもピンと来ないでしょう。 普通に学生生活を送る中でお目にかかることはありません。しかし、就活を始めると就職関連ニュースのデータには、 たいてい「調査:帝国データバンク」と書かれています。さて、帝国データバンクは何をしている会社なのでしょうか。

 続きを読む

 

就活の本質(2016年1月23日)

 大学3年生になると、就活が始まります。なんとなく進学、進級、就活、卒業と時は流れていきます。 しかし、就活に成功する人ばかりではなく、高学歴でも就活に失敗する場合だってよくあります。

 就活と学問はやり方が違うのに気付かず、就活の本質を見極めないまま「高校受験」「大学受験」の感覚で就活をしてしまうために、 高学歴でも就活に失敗してしまうのです。 「就活」とはいったい何なのでしょうか?今回は就活の本質について考えてみたいと思います。

 続きを読む

 

労働基準法は実情に合っていない?(2015年12月29日)

 労働基準法を守らないブラック企業、よく訓練された社畜がよくいうセリフは「労働基準法は実情に合っていない」です。 長時間にわたる残業、休日出勤、サービス残業、残業代の未払い、パワハラ、セクハラ等、違法な行為を「法律が実情に合っていない」と正当化しようというものです。

 さて、確かに労働基準法は厳しい法律です。労働基準法の目的はなんでしょうか。そして、ブラック企業のいう「実情」とは何でしょうか。 今回は労働基準法の目的と企業の実情について解説していきたいと思います。

 続きを読む

 

就職活動・採用選考の問題点(2015年12月27日)

 2016卒の就活は大荒れでした。経団連の倫理憲章が変わり、会社説明会は大学3年生の3月にスタートし、 面接は大学4年生の8月にスタートしました。この変更で経団連に加盟している大企業はもちろんのこと、 非加盟の大企業、中小企業まで影響を被り、就職先が決まらない大学生、採用予定人数を確保できない企業が大量発生しました。

 続きを読む

 

【就活】会社や会社の人に年賀状を送ってはいけない!(2015年12月19日)

 今年も終わりに近づいてきました。クリスマスの装飾がなされ、歳末助け合い運動が行われ、 その片隅では年賀はがきが販売されています。やる気に満ち溢れた若い人は余計なことを思いつきます。 「そうだ!会社に気に入られるために年賀状を書こう!」 絶対にダメです!会社や上司に年賀状を送ってはいけません。

 続きを読む

 

【2017卒】就活の時期が6月ってどういうこと?(2015年11月30日)

2017年卒以降の大学生については、就活の時期が6月になったと発表がありました。経団連が「採用選考の開始時期」を6月とする案を発表し、 それを大学側の就職問題懇談会が2015年11月20日に受け入れた形です。さて、この「採用選考の開始時期」とは、いったい何を意味するのでしょうか。 「6月解禁」を正しく理解しないと、就活に失敗する可能性があります。

 続きを読む

 

インダストリー4.0とは(2015年11月18日)

 インダストリー4.0とは、ドイツで宣言された第4次産業革命のプロジェクト名です。 産業革命は市場によって達成されてきたものですが、ドイツでは政府が主導し、産官学の連携で産業革命を起こそうとしています。 もちろんドイツだけではなく、アメリカもIoTを進めていますが、インダストリー4.0とIoTは似たもの同士です。

 続きを読む

 

『競争力』とは何か(2015年11月15日)

 就活では「競争力のある会社」が1つのキーワードとして重視されます。 国際競争力があり、安定的に利益を出していて、給料も高く、皆が認める「良い会社」・・・ ところで、競争力とはなんでしょうか。

 続きを読む

 

旭化成の杭基礎事件に学ぶ(2015年11月05日)

 旭化成の杭基礎工事での不正が問題となり、「旭化成に内定をもらった就活生がかわいそう」 「旭化成は今後どうなってしまうのか」といった声が相次いでいます。旭化成の杭基礎の事件について、少し考えてみましょう。 今回の事件からは学ぶ点がいくつかあります。

 続きを読む

 

【就活】なぜ英語が必要なのか(2015年10月19日)

 就活では英語のスキルを問われることが多いです。 エントリーシートにTOEICのスコアを書かせたり、英検の資格を書かせたり、 TOEFLのスコアを書かせたりします。面接でも「英語の資格は持ってる?」と聞かれることも多いですね。

 続きを読む

 

大企業病とは何か(2015年10月14日)

 大企業病とは何でしょうか。大企業は就活では魅力的に映りますが、 実はその会社が大企業病という、会社が倒産しかねない重病にかかっている場合もあります。 大企業や大手企業、老舗企業がかかりやすく、代々サラリーマン社長が続いている会社にありがちな病気です。

 続きを読む

 

機械化・IT化で豊かになるか?(2015年10月03日)

 機械化やIT化がもてはやされますが、果たして本当に機械化・IT化で豊かになるのでしょうか。 機械化はイギリスの「産業革命」に始まり、現代は「IT革命」と言われています。 特に就活をしているとメーカー企業で「機械化・IT化・効率化」と声高らかに唱えられています。 要は「機械化・IT化をすすめて経営を効率化しているので我が社は優秀です!」 と言っているわけですが、本当にそうなのでしょうか。

 続きを読む

 

またか!就活解禁の時期の見直し【2018年卒】(2015年9月12日)

 2016年度卒の就活は「後ろ倒し」されてスタートしましたが、経団連の榊原会長が9月7日のインタビューで、 「就活解禁の時期の見直し」を検討すると明らかにしました。また就活の時期の見直しですか・・・。 迷走を続ける日本企業の採用選考。今後の就活はどうなっていくのでしょうか。

 続きを読む

 

正社員の解雇規制の緩和はあぶない?(2015年9月06日)

 イタリアでは正社員の解雇規制の緩和が行われたそうです。 賠償金を払えば解雇できるという法律ができたのです。ご存知の通り日本では解雇がとても厳しく制限されています。 会社がつぶれかけているとき以外に正社員をクビにすることができません。

 続きを読む

 

なぜiPhoneが人気なのか(2015年9月03日)

 今や誰もが持つようになったスマートフォンですが、スマホのなかでも特に人気なのはiPhoneです。 日本ではiPhoneが非常に人気で、見渡してみればそこらじゅうにiPhone利用者が目立ちます。 MY就活ネットの利用者でも、スマートフォン利用者の65%がiPhoneです。特に女性はiPhoneが70%と非常に人気で、 就活女子の70%がiPhoneを利用していると言えます。

 続きを読む

 

出世したくない若者が増えている(2015年8月29日)

 出世したくない若者が増えています。マイナビニュースによると、 「出世したくない人」が59.2%と「出世したい人」の40.8%を上回ったとのことです。 これまで日本のサラリーマンは出世を目指して頑張ってきましたが、今の若者にとって、出世はそれほど魅力的ではないようです。

 続きを読む

 

就活と景気(2015年8月24日)

 日経平均株価が2万円を突破したと思いきや、中国の上海市場の暴落を発端に世界的株安になっています。 今日はほとんどの指標が大幅マイナスを見せており、アベノミクスの行く末以前に世界経済がどうなるか先行き不透明です。 さて、就活と景気は連動することで知られています。今後の就活はどうなっていくのでしょうか。

 続きを読む

 

就活と学生運動(2015年8月13日)

 昨今、SEALDsという学生団体がもてはやされています。1960年代の安保闘争を彷彿とさせる、学生の政治ごっこですね。 SEALDsは集団的自衛権、安全保障関連法案、憲法改正などに反対して活動を行っている学生運動の団体ですが、 まさか学生運動に参加して普通に就職できるだなんて思っていませんよね?

 続きを読む

 

「グローバルで即戦力な新卒就活生」の幻想(2015年8月05日)

 就活で企業は、グローバルで即戦力な就活生を採用したがる傾向があります。 たとえば「留学経験のある帰国子女」「学生起業の経験がありマーケティングのスキルがある」など、 いわば超人的な経験を求められることが少なくありません。

 続きを読む

 

オシャレに「大人」を演出する(2015年7月20日)

 オシャレに「大人」を演出するにはどうすればよいでしょうか。 大人になったらお金をかけるべきもの、オシャレアイテム、スマートな生活を演出する便利アイテムなどを紹介していきます。 まずは「お金をかけるべき」とされているものから見ていきましょう。

 続きを読む

 

金券ショップの切符はなぜ安いのか(2015年6月27日)

 金券ショップで新幹線の格安切符を買うと、普通より安くなります。 新大阪⇔東京であれば、指定席券は14,450円ですが、金券ショップの切符の場合は13,450円と、 1,000円も安く新幹線のチケットを買えてしまいます。

 続きを読む

 

新幹線はグリーン車に乗ろう!(2015年6月14日)

 新幹線のグリーン車といえば、政治家や芸能人、お金持ちが使っているイメージがあり、 料金が高い、セレブという印象があると思います。確かに普通車に比べてグリーン車の料金は高いです。 しかしグリーン車にはそれだけの料金を払ってでも得たい価値があります。

 続きを読む

 

税金は不公平!(2015年5月27日)

 税金は不公平です。法律によって平等に公平に課税されていると思いきや、 実は税金は不公平です。9:6:4問題(クロヨン問題)やゴルフ場利用税、たばこ税、自動車税など税金の公平性を問う問題はたくさんありますが、 それ以上に所得税、法人税は公平性を欠いています。 今回は不公平な税金、不公平な理由などを解説していきます。

 続きを読む

 

「格差社会」は問題なのか(2015年5月24日)

 「格差社会が問題です」とよく報道されます。世界の富の半分を、1%の富裕層が独占していると言います。 タワーマンションに住み、高級車を乗り回す人もいれば、20平米もないアパートに住み、軽自動車に乗る人もいます。 さて、この格差社会は問題で、是正しなければならないと主張する人も多いですが、 本当に格差社会は問題なのでしょうか。今回は格差社会について考えていきたいと思います。

 続きを読む

 

給料はなぜ安いのか(2015年5月22日)

 サラリーマンとして就職する以上、給料をもらって生活するわけですが、 「給料が安い」という悩みに直面します。もちろん会社や業界によって給料の金額は異なるわけですが、どこで働いていても「給料が安い」と感じるのは同じです。  例えば銀行や証券会社。銀行や証券会社は給料が高いことで有名ですが、 働いている社員は、そうは思っていません。これは高い離職率からも読み取れます。 特に三大メガバンクや有名証券会社は3年以内離職率が30%にも達し、 5年以内に半数が退職してしまう世界です。「仕事と給料が割に合わない」と感じている証拠です。

 続きを読む

 

一部上場企業に就職するメリット(2015年5月19日)

就活では「一部上場企業に就職したい」とよく聞きます。 一部上場企業とは、株式が東証一部市場で取引可能な会社を指しますが、 一部上場企業に就職するとどんなメリットがあるのでしょうか。 MY就活ネットでは、一部上場企業に就職するメリットを調査しました。

 続きを読む

 

若者が車を買わない理由(2015年5月17日)

 若者の車離れが叫ばれて久しいですが、自動車業界に就職するなら避けられない問題です。 なぜトヨタや日産、ホンダなどの自動車メーカーは若者の車離れを止められないのでしょうか。 自動車業界の面接では若者の車離れについて質問されることも珍しくありません。 MY就活ネットでは、若者の車離れを、若者の観点から解説します。

 続きを読む

 

就活でナンパを成功させる(2015年3月3日)

 就活でナンパを成功させた人は多いです。 もちろん就活は内定をもらうのが目的ですが、意外な副産物として恋人をゲットする人がいるのです。 よくよく考えてみれば就活は、いろんな人と出会えるまたとない機会なのです。 大学のサークルや部活とは比べ物にならないほどの出会いがあります。そして、就職後よりもいろんな人に出会うことができます。

 続きを読む

 

社会人は時間がない?勉強時間を確保しよう(2015年2月28日)

 社会人は時間がないとよく言います。 勉強時間が取れないというのです。資格試験に落ちる社会人は、「勉強時間がない」と言います。 しかし、本当に時間はないのでしょうか。 ことあるごとに「忙しい」と言い、仕事のために他に何もすることができないというのです。 その割には飲み会をする時間はあるようです。

 続きを読む

 

なぜ体育会系は就活に強いのか(2015年2月25日)

 就活はなぜ体育会系が強いのでしょうか。 「銀行は体育会系だ」とか「商社は体育会系じゃないと内定がもらえない」といいます。 就活には体育会系が有利だというのです。 実は、銀行や商社、証券会社に限らず就活では体育会系が有利です。

 続きを読む

 

社員のモチベーションが低い理由(2015年2月20日)

 社員のモチベーションが低い理由はなんでしょうか。 サラリーマンは概してモチベーションが低く、やる気がない、覇気がない、 仕事を楽しそうにしないと嘆く経営者、管理職は多いです。 社員のモチベーションが低い理由を解明したいと思います。 初めに言っておくと、モチベーションを高めるのは非常に困難です。

 続きを読む

 

リクルートはブラック企業か?(2015年2月18日)

 リクルートはご存じの通り、就活で必ず関わることになる企業です。 リクナビはリクルートの運営する就活サイトであり、リクナビなしで就活を終える就活生はあまりいないでしょう。 しかし、リクルートはブラック企業だと言われることがあります。 ブラック企業の運営する就活サイトなんて信頼できませんし、怖いですね。 しかしそれは、リクルートが本当にブラック企業だった場合の話です。

 続きを読む

 

なぜ年寄りは説教が好きなのか(2015年2月16日)

 学校にエアコンを設置するのに反対する人が多いようです。 これは「年寄りの説教」と同じ系統の現象です。 ここでいう「年寄り」とは単に高齢者を指すのではなく、 時代や環境の変化についていけず置き去りにされている人たちを指します。 20代であろうが、30代であろうが、時代に取り残されている人は「年寄り」です。

 続きを読む

 

就活に運転免許は必要?(2015年2月16日)

 就活に免許は必要なのでしょうか。 自動車教習所の謳い文句は「就活の前に免許を取ろう」ですし、 諸先輩方も「免許は早いうちに取っておけ」と言います。 免許がなければならないかのような物言いです。 公共交通機関、特に電車やバスの発達した今の世の中で、 自動車の免許はどのような場面で役立つのでしょうか。

 続きを読む

 

パナソニックの新規事業「家事代行」(2015年2月15日)

 パナソニックが驚くべき新規事業を発表しました。それは家事代行です。 電機メーカーのイメージは強く、電気製品を作って売る「家電屋さん」が、 家事代行事業に乗り出すというのです。電機メーカーからはかけ離れた新規事業かと思います。 果たして「家事代行」は儲かるのでしょうか。

 続きを読む

 

インフレとデフレ(2015年2月15日)

 インフレとデフレについて、お金持ちにしか関係ないと思っている方も多いと思います。 しかし実は、インフレとデフレは庶民の生活に直結します。 ベアがなしの場合、インフレ社会では減給も同然です。 インフレ率が2%を超えた場合、定期昇給だけでは減給です。

 続きを読む

 

無借金経営は危険!?~スカイマーク倒産に学ぶ(2015年2月14日)

 2015年1月28日、スカイマークが倒産しました。 倒産の前兆はあったのですが、多くの方々は気付いておらず、 スカイマークの株価はむしろ上昇傾向にありました。 スカイマーク倒産が突然のことで、びっくりな出来事なのも無理はありません。 スカイマークは2013年度まで数十億の純利益を出しており、 しかも無借金経営だったからです。

 続きを読む

 

奨学金が返せない!~奨学金で自己破産(2015年2月13日)

 奨学金が返済できず、自己破産する方が増えているようです。 男性は父親が事業に失敗した影響で、1990年の高校入学時から大学卒業まで日本学生支援機構から無利子の奨学金を借りた。 高校時は毎月1万1千円、大学時は同4万1千円で、当初の返還期間は93年12月から2012年9月。多いときで年約16万円を返還する計画だった。

 続きを読む

 

間違いだらけの節約術~時間や環境をお金で買う(2015年2月12日)

 日本人は節約が好きです。質素倹約こそ美徳であり、 お金を使うことは贅沢であり悪であり、もったいないと思っています。 日本人はお金を貯金するのが好きです。貯金するために日々の生活に制約を課し、 買いたい物を我慢しながら、預金通帳の大きくなっていく数字に見惚れます。

 続きを読む

 

スターバックスはなぜ流行るのか?(2015年2月11日)

なぜスターバックスは流行るのでしょうか。 スターバックスの日本での始まりは、1996年に東京銀座に1号店を出店したところに始まります。 欧米風のオープンテラスの併設、店内禁煙、イタリア系のエスプレッソコーヒーなどが話題を呼び、 瞬く間に成長を続けました。

 続きを読む

 

なぜサービス残業があるのか?(2015年2月11日)

 なぜサービス残業があるのでしょうか。 働いた分だけ給料をもらうのがサラリーマンの仕組みです。 1日8時間労働が基本であり、その時間分の給料は「基本給」と呼ばれます。 残業をすると残業をした分だけ給料が支払われ、これが「残業代」です。

 続きを読む

 

「経費で落とせる」の「経費」って何?(2015年2月11日)

 自営業者や会社役員、サラリーマンがよく「経費で落とせる」と言いながら買い物をします。 この「経費」とはいったい何なのでしょうか。 「経費で落とせる」は、まるでお金をかけずに物が買える魔法の言葉のようです。 もちろん、タダで買えるわけではありません。誰かがお金を払うわけですが、それは買った本人ではありません。 お金を払うのは会社です。

 続きを読む

 

「社会人」ってそんなに偉いの?(2015年2月10日)

 社会人とは、社会に参加し、主に「労働」する人を指す言葉です。 よく新入社員には「社会人としての自覚を持て」と言いますし、 学生には「社会人になってから言え」と言います。 「俺、社会人だから」などといわば自慢のように自らを呼称する場合もありますし、 たいていの場合、専業主婦や学生よりも階級が高いという認識があります。

 続きを読む

 

なぜ会社は結婚を奨励するのか(2015年2月8日)

 会社に就職すると、「結婚しろ」とよく言われるようになります。 仕事と結婚には何も関係がないように思えますが、なぜ会社は結婚を奨励するのでしょうか。 結婚すると、会社にとってどんなメリットがあるのでしょうか。

 続きを読む

 

人口が首都圏に集中する理由(2015年2月8日)

 2014年の人口移動について、転入が転出より多かったのは東京や埼玉など7都県だったことが5日、総務省のまとめで分かった。東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)は10万9408人の転入超過となり、首都圏への人口集中が進んでいる。 総務省統計局が、住民基本台帳に基づく人口移動報告を公表した。都道府県で転入が転出を上回ったのは東京の7万3280人が最も多く、埼玉、神奈川、千葉、愛知、福岡、宮城の順だった。転出超過は北海道が8942人と最多で、静岡、兵庫と続いた。13年に転入超過だった大阪と沖縄は転出超過になった。

 続きを読む

 

出世して社長になってもおいしくない(2015年2月7日)

会社勤めのサラリーマンで、出世の行きつく先は社長です。 課長、次長、部長、理事、本部長、専務、社長と、長い出世街道を突き進んでようやく社長になれます。 しかし、出世して得た社長の地位、実は全然おいしくありません。 「金持ちになりたければ社長になれ」といいます。 しかし、その「金持ち」な「社長」とは、社員から出世した社長ではなく、 起業した社長のことなのです。出世した社長と起業した社長では何が違うのでしょうか。

 続きを読む

 

出世は期待してはいけない(2015年2月7日)

出世とは、社会的に高い身分、地位を手に入れることです。 会社での出世というと、課長になったり、次長になったり、部長になったり、役員になったりすることを指します。 就活生はよく高学歴は出世するという幻想を抱いています。 しかし、今の社会で出世は期待してはいけません。

 続きを読む

 

5日間の有給取得義務は効果があるのか(2015年2月7日)

毎年5日間の有給取得義務化が報じられました。 さて、有給取得義務に効果はあるのでしょうか。 これまでは、労働者が上司に有給取得を伝えることで消化していました。 しかし「同僚に気を遣う」「上司に嫌味を言われる」などの理由で、 有給を消化できない労働者が非常に多かったのです。

 続きを読む

 

年功序列で日本が滅ぶ!(2015年2月6日)

日本が長年栄えてきた秘訣は年功序列にあると言われることが多いです。 年功序列と終身雇用が日本経済を支えてきたというのです。 年功序列とは、年齢に応じて給料が上がっていくという、日本独特の賃金システムです。 20歳で20万円、30歳で30万円と決まっていたら、それ以上になることも、それ以下になることもありません。 成果が出なくても年を取るだけで給料が上がるというシステムなのです。

 続きを読む

 

就職人気企業ランキングは当てにならない(2015年2月5日)

 就職人気企業ランキングが、みんなの就職活動日記や東洋経済にて公開されています。 しかしこの就職人気企業ランキングは、当てにならないのです。 就職人気企業ランキングは、本当に人気の高い会社を表しているのでしょうか。 みん就では1位:ANA、2位:電通、3位:JTBグループとなっており、一方で東洋経済では1位:三菱東京UFJ銀行、 2位:JTBグループ、3位:明治グループです。

 続きを読む

 

JT飲料事業撤退-清涼飲料業界の仕組み(2015年2月4日)

 JTは2015年9月末を目途に、飲料の製造販売事業からの撤退を決定しました。 JT飲料というと「桃の天然水」「ルーツ」が有名です。私もJTの「クリーミーカフェ」が好きだったのですが、 飲料業界から撤退してしまうということで、残念に思っています。

 続きを読む

 

意識高い系名言(2015年2月3日)

 就活でも、就職後でも、意識高い系の名言は数多く聞くことができます。 しかしよくよく考えてみると滑稽な名言ばかりです。 就活生やサラリーマンの好きな、意識高い系名言を紹介します。

 続きを読む

 

自宅を購入してはいけない(2015年2月2日)

 入社して不思議でならないのが、皆が家を買いたがるということです。 自分と家族が住むための戸建て、マンションといった住宅を購入したがるのです。 自宅を購入するのは、あまりにもデメリットが多すぎます。

 続きを読む

 

フジテレビ給与カットか(2015年2月1日)

 就活でも激戦区なテレビ局の中でも、ずば抜けて年収の高いフジテレビですが、 その高い年収に切り込みが入るようです。 「2000万円を2割カットしたら1600万円でしょ!」というツッコミはさておき、 残業が異常に多い会社で残業代ががっつり全額つくのは珍しいですね。 しかしいくら残業代がフルでついても、やはり基本給が高くなければ年収2000万円など到底不可能です。

 続きを読む

 

なぜ日本は価格競争に勝てないのか(2015年2月1日)

 日本企業はなぜ、海外企業との価格競争に勝てないのでしょうか。 よく「日本は人件費が高い」と言われます。海外に工場を作った方が人件費が安く、 それだけ安く製品をつくることができるというのです。 先日、パナソニックが北米テレビ事業の撤退を決定し、 続いてシャープもメキシコ工場を売却する案が浮上しています。 日本のテレビは北米での価格競争に負けてしまったわけです。

 続きを読む

 

古い記事

 本が売れない!出版社の危機?(2015年1月31日)

 就活も自己責任?(2015年1月30日)

 100円ローソンが閉店する理由(2015年1月29日)

 【就活】女子内定率過去最高の理由(2015年1月28日)

 【就活】Googleの社員が辞めたがる理由(2015年1月26日)

 【就活】JRの強み(2015年1月25日)

 なぜ若い人たちは海外に行かなくなったのか(2015年1月25日)

 クロネコメール便が廃止【民業圧迫?】(2015年1月24日)

 JTBが就職人気ランキング1位な理由(2014年4月6日)

 公共事業と景気(2013年9月21日)

 就活本は役に立たない?(2013年9月15日)

 就活戦線で人事担当者が確認したい人柄(2013年7月30日)

 三菱財閥がヤバイ

 もし就活に失敗したら?

 リクナビ、マイナビはなぜ無料なのか

 なぜ太陽光発電が流行っているのか

 就活に失敗して死にたい

 就活とストレス解消法

 就活はお金稼ぎ

 「国の借金、過去最大の1011兆円」の間違い

 可愛い女性の多い会社

 就活とバイトの両立

 派遣が社会を滅ぼす

 人手不足による倒産

 学歴コンプレックスを解消する

 転職は難しい

 満員電車は嫌だ!

 就活に新聞は不要!

 【就活】有効求人倍率が上がっても就活が楽にならない理由

 リクラブで恋愛も就活も成功させよう

 ロジカルシンキングを鍛える方法

 非正規雇用

 就活と名刺

 残業

 残業と休日出勤はつきもの

 残業は嫌だ

 会社の現実

 人事の本音

 オワハラとは?オワハラ対策を考える

 働き方いろいろ

 就活の不安を解消する

 就活のあり方

 就活はくだらない茶番!

 業界絞り



 

就活ワロス

 とある企業のリク面で1年目の方と3年目の方が面接官でした。 汎用性の高い量産型質問は嫌いなので、「やりがいはなんですか~」みたいなアホ質問はしません。

「この商品は買っても利益につながりにくいと思うんですが、やはり買うのは行政でしょうか。」 「ではこれも競争入札ですか?」「今のところ独占状態ですか。すばらしいですね。」

 などと3年目の方と盛り上がって、1年目の方の出る幕が全くなし。 ずっとその企業でないとできない質問ばかりしていると、ついに

1年目の方「もっと抽象的な質問もされていいんですよ。やりがいとか^^」
俺「いやー、量産型の質問は嫌いなんですよ^^」
1年目の方「そうですか^^;」

 なぜか通過。

 

就活でビール

 とある企業のリク面で、面接官はこの日のためだけに東京から新幹線で来てくださった方でした。

面「今日10人とこうやっておしゃべりするためにわざわざ東京からきたわwwwまじ大変www」
俺「なんかwwwスマセンwww」
面「君が最後なんだよねwwビール飲む?www」
俺「オナシャスwww」

 リク面でビール

面「君たばこ吸う?www俺もなんだよwwwっておいなんだそのライターwww」
俺「僕アニオタっすwww」
面「えー俺そういう人とはなるべく関わらないように生きてきたんだけど(引」
俺「ちょっwww僕とは関わってくださいよwww」

 通過。

 

就活とナンパ

 企業説明会、別名:ナンパ会場。 隣の女の子に話しかける。他のシャイボーイ達は黙ってパンフレットを読んでいるので、 説明会が始まるのをおしゃべりして待ちたい女の子達が俺のところに集まってくる。

 女の子だらけになってますます男が入り込みづらい環境が形成される。 何このハーレム状態!対複数の女の子コミュ障の俺にはツライ。 そう、自虐風自慢。普段モテなさすぎて彼女いない歴=年齢の俺がハーレム状態。 就活って楽しいなあ!!! 食事に誘う勇気はなかった おしゃべりしたかっただけなのでデートには誘ってない。

 

成長できる会社

 とある企業のリク面でした質問

「僕酒弱いんですけどこの業界でやっていけますか?」

「大丈夫!強くなるから!」

ならねえwwwww肝臓があほになってるだけだwwwww

 

内定の確実性を高める!4つの就活サイト

 

キャリアパーク

 みなさんは就活の模範解答を持っていますか?就活の問題点は、模範解答を見られないことです。 できれば模範解答、つまりは実際に内定を取った見本をみてみたいものです。

 就活本や人事関連の書籍を購入する方法もありますが、ビジネス本の類は1800円~3000円と、就活生にとってはけっこう高額です。 しかし、一流企業内定者のエントリーシートを無料でダウンロードできる就活サイトがあります

 それは、キャリアパークです。 実際に内定した人が提出したエントリーシートを無料配布しています。例えばパナソニック、NHK、リクルート、花王、森ビル、シティバンク、 サントリー、モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスなど超一流企業のものがそろっています。

 このほかにも業界研究のまとめ女子就活生向けのマニュアル面接官が使う評価シートの例など、 様々な内定に直結する資料が無料配布されています。2017年卒では就活生の約30%に当たる13万人が利用したほどで、これを読まない手はないと思います。



 

キミスカ

 会社探しって大変ですよね。 無数にある会社から自分に合った会社を探すのは非常に難しく、 自分が合っていると思っても、会社が合っていないと判断したら落とされるわけです。

 しかし、自分に合った会社が、向こうからアプローチしてくれる就活サイトがあります。

 それは「キミスカ 」です。

 キミスカではインターン経験や他社の選考状況をシェアすることで、各企業の人事部がチェックしてスカウトを送ってくれます。 これまで就活で頑張ってきた内容を登録しておけば、 見落としていた企業から突然「最終面接」の案内が送られてくることもある就活サイトです。

 従来ですと、面接で落ちると無駄になっていたエントリーシート、グループディスカッションや面接での頑張りを、 「スカウトされる材料」として使うことができるのです。 スカウトがたくさん来れば、いちいちプレエントリーしたり、エントリーシートを書く手間が省けるので時間短縮になりますね。



 

Start就活

 みなさんはもう就活サイト5社くらいは登録しましたか?一般的に就活サイトへは5社以上登録する就活生がほとんどです。 リクナビやマイナビだけでは足らず、志望企業のヌケ、モレのないようにしなければならないからです。

 さらに、就活にはいろんなやり方があります。逆求人サイトでスカウトをもらうジョブラス新卒、 焼き肉を食べながら面接をするニクリーチ、プロのコンサルタントの支援を受けて特別ルートで内定をもらうSpring・・・ このようないろんな面白い就活サイトが何十社も存在しています。

 しかし、何度も個人情報を入力して就活サイトに登録するのはめんどうですし、良い就活サイトを探すのも大変です。 その余計なステップを究極的に省いたのが、「Start就活」です。

 Start就活を使えば、登録したい就活サイトにチェックを入れるだけで、50社以上の就活サイトに一括登録することができます。 さらに、無料でWEBテスト対策ができ、正答率も表示される便利機能まで提供されています。 ぜひ登録して、就活を有利にすすめましょう。



 

ココリク

 すぐ内定がほしい。それは、就活生なら誰もが願うことだと思います。 しかし、実際は「内定までの道のりが非常に長い」という事情があります。

 多くの会社は採用担当者が採用決定権限を持っておらず、 また採用決定権限を持つ役員による最終面接までに、いくつものステップを経て採用候補者を絞り込もうとします。 これが就活がまどろっこしくてめんどくさい理由です。

 その余計なステップを究極的に省いたのが、内定直結型の就活イベントで、採用選考をその場で始めることが前提の合同説明会です。 あらかたの企業が採用選考を終えたあとでも頻繁に開催されており、採用権限をもった部長・役員クラスが現れ、 その場で面接が始まったり、合同説明会その場で内定がもらえたりするイベントがあります。

 そんな便利なイベントを一覧表示にしてくれるサイトがあります。 それが「ココリク」 です。

 ココリクに登録するだけで何社もの「新卒就活エージェント」の内定直結合同説明会の予約が可能になります。 また、ココリクにいる新卒就活エージェントはイベントを主催するだけでなく、 特別の選考ルートを持ったアドバイザーがいて、面接対策やセミナーを通じてあなたの内定に本気で取り組んでくれます。



 どの選択肢を取るにしても、就活を続行するには「就職活動の軸」の見直しが重要です。 書類選考や面接に通らないのは、就職活動の軸がしっかりつくられていない場合が多いです。

 「就職活動の軸=将来の夢」を確定し、スジの通ったエントリーシート・面接対策をし、就活に再挑戦しましょう。

就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービス