リアルタイム閲覧者数:56人
 

ホワイト企業への就活

 就活においてはその会社が本当にホワイト企業なのかどうか判断することは難しいです。 かといって40年弱働く会社を適当に選んで、生涯ブラック企業で働くのは御免です。

 そもそもホワイト企業とはなんでしょうか。残業が少ない、残業は多いけど残業代が出る、 休日出勤が少ない、転勤が少ない、転勤が大都市だけ、給料が高い、社内の雰囲気が良い、 福利厚生が充実している等人によって条件は異なるでしょう。

 就職活動体験談でも書きましたが、会社説明会において会社は自社の良いところしか語りません。 それが仕事だからです。当然「残業代は出る」「休日はある」「部署による」などと、 就活生の質問の本質的な意味には回答してくれません。 会社説明会での説明や会社の採用ページ、パンフレットはあまり参考になりません。



 ではどうやってホワイト企業かどうかを判断するか。 実際にその会社で働いている知り合いがいればいいのですが、 誰もがあらゆる会社に知り合いがいるわけではありません。

 結局のところ、自分で調べるしかないのです。 そしてそれでも確実とは言えません。本当に入社してみないとホワイト企業かどうかはわからないのです。 しかし今後の業績や社員の現状はある程度推測、観察できます。

 情報収集はリクナビやマイナビだけでなく、会社の有価証券報告書や会社説明会の他、 ネットにころがっているブラック企業情報やホワイト企業情報などを利用できます。

 今後の40年弱と自分の心と身体のため、 少しでもブラック企業に行く可能性を減らし、ホワイト企業への入社を目指してがんばりましょう。